八代亜紀 五木ひろしに関するニュース

五木ひろしがノリノリ 田原俊彦の曲をタップ踏みながら熱唱し番組カオス状態に

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月10日06時28分

たとえば、八代亜紀にスポットを当てた回では、「雨の慕情」を川中美幸が、「舟唄」を五木ひろしがカバー。このように、今まで基本的には演歌歌手の曲を、ほかの演歌歌手が歌うというパターンがほとんどだった。だが、6月3日は異変が起こった。五木と親交の深い田原俊彦が出演し、「TRIBUTE TIME」でスポットを当てられた。田原の曲は、いわゆる歌謡曲。これを五木ひろし [全文を読む]

スティービーワンダーがワンオクをカバーしたと若者が大激怒!残念五木ひろしもカバー済み

秒刊SUNDAY / 2014年10月31日15時00分

八代亜紀Gackt 井出麻理子鈴木雅之 奥居 香 Tina 五木ひろし出典:ニコニコ動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm1963366どうせならGACKTさんや五木ひろしさんもこのカバー騒動に混ぜていただき、そこから話をさせていただきたいものだ。それにしてもGACKTさんのカバーは迫力があって◎。五木さんのカバーは心に染みる [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(1)

アサ芸プラス / 2013年12月13日09時58分

歌謡界を代表する五木ひろしと八代亜紀が雌雄を決した「五八戦争」は、今なお、レコード大賞の語り草である‥‥。 「こちらが100点のつもりで書いたものを、あっさり120点に仕立ててしまう。それが五木ひろしという歌い手の凄さでした」 作曲家の岡千秋は、自身も都はるみとのデュエット「浪花恋しぐれ」(83年)を大ヒットさせた歌手でもあるが、ひたすら尊敬の念を抱くのが [全文を読む]

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(3)

アサ芸プラス / 2013年12月18日09時58分

良美は新人賞部門に、八代は大賞部門にノミネートを重ねるうち、思いがけない現象が起きた。会場にはアイドルたちの親衛隊がしのぎを削るが、良美のファンにとって聖子や田原は敵でも、八代は「応援すべきお姉さん」である。 「私のファンの人たちが、八代さんの曲のサビの『雨雨降れ降れ、もっと降れ』を合唱するようになったんですよ。八代さんも野太い声援にニッコリと喜んでいらっ [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(2)

アサ芸プラス / 2013年12月17日09時58分

ひのきしんじが五木の音楽ディレクターを担当して2年が過ぎた。あれほどヒット曲を量産してきた五木が、初めて停滞期に入ったのだ。レコード会社にとってヒットを出すのは義務であり、期待に応えられない自分はクビになってもしかたないと思った。 「ひのきちゃんは自分の思いどおりにやっていないんじゃない? 俺は独立するから、これからも一緒にやろうよ」 こうやって引き留めた [全文を読む]

五木ひろし、八代亜紀と戦った「五八戦争」の秘話明かす「悔しくて踏んだり蹴ったりでした」

スポーツ報知 / 2017年09月16日08時49分

歌手の五木ひろし(69)が16日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜・前7時30分)に出演し、八代亜紀と賞レースを争った「五八戦争」の秘話を明かした。 1980年は五木の「ふたりの夜明け」、八代の「雨の慕情」が大ヒット。年末の賞レースは壮絶を極め、「五八戦争」と呼ばれた。五木は当時を「賞は大きな目標ですから、毎年戦っていました」と振り返った。ライバルの八代は [全文を読む]

レコ大事件簿 五木ひろしと八代亜紀の「五八戦争」

NEWSポストセブン / 2016年12月24日07時00分

今年で58回目を迎える年末の風物詩、日本レコード大賞。しかし、今年11月には『週刊文春』が“レコ大の買収”を報じた。芸能プロ「バーニングプロダクション」が、2015年のレコ大の大賞である三代目J Soul Brothersが所属する「LDH」に、〈年末のプロモーション業務委託費〉の名目で1億円の請求書を出したというものだ。バーニングプロ社長の周防郁雄氏は芸 [全文を読む]

