谷繁元信 落合博満に関するニュース

2000本安打達成記念対談 谷繁元信×江夏豊「思いどおりにならないから、我慢して次に答えを出すしかないんです」

週プレNEWS / 2013年06月03日12時00分

25年間、“最もしんどいポジション”でメシを食ってきた大ベテラン・谷繁元信の神髄に、江夏豊氏が迫る! ■“優しい顔の鬼”が捕手・谷繁を育てた 江夏 まずは、通算2000本安打達成おめでとう。 谷繁 ありがとうございます。自分ではあまりピンとこないというか、本当に打ったのかな?という感覚なんですけどね。 江夏 でも、2000本といえば一流バッターの証だよな? [全文を読む]

中日・谷繁“布石を打って勝つ”新リーダー術(1)「新生ドラゴンズを印象づけた谷繁流」

アサ芸プラス / 2014年03月04日09時57分

12年ぶりのBクラス転落で、白羽の矢が立った谷繁元信新監督。落合博満GMの下、“傀儡政権”と揶揄する声もある中、2月18日の巨人との練習試合では、いきなり打線が猛爆発。起用された選手がイキイキと働き、積極野球を見せているのだ。はたして、チーム内に何が起こっているのか。そのウラには、谷繁監督が落合政権で学んだ勝利への大局観があったのだ。 「選手と監督の立場は [全文を読む]

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(2)スキャンダルを消したから…

アサ芸プラス / 2017年03月18日17時56分

森はヘタは打ちませんよ」 谷繁元信前監督(46)の下でもヘッドコーチを務めた森監督について、中日新聞関係者が明かす。「そもそも谷繁政権下でコーチに就くことには消極的でした。でも落合氏が『お前に悪いようにはしないから』と森監督に頭を下げた。GM時代、落合氏は社会人や大学の試合をたびたび視察しましたが、裏で手はずを整えていたのが森監督でした。監督時代の落合氏に [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(1)身の危険を感じて退任を申し入れ

アサ芸プラス / 2017年01月15日09時56分

あらためて説明するまでもないが、落合氏への逆風が吹き始めたのは、昨年8月に谷繁元信前監督(46)と佐伯貴弘前守備コーチ(46)を途中休養させた事件。チームは8カード連続で負け越して最下位に低迷、観客動員が激減していた。 そんな状況に業を煮やし、事実上の電撃解任を断行したのだが、それを白井文吾オーナー(88)に進言、裏で画策していたのが落合氏だったという事 [全文を読む]

中日落合GMの退任が決定!他球団のファン「うちの監督になって復讐を」

しらべぇ / 2016年12月22日19時00分

「再建には落合しかいない」という声を受けて、2013年オフに谷繁元信捕手を監督とし、落合氏がGMとしてバックアップする形で戦うことに。■脅迫状が届くほど嫌われる熱い信任を受けてスタートした落合GM体制だったが、徐々に谷繁監督との確執が表面化。2年連続Bクラスで迎えた今シーズンは早々に優勝争いから脱落すると、谷繁監督が休養に。そして、そのまま最下位に終わって [全文を読む]

「暗黒球団」に転落させた中日・落合博満GMの全悪行(1)独自理論のドラフト結果は…

アサ芸プラス / 2016年08月28日17時56分

中日・谷繁元信監督(46)は佐伯貴弘守備コーチ(46)とともに、西山和夫球団代表、佐々木崇夫球団社長に名古屋市内のホテルに呼び出され、「休養」を通告された。 兼任だった2年間が4位、5位。今年は専任となったが、この時点で8カード連続の負け越しで最下位に転落。観客動員にもかげりが見られたため、その責任を取らせた、事実上の「解任」だった。球団関係者が言う。「監 [全文を読む]

中日・落合博満GM 背番号「暴走シャッフル」支配にあの山本昌もボー然

アサ芸プラス / 2016年01月18日01時56分

一種の“洗脳”なんですよ」 落合氏は監督就任直後に「7」をつけていた谷繁元信監督(45)の背番号を森祇晶氏(79)や古田敦也氏(50)ら名捕手がつけていた「27」にならって変更したり、平田良介(27)から「8」を剥奪して「40」を与えるなど、何度もシャッフルを繰り返してきた。今回も背番号のバーゲンは「34」だけにとどまらず、昨年限りで引退した名球会男・和田 [全文を読む]

中日優勝は巨人選手獲得した年に多い 小笠原効果で今季は?

NEWSポストセブン / 2014年03月21日07時00分

落合博満ゼネラルマネージャー(GM)、谷繁元信選手兼任監督という新体制で臨む2014年の中日は、4人の新外国人選手、ロッテを自由契約となった工藤隆人、巨人からフリーエージェント(FA)で小笠原道大を獲得。一方で、先発要員だった中田賢一がFAでソフトバンクへ、年俸の大幅ダウンを提示され、退団した井端弘和は巨人へ移籍した。 外国人は未知数であり、小笠原や工藤は [全文を読む]

中日・谷繁“布石を打って勝つ”新リーダー術(9)「チーム状態が良くなくても焦りは見せない」

アサ芸プラス / 2014年03月18日09時56分

オープン戦でいよいよ兼任監督としてのベールを脱いだ中日の谷繁元信監督。いきなり、チームが連敗に追い込まれるものの、相変わらず泰然自若の構えだ。その裏では、開幕をにらみ用意周到とも言える「古田ルール」対策があった。 「キャンプでの疲れを少しでも取りなさい、と神様が雨を与えてくれたのではないですか」 3月5日の対西武とのオープン戦が雨天中止になっても、谷繁元信 [全文を読む]

落合博満 最後の講演会で語った“たけしの直言”&“谷繁引退”

アサ芸プラス / 2014年02月05日09時57分

谷繁元信選手兼任監督(43)の、選手と監督の両立がいかに大変であるかと前置きしてから、谷繁との会話を暴露した。 「お前、とりあえず(現役を)2年やれ。2年やって野村さんの3010試合か、この(出場試合)記録を抜け、と。抜いたらどうせお前、現役辞めるんだろ」 谷繁は、監督としては4年契約を結んでいる。野村克也氏(78)が持つ記録(実際は3017試合)を、29 [全文を読む]

フォーカス