猪瀬直樹 都知事選に関するニュース

迷った時は過去に学べ。歴代「東京都知事」8人の仕事、総まとめ

まぐまぐニュース! / 2016年07月28日15時00分

その後、猪瀬直樹氏、舛添要一氏と続くが、どちらも「カネの問題」で非常に短命で終わってしまった。 何を基準に次の「東京都知事」を選べばよいのか? カギはどのようなテーマを打ち出すか こうやってみてくると、知事の資質は東京は世界の大都市で、世界の問題を集約したようなところでもある。特に途上国にとっては先進的な地域である。そのような問題においてどのようなテーマ [全文を読む]

都知事選をするなら同日選が安上がり?

政治山 / 2016年05月30日18時20分

2012年の衆院選との同日選では前回より約8億円安く 前々回、2012年12月に行われた都知事選は、石原慎太郎知事(当時)が猪瀬直樹副知事を後継指名して衆院選に出馬したため、衆院選と同日に実施されました。国政選挙と都知事選の同日選は憲政史上初の試みとなりました。同日選により、投開票所や人件費などの重複分を省くことで、都知事選に要した経費は38億4637万 [全文を読む]

【永田町炎上】辞職だけでは済まされぬ舛添要一の”嘘だらけ人生”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月18日17時05分

ちなみに前知事の猪瀬直樹が都知事に当選したのは2012年の12月16日。辞任を表明したのが翌2013年の12月9日、辞任は同月24日付だ。となると、舛添が「都知事選について相談した」と主張する2013年の正月は前知事の猪瀬が当選した直後、辞任を表明する約1年前ということになる。現職の猪瀬知事が健在なうちから次期都知事選立候補の相談をするなどという馬鹿げた話 [全文を読む]

原発、五輪…細川元首相当選なら「都政は混乱」の声

WEB女性自身 / 2014年01月17日07時00分

そこに降ってわいたのが、猪瀬直樹前都知事の5千万円受領問題だった。 「東京電力の大株主である東京都知事になれば、脱原発を達成できる。細川氏は千載一遇のチャンスと考え、12月10日ごろ、自ら関係者に連絡を取り、出馬準備を始めた。その一人が小泉氏。細川氏が出馬に傾いた裏に、小泉氏が応援演説をする密約があったんだ」(同前) 500万人といわれる無党派層が勝敗を決 [全文を読む]

小池百合子氏と浜渦武生氏&鴻池祥肇氏の長い因縁

NEWSポストセブン / 2017年03月15日07時00分

選挙の面倒は見るから、東京都知事選に出ないか」 百合子氏側近によると、石原氏が勇二郎氏の恩をあげて知事選出馬を打診してきたのは、猪瀬直樹・元都知事の辞任で出直し選挙となった2014年都知事選の時だったという。この時は断わったが、昨年7月の都知事選に「東京都連はブラックボックス」と批判して出馬し、選挙戦で石原氏からの出馬打診があったエピソードを明かした。 と [全文を読む]

過熱する都知事選報道、「公正とは言えない」との声も

政治山 / 2016年07月25日07時40分

これは2012年12月の猪瀬直樹氏の得票数433万8936票が平均を大きく引き上げているのと、4選を果たすまでの石原慎太郎氏の安定した人気ぶりによるところが大きいと考えられます。 今回は大本命と言える突出した候補がいないことから、大方のマスコミの予想では前回の舛添要一氏が得票した211万票に近いか、それよりも低い得票数になるのではないかと言われています。 [全文を読む]

舛添の再選はあるのか?日本一早い”都知事選出馬予想”|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年05月01日16時10分

前回(2014年2月)、辞任した猪瀬直樹氏のあとを狙って出馬したのは、元厚生労働大臣の舛添要一、元首相の細川護煕、元航空幕僚長の田母神俊雄、弁護士の宇都宮健児など。豪華なメンバーが顔をそろえ、舛添氏が当選した。 次回の選挙は2018年。ここで私は「日本一早い都知事選出馬予想」をしてみたい。盤石そうにみえた舛添都知事だが最近ブーイングが飛んでいる。高額な海 [全文を読む]

