松山英樹 ゴルフ場に関するニュース

LEXUS × GDO Special Tour 第115回全米オープン選手権 観戦&松山英樹選手応援ツアー発売!

PR TIMES / 2015年03月19日20時01分

世界4大メジャートーナメントの一つとして数えられている大舞台で 頂点を目指す松山英樹選手(LEXUS所属)を応援するツアーです。 JTBグループの株式会社JTBコーポレートセールス(東京都新宿区、代表取締役社長:皆見 薫)は、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(東京都港区、代表取締役社長:石坂 信也)、トヨタ自動車株式会社(愛知県豊田市、代表取締役社長 [全文を読む]

大和ネクスト銀行調べ シニアが一緒にスポーツ・運動を楽しみたい芸能人3位「吉永小百合さん」2位「タモリさん」、1位は?

@Press / 2017年03月30日15時45分

■シニアが選ぶ、スポーツ・運動についての芸能人ランキング■ ◆シニアが一緒にスポーツ・運動を楽しみたい3位「吉永小百合さん」2位「タモリさん」、1位は? ◆シニアがゴルフを教えてほしいと思うプロゴルファー「石川遼さん」「松山英樹さん」の同学年コンビがツートップ 最後に、全回答者(1,000名)に、一緒にスポーツ・運動を楽しみたいと思う芸能人や、ゴルフを教 [全文を読む]

低価格化でゴルフ離れに歯止め 健康意識高い高年層の人気増

NEWSポストセブン / 2015年02月22日07時00分

松山英樹など世界に羽ばたくプロの活躍や、来年のリオデジャネイロ五輪から112年ぶりに実施競技に復活することもあり、関心が高まっているゴルフ。 しかし、ゴルフを趣味にしている日本人のプレー人口は減少を続け、“ゴルフ離れ”が叫ばれて久しい。1990年代前半には約1500万人いた参加人口が、およそ20年で半減したとの数字もある。 「昔は取引先との接待ゴルフも頻繁 [全文を読む]

我が子をゴルファーに育てたい親 費用捻出のために節約生活

NEWSポストセブン / 2014年08月22日07時00分

背景にあるのは、男子では松山英樹や石川遼、女子では森田理香子に代表されるような若いプロゴルファーの活躍だ。松山や石川も幼少時代から親がつきっきりで指導したことはスポーツ番組などで広く紹介された。 彼らを見て子供もゴルフに興味を持ち、さらに親も「もしや我が子が第2の松山、森田になるかも」と、幼い頃からゴルフクラブを握らせる。だが、我が子のゴルフ上達に熱を上げ [全文を読む]

LEXUSとANAワンダーアース共同企画 LEXUS車送迎・専用ラウンジで観戦 松山英樹選手交流会付き応援ツアー 第117回全米オープン選手権エリンヒルズ8日間

PR TIMES / 2016年12月06日11時45分

2016年12月6日(火)申込受付開始LEXUSは、プロゴルファー松山英樹選手と2017年1月1日より5年間の所属契約を更新することに合意し、本日発表致しました。松山選手は米国PGAツアーでアジア勢初となる世界ゴルフ選手権シリーズを制覇する等、歴代日本人最多タイとなる3勝を挙げ、先週末には世界トップクラスの精鋭18名により争われたヒーローワールドチャレンジ [全文を読む]

元GSバンカーが語る世界のゴルフ場、「ミュアフィールド」の誘惑

Forbes JAPAN / 2016年04月09日14時01分

2014年には日本の松山英樹が優勝したことも記憶に新しい。またミュアフィールドで、全英オープン、全英シニア両方に優勝者として名を連ねるのは、新帝王のトム・ワトソンのみで、なんとも豪華なメンツである。私たちが最初にプレイした2010年は、直前に開催された全英アマで、初めてアジア人として韓国のチョン・ジン(JinJeong)が優勝を果たしたメモリアルイヤーだっ [全文を読む]

【LEXUSとANAワンダーアース、初の共同企画】全米オープン選手権inオークモント松山英樹選手応援ツアー

PR TIMES / 2016年02月04日16時02分

2016年2月4日(木)14:00募集開始 ~LEXUS所属松山英樹選手との交流会も~ LEXUSは、2016年6月16日から開催される全米オープン選手権に参加する松山英樹選手(LEXUS所属)を応援するツアーをANAセールス株式会社が企画・実施するANAワンダーアースと初めてタッグを組み実施します。全米オープン選手権は今年で116回目を迎える4大メジャー [全文を読む]

松山英樹 日本人最高記録達成へ、いざ最終戦!

