松下幸之助 稲盛和夫に関するニュース

日産の「縦割り企業体質」をたった1年で変えたゴーン社長の凄腕

まぐまぐニュース! / 2016年11月01日04時45分

カルロス・ゴーンさんの経営法を見ていると、松下幸之助さんやGEのジャック・ウェルチのような一桁上の賢さと勇敢さが感じられます。「勇敢さ」は「死生観」や「人生観」が大きく関わっているようです。松下幸之助さんや稲盛和夫さんは以前にも話題にあげさせていただいたように、肺疾患を自分の意志の力で克服したという生い立ちを持っておられます。孫正義さんは在日韓国人の境涯 [全文を読む]

電子書籍販売&充実の無料コンテンツ配信アプリ『PHP研究所ストア』をリリース!

@Press / 2013年12月10日11時30分

新書、文庫、ビジネス書からエンタメ、生活実用書まで、幅広いジャンルの電子書籍が購入できるほか、弊社創設者・松下幸之助の語録など無料コンテンツも配信していますので、仕事や人生に充実をもたらす「知の集積場」として、ご活用いただけます。 ★ダウンロードはApp Storeで(無料) AppStore https://itunes.apple.com/jp/ap [全文を読む]

経営のカリスマ・松下幸之助が語る「会社を大きくする人、潰す人」

まぐまぐニュース! / 2016年07月25日18時00分

カリスマ経営者と呼ばれる人は数多く存在しますが、最も多くの名言を残していると言っても過言ではないのがパナソニックの創業者・松下幸之助さんではないでしょうか。無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、松下氏が残した創業期のエピソードを取り上げ、彼が抱いていたある意味大変厳しい「企業経営の神髄」を紹介しています。 絶対に損をしてはいけない 本日は、松 [全文を読む]

京セラ・稲盛和夫氏に学ぶ。自他ともに幸せになる「6つの教え」

まぐまぐニュース! / 2016年12月20日18時00分

松下幸之助氏、本田宗一郎氏らとともに「カリスマ経営者」と称される京セラの創業者・稲盛和夫氏ですが、氏が常に心に留めき、「すべての人が取り入れるべき」とまで語っている「ある教え」があります。それが「六度万行」なのですが…、一体どのような考え方なのでしょうか。無料メルマガ『生きる意味は仏教に学びなさい』の著者・中村僚さんがわかりやすく解説してくださっています。 [全文を読む]

松下幸之助と稲盛和夫、新旧「経営の神」に共通した理念とは?

まぐまぐニュース! / 2015年07月30日01時44分

今回は、経営の神様と呼ばれる松下幸之助が、京セラ・稲盛和夫に影響を与えた「人の心」を中心とした経営理念について、ご紹介いたします。 トップマネジメントに必要なのは「考え方」 京セラの稲盛さんに経営を教えた人はいません。ほとんど独学で、「人間として正しいことは何なのか」を基準にして考えてこられたようです。 そんななかでも経営の師匠がいました。それが松下幸之助 [全文を読む]

中国で松下幸之助や稲盛和夫らの日本人の経営哲学が広く浸透

NEWSポストセブン / 2015年02月21日07時00分

1978年、トウ小平から「電子技術で中国の発展に協力してほしい」と要請を受けた松下幸之助は、多くの技術協力・支援、プラント輸出、現地製造会社設立を通して中国電子産業、家電業界の発展の礎を作った。その経営哲学は多くの中国企業の経営者に影響を及ぼし、ハイアールの張瑞敏CEOも幸之助の経営理念から大きな影響を受けたことはよく知られている。 現在、中国の書店では [全文を読む]

稲盛和夫「アメーバ経営」非難と称賛だけでは見落とす本質とは~合理性と非合理性の調和

Business Journal / 2013年12月23日01時00分

松下幸之助氏は昭和の「経営の神様」と呼ばれたが、稲盛氏は平成の「経営の神様」と称されており、当サイトでもたびたび取り上げられてきた。 企業の経営、再建をめぐっては、どのようなケースでも評価は分かれる。稲盛氏もしかりである。JAL再建以前から稲盛氏に対してはさまざまな評価がつきまとう。稲盛氏を絶賛する一方で、稲盛経営の特殊性を非難するジャーナリストも少なくな [全文を読む]

JAL再建終え展示館オープンの稲盛和夫氏 存命なのになぜ?

