松井裕樹 侍ジャパンに関するニュース

2大会ぶりの優勝奪回なるか!?『がんばれ侍ジャパン! WBC 2017観戦ガイド』発売

PR TIMES / 2017年03月02日10時22分

[画像1: https://prtimes.jp/i/11710/395/resize/d11710-395-800238-0.jpg ]<目次>侍ジャパンが世界の強敵に挑む!侍ジャパン戦力分析28人の侍~世界一奪回に挑む侍ジャパンメンバーを紹介中田翔/坂本勇人/山田哲人/筒香嘉智/内川聖/菅野智之/青木宣親/松井裕樹/秋吉亮/則本昂大/宮西尚生/藤浪晋太 [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

右の抑え・中崎に対して左の抑えという点では、松井裕樹(楽天)がいいだろう。防御率は去年よりも悪化したが、中崎とともに「30セーブ守護神コンビ」としての活躍を期待する。 ■投手陣は日本ハム&広島の連合軍で挑め! 以上のことから「俺流侍ジャパン」、本番を見据えた13名の投手はこのようになった。 【先発候補】 増井浩俊(日本ハム)、和田毅、武田翔太(ソフトバン [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

小久保監督、侍ジャパンの皆さん 過小評価してごめんなさい

NEWSポストセブン / 2017年03月24日07時00分

◆「抑えが不安」と思ってました、ごめんなさい! 一昨年の国際大会・プレミア12での松井裕樹(21)のリリーフ失敗の印象が強く、「抑えが不安」と報じたメディアは少なくなかった。 「それが、大会が始まったら牧田和久(32)がきっちり火消しして全勝での決勝ラウンド進出に貢献。国際試合ではストレートに強い海外の強打者に対し、“サブマリン”の牧田が有効だと考えた小 [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH)筒香嘉智(DeNA) 5(左)角中勝也(ロッテ) 6(右)鈴木誠也(広島) 7(一)中村晃(ソフトバンク) 8(捕)嶋基宏(楽天) 9(遊 [全文を読む]

楽天の守護神・松井裕樹、シーズン最多セーブ記録更新に挑む

ベースボールキング / 2017年06月11日10時30分

茂木栄五郎とペゲーロの超攻撃型1・2番コンビや、エース・則本昂大の連続2桁奪三振記録更新などが話題となるなか、開幕から2か月以上にわたって、チームを支えてきた中心選手の一人が守護神の松井裕樹である。 松井にとって今季がプロ4年目。クローザーとしては3年目を迎えた21歳の若き左腕だ。入団2年目の2015年に当時の大久保博元監督にクローザーとして起用されると [全文を読む]

完全に乃木坂46マニア!楽天・松井裕樹が“偉大な先輩”の後継者に名乗り

アサ芸プラス / 2017年04月09日17時59分

東北楽天イーグルスのクローザーとして活躍する松井裕樹投手の試合で使用する登場曲が、今シーズンから乃木坂46の人気楽曲「世界で一番孤独なLover」になっていることが乃木坂ファンの間で話題になっている。 松井といえば、昨シーズンは球団史上初の一軍公式戦2年連続30セーブを達成。侍ジャパンにも選出されるなど球団期待の投手だが、乃木坂を登場曲にしたことでさらに [全文を読む]

小久保・侍ジャパン「空中分解」寸前の無気力ベンチ裏!(1)「何をやっても叩かれます」

アサ芸プラス / 2017年03月12日09時56分

そして則本昂大(26)、松井裕樹(21)、増井浩俊(32)という継投が結果的に失敗し、日本中から猛烈なバッシングを浴びたことはまだ記憶に新しい。ネット上での小久保叩きは、いまだ完全には沈静化しておらず、根強い反発の声が実は本人に深い悩みを与えているという。その点を踏まえながらも、球界OBは半ばあきれ口調でこう打ち明ける。「あのプレミア12以来、小久保は親し [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパン最強の秘密兵器・平野佳寿(オリックス)が誇るあまりにも素晴らしすぎる「三種の神器」

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日16時05分

小久保監督は、松井裕樹(楽天)とともに抑えでの起用を表明している。平野はこれら「三種の神器」を携え、侍ジャパンの勝利を確実にする好投をみせてくれるはず。大いに期待したい。柴川友次楽天に関するありとあらゆるデータの収集を標榜する、鷲ファンきってのデータマン&野球ブロガー。各種記録や指標等でイーグルスの魅力・特徴を定点観測する有料メルマガは、まぐまぐスポーツ [全文を読む]

史上最弱「侍ジャパン」内部崩壊で原辰徳が“新監督立候補”?(2)小久保監督の迷采配続きで…

アサ芸プラス / 2017年01月28日17時56分

「抑えの楽天・松井裕樹(21)が打たれると、行き当たりばったりで楽天・則本昂大(26)を使った。慣れない役割で回またぎをさせるという采配ミスで、韓国にやられました」 昨年11月の強化試合(対メキシコ、オランダ)でも弱点が明らかになる。「権藤博投手コーチ(78)は球数制限などのある国際試合経験はまったくありません。WBC公式球に慣れる技を教えることもできず、 [全文を読む]

侍ジャパン・小久保裕紀監督に本質的な問題が存在

NEWSポストセブン / 2017年01月18日16時00分

「小久保監督は調子の上がらない松井裕樹(21、楽天)のストッパー起用にこだわり、継投が後手に回った。経験不足からくる采配ミスといわれても仕方がない結果でした」(NPB関係者) その後、侍ジャパンではコーチ陣の入れ替えなどが行なわれたが、指揮官への不安は拭えない。 イチローに限らず、侍ジャパンに集まるのは一流選手ばかり。一つのチームにまとめるのは簡単ではな [全文を読む]

WBC日本代表メンバー発表も盛り上がらないのは小久保監督の不人気のせい?

