福永祐一 武豊に関するニュース

武豊を超える“宿命”を持つ天才・横山典弘騎手の「秘蔵っ子」がいよいよデビュー!競馬界に新たな「スター誕生」の足音

Business Journal / 2017年03月03日19時00分

武豊騎手や蛯名正義騎手が競馬学校の3期生で、福永祐一騎手や和田竜二騎手が12期生、新人最多勝記録を作った三浦皇成騎手が24期生と、横山典騎手が話す「約10年周期説」も単なる冗談ではなさそうだ。「10年周期の根拠ではありませんが、単なる偶然ではなく『環境』の面も影響していると思います。いくら才能を持った新人でも、ある程度強い馬に乗れなければ勝てないのが競馬。 [全文を読む]

岩田康誠騎手 後藤浩輝を2度も病院送りにした危険な騎乗

アサ芸プラス / 2014年05月21日09時57分

昨年のリーディングに輝いた福永祐一(37)が『岩田さんがいなければ今の自分はなかった』と公言し、若手の浜中俊(25)や藤岡康太(25)も慕っているように、騎手会長として信頼を得ている武豊に負けず劣らずの人気です。でも、肝心の2人が飲みに行くなんて話はもとより、検量室で談笑するシーンさえ、ここ数年は見てない。お互いに譲れないプライドや美学があるんでしょうね」 [全文を読む]

武豊騎手も警戒する大荒れの中京で福永祐一騎手が「1日5勝」の固め打ち!大爆発の陰に垣間見えた「トップジョッキー」たる理由

Business Journal / 2016年07月24日14時00分

てっきり武豊騎手かと思いきや、同じ関西のトップジョッキーの福永祐一騎手だった。 時折、腕を組みながら、芝コースの内側から3分どころ辺りの馬場をうつむき加減に歩き回る福永騎手。おそらく頭で一日の作戦を練っているのだろうが、トップジョッキーのファンの前では見せない努力を垣間見た瞬間だった。 その“成果”が実ったのかは定かではないが、福永騎手は第1レースであっさ [全文を読む]

なぜ「武豊」以外のスター騎手が誕生しないのか?(1)

アサ芸プラス / 2014年02月10日09時57分

一方、昨年のリーディング1位の福永祐一は、牡馬クラシックは昨年の菊花賞のみ。だが、ダービーを制するチャンスは10年前にあった。 「03年、同厩舎のネオユニヴァースとエイシンチャンプの2頭のお手馬が重なった際、福永はエイシンチャンプを選択した。ところが、ネオユニヴァースが皐月賞とダービーを制している。豊さんはそういった“選択ミス”をしないし、菊花賞を勝ったの [全文を読む]

「落馬多い」「勝負弱い」「私生活ユルすぎ」落馬負傷の福永祐一騎手“本当の評判”とは?

日刊サイゾー / 2015年11月06日23時30分

10月31日、京都競馬場で行われたスワンステークスで落馬した福永祐一騎手。「右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折、右肩の靱帯断裂、右胸骨骨折」という全治4カ月の重傷を負い、現在まで独走状態だった2年ぶりのリーディングジョッキーも、厳しい状況となってしまった。 父は元祖天才ジョッキーと呼ばれた福永洋一氏。落馬負傷で引退を余儀なくされたが、父の背中を見て育った福永祐 [全文を読む]

福永祐一騎手が9頭立て3番手でまさかの「ドン詰まり」武豊騎手とM.デムーロ騎手に「してやられた」単勝1.7倍の惨敗劇

Business Journal / 2016年07月03日08時00分

突然騎乗がなくなった「謎」が、ここへきて解けることとなった。 栗東所属・鮫島克駿(19)。昨年デビュー時に39勝をあげた若手の有望株。父克也、兄良太ともに騎手という競馬一族の出自で関係者からの期待は高く、今年も現段階で6月終了段階で20勝と好調だ。 しかしこの鮫島騎手、今年4月17日の阪神9Rから、5月14日の新潟2Rまで一度としてレースに出走せず、1カ月 [全文を読む]

