武豊 ジャパンカップに関するニュース

田原成貴 1993年有馬記念のお立ち台でウソ泣きしたとの説も

NEWSポストセブン / 2013年12月01日16時00分

その端正な容貌から、武豊ブームが起きるまでは“関西の玉三郎”と呼ばれるほどの人気だった。 空前の競馬ブームが到来しようとしていた。昭和63年に地方の笠松競馬から移籍した“芦毛の怪物”オグリキャップがブームの立役者だった。天才騎手、武豊の活躍もブームを加速させた。 平成の初期におきた一大競馬ブームは、オグリキャップと武豊によって作られた。田原成貴の居場所はな [全文を読む]

勝てない天才、武豊「屈辱の生き地獄」

アサ芸プラス / 2012年12月04日09時59分

「そんなことは言ってません」 「お久しぶりです! またこういう場に立つことができて、誰よりも僕がいちばんうれしいです」 マイルCS(11月18日・京都)で4番人気のサダムパテックをGⅠ初勝利に導いた武豊ぶりの戴冠という喜びをかみ(43)は、自身も2年しめつつ、続けてこうも吐露した。 「GⅠレースだけじゃなく、勝ち星自体が以前と比べると激減だし、『こんなは [全文を読む]

競馬「GⅠレース」が別格の興奮を呼ぶ理由 季節ごとに変わるファンの楽しみ方とは?

東洋経済オンライン / 2017年04月05日07時00分

レースを快勝したのは、1番人気だった武豊騎手のキタサンブラック。3歳時の菊花賞、昨年の天皇賞・春、ジャパンカップにつづくGI4勝目をマークした。GⅠが2つ増えてJRAのGⅠは年間26レース。このうち2つは障害競走のGⅠだ。平地競走のGⅠは24レースになった。前人未到のJRA平地GⅠ完全制覇に向けて、残りは朝日杯フューチャリティステークスだけだった武豊騎手だ [全文を読む]

武豊も大ショック!?世界ランキングで「ジャパンカップ」の価値が大暴落

アサ芸プラス / 2017年01月28日09時59分

その背にまたがっていたのは世界の武豊だ。「昨年は天皇賞・春とJCを勝ったキタサンが年度代表馬になりました。日本のGIも勝ち、香港では2度も圧勝したモーリスではないかという声が多かったが、キタサンは1年間国内を盛り上げたというご褒美もあったのでしょう。しかし、JCにここまで価値がなくなると、JC馬=最強馬ではないのも事実。もはや、ゲート(出走頭数)を埋めるの [全文を読む]

ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第36回ジャパンカップ(GI)(国際招待)が開催。一着のキタサンブラックをロンジン エレガンスアンバサダーサイモン・ベイカーが祝福

PR TIMES / 2016年11月28日18時41分

沸き返る大観衆の中一着でゴールしたキタサンブラックを讃え、ロンジン本社 副社長兼グローバル マーケティング最高責任者のファン・カルロス・カペリとロンジン エレガンスアンバサダーの俳優サイモン・ベイカーから、馬主の北島三郎氏、騎手である武豊氏、またキタサンブラックの生産者、調教師、厩務員にロンジンの時計が贈呈されました。 [画像2: http://prtim [全文を読む]

五郎丸は驚愕、武豊は脱帽……海外からの出稼ぎ軍団に、日本人はもはや虫の息

日刊サイゾー / 2015年12月06日23時30分

1月から騎乗している武豊騎手とほぼ同じ勝利数を、デムーロは3月から、ルメールは4月からの騎乗で成し遂げたのだから恐れ入る。さらにデムーロは、初年度から皐月賞と日本ダービーを制しているのだから、いかにその力が圧倒的であるかわかるというもの。 先日、東京競馬場で第35回ジャパンカップが行われたが、この日はルメールとデムーロに加え、単騎免許で来日していたムーア、 [全文を読む]

2013年度JRAワースト騎手を勝手に表彰!(4)「“特別表彰”騎手編」

アサ芸プラス / 2014年03月06日09時57分

残念だが、天才・武豊も「朝勃ちしない」年齢になったということだ。 今年2月16日、京都1R未勝利戦、1番人気は武豊とのコンビのエキゾチックマター。単勝は1.9倍の断トツ。ところが逃げてあっさり7着に沈んだ。早朝からビンビン、ガチガチだと思われていた本命馬が中折れどころか、しおしおのぱ~とばかりに無抵抗のまま抜かれていった‥‥。 「一昨年は東の蛯名とともに [全文を読む]