石原慎太郎もタジタジ 50年にわたる小池百合子との因縁

NEWSポストセブン / 2016年09月30日07時00分

2013年末、猪瀬直樹氏が、政治資金問題で辞任した時、石原氏はこう言って小池氏に都知事選出馬を促したこともあったという。「『知事選に出ないか。必要なカネも出す。お父さんへの恩返しだ』と。ただ、当時は石原さんと小池さんは党が違ったので、出馬は断念し、その時は“小池知事”は幻に終わりました」(前出・政治ジャーナリスト) 石原氏の口から『厚化粧』発言が飛び出した [全文を読む]

ツケは都民1人あたり840円―都知事3人続けて任期全うせず

政治山 / 2016年06月17日18時00分

石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏に続き、3人続けて任期途中での退任で、2011年4月以降、本来なら1回で済んだ選挙が3回目の選挙となります。 選挙費用は前回46億円と同じ規模に 前回(2014年2月実施)と同じ任期途中での都知事選は、限られた準備期間での追加コストにより、前回の経費46億1394万円に近い費用が発生しそうです。 石原氏が4選された2011年4月の都 [全文を読む]

ポピュリズム選挙の弊害?トンデモ候補から消去法で残った舛添都知事の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日12時05分

当時の都民の願いは<石原慎太郎(注3)路線の継承>で、その任にあたっていた猪瀬直樹氏の辞任による新都知事選びだった。消去法でトンデモ候補を消していくと、舛添氏しか残らなかったということ。──とはいえ都知事になってからのヒドさが予想以上だったことについては、不明を恥じるのみだが。 「最初は週刊誌やネットが先行した舛添批判に、今はテレビ局や大手新聞社も乗っか [全文を読む]

都知事選 泡沫候補を踏み台に目の前の女性にモテる話術指南

NEWSポストセブン / 2014年01月18日16時00分

●作戦その1「5代前ぐらいまでの都知事の名前をさりげなく並べる」 猪瀬直樹(2012年12月~2013年12月)、石原慎太郎(1999年4月~2012年10月)は覚えていても、それより前になるとスラスラ言える人は多くはありません。石原慎太郎の前は青島幸男(1995年4月~1999年4月)で、その前が鈴木俊一(1979年4月~1995年4月)、もうひとり前 [全文を読む]

都知事選の投票基準はどこ?

NewsCafe / 2014年01月08日16時00分

猪瀬直樹・前都知事の辞任に伴う都知事選挙(2月9日投開票)に、複数の候補者が名乗り出ている。現段階で正式に立候補を表明しているのは、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児さん、元航空幕僚長の田母神俊雄さんだ。また、元厚生労働大臣の舛添要一さんが出馬の意向を固めたという報道が出ています。 宇都宮さんは6日に都庁で会見し、無所属で立候補をすることを表明しました。宇 [全文を読む]

特定秘密保護法、猪瀬知事5000万円問題を斬る...元『噂の真相』岡留安則の編集魂

東京ブレイキングニュース / 2013年12月02日12時00分

そんな稀代の悪法の審議中に、猪瀬直樹東京都知事が徳田虎雄率いる徳洲会から昨年の都知事選前に5000万円を借金していたという事実が表面化した。報道番組やワイドショーでもこの猪瀬問題を各局が取り上げ、特定秘密保護法の報道が縮小される事態となった。猪瀬氏は大宅賞作家でもあり、言論・表現の自由を謳歌してきた人物である。その人物が、戦後最悪の言論統制の機能を持つ法 [全文を読む]

猪瀬元都知事が語る「豊洲問題」「五輪」「都議会のドン」

WEB女性自身 / 2016年10月14日06時00分

資材費の高騰や人件費の問題も背景にはあるが、建設工事の落札率が99.9%というのはおかしいでしょ、と」 こう話すのは、東京都の内情に詳しい元知事で、作家の猪瀬直樹さん(69)。猪瀬さんは、本来 ドン に焦点が当たるはずだった問題が、「盛り土」の一件によって、東京都の構造的な話ばかりにすり替わってしまったという。豊洲新市場の疑惑の本丸は、建造物の利権に絡む問 [全文を読む]

都政に見る歪んだ力関係、国会議員より地方議員の方が強い?

