川澄奈穂美 なでしこジャパンに関するニュース

アクロディア、“なでしこジャパン”オフィシャルゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』iOS版をApp Storeで配信開始

PR TIMES / 2015年06月01日15時51分

“なでサカ応援隊長”川澄奈穂美選手とともに、『なでサカ』を通じてサッカーファンをはじめとした多くの方々に女子サッカーの魅力に触れていただくことで、ファンの皆さまと一緒に女子サッカーならびにサッカーのさらなる普及・発展を目指してまいります。■『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』の概要“なでしこジャパン”の一員となって、世界一を目指せ。本邦初!“な [全文を読む]

【なでしこプレビュー】負けたら終わり…崖っぷちで迎える日韓戦《リオ五輪アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月02日12時30分

▽DF田中明日菜やMF川村優理をボランチに置き、宮間とMF川澄奈穂美をサイドに置くことで、これまで通りの形に戻すことはできる。佐々木則夫監督の決断にもよるが、なでしこジャパンらしさを取り戻すには、宮間をサイドで起用した方が機能するだろう。守備を安定させるという意味でも、宮間のポジションには注目だ。◆絶対に負けられない一戦▽初戦のオーストラリア戦を落としたな [全文を読む]

2部リーグからブレイク中の大器も! “チャレンジなでしこ”で注目すべき新戦力

週プレNEWS / 2015年08月04日06時00分

なでしこジャパンの右MFといえば川澄奈穂美(INAC神戸)の指定席となっていますが、今季の川澄はあまり調子が良くない。現時点でひとつひとつのプレーのキレを比べたら、柴田のほうが上だと思いますね」(A氏) 発売中の『週刊プレイボーイ』33号では、この他にも注目選手を厳選紹介しているのでお読みいただきたいが、彼女たちに注目するだけでも第2戦以降の楽しみ方が違 [全文を読む]

女子サッカー選手 男子と比べてその待遇が低すぎる現状もあり

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

特に澤穂希選手(36才)や川澄奈穂美選手(29才)といったW杯で大ブレークを果たした人気選手を数多く擁するINAC神戸の試合のスタンドは一変した。「W杯前の試合では400人程度しか観客が入っていなかったんですが、W杯後の宮間選手が所属する岡山湯郷との試合では、なでしこジャパンメンバー同士の戦いをひと目見ようと、約50倍の2万人を超える観客がスタジアムに足 [全文を読む]

新作サッカーゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』 川澄奈穂美選手が「なでサカ応援隊長」に就任決定!

PR TIMES / 2015年05月15日12時44分

~事前登録すると、川澄選手限定スペシャルカードがもらえる~株式会社アクロディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堤 純也、以下「アクロディア」)は、この度、女子サッカー選手として活躍する川澄奈穂美選手に、アクロディアの新作サッカーゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』(以下、『なでサカ』)の応援隊長として就任いただきましたことをお知らせ [全文を読む]

今のなでしこジャパンには「澤穂希抜き」の戦い方が必要との意見

週プレNEWS / 2012年07月04日15時00分

澤穂希(MF)、宮間あや(MF)、川澄奈穂美(MF)、大野忍(FW)、近賀ゆかり(DF)、熊谷紗希(DF)、海堀あゆみ(GK)ら、昨年のW杯優勝メンバーを中心に構成され、ケガで出場が危ぶまれていた19歳の岩渕真奈(FW)、そして“ラッキーガール”丸山桂里奈(FW)も選出された。 これで、なでしこジャパンの悲願=五輪での金メダルへの挑戦が本格的にスタートし [全文を読む]

INAC退団のなでしこFW川澄奈穂美が古巣シアトル・レインへ…MF宇津木瑠美とチームメートに

超ワールドサッカー / 2016年06月17日09時20分

▽なでしこジャパンFW川澄奈穂美(30)が17日、アメリカのシアトル・レインへ完全移籍することがわかった。所属元のINAC神戸が発表した。2014年3月から5カ月間にわたってシアトル・レインでプレーしていた川澄にとって、約2年ぶりのアメリカ挑戦となる。▽日本体育大学卒業後の2008年にINAC神戸に入団した川澄は、これまで3度のなでしこリーグ制覇と、5度の [全文を読む]

新生・なでしこジャパンが発表! 大儀見や岩渕が招集された一方で、宮間や川澄は選外《国際親善試合》

超ワールドサッカー / 2016年05月20日14時12分

▽一方で、MF宮間あや、MF川澄奈穂美、DF岩清水梓、FW大野忍など、2012年のロンドン五輪や2015年のカナダ女子ワールドカップに招集されていた主力メンバーから外れた選手もいる。▽また、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)、DF佐々木繭(ベガルタ仙台レディース)、MF高木ひかり(ノジマステラ神奈川)、MF千葉園子(ASハリマ アルビオン)、MF中里優 [全文を読む]

なでしこ冷や汗…初戦同様終盤苦しむも2連勝で決勝T進出一番乗り

ゲキサカ / 2015年06月13日13時14分

MF川澄奈穂美やGK海堀あゆみらが先発復帰を果たした。 予想通りなでしこがゲームを支配した。前半6分には右サイドから川澄がクロスを入れると、ニアでFW大儀見優季が潰れる。スルーのような形になると、ファーサイドにフリーで走り込んだDF鮫島彩が左足で押し込み先制に成功。同17分にはMF宮間あやのCKの上げ直しのクロスをFW菅澤優衣香がヘディングで叩き込み、リー [全文を読む]

「なでしこジャパン最大タブー!?」写真誌に掲載されたおしゃれ番長・川澄の衝撃2ショット

日刊サイゾー / 2012年04月28日08時00分

中でも、その美貌と抜群のファッションセンスから、「なでしこジャパンのおしゃれ番長」と呼ばれているのが川澄奈穂美だ。 だが、そんな川澄の意外なお相手との手つなぎ2ショット写真が、写真誌「フライデー」(講談社)5月4日号に掲載された。 同誌によると4月初旬、川澄が所属するなでしこリーグ・INAC神戸が本拠地を置く神戸市内にある商店街に、おそろいのクロックスを履 [全文を読む]

フォーカス