今こそ思い出す、1998年の史上最強「G1完全制覇」世代。18年の時を経て、新・最強ダービー世代に託された「夢」の継承

Business Journal / 2016年05月28日23時00分

鞍上には、初の日本ダービーを迎えた福永祐一の姿があった。 意外な展開に地鳴りのような歓声とどよめきに包まれたまま、各馬が最初のコーナーを回る。 先頭はキングヘイロー、それを外から見るような形で横山典弘とセイウンスカイ。スペシャルウィークは、これまで通り中団の後ろに控えていた。ゆったりとしたペースの中で各馬が一団になって進む様は、まるで各馬が「最高の日本ダー [全文を読む]

歓喜と絶望の交錯――「ドバイワールドカップデイ」観戦で見えた「日本の力」と「世界の頂」

Business Journal / 2016年03月29日00時00分

福永祐一騎手は落ち込んだと語っている。(翌日G1勝ったからよかった)。 [全文を読む]

【フジテレビ】フジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」AndroidTM版ついに配信開始!本日10月23日(金)より配信開始!!

PR TIMES / 2015年10月23日11時35分

[画像2: http://prtimes.jp/i/84/528/resize/d84-528-326418-3.jpg ] 本ゲームは、競馬評論家の安藤勝己(G1騎手)が監修し、競馬好きにはお馴染みの、競馬評論家・井崎脩五郎や世界的騎手のオリビエ・ペリエ、武豊、2015年の日本ダービーを制したミルコ・デムーロをはじめ、横山典弘、蛯名正義、岩田康誠、福永祐 [全文を読む]

福永祐一 武豊になれなかった“4大失態レース”(3)武に迫る日はやって来ないかも?

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時57分

ダービーから中2週、6月17日の函館スプリントステークス(函館・芝1200メートル・GIII)。主戦のロードカナロアで挑んだが、 「あれはドヘタでしたね。直線入り口でずっと内にこだわっていて、でも4頭が前で壁になっていた。そこから何とか外に持ち出したんですけど、届かず2着。そんなこすいマネをしなくたって、ほぼひとマクリで勝てるような能力の馬なんですよ。メン [全文を読む]

福永祐一 武豊になれなかった“4大失態レース”(2)剛腕タイプの騎手に追い負け

アサ芸プラス / 2014年04月22日09時57分

「キングヘイローの呪い」が解けないままキャリアを重ねていった福永は、それでも常にリーディング上位を確保。昨年は131勝で全国リーディングのトップに輝いた。しかし、人気、メディア露出、知名度、発言、存在感、話題性、実力評価‥‥そのどれを取っても武には遠く及ばず。「武豊になれなかった男」に甘んじてきたのである。競馬解説者が言う。 「武と福永の一番の違いはセンス [全文を読む]

福永祐一 武豊になれなかった“4大失態レース”(1)「キングヘイローの呪い」が今も続く

アサ芸プラス / 2014年04月18日09時57分

単勝1.9倍の1番人気、福永祐一(37)が騎乗する菊花賞馬エピファネイアは、外からキズナに並ばれるやいなや抜き去られると、ようやく進撃を開始。だが両者の差は広がるばかりで、キズナは先頭でゴール板を駆け抜けた──。 4月6日、産経大阪杯(阪神・芝2000メートル・GII)のハイライトシーンである。最後方待機から早めに抜け出す圧巻の騎乗で武が勝ち、福永は3着に [全文を読む]

「本当にうまい騎手」BEST30人を格付け公開!(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時57分

昨年のリーディングジョッキー争いは、福永祐一が131勝でトップに輝くも、100勝を達成した騎手が7人と、まさに群雄割拠の様相を呈している。そこで玄人ファン2000人に加え、競馬サークル関係者14人にアンケートを実施。本当にうまい騎手ランキングを作成した。すると、かろうじて天才・武豊がベスト3に滑り込むも、外国人ジョッキーが上位を独占する結果に! 今年も東西 [全文を読む]

近い将来日本に本格進出も!?香港No.1騎手「雷神」J.モレイラ騎手が驚異の7連勝で武豊騎手に並ぶ大記録を樹立!