政治山 / 2016年09月05日17時30分

都知事選の告示前に、元都知事の猪瀬直樹氏が「自民党都連会長は石原伸晃だが、会長は帽子で国会議員や都議会議員の公認権は都連幹事長の内田が握っている」と自身のブログ(http://ameblo.jp/inose-naoki/entry-12177856019.html)などで述べています。 地方議員の力の源泉は選挙協力にあります。猪瀬氏も「副知事就任の直後に千 [全文を読む]

猪瀬直樹が都議会を猛烈バッシング 都民は冷ややかな反応か

しらべぇ / 2016年07月16日07時00分

東京都知事選への準備が進む中、元都知事である猪瀬直樹氏がツイッター上で猛烈な都議会バッシングを続けている。騒動のきっかけとなったのは氏が13日に行なった投稿。「都議会のドン」とも呼ばれる自民党都連、内田茂幹事長の命令書であり、そこには増田寛也氏のみを応援し、各議員がそれ以外の候補を応援すれば除名処分となる旨が書かれている。しかも、親族が応援しても処分になる [全文を読む]

乙武氏妻のスピーチに絶賛の嵐?イメージ回復で狙う”再出馬”

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日19時05分

厳戒態勢のなか、猪瀬直樹前東京都知事(69)ら多くの著名人を含む出席者約500人が出席。乙武氏は涙を浮かべながら神妙な面持ちで「正直、恥ずかしいです。つらいです」と謝罪し、会場からは温かい声援が飛んだという。 乙武氏は不倫騒動の原因について「大学3年の時に『五体不満足』が出版され、明るくさわやかなイメージが虚像で重荷となった。世間が期待するイメージを演じて [全文を読む]

圧勝した舛添新知事の本音は「副知事」の人選で見えてくる by久田将義

東京ブレイキングニュース / 2014年02月10日09時00分

ちなみに猪瀬直樹前都知事も舛添新都知事も、実はテレビ番組『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系列)出身という共通したバックボーンを持つ(本人たちは否定するかも知れないが)。彼らが知名度を売ったのは間違いなく「朝生」出演以降で、約二十年前にちょっとしたブームを作った「朝生文化人」だった。 さて今後は、舛添知事が誰を副知事に置くのかに注視したい。東京都政は石原都知 [全文を読む]

【10代・20代対象】都知事選について緊急アンケート実施。10人に1人が支持したい候補者が「いる」と回答

PR TIMES / 2014年01月27日16時28分

【アンケート結果】◆ 「あなたは猪瀬直樹前知事の『猪瀬都政』を評価しますか?」と質問したところ、「評価する」は8.3%、「少し評価する」は14.2%、「どちらともいえない」は52.9%、「あまり評価しない」は9.1%、「評価しない」は15.4%となりました。◆「あなたは猪瀬直樹前知事が、都知事を継続していた方がよかったと思いますか?」と質問したところ、「思 [全文を読む]

都知事候補 議員間で「ビートたけしが出馬狙ってる」説登場

NEWSポストセブン / 2013年12月26日07時00分

在職1年で辞職した猪瀬直樹前都知事(67才)が任期を全うしていれば必要のなかった出費で、当然、都民の血税でまかなわれる。 しかも、それだけ巨額の税金を投じる選挙なのに、次の都知事選の出馬候補として名前が挙がるのは“またか!?”な面々ばかり。有力候補と見られているのが、衆議院議員を辞職したばかりの前宮崎県知事・東国原英夫氏(56才)と、1999年の都知事選で [全文を読む]

フォーカス