新井貴浩 黒田博樹に関するニュース

広島カープ「新井貴浩記念メダル」を3月8日に限定発売!MVP・2,000本安打・県民栄誉賞受賞記念の純金・純銀メダル

@Press / 2017年03月08日11時00分

グローバル産業株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:東野行恭)は、広島東洋カープの新井貴浩選手のセ・リーグMVP、通算2,000本安打達成、広島県民栄誉賞受賞などの2016年の活躍と栄光・感動を心に深く刻む記念品として、純金・純銀の「新井貴浩記念メダル」を2017年3月8日(水)に発売します。 販売サイト: http://araimedal.com/ [全文を読む]

【プロ野球】正田耕三が1試合6盗塁で逆転盗塁王! 今こそ振り返りたいカープの歴史に輝くタイトルホルダーたち!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日17時05分

また、新井貴浩が2000安打、黒田博樹が日米通算200勝と大記録を達成した。 今季の連覇にも選手個人の力は必要不可欠だ。ということで、広島の歴史の中で誕生したタイトルホルダーのなかから、特に記憶に残る選手を挙げ、今シーズンの広島から生まれそうなタイトルホルダーを予測してみたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■広島野球の [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

■MVP・新井貴浩、最多安打・菊池涼介、ベストナイン・石原慶幸らがタイトル! 25 新井貴浩 132試合:打率.300/19本塁打/101打点 通信簿:大変よくできました(5) 40歳にしてかつての輝きを取り戻した。また、2000本安打、300号本塁打の金字塔を打ち立てるなどメモリアルなシーズンとなった。最終的にはMVPも獲得。紆余曲折を経て、最良の1年 [全文を読む]

“カープ坊主”たちがCS突破祈願!「カープ愛は煩悩? 野球観戦も修行?」

週プレNEWS / 2016年10月11日11時00分

今年の優勝は黒田博樹投手と新井貴浩選手という、背中で語る“悟ってる”ベテランふたりのおかげです。 廣瀬 私も宗派は違えど、(1957年に)市民球場ができる前の県営球場の頃からカープを見てきよったけぇ、どうしても入らせてもらおうと。うちの寺はもともと、今の平和記念公園の資料館の辺りにあって、敷地内に広島商業高校があった。今じゃカープの応援歌として有名な『宮島 [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりリーグ優勝のトピックスは? 広島・劇的優勝の歓喜をもっと噛み締めよう!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月15日16時05分

黒田と新井貴浩の両ベテランが抱き合う姿は、広島ファンでなくとも熱い思いがこみ上げたことだろう。昨年は、「カープ女子」に代表される一連のカープムーブメント、そして黒田復帰と優勝への機運が高まっていたが、あと一歩のところでCS進出を逃し、悔しさを味わった。 しかし、今年は開幕から勝利を重ね、シーズン途中から独走態勢に入り優勝を成し遂げた。そんな今シーズンの広 [全文を読む]

【プロ野球】経験をフィードバック! 川崎宗則(ソフトバンク)で思い出すNPBに復帰した日本人メジャーリーガー

デイリーニュースオンライン / 2017年05月11日16時05分

優勝決定後の胴上げで号泣する姿、ともにチームをけん引した新井貴浩と涙を流し抱き合う姿は広島ファンのみならず、多くの野球ファンがもらい泣きをしたはずだ。 日本シリーズ開幕前に現役引退を発表し、シリーズでは第3戦に先発。第7戦での先発も有力しされたが、第6戦で終戦となったため本拠地での最後の登板は幻に終わった。引退後、黒田の背番号15は永久欠番とされた。 ■ [全文を読む]

球春捕れたて大放出!プロ野球「覆面スクープ座談会」(2)「陰のコーチ」は黒田博樹氏

アサ芸プラス / 2017年04月29日17時56分

新井貴浩(40)は盟友が引退して“黒田ロス”になるのではないかと心配されていたけど、そのぶんだと杞憂に終わりそうだ。<座談会メンバー>A:スポーツ紙デスク/B:スポーツ紙記者/C:民放局スポーツ担当/D:球界OB/E:夕刊紙プロ野球担当記者 [全文を読む]

