半沢直樹 倍返しに関するニュース

~「じぇじぇじぇ」と「倍返し」をTwitterデータから徹底検証~イベント型の「倍返し」に対し、「じぇじぇじぇ」は日常表現型の流行語であることが判明。流行語大賞に近いのは、「じぇじぇじぇ」?

PR TIMES / 2013年09月04日11時22分

株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京港区、代表取締役社長:池田紀行)は、2013年のヒットドラマ「あまちゃん」「半沢直樹」から生まれた流行語「じぇじぇじぇ」「倍返し」に関して、 Twitterに投稿されたツイートデータを独自に調査分析しました。 ☑ 2013年7月以降、 「じぇじぇじぇ」 と「倍返し」がTwitter上で使われたツイート件数を調べる [全文を読む]

『テレビ視聴に関するアンケート調査』 大ヒットのエンタメが日本のコミュニケーションを変える!?「あまちゃん」「半沢直樹」を見て、家族の会話が増えた人が4割に!

PR TIMES / 2013年09月04日12時37分

■「あまちゃん」と「半沢直樹」のテレビ視聴に関するダイジェスト●家族で会話が盛り上がるようになった人が続出! 「あまちゃん」視聴者は43.5%、「半沢直樹」視聴者は34.7%に。 “普段話さない知人や同僚と話すようになった人”も、それぞれ13%に。●“じぇじぇじぇ”“倍返し”、視聴者で実際に使った人は約6割!! よく使う場所1位は、自宅。 言葉には出さない [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

出演する映画やドラマは話題作となる、そんな順風満帆な堺雅人が自らの出世作となった『半沢直樹』の続編に出演することを決意したという。 ■今秋にも『半沢直樹』のクランクインか 堺雅人は早稲田大学に6年間通い中退の末、極貧生活を経験。貧乏のあまり「タンポポを食べた」経験もある苦労人だ。映画、ドラマと出演する作品は話題作となり、女優の菅野美穂(38)との結婚でイメ [全文を読む]

半沢直樹に影響され「バンカーで倍返し」目指す就活生が増加

NEWSポストセブン / 2013年08月25日16時00分

大人気ドラマ「半沢直樹」でメガバンクの就活が人気!? ドラマ、漫画が就活に与える影響を作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。 * * * 今年はドラマの当たり年ですね。NHKの朝の連続ドラマ『あまちゃん』も大人気ですが、同様に人気を集めているのがTBS系の日曜劇場『半沢直樹』です。池井戸潤氏の企業エンターテインメント小説『オレたちバブル入行組』『オ [全文を読む]

半沢直樹VS.ミズタクVS.前髪クネ男…女性の心を奪った「ドラマ男子」3人

Menjoy / 2013年09月11日21時00分

今回は、各メディアのトレンドをかっさらっている“テレビドラマの魅力的な男たち”をご紹介します! ■正義感と人情にあふれた切れ者ヒーロー――半沢直樹 日曜日の夜って、何かと憂鬱ですよね。翌日の月曜日にそなえ、テレビなんか観ている暇は無い……という考えは、今やどこ吹く風。むしろ今は、日曜劇場『半沢直樹』を観て、新たな一週間に“倍返し”していくのが主流のようで [全文を読む]

『あまちゃん』『半沢直樹』 タイトルにみるドラマヒット法則

NEWSポストセブン / 2013年09月07日07時00分

今、大ヒット中のドラマといえば、誰もがNHK連続テレビ小説『あまちゃん』と『半沢直樹』(TBS系)の名前を挙げるだろう。いずれもストーリーや、ドラマの内容が今の人気につながっているが、今回はタイトルに注目してみたい。タイトルにみるヒットドラマの法則とは? コラムニストのペリー荻野さんが解説してくれた。 * * * もちろんドラマがヒットするには、中身が一番 [全文を読む]

『年末恒例の賞に関するアンケート調査』 年末恒例「5大アワード」をT会員が大予測!今年の流行語大賞は「倍返し」、今年の漢字は「輪」

PR TIMES / 2013年11月21日09時32分

アベノミクス、あまちゃん、半沢直樹、富士山、オリンピックetc.カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカードを利用している16~69歳の男女1,254名のT会員を対象に、インターネット上での意識調査「T アンケート」によって、『年末恒例の賞に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。■年末恒例の5大アワードに関するダイジェスト [全文を読む]

「巨人に倍返しや!」阪神ファンが逆転優勝に執念を燃やす2008年のトラウマ

週プレNEWS / 2013年09月02日19時30分

大人気のドラマ『半沢直樹』(TBS系)の決めゼリフに刺激されたのか、虎ファンが「倍返しや!」と盛り上がっている。倍返しのお相手は、セ・リーグの首位を独走中の巨人だ。 大阪市北区、阪神ファンが集う喫茶店「まる虎ぽーろ」で、虎ファンのひとりが怪気炎を上げる。 「阪神ファンは2008年のV逸を忘れていません。あの年、阪神はオールスター前に60勝を挙げ、2位巨人に [全文を読む]

『半沢直樹』ヒットの理由は、堺雅人の“あの微笑み”と自然な七三分けだった!

ハピズム / 2013年07月30日09時00分

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)が大人気だ。7月28日に放送された第3話では平均視聴率22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、今年のドラマ最高視聴率を獲得した。昨今のドラマは、初回視聴率が高くても、徐々に下降線をたどるものが多い中、なぜ『半沢直樹』は好調なのか? その理由を主演の堺雅人の顔から考察したい。 初回視聴率19.4%、2話2 [全文を読む]

『小さな巨人』 「倍返し」級の流行語を生み出せるか?

NEWSポストセブン / 2017年05月31日07時00分

同じ日曜劇場で放送されていた『半沢直樹』ともたびたび比較されているが、『小さな巨人』の好調の理由はどこにあるのか? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * そんなわけで、後半戦ともいえる「豊洲署編」が始まった『小さな巨人』。早明学園の屋上で現役警部の江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害される。江口は、政治家ともつながる学園の不正経理を内偵捜査 [全文を読む]

フォーカス