Business Journal / 2016年08月28日18時00分

すでに福永祐一騎手と対談するなど、日本における人脈も着々と広げているモレイラ騎手。香港の「雷神」の日本への本格的進出の日はそう遠くないかもしれない。 [全文を読む]

あの日を境に停滞した武豊騎手の『日記』。武邦彦さんの「生前の言葉」として最後に綴られた内容が猛烈に切ない

Business Journal / 2016年08月19日08時00分

福永祐一騎手の父にして「天才」といわれた福永洋一騎手のライバルとしてTTG時代の競馬を彩り、調教師としても数々のビッグタイトルを勝利した武邦彦さん。そして何よりも、武豊、幸四郎の兄弟騎手や、弟弟子の河内洋現調教師を世に送り出した功績は測り知ることができないものだけに、我々のような末端の競馬ファンにとっても残念でならないという気持ちは未だ収まるものではない。 [全文を読む]

福永祐一、川田将雅がホリプロ所属でタレントに!? 藤田菜七子の「バーター説」を払拭できるのか

Business Journal / 2016年07月03日19時00分

JRAの福永祐一騎手と川田将雅騎手が、大手芸能事務所であるホリプロとマネジメント契約を結んだ。 同事務所はサッカーの武田修宏や稲本潤一、最近では16年ぶりの女性騎手としてデビューした藤田菜七子騎手も所属しているが、そこに日本競馬のトップクラスである2名も名を連ねることとなった。 今年の競馬はG1レースが軒並み前年の売上を超え、ファン層も徐々に広がっている印 [全文を読む]

「ポスト武豊」浜中俊騎手が「犯罪強要」!? 未成年への仕打ちにイメージ崩壊か

Business Journal / 2016年07月03日13時00分

「武豊や福永祐一は、こういったダメダメなスキャンダルはないですね。デビュー当初からマスコミの目が集中した存在だっただけに、問題が起きないよう行動しているのでしょう(不倫疑惑はあったが)。浜中騎手に関しては、最初は三浦皇成騎手の影に隠れた存在でしたが、地道な下積みを経て開花したタイプ。ハメを外しすぎたということでしょうか」(記者) 近い世代では、川田将雅騎 [全文を読む]

「こんな福永を待ってた!」先週の大活躍に「覚醒」の予感! 今週も福永祐一騎手への『追い風』が止まらない

Business Journal / 2016年03月26日14時00分

先月27日に復帰した福永祐一騎手(栗東)のエンジンが、いよいよ本格的に掛かってきたようだ。 昨年10月の落馬事故から復帰後は3週で6勝だったが、先週の3日間開催で一気に7勝の固め打ち。それも重賞2勝を挙げる大活躍だった。 しかもただ勝ち星を量産しただけでなく、シュヴァルグランで早め先頭から押し切った阪神大賞典(G2)、さらにはエンジェルフェイスで果敢にハナ [全文を読む]

競馬界史上最強のアイドル降臨! 藤田菜七子騎手はビジュアルも技術も一級品!?

日刊サイゾー / 2016年02月20日23時30分

その取扱いや騒がれ方は、超一流騎手の息子として注目を集めていた武豊騎手や福永祐一騎手のデビュー当初と比較しても「それ以上」といえる状況だ。競馬学校在籍時からテレビ番組で特集が組まれるなど、その当時から現役騎手の知名度を上回っている。 また、テレビ番組でAKB48の倉持明日香と共演した際は「アイドルと比較してもまったく遜色なし」「どっちがアイドルかわからん [全文を読む]

武豊も福永祐一も“既定路線”だった? 実力だけで成功できない騎手の世界は「芸能界」そのもの

日刊サイゾー / 2016年01月16日23時30分

福永祐一騎手の父親は、かつて「天才」といわれた福永洋一氏。つまり、「ブラッドスポーツ」といわれる競馬において、いわゆる“良血”が活躍するのは、何も馬だけの話ではないということだ。 鮫島克駿騎手の兄・良太もJRAで活躍する騎手。さらに父・鮫島克也は、地方競馬を代表する騎手で、全国の地方競馬に所属する騎手の年間最大のタイトルNRA(地方競馬全国協会)グランプリ [全文を読む]

フォーカス