中谷元 防衛庁長官に関するニュース

“敗戦国日本のプライドを取り戻す” 安倍首相の憲法改正への意欲、海外注目

NewSphere / 2014年12月25日17時45分

憲法改正が「歴史的なチャレンジ」であると安倍首相はした上で、まずは防衛大臣に、元防衛庁長官で、自衛隊の役割の拡大を支持する中谷元氏を任命したことを伝えた。 ◆構造改革と憲法改正に向けて 英フィナンシャル・タイムス紙も、安倍氏の首相再就任を伝える中で、安倍氏が押し進める経済政策「アベノミクス」を伝えるとともに、中谷元氏の防衛大臣就任を取り上げ、安倍氏の憲法 [全文を読む]

<政治家の発言の真偽を問う>朝日新聞のファクトチェック=事実確認に期待

メディアゴン / 2017年02月11日09時27分

【参考】<県民の意思は反映されてる?>全員自民党の福井県は超個性派ぞろい 兼山の逸話は、高知選出の中谷元・防衛庁長官(当時)も02年の小泉内閣のメールマガジンで、未来を見据えた政治姿勢のお手本として紹介したが、今も地元の恵みになっているとは書かなかった。演説で逸話を引くのは、政治姿勢をわかりやすく伝える方法として有用だ。ただ、閣議決定を経る施政方針演説にし [全文を読む]

3.11の緊急時に5時間もかけて車移動していた元防衛大臣

まぐまぐニュース! / 2015年08月31日19時30分

終了後の陸上幕僚長主催の昼食会で、中谷元防衛大臣以下、河野克俊統合幕僚長、岩田清文陸上幕僚長、武居智久海上幕僚長、齊藤治和航空幕僚長、そして、それら要職のOBの皆さんとも短い会話を交わす機会がありました。 中谷大臣は防衛庁長官時代を含めて3回目の総合火力演習ということもあってか、自信に満ちていたのは当然ですが、全体のまとまりがすごくよくなっているという印 [全文を読む]

今度は自民党防衛族の元大物議員が安保法制批判!「安倍首相は軍国主義」「国策として誤り」

リテラ / 2015年06月09日19時00分

だから私は、自衛隊を後方支援に出すこと自体に反対です」 国会で安倍首相や中谷元防衛相が、のらりくらりとまともに答えない最大の争点である自衛隊のリスクを、明確に認めたのだ。その上で、今回11本もの法案を一度に出してきた安倍首相の乱暴とも思える手法の背景についてもこう解説している。「これはおそらくね、この法案を準備した官僚のやり口だと思うんです。法案を一本一本 [全文を読む]

田母神政経塾 ー解散・総選挙は総理に追い風 党内で対抗する勢力は不在にー

アサ芸プラス / 2015年01月17日09時55分

新たな防衛大臣に任命されたのは、中谷元・元防衛庁長官でした。彼はリベラルな面もありますが、陸上自衛隊出身ですので自衛官の話を聞く耳を持っています。 安倍総理と私の考え方は近い部分も多いですが、反対なのが「女性の登用」です。女性の社会進出は尊重するものの、これは晩婚の源となり、少子化をますます加速させます。 少子化が進むと外国人の移民に頼らざるをえなくなる [全文を読む]

海外報道:安倍新内閣の課題は「経済、安保、中韓外交」 「タカ派」新防衛相にも注目

NewSphere / 2014年12月25日11時28分

◆集団的自衛権行使を可能にする法整備で、新防衛大臣は安倍首相の強い味方? 報道によると、安倍首相は当初、全閣僚を再任する考えでいたが、政治資金問題で野党側から追及を受けた江渡聡徳・前防衛大臣が辞退したため、中谷元・元防衛庁長官を防衛大臣に任命した。他の17閣僚は皆、再任である。このため海外メディアの注目も、この防衛大臣人事に集まった。 WSJ紙は中谷大臣に [全文を読む]

石破茂氏 「総理の体はもう限界」情報リークうけ決起決断か

NEWSポストセブン / 2014年09月01日16時00分

「石破さんは首相サイドに、自分の代わりに自公交渉にかかわった側近の中谷元・元防衛庁長官の安保相入閣を要請したが、色よい返事はなかった」(石破グループの閣僚経験者)といわれるが、それは時系列からもおかしい。石破氏が安保相を蹴った時点で、ゴングは鳴っていたのである。 むしろ重大なトリガーになった可能性があるのが、週刊ポストが前号で報じた安倍首相の健康不安説だ [全文を読む]

フォーカス