武田勝 武田久に関するニュース

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

大谷の年俸がちょっと安い気もするが、中田翔やダルビッシュ有(現レンジャーズ)とのバランスを考慮した結果だろうか? ■【前回優勝時】2012-2013年の年俸ランキング上位選手 武田久:2億4000万円 武田勝:2億円 稲葉篤紀:2億円 宮西尚生:1億2000万円 ケッペル:1億2000万円 宮西尚生と武田久以外の選手はチームを去ってしまい寂しい限り。その [全文を読む]

本塁打不足のロッテに非常事態!求められる大砲の補強

ベースボールキング / 2016年12月30日15時00分

この年の日本ハムは森本稀哲、稲葉篤紀、金子誠、田中賢介らによる堅い守備をバックに、先発ではダルビッシュ有(現レンジャーズ)、武田勝、中継ぎでは武田久、MICHEALを中心にした守り勝つ野球で本当に“うまく勝った”チームであった。 しかし、これはあくまでも例外。優勝を狙うには、やはり一定水準以上の長打力が必要と言える。ロッテの場合、抜きん出た守備力や投手力、 [全文を読む]

プロ野球契約更改“怒号と爆笑”の密室舞台裏!(1)「黒田の年俸は効果を考えると高くない」

アサ芸プラス / 2016年01月10日09時56分

投手3冠の大谷翔平(21)、抑えの増井浩俊(31)をそれぞれポンと1億円アップさせたが、15年、わずか3勝2敗に終わった左腕の武田勝(37)は7000万円ダウンの4000万円、15年一軍登板なしの武田久(37)は6200万円ダウンの1800万円と、限度額を超えての減俸となった。ここまでアップ、ダウンの差が激しい理由には、12球団一と言われる最新鋭のコンピュ [全文を読む]

【プロ野球】球団別!2015年シーズン“戦犯”候補(パ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日14時00分

また投手陣では武田勝と武田久の両武田は今年も不調。しかし、去年の段階で戦力としてはハテナマークで、大きな期待はされていなかったので、戦犯とまではなり得ないだろう。 ・陽岱鋼 昨年はキャリアハイとなる打率.293、25本塁打をマークした陽岱鋼。さらなる飛翔を誓う今季だったが、5月4日に左手首を剥離骨折すると7月上旬までを棒に振った。今季は36試合で打率.2 [全文を読む]

プロ野球“ストーブリーグ”突入で「お荷物&嫌われ者」は一挙大粛清か?(3)秋山VS松中の確執が表面化

アサ芸プラス / 2014年10月16日09時57分

劣化が著しい武田勝(36)、武田久(35)、木佐貫洋(34)らを容赦なく切ることも十分ありうる」 昨年の3位からBクラスに転落したロッテはグライシンガー(39)やクルーズ(30)、ブラゼル(34)の助っ人は整理対象だというが、日本一からまさかの急降下の楽天は、今季限りで退任しフロント入りする星野仙一前監督(67)が「一軍、二軍を含めて全部をひっくり返さない [全文を読む]

フォーカス