高見侑里、東幹久が競馬番組MC就任!武豊との対談も

Smartザテレビジョン / 2016年12月27日00時00分

早速“MCデビュー”となる1月8日(日)の放送では、同い年の天才ジョッキー武豊との対談も実現するという。 東は「小学生の時に父親に競馬場に連れて行ってもらい、馬の迫力、スピード、音を感じ興奮しました。大好きな競馬に関われる番組のMCができることをうれしく思います。競馬番組のMCは初めてなので自分なりの競馬に対する情熱を伝え、視聴者の皆さまに喜んでいただける [全文を読む]

― エレガントなライフスタイルに敬意を表して ー「ロンジン エレガンスアワード」受賞者を発表、黒田エイミさん・柳俊太郎さんにロンジン エレガンスアンバサダー サイモン・ベイカーが表彰

PR TIMES / 2016年12月01日12時04分

沸き返る大観衆の中一着でゴールしたキタサンブラックを讃え、ロンジン本社 副社長兼グローバル マーケティング最高責任者のファン・カルロス・カペリとロンジン エレガンスアンバサダーの俳優サイモン・ベイカーから、馬主の北島三郎氏、騎手である武豊氏、またキタサンブラックの生産者、調教師、厩務員に、ロンジンの時計が贈呈されました。 ロンジンが提唱するエレガンスは、シ [全文を読む]

ジャパンカップを人気グラドルが大胆予想! 60万円馬券を当てた女神の本命馬は?

週プレNEWS / 2016年11月25日06時00分

倉持 秋の初戦だった京都大賞典(GⅡ)を快勝して、今回は叩き2戦目の上積みがあるし、騎手はあの武豊さん。人気でもここは逆らえないと思います。 柳瀬 キタサンブラックは天皇賞・春(GⅠ)のとき、人気になってましたけど、私にはそれほど強いとは思えなかったんですね。 でも、レースではずっと先頭を走り続けて、直線で一度は抜かれながらも、最後の最後で差し返したんで [全文を読む]

武豊騎手がサブちゃんに「有馬記念勝ったら歌います」公約! キタサンブラックで秋G1を「まつり」で埋め尽くす!?

Business Journal / 2016年08月30日16時00分

9月9日放送での収録のゲストは、武豊騎手だった。 武×サブちゃんといえば、今や競馬界でもっとも人気のある競走馬「キタサンブラック」の主戦とオーナー。今年も春の天皇賞制覇、宝塚記念3着とトップクラスの成績を残す同馬のコンビとして、競馬ファン以外からも注目を集めている。 収録後の会見でも、武騎手に全幅の信頼を寄せる北島。「勝ち負けは時の運だけど、すべて武さんに [全文を読む]

世界的名手C.スミヨンがG1競走7勝の名馬を「引き取り」!? 暴れん坊イメージ覆す競馬愛

Business Journal / 2016年07月17日13時00分

これにはあの武豊騎手も自身の番組内で激怒していた。各国で騎乗するたびにトラブルを起こす場合も多い暴れん坊という印象も強い。 しかし、その騎乗技術と“競馬愛”は本物。11年にブエナビスタがジャパンカップを今度こそ制した際は、レース後他馬に乗りながらスミヨン騎手はブエナビスタの鼻面をそっと撫でていた。凱旋門賞で2度騎乗したオルフェーヴルの引退レースの前には、わ [全文を読む]

エイシンヒカリ×武豊が超えた「大いなる壁」......仏G1圧勝の先に見える「日本競馬世界一」への道と、偉大なる先駆者の影

Business Journal / 2016年05月25日16時00分

騎乗した武豊騎手は、「シャンティイは非常に走りやすく、この馬に合っている」と語っており、秋に同舞台で開催される(ロンシャン競馬場が改修工事)凱旋門賞(G1)への参戦を熱望しているようだ。父ディープインパクトが夢敗れた世界最高峰の舞台に立ちたいという思いも人一倍強いに違いない。追加登録は約1500万円と高額だが、果たして。 また、今回のエイシンヒカリの勝利 [全文を読む]