阿久悠さん未発表詞が続々と楽曲化 いきもの水野良樹がETV特集で足跡取材

ORICON NEWS / 2017年09月07日00時00分

番組では未発表詞「子どもたちの未来をよろしく」につんく♂が曲をつけ、阿久さんゆかりの歌手・五木ひろし、八代亜紀、ピンク・レディーの増田恵子らが歌唱した。 関係者によると「未発表詞は数百作」にものぼり、メモリアルイヤーの今年に「どうにか形にできないか」とプロジェクトが立ち上がり、昨年から準備が進められてきたという。 23日にはNHK EテレのETV特集『いき [全文を読む]

【24時間テレビ】阿久悠×つんく♂楽曲披露にスター集結 全貌明らかに

モデルプレス / 2017年08月26日22時00分

同企画では、ドラマで阿久悠を演じた亀梨和也をはじめ、阿久悠ゆかりの歌手である、五木ひろし、八代亜紀、ピンクレディー増田惠子、柏原芳恵、松崎しげるが、その他出演者ととも歌唱。ドラマで阿久悠の妻・雄子を演じた松下奈緒がピアノを演奏、作曲を担当したつんく♂もギターで参加するという。 また、曲のタイトルは「子供たちの未来をよろしく」。時代を超え、2017年の世に送 [全文を読む]

『24時間テレビ』阿久悠さん×つんく♂“新曲”を亀梨&ゆかりの歌手が披露

ORICON NEWS / 2017年08月26日22時00分

【写真】チャリティーパーソナリティーを務める石原さとみ 歌唱するのは、ドラマに主演し同番組のメインパーソナリティーである亀梨和也をはじめ、阿久さんゆかりの歌手の五木ひろし、八代亜紀、ピンクレディー増田惠子、柏原芳恵、松崎しげるら。同じくドラマで阿久さんの妻・雄子を演じた松下奈緒がピアノを演奏、そして作曲を担当したつんく♂もギターで参加する予定だ。 曲のタ [全文を読む]

おりも政夫も唖然! 芸能人水泳大会での松本伊代の驚愕行動

NEWSポストセブン / 2017年08月13日07時00分

五木ひろしさんや八代亜紀さんなどの演歌歌手も水着になっていましたよ」 当初は年齢やジャンルを問わず人気歌手が出場していたが、1971年デビューの南沙織や中3トリオと呼ばれた山口百恵、桜田淳子、森昌子などのアイドル歌手が人気を集めるようになると、水泳大会でも必然的に彼女たちが中心になっていった。『アイドル進化論』の著者である社会学者の太田省一氏が話す。 「水 [全文を読む]

当たり障りのない「黒い噂」ばかり もっと新鮮なネタを! 〈訂正させてください〉(フジテレビ)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月04日12時00分

山本の昔の芸名が伊達春樹でダーティ・ハリーからとったものだというものや、伍代夏子の芸名は五木ひろしと八代亜紀から貰ったものというのは面白かったが......。 最近、この手の暴露番組は多く、いかに新鮮なネタを掘り起こせるかが勝負になってくる。そのあたりはしっかり吟味しないと。 (放送2017年6月30日19時~)(白蘭) [全文を読む]

ビートたけし「おいらの居酒屋に突然やって来た」――生誕80年・美空ひばりとわたし

文春オンライン / 2017年06月25日07時00分

八代亜紀とか、五木ひろしとか。「都はるみは、こんな歌い方をする」とか言いながら、目の前で歌ってくれるんだよ。ひばりさんのものまねをする人、いっぱいいるけど、ひばりさんよりはうまくないじゃない。でも、ひばりさんが真似すると、ひばりさんのほうが本人よりうまくなっちゃうんだからな。 カバー曲でも同じ。この前、BEGINが作曲した『涙そうそう』を女の子が歌っていて [全文を読む]

