尾野真千子 河瀬直美に関するニュース

美人白書インタビュー 尾野 真千子(女優)~人と出会い、役と出会い、進み続ける輝き~

PR TIMES / 2015年11月18日10時42分

トラッドマインドを楽しむスタイルマガジン NEWYORKER MAGAZINE「NEWYORKER」を中心とする既製紳士・婦人服の企画・販売を行う株式会社ニューヨーカー(本社:東京都千代田区)は、自社運営ウェブマガジン『ニューヨーカーマガジン』(http://www.newyorker.co.jp/magazine/)にて、女優 尾野真千子さんのインタビュ [全文を読む]

尾野真千子“はすっぱ色香”の秘密「デビュー当時の苦労からトップ女優へ」

アサ芸プラス / 2015年08月29日09時57分

今でこそトップ女優として揺ぎない評価を得ている尾野だが、ここまでの道のりは決して順調だったわけではない。 デビューは中学3年生。映画監督・河瀬直美氏に見いだされ、97年公開の映画「萌の朱雀(もえのすざく)」でいきなり主演に抜擢される。まさにシンデレラ・ストーリーだが、その後は仕事に恵まれない時期が続く。一時は眼鏡店や不動産会社などでも働いており、苦しい時期 [全文を読む]

河瀬直美監督が語る、樹木希林の賢さと内田伽羅の魅力

Movie Walker / 2015年05月28日16時15分

たとえば、第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した『萌の朱雀』(97)の主演女優、尾野真千子もその1人だ。「当時は普通の村の少女だったけど、真っ直ぐな何かがあると思いました。また、経歴のある方なら、これまでの仕事の内容を見させていただいて、必ず1回は会ってお話をします。希林さんは、『朱花の月』で1日だけ出ていただきました。今回ドリアン [全文を読む]

賞は獲るけど大御所が出ない……河瀬直美監督は“第二のキタノ”になれるか?

日刊サイゾー / 2014年09月24日11時00分

「いまや月9女優となった尾野真千子さんが、彼女に見初められて女優になったというのは有名な話です。また、河瀬さんは学生時代にバスケット部で国体に出場したこともあるようなバリバリの体育会系で、撮影も結構厳しいと評判です。聞いた話だと、医者の役をやるのなら病院に1週間くらい泊まり込みをさせるとかで、それを実行したかスタッフに確認させたりしていたそうです。そうい [全文を読む]

【ウラ芸能】尾野真千子、次に狙う男は?

NewsCafe / 2014年03月14日16時00分

デスク「4月スタートのフジテレビ系月9ドラマの内容を聞いて驚いたぜ」記者「尾野真千子(32)が主演する『極悪がんぼ』ですね。『がんぼ』は広島の方言でやんちゃもんとか悪ガキのことらしく、原作はヒット漫画『カバチタレ!』の田島隆、東風孝広両氏の同名漫画で、やはり裏社会を描く内容。ドラマ化にあたって主人公が男から女になっています」デスク「尾野はこの前の日本アカデ [全文を読む]

福山雅治、尾野真千子ら、カンヌ国際映画祭で「審査員賞」受賞 コメント到着

モデルプレス / 2013年05月27日12時09分

第66回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間26日夜に行われ、福山雅治が主演を務め、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキーらが出演する映画「そして父になる」が審査員賞を受賞した。 18日に行われた正式上映でもスタンディングオベーションが鳴りやまないなど高い評価を受けていたが、授賞式では、今回の審査員団のスティーブン・スピルバーグ監督をはじめ、ニコール・キ [全文を読む]

大泉洋を一喝した尾野真千子が大女優への道をばく進中!

アサ芸プラス / 2014年05月14日09時59分

朝のテレビ小説「カーネーション」(NHK)や「最高の離婚」(フジテレビ系)などの活躍で今や人気女優としてノリに乗っている尾野真千子。この春も「極楽がんぼ」(フジテレビ系)が話題を呼んでいる。 元々16歳の時、故郷奈良の山奥を舞台にした河瀬直美監督の『萌の朱雀』でデビュー。その後も『殯の森』でカンヌ映画祭グランプリに輝くなど、一見順風満帆な女優人生に思えるが [全文を読む]

「大物女優ならいざ知らず!」尾野真千子をブチ切れさせた映画共演者とは?

サイゾーウーマン / 2013年06月09日13時00分

連続テレビ小説『カーネーション』(NHK)、『最高の離婚』(フジテレビ系)の好演により、今や押しも押されぬ人気女優となった尾野真千子。「自由奔放でマイペース。周囲を焦らせることが多い」(映画関係者)という尾野が、最近とある共演者にブチ切れたという情報をキャッチした。 同郷の河瀬直美監督にスカウトされ、映画『萌の朱雀』で女優デビューを果たした尾野。主演した『 [全文を読む]

憶測呼ぶ『カーネーション』主演交代にNHKは「既定路線」

NEWSポストセブン / 2012年02月17日07時00分

1月末、NHKは尾野真千子(30)が演じてきた主人公の糸子役を3月3日放送分から、夏木マリ(59)に交代することを発表し、それがさまざまな議論を呼んでいる。 当初16%そこそこだった視聴率を、現在の20%台超にまで押し上げた大きな要因が、尾野の好演といわれるだけに、“いったいなぜ?”の声しきり。 「前作までの『おひさま』や『てっぱん』『ゲゲゲの女房』もそう [全文を読む]

フォーカス