菅義偉 幹事長に関するニュース

菅義偉官房長官を幹事長起用説 安倍首相の年内解散の狙いも

NEWSポストセブン / 2014年07月07日07時00分

そこで鍵になるのが菅義偉(すが・よしひで)官房長官の処遇だ。新聞辞令では「官房長官留任が有力」と繰り返し報じられているが、改造前の観測記事はカムフラージュのための情報操作であることが多い。安倍ブレーンの元官僚が語る。 「総理は来年9月の総裁選のライバルである石破茂・幹事長に安全保障担当相のポストを用意し、自衛隊法改正など集団的自衛権の法整備を担当させるこ [全文を読む]

岸田外相 谷垣氏入院で2年後に一気に総理・総裁狙える

NEWSポストセブン / 2016年08月02日11時00分

そんな中堅議員からは、「谷垣さんは声が出せないんじゃないか」「頸髄損傷なら、少なくとも当分は車椅子生活は避けられないだろう」という見方が上がり、後任の幹事長には、細田氏の昇格や高村正彦・副総裁の“降格”、さらに二階俊博・総務会長の名前や、菅義偉・官房長官の幹事長起用という大型人事まで取りざたされている。 [全文を読む]

菅官房長官VS二階幹事長「自民権力闘争」の行方

日刊大衆 / 2017年06月07日06時35分

「長期政権の立役者である2人、菅義偉官房長官と二階俊博幹事長の不和が、党全体を巻き込んだ権力闘争に発展しつつあるんです」(全国紙政治部記者) 菅氏といえば、在任期間が歴代最長となる1500日超、安倍首相を縁の下で支える名女房役。派閥にも属さず“首相の影”として寄り添う忠義者だ。その菅氏と火花を散らす二階氏は、“プチ田中角栄”とも称されるゴリゴリの党人派だ。 [全文を読む]

石破茂氏の安全保障法制担当相に「受けるべきではない」の声

NEWSポストセブン / 2014年08月04日16時00分

本誌は安倍首相が電撃訪朝で支持率を挽回し、菅義偉官房長官を幹事長に据えて「10月解散」を打つ構想を練っていることを報じた(7月18日号)。そうなれば後任の官房長官には首相側近の加藤勝信副長官が昇格するという見方が強い。 ※週刊ポスト2014年8月15・22日号 [全文を読む]

自民党次期幹事長に浮上の人物 実現すれば最大のサプライズ

NEWSポストセブン / 2014年04月14日07時00分

安倍首相との不協和音が伝えられる石破茂幹事長や懐刀の菅義偉官房長官の処遇が注目されているが、ここにきて党の要といわれる幹事長候補に、意外な人物が浮上してきているという。小渕優子氏(40)である。 「まだ若く、しかも女性ですから、女性活用を掲げる安倍首相の意にも適っている。実現すれば内閣改造の最大のサプライズになる」(大手紙政治部記者) 小渕氏は首相在職中 [全文を読む]

あの大物政治家が利権争いに? IR法案成立でカジノ誘致バトルが本格化!

週プレNEWS / 2016年12月14日06時00分

「横浜は神奈川2区選出の菅義偉官房長官の膝元。山下埠頭にカジノを誘致すべく、すでに横浜市では用地取得のために150億円の予算も手当てしており、誘致はほぼ当確と目されています。もちろん、その背景に菅長官の存在があるのは言うまでもありません」 一方の大阪も橋下徹市長時代のおおさか維新の会(現・日本維新の会)が早くからカジノ誘致に乗り出し、関空に近い夢洲に用地 [全文を読む]

安倍首相も青ざめる? 菅VS二階「影の総理バトル」

日刊大衆 / 2016年11月24日17時00分

だが、この世の栄華を謳歌する自民党の勢いを表すものかと思うのは早計で、「これは、菅義偉官房長官と二階俊博幹事長が、党内の覇権を争っていることの現れですよ」(全国紙記者) 菅氏は、安倍晋三首相の女房役であり、政権の要。一方の二階氏は、谷垣禎一前幹事長の後任として8月から現職に就く党の要。両者とも、安倍自民の“影の総理”ともいわれる実力者だ。「二階さんは党内で [全文を読む]