キタサンブラックも「一要素」に過ぎない!? モーリスにドゥラメンテ......ファン渇望の「ドリーム宝塚記念」は実現するのか

Business Journal / 2016年05月02日15時00分

1日に行われた天皇賞・春(G1)は、キタサンブラックが武豊騎手の見事な"逃げ"のエスコートでG1競走2勝目を手にした。好メンバーが揃った同レースを勝利した価値は大きい。 キタサンブラックの次走は、適性から考えても夏のグランプリ・宝塚記念が第一候補とみて間違いないだろう。阪神競馬場での好走歴もあり、距離やコース不安はない。引き続き武豊騎手が手綱を取るのかにも [全文を読む]

「ディープやオルフェを上回る“あの男”が帰ってくる」 どこよりも早い!? 2016年‐競馬展望

日刊サイゾー / 2016年01月02日23時00分

その軌跡を悲運の名馬サイレンススズカに重ねるファンも多く、鞍上が武豊ということもあって、来年も常に大きな期待を背負うことになるだろう。 しかし、そういった古馬の王道路線に激震を走らせる存在が、満を持してカムバックする。昨年の春、皐月賞と日本ダービーを圧勝したドゥラメンテである。皐月賞と日本ダービーを制した際、JRAが付けたレーティング(競走馬の能力を数値化 [全文を読む]

武豊が社台グループを激怒させた3大失態(3)スタミナ切れで乗り切れず

アサ芸プラス / 2013年01月16日09時59分

肩の可動域が元に戻らず、激しい腰痛も抱えたままです」(専門紙トラックマン) 【関連記事】 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(1)勝負どころで馬群さばけず 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(2)外国人が立て続けに巧騎乗 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(4)年間最多勝もまだ獲れる 2013年100大予測(8)武豊引退決意の裏で牝馬がGⅠを制 [全文を読む]

武豊が社台グループを激怒させた3大失態(1)勝負どころで馬群さばけず

アサ芸プラス / 2013年01月10日09時59分

だが、本誌は12月6日号で「武豊が社台グループに干された」という記事で、それでも競馬界の巨大軍団にニラまれ厳しい環境に置かれていることを指摘し、反響を呼んだ。今回は、その決定打となったさらなる「因縁レース」の裏事情を全て明らかにする。 勝負どころで馬群をさばけず 社台グループ─。現競馬界でその生産馬が次々と台頭し、JRA重賞レースの勝ち鞍を席巻する実力派巨 [全文を読む]

社台王国の野望「日本人騎手が脅かされる」

アサ芸プラス / 2012年12月26日09時59分

が、それには日本騎手クラブ(会長は武豊)から「そんなことをされては日本人騎手の生活が脅かされる」と反対の声が上がっており、JRAもOKは出していない。 それならばと社台が次に打ち出した手が、地方競馬の名手・戸崎圭太(大井)の起用だった。 さる調教師はこう話す。 「南関東に預けている社台の有力馬には必ずと言っていいほど、戸崎を乗せています。彼がJRAに来て乗 [全文を読む]

武豊を屈服させた「社台王国」競馬支配の野望

アサ芸プラス / 2012年12月13日09時59分

絶対的な力は本誌既報どおり、あの天才・武豊の生殺与奪権を握っているほどだ。事実上、競馬界を牛耳る巨大王国はいかにして誕生したのか、隆盛史の舞台裏にスポットを当てる。 日本の競馬を語るうえで避けて通ることができない巨大組織「社台グループ」。社台ファーム、ノーザンファーム、追分ファーム、白老ファームといった牧場をはじめ、トレーニングセンター、会員制馬主クラブも [全文を読む]

武豊「大物馬主からのイジメ」屈辱境遇

アサ芸プラス / 2012年02月22日10時59分

JRA通算3453勝、GⅠの優勝回数は歴代トップの65勝(2月5日時点)を記録している天才ジョッキー・武豊騎手(42)。しかし、05年に自己最多となる年間215勝をあげて以降は、徐々に下降線を描き始め、昨シーズンはわずか64勝。勝率、連対率ともに過去最低に終わり、デビュー2年目(88年)から続いていたJRA「GⅠ連続勝利記録」も23年でとぎれた。スポーツ誌 [全文を読む]

フォーカス