武豊 ジャパンカップに関するニュース

田原成貴 1993年有馬記念のお立ち台でウソ泣きしたとの説も

NEWSポストセブン / 2013年12月01日16時00分

その端正な容貌から、武豊ブームが起きるまでは“関西の玉三郎”と呼ばれるほどの人気だった。 空前の競馬ブームが到来しようとしていた。昭和63年に地方の笠松競馬から移籍した“芦毛の怪物”オグリキャップがブームの立役者だった。天才騎手、武豊の活躍もブームを加速させた。 平成の初期におきた一大競馬ブームは、オグリキャップと武豊によって作られた。田原成貴の居場所はな [全文を読む]

勝てない天才、武豊「屈辱の生き地獄」

アサ芸プラス / 2012年12月04日09時59分

「そんなことは言ってません」 「お久しぶりです! またこういう場に立つことができて、誰よりも僕がいちばんうれしいです」 マイルCS(11月18日・京都)で4番人気のサダムパテックをGⅠ初勝利に導いた武豊ぶりの戴冠という喜びをかみ(43)は、自身も2年しめつつ、続けてこうも吐露した。 「GⅠレースだけじゃなく、勝ち星自体が以前と比べると激減だし、『こんなは [全文を読む]

競馬「GⅠレース」が別格の興奮を呼ぶ理由 季節ごとに変わるファンの楽しみ方とは?

東洋経済オンライン / 2017年04月05日07時00分

レースを快勝したのは、1番人気だった武豊騎手のキタサンブラック。3歳時の菊花賞、昨年の天皇賞・春、ジャパンカップにつづくGI4勝目をマークした。GⅠが2つ増えてJRAのGⅠは年間26レース。このうち2つは障害競走のGⅠだ。平地競走のGⅠは24レースになった。前人未到のJRA平地GⅠ完全制覇に向けて、残りは朝日杯フューチャリティステークスだけだった武豊騎手だ [全文を読む]

武豊も大ショック!?世界ランキングで「ジャパンカップ」の価値が大暴落

アサ芸プラス / 2017年01月28日09時59分

その背にまたがっていたのは世界の武豊だ。「昨年は天皇賞・春とJCを勝ったキタサンが年度代表馬になりました。日本のGIも勝ち、香港では2度も圧勝したモーリスではないかという声が多かったが、キタサンは1年間国内を盛り上げたというご褒美もあったのでしょう。しかし、JCにここまで価値がなくなると、JC馬=最強馬ではないのも事実。もはや、ゲート(出走頭数)を埋めるの [全文を読む]

ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第36回ジャパンカップ(GI)(国際招待)が開催。一着のキタサンブラックをロンジン エレガンスアンバサダーサイモン・ベイカーが祝福

PR TIMES / 2016年11月28日18時41分

沸き返る大観衆の中一着でゴールしたキタサンブラックを讃え、ロンジン本社 副社長兼グローバル マーケティング最高責任者のファン・カルロス・カペリとロンジン エレガンスアンバサダーの俳優サイモン・ベイカーから、馬主の北島三郎氏、騎手である武豊氏、またキタサンブラックの生産者、調教師、厩務員にロンジンの時計が贈呈されました。 [画像2: http://prtim [全文を読む]

五郎丸は驚愕、武豊は脱帽……海外からの出稼ぎ軍団に、日本人はもはや虫の息

日刊サイゾー / 2015年12月06日23時30分

1月から騎乗している武豊騎手とほぼ同じ勝利数を、デムーロは3月から、ルメールは4月からの騎乗で成し遂げたのだから恐れ入る。さらにデムーロは、初年度から皐月賞と日本ダービーを制しているのだから、いかにその力が圧倒的であるかわかるというもの。 先日、東京競馬場で第35回ジャパンカップが行われたが、この日はルメールとデムーロに加え、単騎免許で来日していたムーア、 [全文を読む]

2013年度JRAワースト騎手を勝手に表彰!(4)「“特別表彰”騎手編」

アサ芸プラス / 2014年03月06日09時57分

残念だが、天才・武豊も「朝勃ちしない」年齢になったということだ。 今年2月16日、京都1R未勝利戦、1番人気は武豊とのコンビのエキゾチックマター。単勝は1.9倍の断トツ。ところが逃げてあっさり7着に沈んだ。早朝からビンビン、ガチガチだと思われていた本命馬が中折れどころか、しおしおのぱ~とばかりに無抵抗のまま抜かれていった‥‥。 「一昨年は東の蛯名とともに [全文を読む]

高見侑里、東幹久が競馬番組MC就任!武豊との対談も

Smartザテレビジョン / 2016年12月27日00時00分

早速“MCデビュー”となる1月8日(日)の放送では、同い年の天才ジョッキー武豊との対談も実現するという。 東は「小学生の時に父親に競馬場に連れて行ってもらい、馬の迫力、スピード、音を感じ興奮しました。大好きな競馬に関われる番組のMCができることをうれしく思います。競馬番組のMCは初めてなので自分なりの競馬に対する情熱を伝え、視聴者の皆さまに喜んでいただける [全文を読む]

― エレガントなライフスタイルに敬意を表して ー「ロンジン エレガンスアワード」受賞者を発表、黒田エイミさん・柳俊太郎さんにロンジン エレガンスアンバサダー サイモン・ベイカーが表彰

PR TIMES / 2016年12月01日12時04分

沸き返る大観衆の中一着でゴールしたキタサンブラックを讃え、ロンジン本社 副社長兼グローバル マーケティング最高責任者のファン・カルロス・カペリとロンジン エレガンスアンバサダーの俳優サイモン・ベイカーから、馬主の北島三郎氏、騎手である武豊氏、またキタサンブラックの生産者、調教師、厩務員に、ロンジンの時計が贈呈されました。 ロンジンが提唱するエレガンスは、シ [全文を読む]

ジャパンカップを人気グラドルが大胆予想! 60万円馬券を当てた女神の本命馬は?

週プレNEWS / 2016年11月25日06時00分

倉持 秋の初戦だった京都大賞典(GⅡ)を快勝して、今回は叩き2戦目の上積みがあるし、騎手はあの武豊さん。人気でもここは逆らえないと思います。 柳瀬 キタサンブラックは天皇賞・春(GⅠ)のとき、人気になってましたけど、私にはそれほど強いとは思えなかったんですね。 でも、レースではずっと先頭を走り続けて、直線で一度は抜かれながらも、最後の最後で差し返したんで [全文を読む]

フォーカス