松井裕樹 侍ジャパンに関するニュース

2大会ぶりの優勝奪回なるか!?『がんばれ侍ジャパン! WBC 2017観戦ガイド』発売

PR TIMES / 2017年03月02日10時22分

[画像1: https://prtimes.jp/i/11710/395/resize/d11710-395-800238-0.jpg ]<目次>侍ジャパンが世界の強敵に挑む!侍ジャパン戦力分析28人の侍~世界一奪回に挑む侍ジャパンメンバーを紹介中田翔/坂本勇人/山田哲人/筒香嘉智/内川聖/菅野智之/青木宣親/松井裕樹/秋吉亮/則本昂大/宮西尚生/藤浪晋太 [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

右の抑え・中崎に対して左の抑えという点では、松井裕樹(楽天)がいいだろう。防御率は去年よりも悪化したが、中崎とともに「30セーブ守護神コンビ」としての活躍を期待する。 ■投手陣は日本ハム&広島の連合軍で挑め! 以上のことから「俺流侍ジャパン」、本番を見据えた13名の投手はこのようになった。 【先発候補】 増井浩俊(日本ハム)、和田毅、武田翔太(ソフトバン [全文を読む]

小久保ジャパン・歴代メンバーの成績まとめ ~投手編~

ベースボールキング / 2017年03月23日09時00分

登板数をみるとWBCで守護神として活躍した牧田和久(西武)、プレミア12とWBCの両方に出場した松井裕樹(楽天)の15試合が最多。最多勝利は、前田、菅野の3勝だった。 ここでは、小久保ジャパン初陣となった13年11月の台湾遠征から、日本時間21日まで行われていたWBC準決勝までの侍ジャパンの投手陣の通算成績を振り返っていきたい。 【小久保ジャパンでの通算 [全文を読む]

WBCで導入される球数制限 1イニング当たりの球数が少ないのは…

ベースボールキング / 2017年02月09日07時45分

反対に球数が多かったのは、松井裕樹(楽天)の18.9球。楽天の守護神として2年連続30セーブを挙げ、侍ジャパンのクローザー候補でもある松井裕だが、昨季は1イニングに30球以上を要した試合が2度あった。2015年11月のプレミア12では苦しむ場面も見られただけに、同じ国際大会の舞台で成長した姿を見せたいところ。 様々な規定があるなか、小久保監督や権藤投手コ [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

小久保監督、侍ジャパンの皆さん 過小評価してごめんなさい

NEWSポストセブン / 2017年03月24日07時00分

◆「抑えが不安」と思ってました、ごめんなさい! 一昨年の国際大会・プレミア12での松井裕樹(21)のリリーフ失敗の印象が強く、「抑えが不安」と報じたメディアは少なくなかった。 「それが、大会が始まったら牧田和久(32)がきっちり火消しして全勝での決勝ラウンド進出に貢献。国際試合ではストレートに強い海外の強打者に対し、“サブマリン”の牧田が有効だと考えた小 [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH)筒香嘉智(DeNA) 5(左)角中勝也(ロッテ) 6(右)鈴木誠也(広島) 7(一)中村晃(ソフトバンク) 8(捕)嶋基宏(楽天) 9(遊 [全文を読む]

【侍ジャパン】最後の1人は田中広輔!WBC登録メンバー28名が決定

ベースボールキング / 2017年01月28日12時50分

◆ 侍ジャパン登録メンバー 【投手】 10 松井裕樹(楽天) 11 菅野智之(巨人) 12 秋吉 亮(ヤクルト) 14 則本昂大(楽天) 15 宮西尚生(日本ハム) 16 大谷翔平(日本ハム) 17 藤浪晋太郎(阪神) 19 増井浩俊(日本ハム) 20 石川 歩(ロッテ) 30 武田翔太(ソフトバンク) 34 岡田俊哉(中日) 35 牧田和久(西武) 4 [全文を読む]

あの悔しさを糧に…託された13名の新・侍投手陣

ベースボールキング / 2017年01月26日18時30分

また、直近の課題となっている抑えについて聞かれると、松井裕樹(楽天)と初選出の平野佳寿(オリックス)という2人を挙げたものの、「経験で言ったらこの2人になると思うんですけど、その時の状態のいい投手を使っていく」とし、明言は避けている。◆ 今回の代表における特徴とは... ここで、今回代表に入った13名の投手を見てみよう。【侍ジャパン・投手】10 松井裕樹 [全文を読む]

楽天の守護神・松井裕樹、シーズン最多セーブ記録更新に挑む

ベースボールキング / 2017年06月11日10時30分

茂木栄五郎とペゲーロの超攻撃型1・2番コンビや、エース・則本昂大の連続2桁奪三振記録更新などが話題となるなか、開幕から2か月以上にわたって、チームを支えてきた中心選手の一人が守護神の松井裕樹である。 松井にとって今季がプロ4年目。クローザーとしては3年目を迎えた21歳の若き左腕だ。入団2年目の2015年に当時の大久保博元監督にクローザーとして起用されると [全文を読む]

フォーカス