福永祐一 天皇賞に関するニュース

「ドバイWCデー」で日本人騎手たちがオイルマネーを目指す!(1)武豊も虎視眈々と目を光らす

アサ芸プラス / 2014年03月28日09時57分

中でも、福永祐一騎手とコンビを組むジャスタウェイが注目の的。だが、レジェンド・武豊騎手も虎視眈々と、07年以来の世界制覇をもくろむ。 メインレース「ドバイワールドカップ」の優勝賞金は驚きの600万ドル(約6億円)。当然、世界制覇を目指して各国の名馬が集結する。11年にはダービー馬ヴィクトワールピサとダート王・トランセンドがワンツーフィニッシュを決め、日本競 [全文を読む]

福永祐一 武豊になれなかった“4大失態レース”(3)武に迫る日はやって来ないかも?

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時57分

ダービーから中2週、6月17日の函館スプリントステークス(函館・芝1200メートル・GIII)。主戦のロードカナロアで挑んだが、 「あれはドヘタでしたね。直線入り口でずっと内にこだわっていて、でも4頭が前で壁になっていた。そこから何とか外に持ち出したんですけど、届かず2着。そんなこすいマネをしなくたって、ほぼひとマクリで勝てるような能力の馬なんですよ。メン [全文を読む]

競馬エージェント(5)別の担当騎手をあてがった

アサ芸プラス / 2013年02月06日09時59分

このあと、地方GIの全日本2歳優駿に勝つほどの馬でしたから」 同じく、勝つ可能性が高いほうの馬に乗りたいがために問題を起こした騎手が、福永祐一だ。 11年の毎日王冠で、ダークシャドウ(堀宣行厩舎)に騎乗して勝った際、「次(天皇賞・秋)もこの馬に乗りたい」と“失言”。すでに池江泰寿厩舎のトゥザグローリー騎乗を約束していたエージェントK氏は慌てふためいた。もし [全文を読む]

「複永祐一」「池添謙二」に改名の声も!? 春G1で3回「ツー・スリー」コンビは今週末も続く!?

Business Journal / 2016年05月09日12時00分

さらに、レインボーラインに騎乗した福永祐一騎手もまた、桜花賞(アットザシーサイド)、天皇賞・春(シュヴァルグラン)、NHKマイルCと池添騎手と仲良く(?)「ツー・スリーゴール」を決めている状況だ。2・3着でこれだけ同じ騎手が続くというのは珍しい話ではある。 無論、天皇賞の際池添騎手が騎乗したカレンミロティックは13番人気であり、福永騎手のレインボーライン [全文を読む]

【G1展望・天皇賞・春】古馬王道の頂上決戦に超豪華メンバーが集結! チャンピオンステイヤーに輝くのは古豪か!? 新勢力か!?

Business Journal / 2016年04月24日17時00分

鞍上は復帰後、大舞台での手綱が冴える福永祐一騎手。G1を2勝した名牝ヴィルシーナの半弟という良血馬が、初のG1で大仕事に挑む。 「関東からの刺客」タンタアレグリアも侮れない一頭だ。 菊花賞4着、ダイヤモンドS(G3)4着、そして前走阪神大賞典2着と3000mを超える長距離戦で着実に力をつけてきた4歳馬。先週、皐月賞を制し改めて存在感を発揮した蛯名正義騎手を [全文を読む]

藤田伸二騎手「武豊を潰したのは社台とアドマイヤ」(1)岩田と福永の騎乗にダメ出し

アサ芸プラス / 2013年06月13日09時59分

さらに福永祐一(36)についても、 〈体重が後ろにかかって、懐が開き過ぎることがある。膝でバランスを取ろうとしているから、膝がカックンカックン動いてしまうのはそのせいだ。それでいて、勝ちにこだわった乗り方もしていない〉 とボロクソなのである。 [全文を読む]

フォーカス