“土俵際”石破茂が繰り出す“安倍をうっちゃり”奇策(1)安倍が用意した「第2の牢獄」

アサ芸プラス / 2014年08月27日09時56分

つまり、来年9月の総裁選に反旗を翻して、出られないようにする封じ込めポストなのです」 安倍総理が報道機関を利用して、石破氏を土俵際に追い込んでいることを知った菅義偉官房長官(65)は、 「何で(安倍総理は)ここまでするかねぇ」 と、そのえげつないやり方を嘆いたという。 現在、態度をはっきりと表明していない石破氏だが、ある自民党議員はこう予想する。 「官邸筋 [全文を読む]

中国外交担当トップが訪日、日本の政府要人と次々会談―仏メディア

Record China / 2017年06月01日10時00分

楊国務委員は、菅義偉官房長官や萩生田光一官房副長官、岸田文雄外相、自民党の二階俊博幹事長らとも会談した。菅官房長官とは31日、経済や観光での協力を促進させることで一致し、萩生田官房副長官とは日中関係改善を中心に積極的な意見交換を行った。 30日に行われた岸田外相との会談は1時間20分に及んだ。北朝鮮の核・ミサイル問題で国連と緊密に連携すること、日中韓の対 [全文を読む]

千代田最終決戦「都議会のドン!vs警視総監のボン!」

プレジデントオンライン / 2017年03月31日15時15分

ミャンマー大使就任には、菅義偉官房長官が大きく関わっているという。 「現ミャンマー大使である樋口建史氏は、官邸との強いパイプがある。小池知事が国政へ参画していく布石と捉えていいのだろう」(官邸関係者) 公認を受けた樋口高顕氏を直撃した。 「父は出馬に反対していましたが、たった一度の人生だからと最終的に認めてくれました。また特定の個人を貶めるべきではないとい [全文を読む]

安倍首相が吹かす解散風に踊り、慌て、飛ばされる与野党議員

NEWSポストセブン / 2017年01月19日16時00分

安倍政権中枢の解散慎重派は菅義偉・官房長官。昨年の参院選前にも、衆参同日選を考えていた安倍首相を「せっかく衆院の3分の2の議席があるのだから、議席を減らすリスクのある解散はすべきでない」と思いとどまらせたとされる。「いま解散なら政敵の二階幹事長が選挙を仕切ることになる。菅さんの本音は、いずれ解散しなければならないなら、次の内閣改造で幹事長となり、自分の手 [全文を読む]

「神ってる小池」新党立ち上げに怯える政権幹部

プレジデントオンライン / 2016年12月19日15時15分

いまや「影の首相」といわれる菅義偉官房長官もその一人だ。全国の選挙区情勢に明るく「選挙博士」の異名を持つ菅氏は、選挙に強いことで知られてきた。だが、前回衆院選に民主党は擁立せず、共産党候補に大差をつけて当選したものの、次期衆院選で野党共闘が機能すれば、選挙区で勝利をつかめる保証はない。「小池劇場」や「トランプ旋風」のように注目されれば、共闘した野党側に流れ [全文を読む]

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<内田茂・前自民都連幹事長>(1)政治資金パーティーには大物政治家が出席

アサ芸プラス / 2016年09月18日17時55分

権威低下がささやかれていたにもかかわらず、会場には安倍晋三総理(61)をはじめ、森喜朗元総理(79)、菅義偉官房長官(67)、二階俊博自民党幹事長(77)、下村博文幹事長代行(77)、石原伸晃経済再生相(59)、丸川珠代五輪相(45)と多くの大物閣僚の姿が見受けられました。大手企業の幹部なども集まり、1000人以上が訪れていた。会費は原則1人2万円なので、 [全文を読む]