アサ芸プラス / 2016年12月28日09時58分

同大会でも松井裕樹や澤村拓一、山崎康晃、増井浩俊と4球団の守護神を集めるも中継ぎ専門の投手の招集はかけず。結果、クローザーで7~9回を繋ぐというプランも失敗に終わった。先月行われたメキシコとオランダとの強化試合でも4試合で3勝1敗で表面上は及第点ですが、内容は4試合で計29失点。投手陣は壊滅です。それだけに、さらに投手采配面が心配。監督を変えなければ誰が出 [全文を読む]

新生・侍ジャパンの深刻な弱点は「リリーフ陣」と「正捕手」

週プレNEWS / 2016年11月09日15時00分

その結果、準決勝の韓国戦で則本がつかまり、続く松井裕樹(楽天)、増井浩俊(日本ハム)も流れを止めることができなかった。 リリーフ陣が確立されていれば、逆算して投手継投ができ、戦い方が安定する。強化試合で注目したい中継ぎ投手は、日本ハムの宮西尚生。変化球でストライクが取れる貴重な左腕に期待がかかる一方で、最終回を任せられる絶対的な守護神は見当たらない。 今回 [全文を読む]

【プロ野球】《2017年 第4回WBC》侍ジャパンのベストメンバーを勝手に予想【投手編】

デイリーニュースオンライン / 2016年10月06日17時05分

【抑え】 中崎翔太(広島) 松井裕樹(楽天) ダブルストッパーで臨むのか、それともコンディション優先で起用するかはベンチの判断になるが、抑え投手も「もしも」の事態に備え2名は配備したい。 両ストッパーはイニングの頭、もしくは勝っている場面限定と、シーズン同様の使い方をすればそうそう崩れないはず。 そして……。 【オールマイティ】 大谷翔平(日本ハム) オ [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパンは1年前からどう変遷したのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月05日16時00分

投手10名: 牧田和久(埼玉西武)、井納翔一(横浜DeNA)、澤村拓一(巨人)、松葉貴大(オリックス)、又吉克樹(中日)、西野勇士(千葉ロッテ)、大瀬良大地(広島)、武田翔太(福岡ソフトバンク)、藤浪晋太郎(阪神)、松井裕樹(東北楽天) 捕手4名: 嶋基宏(東北楽天)、會澤翼(広島)、伊藤光(オリックス)、小林誠司(巨人) 内野手7名: 松田宣浩(福岡ソ [全文を読む]

小久保監督率いる侍ジャパン“惨敗”で原監督が復帰する?「プレミア12の采配にバッシング殺到」

アサ芸プラス / 2015年12月26日09時56分

韓国打線に7回まで1安打無失点と好投していた大谷翔平(21)を85球でベンチに下げ、3点リードの8回からバトンを継がせた則本昂大(24)がイニングまたぎとなった9回に崩れ、松井裕樹(20)、増井浩俊(31)のリレーも失敗。一挙4得点で試合をひっくり返された小久保監督が「僕の継投ミス」と責任を認めたことで、多くのファンから怒りを買ったのだ。「何が何でも世界 [全文を読む]

【プレミア12】侍ジャパンが韓国に屈辱の逆転負け! 大谷降板「その時、韓国ベンチは……」

日刊サイゾー / 2015年11月20日18時00分

先発の大谷翔平が7回1安打無失点で韓国打線を封じ込んだが、9回に則本昂大がつかまり1点を返され、なおもノーアウト満塁の場面で代わった松井裕樹が押し出しフォアボール。最後は増井浩俊が韓国の4番・李大浩にタイムリーを打たれた。 まさかの逆転負けに日本の小久保裕紀監督は試合後、「負けられない試合で最後の9回の継投のところ。同点で終われなかったのは私の責任です」と [全文を読む]

2月1日からプロ野球各球団が沖縄にキャンプイン!! 同時開幕『沖縄ベースボールEXPO2014』に注目!!

PR TIMES / 2014年01月31日10時03分

また、早くも開幕1軍の声が上がる東北楽天ゴールデンイーグルスの新人松井裕樹選手の参加など、もう沖縄は野球の話題で盛り上がりをみせています。 沖縄キャンプはプロの練習やコーチの指導が至近距離で堪能できるほか、選手の必死の形相や寛いだ笑顔など、ペナントシーズンには無い距離感が魅力的です。 そんなプロ野球キャンプ見学をサポートするのがこの、EXPO。沖縄でキャン [全文を読む]

【プロ野球】巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日16時05分

今大会の抑え候補として名が挙がるのは平野佳寿(オリックス)、松井裕樹(楽天)、増井浩俊(日本ハム)、そして秋吉亮(ヤクルト)だろう。 しかし、いずれも絶対的な守護神というわけではなく、現段階では、抑えの起用法は流動的になることが予想される 秋吉は昨年11月に行われた強化試合で3回を投げ無失点に抑えた。奪三振3、与四球0と安定した投球を見せてくれた。オフの自 [全文を読む]

【プロ野球】イチロー部屋、ダル部屋、マー君部屋に続くのは? プロ野球“本当の出世部屋”はどこだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日17時05分

則本昂大と松井裕樹、ふたりの侍ジャパン選手を輩出している。また、かつて嶋基宏が使用し、昨年、オコエ瑠偉が入寮した「12号室」も将来的には出世部屋と呼ばれるようになるかもしれない。 プロ野球・2軍選手寮の「伝説の出世部屋」といえば、毎年のルーキーが入寮時に素振りパフォーマンスをするジャイアンツ寮の“松井秀喜部屋”こと「201号室」。間もなく移転となるオリック [全文を読む]

フォーカス