【プロ野球】黒田博樹の穴は九里亜蓮が埋める!? カープを日本一に導くキーマンはこの3選手だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月31日17時05分

■鈴木誠也に続け! 若鯉の覚醒に期待!! 野手に目を向ければ、40歳を迎える新井貴浩が今年も4番として打線を牽引することが濃厚だ。オープン戦では打率.214と振るわなかったものの、体のキレは上々で仕上がりは万全。昨シーズンに続く活躍が期待される。 しかし、大ベテランに4番を任せきりならば、広島の未来は危うい。若き和製大砲の出現が大いに待たれる。 そこで台 [全文を読む]

広島・緒方監督、鈴木4番構想「成長が見られれば」

ベースボールキング / 2017年03月27日18時20分

昨季は田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、新井貴浩、鈴木誠也、野村祐輔、ジョンソン、ジャクソン、中崎翔太といった選手たちの活躍が目立ち、圧倒的な強さで25年ぶりのリーグ優勝を達成した。 投手陣に目を向けると、今季はチームの精神的支柱だった黒田博樹が現役を引退。先発ローテーションの枠が1枚空いた。この穴埋め役として緒方監督は「大瀬良、九里に期待している」と2013 [全文を読む]

【プロ野球】いざ出陣! 侍ジャパンのカープ戦士・鈴木誠也、菊池涼介はWBCでも「神れる」のか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月27日17時05分

■WBC第1回大会(2006年) 黒田博樹 左手人差し指の負傷により出場辞退 新井貴浩 2試合:打率.333(3打数1安打)/0本塁打/0打点 ■WBC第2回大会(2009年) 石原慶幸 1試合:打率.000(0打数0安打)/0本塁打/0打点 栗原健太 2試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点 ※村田修一の負傷により準決勝から追加招集 ■W [全文を読む]

黒田博樹さんも出演!広島テレビウェブサイト上で「2017 新春恒例!カープ選手会ゴルフ」を無料配信

@Press / 2017年01月27日16時30分

但し、データ通信費用はお客様のご負担となります ◆番組概要 番組名:2017 新春恒例!カープ選手会ゴルフ 出演者:黒田博樹さん、新井貴浩選手ほか 広島東洋カープの選手・スタッフ総勢約100名 ゲスト:佐伯三貴プロ 進行 :ボールボーイ佐竹 有田優理香(広島テレビ) 分数 :52分 ◆会社概要 会社名 :広島テレビ放送株式会社 本社 :広島県広島市中区中町 [全文を読む]

【プロ野球】中年の星になれ! 今季も現役を続行する“オーバー40”の大ベテランたちは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月24日17時05分

■今年40歳を迎える選手 新井貴浩(広島・1977年1月30日生・39歳) 福留孝介(阪神・1977年4月26日生・39歳) 荒木雅博(中日・1977年9月13日生・39歳) バルデス(中日・1977年11月27日生・39歳) 安藤優也(阪神・1977年12月27日生・39歳) 新井貴浩(広島)はまもなく40歳。昨季もチームを盛り上げ、打ちまくり、なんと [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■セ・リーグはチームを牽引したベテラン・新井貴浩が受賞 【セ・リーグ/MVP投票獲得点数】 新井貴浩(広島):781点 菊池涼介(広島):429点 鈴木誠也(広島):365点 野村祐輔(広島):264点 筒香嘉智(DeNA):200点 ジョンソン(広島):119点 山田哲人(ヤクルト):1 [全文を読む]

【プロ野球】カープの“外様戦士”通知表! 真の“赤ヘル戦士”になれたのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月17日17時05分