都議会のドン「内田茂」が1200人を前に「小池百合子を討て!」

WEB女性自身 / 2016年09月03日06時00分

会場は人であふれ、菅義偉官房長官、二階俊博自民党幹事長、石原伸晃経済再生相、丸川珠代五輪相ら有力国会議員の姿があった。国会議員は確認できただけで17人。一地方議員のパーティでは異例だ。 パーティに参加した国会議員が、声を潜めて語る。 「毎年1000人規模のパーティを開ける都議は内田氏だけ。地方議員ではトップクラスだ。例年、国会議員を呼んでも1人か2人。それ [全文を読む]

菅官房長官が語る永田町の論理「皆が勝ち馬に乗ろうとする」

NEWSポストセブン / 2016年08月30日16時00分

その絶大な権力から「影の総理」とも呼ばれる菅義偉・官房長官。これまでその政治キャリアについて、菅氏が自ら語ることはなかった。その知られざる実像に迫った話題作『総理の影 菅義偉の正体』のなかで、ノンフィクション作家・森功氏からのロングインタビューに応えた菅氏は、彼の政治家との原点ともいえる出来事について語った。1998年の自民党総裁選で、所属していた経世会の [全文を読む]

安倍首相 菅氏から安倍-下村ラインへ組み替え視野に

NEWSポストセブン / 2016年08月09日07時00分

いまや安倍首相を脅かす力をつけてきた菅義偉・官房長官への牽制だ。ベテラン政治部記者はこう読み取っている。 「今回の改造で菅さんが推していた大臣候補が1人も入閣しなかったことに驚いた。安倍総理は明らかに“菅離れ”を始めている」 本誌前号では、幹事長人事をめぐって官邸は入院中の谷垣禎一氏の留任を求めたことを報じた。その背景には、ベッドから動けない谷垣氏を留任さ [全文を読む]

軽減税率「食品全般」を主導した菅官房長官へ怨嗟の声が出る

NEWSポストセブン / 2015年12月22日07時00分

“官邸裁定”で公明党サイドの完勝に終わったが、その決断を主導した菅義偉・官房長官への怨嗟の声が渦巻いている。 自民党税調や総務会では、「菅独裁だ」と批判の声があがり、麻生太郎・副総理兼財務相も「菅は勇み足をした」と怒りを露わにした。 中でも菅氏に対する復讐心に燃えているのが谷垣禎一・幹事長だ。安倍晋三首相との「軽減税率は生鮮食料品にとどめる」という合意を菅 [全文を読む]

ポスト安倍氏 菅義偉氏が総理になるウルトラCの陰に二階氏

NEWSポストセブン / 2015年06月25日16時00分

3位となった有力候補の一人、官房長官の菅義偉氏は内閣の実力者ではあるが、党内で自前の勢力を持たないから、総裁レースはハードルが高い。そこで、浮上するキーマンが二階敏博・総務会長だ。作家の大下英治氏はこう読む。 「菅氏が二階氏を味方につければポスト安倍に急浮上する可能性が高い」 その場合、谷垣禎一・幹事長と麻生太郎・副総理の芽を摘まなければならない。このケ [全文を読む]

加計学園疑惑 存在感薄れた石破氏にとって失地回復の好機

NEWSポストセブン / 2017年05月30日16時00分

7月の東京都議選を前に加計疑惑に国民の批判が強まれば、党内から見直すべきという声が噴き出すはずだ」(非主流派議員) また加計疑惑に際してはポスト安倍の有力候補である菅義偉官房長官が「怪文書」発言で矢面に立つ可能性も出てきた。党内での存在感が薄れて久しい石破氏にとって失地回復の好機に映っているであろうことは想像に難くない。 ※週刊ポスト2017年6月9日号 [全文を読む]

中国主導の国際秩序に警戒感も、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」、各国の出方見守る日本政府

Record China / 2017年05月20日07時00分

その一方で菅義偉官房長官は15日の記者会見で「一帯一路」について「地域の持続的な発展に資するものになるかどうかを含めて、政府として注視していきたい。具体化していくときにどうなっていくかを見極めたい」と述べるにとどめた。日本政府が慎重なのは関係各国間の足並みが必ずしも一致していないためだ。 例えば、中国に次ぐ人口大国のインド。パキスタンと領有権を争うカシミ [全文を読む]

フォーカス