池波正太郎 司馬遼太郎に関するニュース

司馬遼太郎 資料収集で神保町古本屋街で資料本消滅伝説作る

NEWSポストセブン / 2013年09月28日16時00分

昭和の中期から平成にかけて、この分野の牽引車として馬車馬の如き活躍を見せていた人気作家、司馬遼太郎、池波正太郎、藤沢周平の三人がこの間に亡くなったのだ。 それぞれ作風も、好んで取り上げる時代や対象も違ったが、なにしろこの三人の作品はよく売れた。そして現在も売れ続け、いくつもの作品が映像化されている。もしかすると、ある世代から下の日本人の歴史観のかなりの部分 [全文を読む]

主要電子書店1位独占!司馬遼太郎初の本格電子化『竜馬がゆく』遂に完結!司馬遼太郎生誕90年の8月7日に、第3弾 7~8巻の配信開始!

@Press / 2013年08月06日12時00分

また、『竜馬がゆく』が読者を刺激したためか、『鬼平犯科帳』(池波正太郎)、『蝉しぐれ』(藤沢周平)などの弊社の歴史小説も動きがよくなっています。『竜馬がゆく』の電子化が、電子書籍業界の活性化に繋がったと考えます。「わたくしは、日本史の人物のなかで、坂本竜馬ほど、男としての魅力にとんだ存在はないとおもうのだが、どうだろう。この底ぬけに明るい、しかも、行くとし [全文を読む]

モテないという逆境が作品を作る!? 肉声で語られた作家の言葉

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月14日06時30分

司馬遼太郎、笹沢左保、池波正太郎など、そうそうたる人気作家たちの肉声が収録される。 例えば、「菊池寛は醜男(ぶおとこ)だった。女にモテなかった」と、講演開始早々、大先生の悪口を言うのは、社会派推理小説の大家・松本清張。菊池寛は醜男な上に家庭が貧しく、学校に行くために苦労を重ねたという。そんな彼の文学は貧乏生活から得た人生経験によるリアリズムだとか。教科書も [全文を読む]

電子オリジナル『2014文藝春秋電子書籍ベスト100』の無料配信開始!売上ベスト1は、5月映画化の『イニシエーション・ラブ』(乾くるみ)

@Press / 2014年12月15日14時00分

11位『竜馬がゆく』(司馬遼太郎)、22位『鬼平犯科帳』(池波正太郎)、69位『点と線』(松本清張)などは、時代を超えて、電子書籍でも読み続けられています。 三つ目は、電子書籍オリジナルコンテンツです。35位『堕ちた“現代のベートーベン”「佐村河内守事件」全真相』、62位『告白手記でよみがえる「百蓮事件」の真実』などは、話題になった時期に、電子書籍のスピー [全文を読む]

日本三景に三大祭、元祖御三家まで!「三言葉」及び「三大○○」を1000点以上も集めた『日本三大ブック』とは?

おたぽる / 2014年06月29日19時00分

流行作家の三太郎(司馬遼太郎、池波正太郎、西村京太郎)、三菱電機の社訓(挑戦、創造、誠意)、三言女の子(ウッソー、ホントー、カワユーイ)、三大ラーメン(札幌、喜多方、博多)などなど、かなり苦しいものもありますね。 この本が出たのは1993年。今から約20年前ということで、かなり時代を感じるものもあって、そこがまた面白いわけです。 きつい、危険、汚いの「3K [全文を読む]

乗客を値踏みするCAたちの本音~ファーストクラスに乗れる/乗れない人の違いとは?

Business Journal / 2013年12月21日01時00分

元国際線キャビンアテンダント(CA)の美月あきこ氏が、その名の通りファーストクラスに乗る人がどんな本を読んでいるのかを紹介したもので、司馬遼太郎や浅田次郎、池波正太郎など有名どころがピックアップされているのだが、紹介された書籍が売れ行きを伸ばしたという。ファーストクラスに乗るような成功者にあやかりたいのだろう。 しかし美月氏によると、ファーストクラスの乗客 [全文を読む]

「忍術」ではなく「忍法」を使い始めたのは吉川英治が最初か

NEWSポストセブン / 2013年10月16日16時00分

作家としての評価全般については、さまざまな文学史の叙述においてなされるだろうが、歴史劇・時代劇の視点からみたとき、山田風太郎は、司馬や池波正太郎、藤沢周平らビッグ3にも劣らぬ存在感と後世への影響を残したと評価できる。 忍法帖という切り口からして明らかなように、山田風太郎の歴史・時代小説は、歴史上の(著名な)人物や事件を、史実に則して描くというスタイルでは [全文を読む]

フォーカス