ParOn.(パーオン) / 2014年09月11日07時40分

2013-14シーズンの最終戦となる松山英樹は、プロアマの代わりにスポンサーへパッティングレッスン会に参加してから、初めて18ホールをラウンドしてコースチェックを行った。「日本っぽいコースですね。ラフはバミューダですが、フェアウエーが野芝で、すごく懐かしい感じで打っていました。野芝はボールが浮いている感じがして、打ちやすいです。調子が悪いのでちょうどいい [全文を読む]

松山英樹 プレイ中も出てしまう「ワガママ素顔」は女性関係にも…

アサ芸プラス / 2014年06月18日09時57分

米ツアー初制覇を成し遂げたプロゴルファー、松山英樹(22)。プロ転向2年目、米参戦1年目の快挙に日本中が沸いた。しかし、その歓喜の陰で、日本最強ゴルファーの“ワガママ”に振り回された人々の悲鳴も聞こえ始めている。 6月1日、オハイオ州で行われた米男子プロゴルフ「メモリアル・トーナメント」最終日。通算13アンダーでケビン・ナ(30)と並んだ松山がプレーオフを [全文を読む]

LEXUS所属 松山英樹選手を応援「第114回全米オープン選手権 観戦ツアー」発売!

PR TIMES / 2014年04月03日18時51分

世界のトッププロたちが競う大舞台に参戦し、世界の頂点を 目指す松山英樹選手を応援するツアーです。 JTBグループの株式会社JTBコーポレートセールス(東京都新宿区 代表取締役社長:皆見 薫)は、 トヨタ自動車株式会社(愛知県豊田市 代表取締役社長:豊田 章夫)と連携し、13年12月にLEXUSと契約をした、プロゴルファー松山英樹が参戦する第114回全米オー [全文を読む]

「三井住友VISA太平洋マスターズ」石川遼と松山英樹の対戦を楽々観戦!

アサ芸プラス / 2013年11月07日09時59分

トップを争う注目選手は、何といっても石川遼(22)と松山英樹(21)の直接対決だ。 ゴルフ雑誌編集者の話。 「今年6月の『日本ゴルフツアー選手権』の直接対決では、松山の7位に対し、石川は予選敗退だった。同世代のライバルに惨敗し、試合後はマスコミが話しかけにくいほど、落ち込んでいただけに、リベンジに燃える気持ちは強いでしょう」 この注目のビックイベントに向 [全文を読む]

松山英樹 石川遼を「ライバルとは思っていないし、違う次元」

NEWSポストセブン / 2013年05月26日07時00分

「目標は海外のメジャー大会で勝つこと」 『日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯』の翌日、記者会見でそんな抱負を語った松山英樹選手(21才)。今年4月にプロ転向し、2戦目で即優勝。『日本プロゴルフ~』では逆転負けで2位となってしまったが、2日目に2打罰のペナルティーを科されながらも、圧倒的な集中力でプレーする姿はギャラリーを魅了した。 4才からゴル [全文を読む]

ジャンボや石川遼も優勝「太平洋マスターズ」が消滅のピンチ

NEWSポストセブン / 2012年08月19日07時00分

昨年はアマチュアの松山英樹、一昨年は石川遼と若手のホープが続けて優勝。ジャンボ尾崎や中嶋常幸、G・ノーマンらが優勝者に名を連ねる男子プロの名門ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」は、今年で40周年を迎える。しかし、その記念すべき大会の開催に暗雲が――。 同大会は賞金総額1億5000万円、優勝3000万円と高額賞金でも有名だ。男子プロのコーチがいう。「 [全文を読む]

石川遼の婚約報道 出し抜いた記者は遠ざけられたとの証言

NEWSポストセブン / 2012年04月13日07時00分

勝美さんは烈火のごとく怒り、日刊の記者は遼くんから遠ざけられているそうです」 2つ目の歯ぎしりは、マスターズに出たアマチュア選手の松山英樹(20才)の存在だ。今回マスターズに出場した日本人選手は、石川と松山のふたりのみ。松山は石川とは対照的に、2年連続となる予選突破を見せ、一時期はアマ最上位をキープし、大会を大いに盛り上げた。 「遼くんと松山選手は、同い年 [全文を読む]

<ゴルフトーナメントの珍事>不注意が珍プレイを招くプロゴルファーを襲った災難

メディアゴン / 2016年11月17日07時30分

太平洋マスターズで松山英樹が23アンダーでぶっちぎりの優勝をしましたが、その松山が1ラウンドでアンプレアブル1回、池ポチャ2回というのもかなりの珍事でした。しかしそこは世界ランク6位、トータル69の3アンダーで上がっていますからさすがです。驚くべき珍事が女子の方で起こっていました。伊藤園レディスの初日に上原彩子が141打を記録していたのです。なんと69オー [全文を読む]

ゴルフ場の名門中の名門、ミュアフィールドの佇まい

Forbes JAPAN / 2016年03月19日09時01分

同大会では松山英樹も、タイガー・ウッズらと並び6位に入賞。1980年大会では、青木功が現在もメジャー最少ストロークタイ記録として残る63をマークしている。クラブを背に立つ筆者。 [全文を読む]

松山英樹、4ホール消化に12時間要するも優勝戦線浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年07月19日07時44分

前日、14番までに8バーディ、2ボギーと6つ伸ばしていた松山英樹は、再開した15番をパーで終えたところで長時間の中断入り。再開後の残り3ホールもすべてパーで、2日またぎの第2ラウンドは8バーディ、2ボギーの66。首位と4打差の通算6アンダー10位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。 4ホールを終えるのに12時間と長い1日を終えた松山は、開口一番「眠いです」。 [全文を読む]

フォーカス