黒田博樹や新井貴浩などの出戻り組、自前で獲得した外国人選手は除く) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■一岡竜司 一岡竜司(投手/25歳) 23試合:1勝1敗1ホールド/防御率2.18 2014年、巨人にFA移籍した大竹寛の人的補償で広島にやってきた一岡。昨季、今季とケガが多く思うように投げられていないが、移籍初年度に大活躍 [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりの優勝にもっとも貢献したのは誰? カープのMVPをガチ予想!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月13日17時05分

≪野手≫ 鈴木誠也(22歳) 116試合:打率.335(421-141)/24本塁打/85打点/15盗塁 菊池涼介(26歳) 128試合:打率.323(523-169)/13本塁打/54打点/13盗塁 新井貴浩(39歳) 120試合:打率.308(422-130)/18本塁打/98打点/0盗塁 ≪投手≫ ジョンソン(32歳) 24試合:14勝6敗/防御率 [全文を読む]

広島ナインたちに響いた黒田博樹の魂「耐雪梅花麗」のパワー

WEB女性自身 / 2016年09月13日06時00分

「今までやってきたことを信じて、ここまで頑張ってこれたのだから、いまさら変えることは何ひとつないぞ!」 そして、新井貴浩(39)がこう締めくくった。 「こういう経験ができるなんて嬉しいじゃないか! 最高だよ!」 その日、広島は劇的な逆転サヨナラを演じ、再び勢いを取り戻した。「耐雪梅花麗」――キーマンとなった三人三様、耐えに耐えて忍ぶものがあった。だからこ [全文を読む]

広島・黒田博樹が男気の末に見せた涙をアメリカも賞賛

NEWSポストセブン / 2016年09月12日16時00分

同じように古巣に戻ってきた新井貴浩と抱擁した瞬間から、黒田の涙が止まらなくなった。 2006年シーズン最終戦。メジャーか、カープ残留か、で揺れ動く黒田に対して、広島市民球場のライトスタンドに上がった横断幕にはこう書かれていた。「我々は共に闘ってきた 今までもこれからも・・・ 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる カープのエース 黒田博 [全文を読む]

2000安打の偉業を達成した新井貴浩を、複雑な心境で見るファンがいるのはなぜ?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月23日17時30分

その選手は「新井貴浩」と「黒田博樹」の2名で、チームは「広島東洋カープ」である。 しかしこの快挙に際して、複雑な感情を抱いたカープファンもいるだろう。なぜか? それは新井貴浩という選手の持つ経歴に理由がある。『主砲論: なぜ新井を応援するのか』(迫 勝則/間書店)には、そのあたりの事情を含めた新井の2000本安打達成に至る足跡が語られている。 本書はタイト [全文を読む]

広島カープ 新井&黒田「W名球会」で25年ぶり優勝じゃぁ~!(1)新井貴浩がチームにもたらしたもの

アサ芸プラス / 2016年07月04日05時56分

07年オフ、広島カープの黒田博樹(41)はドジャースへ、そして新井貴浩(39)は阪神へ、それぞれFAで移籍。そして両者はそろって15年にカープに復帰した。その年の4月11日、阪神戦。2人は復帰後初めて、同時にスタメンに名を連ねた。迫氏は「主砲論」でこう書いている。〈この試合からだったと思う。黒田がふんばれば、新井が応えるという不思議な関係が生まれた。試合 [全文を読む]

広島・新井貴浩「まさかの2000安打」までの爆笑ベンチ裏17年秘話

アサ芸プラス / 2016年05月14日17時56分

広島の新井貴浩(39)が、4月26日、史上47人目となる通算2000安打の偉業を達成した。広島では衣笠祥雄氏、山本浩二氏、野村謙二郎氏、前田智徳氏に続く5人目の快挙だが、このカープのビッグネーム4人に比べ、入団当時から新井の快挙を予測した人はほとんどいなかった。〈まさかあのアライさんが‥‥。〉 カウントダウンが始まると、カープナインは独自に製作した「新井T [全文を読む]

フォーカス