NEWSポストセブン / 2013年07月03日07時00分

今でも語り継がれる「経営の神様」といえば、松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏が思い浮かぶが、21世紀のカリスマ経営者として後世に名を残すであろう人物が、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏(81)だ。 京都の優良企業である京セラや第二電電(現KDDI)を創業し、どんなに組織が巨大化しようとも10人程度の小集団に収益責任を負わせるという独自の「アメーバ [全文を読む]

なぜ織田信長は「部下」に裏切られたのか?経営学の視点で検証

まぐまぐニュース! / 2016年11月23日18時00分

今回の無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では、織田信長や徳川家康といった武将と、松下幸之助さんや稲盛和夫さんなど、誰もが知る大企業のリーダーの共通点を探りながら、「経営のコツ」を考察しています。 条件づけ権力 徳川家康の愛読書に「貞観政要」があり、その中に書かれた内容ですが、「『創業と守成はいずれが難きや』。唐の太宗(李世民)が、功臣である側近に尋ね [全文を読む]

「人間の健康も、運命も、心一つの置きどころ」天風会公認『まんがでわかる 中村天風の教え―――人生は心一つの置きどころ (Business ComicSeries)』キンドル電子書籍でリリース

DreamNews / 2016年11月22日18時00分

古くは東郷平八郎(海軍元帥)や松下幸之助、原敬(首相)らの多数の政治家や実業家たち、 最近では、稲盛和夫さんらの財界人をはじめ松岡修造さんらのアスリート、 芸術家たちにも影響を与えています。 『まんがでわかる 中村天風の教え』は、中村天風の哲学の真髄を学べる本であり、やや難解だといわれている、 中村天風『運命を拓く 天風瞑想録』(講談社)の教えを漫画でわ [全文を読む]

小籔千豊「ネットに悪口書くなんて生産性なさすぎて可哀想」

NEWSポストセブン / 2016年03月12日16時00分

僕は松下幸之助さんや稲盛和夫さんのような人格者になって、新喜劇を大きくしていろんな人に恩返ししたいという最終目標があります。そういったすごい人のマネをして生きていこうと思ってるから、夜な夜なカチャカチャ書き込むのにヒマとカロリーを使うのはもったいなさ過ぎる。 エラい人たちは、ネットで悪口書いたりして時間を使うことはないでしょう。だから僕は子どもにも「金持 [全文を読む]

トヨタが実行し町工場が実行してないもの。利益の差はココにある

まぐまぐニュース! / 2015年09月15日23時00分

利益の活用 松下幸之助さんが「ダム式経営」を説いています。 「資金、人材、技術等のダムをつくり、余裕のある経営をしていこう」というもので、その方法として「まず願うことですな。願わないとできませんな」と答えて、誰もが当たり前だとの感想を持ちました。その中で一人、感銘を受けた人がいました、京セラの稲盛和夫です。 多くの起業家が夢見るのは「大儲けして生活の基盤 [全文を読む]

平均年収974万円の30代以上が推薦する「20代で読むべき本」ベスト5は『7つの習慣』『マネジメント』『人を動かす』『ザ・ゴール』『論語』

@Press / 2015年03月25日11時45分

(タイトル、著者)1 『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー2 『マネジメント』 ピーター・F・ドラッカー3 『人を動かす』 デール・カーネギー4 『ザ・ゴール』 エリヤフ・ゴールドラット5 『論語』 孔子6 『道は開ける』 デール・カーネギー7 『ビジョナリーカンパニー』 ジム・コリンズ、ジェリー・I・ポラス8 『孫子の兵法』 守屋洋9 『思考は現実 [全文を読む]

フォーカス