新垣隆 佐村河内守に関するニュース

佐村河内守氏に学ぶ、ビジネスでも使えるキャラクターの起て方とは

AOLニュース / 2014年02月18日10時00分

あくまでも、本人は何も語らず、ゴーストライターだった新垣隆氏をはじめ、友人や関係者、あるいは週刊誌や新聞が語るからこそ、佐村河内守氏のキャラクターはここまで起っていくのだ。 これは、ビジネスにおいても応用できるテクニックである。たとえば商談の際の雑談。自分の顔と名前を覚えてもらおうとして初対面の相手に「実はぼく、こんなに変なところがありまして......」 [全文を読む]

ゴースト作曲家・新垣隆氏の封印された壮絶な経歴...夜逃げ、露天商、妻が重病説も

東京ブレイキングニュース / 2014年02月07日10時40分

これまでの作曲が彼自身の手によるものではなかったとゴーストライター新垣隆氏(43)に告発され大きな騒動となっているのは既報の通りだ。 インターネット上では佐村河内守氏ではなく、ゴーストライターとして従事していた新垣隆氏に対する注目度が何故か急速に増している。それというのも今回の騒動に前後して新垣隆氏のWikipediaに書き込まれた真偽不明の「経歴」情報が [全文を読む]

【速報】佐村河内守氏が「耳が聴こえた」ことを認める。

秒刊SUNDAY / 2014年02月06日17時04分

「現代のベートーベン」と称される人気作曲家・佐村河内が実際に曲作りをしていなかったことが明らかになった、いわゆる「ゴーストライター問題」で、本日作曲していた新垣隆さんが記者会見を開き、「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。また、実際に耳が聴こえていたことも認めておりネットでも物議を醸している。18年間の報酬は700万円あったことも報告しているが、いったい [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

この作品は「題名のない音楽会」などで交流のあったヴァイオリニストの大谷康子と、作曲家でピアニストの新垣隆が演奏します。◆三島由紀夫の詩と黛敏郎の電子音楽による「理髪師の衒学的欲望とフットボールの食慾の相関関係」(1957)この曲は、上演記録も不明とされる謎の作品です。今回、楽譜と詩が発見され、電子音楽パートを復元しての上演が行われます。詩の朗読は、黛敏郎 [全文を読む]

佐村河内守に森達也が挑む超問題作『FAKE』が突きつける真実とは?

tocana / 2016年06月24日07時00分

森達也がもう一人の当事者・新垣隆のサイン会に直撃するシーンでは、緊張が走る。 ラストシーン近く、佐村河内の取材をする海外ジャーナリストは事実を積み重ね、彼の作曲能力に鋭く疑問符を突きつけた。その後、佐村河内が起こした驚くべき行動がこの映画の肝となっている。そのラストシーンは劇場で確認してほしい。 森達也は、この映画だけでなくほかの作品や著書で常に『真実を見 [全文を読む]

“ヘンテコリン”なこと続きでした 『音楽という<真実>』新垣隆さんインタビュー【前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月04日11時30分

2014年2月5日、報道陣からカメラのフラッシュが一斉に焚かれる中、静かに一礼して席に座り、「私は佐村河内さんの共犯者です」と謝罪した音楽家の新垣隆さん。あの「ゴーストライター騒動」から一年以上経った現在、新垣さんは作曲や演奏活動だけではなく、テレビやラジオなどでも活躍しているが、騒動についての詳細はこれまで明らかにしてこなかった。18年にも及んだ「ゴース [全文を読む]

あの演技力は伊達じゃないが…佐村河内守が俳優転向だって!?

アサ芸プラス / 2015年03月09日17時57分

テレビやイベントでスポットライトを浴びる新垣隆氏(44)。一方、すっかり忘れ去られた佐村河内守氏(51)は今──。 「このままでは絶対に終わらせない」 新垣隆氏の活躍ぶりを“耳にした”佐村河内氏は親しい関係者の前でこうツブやいたという。 対抗心をにじませるのも無理はない。かつてゴーストライターとして作曲を依頼していた新垣氏は、今や超が付く売れっ子となったか [全文を読む]

テリー伊藤対談「作曲家・新垣隆」(1)演出家として佐村河内氏は優秀だった

アサ芸プラス / 2014年08月12日09時52分

●ゲスト:新垣隆(にいがき・たかし) 作曲家、ピアニスト。1970年生まれ。東京都出身。千葉県立幕張西高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。元・桐朋学園大学音楽学部作曲専攻非常勤講師。今年2月、「全聾の作曲家」として世間の注目を集めていた佐村河内守氏のゴーストライターであったことを公表し、話題になった。8月19日午後7時より、札幌市中央区・ [全文を読む]

「佐村河内守神話」のきっかけを作ったのは「五木寛之の推薦文」だった?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月16日15時41分

その地位は今年2月、音楽家の新垣隆さんが「ゴーストライターをつとめていた」と告白したことで、一気に暗転した。 だが、そもそも、音大などで正規の音楽教育を受けたことのない佐村河内さんが、なぜ「現代のベートーベン」と称されるまでになったのか。新垣さんの作曲が素晴らしかったのが一因だとしても、それだけでは説明がつきにくいのだ。 ●CD発売の4年前に「交響曲第1番 [全文を読む]

佐村河内守氏の“ゴーストライター”新垣隆氏に、ゲーム業界からラブコール「ぜひ新作を!」

日刊サイゾー / 2014年02月20日09時00分

作曲家として知られていた佐村河内守氏の“ゴーストライター”として、実際に作曲を行っていた新垣隆氏に、ゲーム業界から「新作の音楽を担当してほしい」という、ラブコールが上がっている。 新垣氏はクラシック音楽の分野では知る人ぞ知る作曲家だったが、ゲーム音楽を手がけたことは意外に知られていない。2001年にヒットしたゲーム『鬼武者』では、制作チームの一員として活躍 [全文を読む]

フォーカス