大御所タレントの活躍の場は地上波からBSやCSに移行か

NEWSポストセブン / 2017年01月04日16時00分

しかし、どこまでも昭和ムード、演歌系中心なので、八代亜紀、瀬川瑛子ら大物もゆったりとした時間でのびのび仕事をしているように見える。 また、多ジャンルで輝いている大御所は、松平健。時代劇専門チャンネルなどで放送されたオリジナル時代劇『鬼平外伝正月四日の客』は、ギャラクシー賞テレビ部門月間賞を受賞。現在はBS日テレで『にっぽん食の道』に出演中だ。日本各地に出か [全文を読む]

紅白選考に苦言「なぜ視聴者が業界の理屈を呑む必要ある?」

NEWSポストセブン / 2016年12月14日16時00分

岩崎宏美、松田聖子、都はるみ、八代亜紀、小林幸子、杏里、郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹も、千昌夫、森進一、五木ひろし、北島三郎、村田英雄も三波春夫も、みんなでフリフリの衣装を着て、舞台の端にいる大御所も決して手を抜かず、マンボを踊ったんだよ。必死に、楽しそうに。 これだけの歌手が、揃って集団練習をしたと思うと、それだけでもう胸が熱くなったわよ。 ◆業界の理 [全文を読む]

若者人気に嫉妬? 「ラスボス」小林幸子の『紅白』復帰を妨害する勢力とは

日刊サイゾー / 2016年07月24日09時00分

「小林さんのバラエティ路線を追う動きを見せているのが、ヘビメタに進出したり、アニメ声優をやったりしている八代亜紀さん。側近らが『小林幸子より、こっちに企画の相談を!』と仕事領域の横取りをするような動きを見せていますよ。こういう争奪戦が激化すると出てくるのが、ライバルのゴシップをマスコミにリークすること。小林さんに思わぬ落とし穴にはめられる可能性もあり得ま [全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

●69組の演歌スターが大集結! 演歌界をリードしてきた12のレーベルの合同企画 美空ひばり、石原裕次郎、天童よしみ、八代亜紀、五木ひろし、森進一、テレサ・テンなど、輝かしい経歴を誇る演歌の歌い手たち69組が勢ぞろい。懐かしい演歌の名曲の数々を、一流歌手たちの素晴らしい歌声でたっぷりとお楽しみいただけます。 ●厳選した名曲をたっぷり90曲収録 ショップジャ [全文を読む]

大御所でも相部屋使いタレント司会者は別格 紅白の楽屋事情

NEWSポストセブン / 2015年12月04日16時00分

女性では紅組のリーダー格・和田アキ子と天童よしみ、松田聖子、八代亜紀らが3~6楽屋に入る。 他の楽屋に比べてスペースが広い7楽屋も相部屋だ。豪華な衣裳で紅白をわかせた小林幸子はこの部屋を間仕切りし、石川さゆりと使っていた。 ◆タレント司会者は別格 1楽屋と2楽屋は司会役が一人部屋として使用する。2014年に司会を務めた嵐はメンバー5人で1楽屋を使っていた。 [全文を読む]

【紅白歌合戦トリビア】紅組、白組両方から出場の歌手がいる

NEWSポストセブン / 2014年12月22日16時00分

白組が先攻のため五木ひろしがトリ、大トリは八代亜紀となった。台本は2パターン用意されていたという。 【歌手別視聴率を導入したのは『トーチュウ』】 1992年1月、『東京中日スポーツ』が初めて紹介。前年の第41回を録画し、歌手の歌唱時間を計測して、分刻み視聴率と照合して掲載した。これ以降、歌手別視聴率が定着した。 【紅組、白組両方から出場している歌手がいる】 [全文を読む]

フォーカス