宇多田ヒカル 藤圭子に関するニュース

藤圭子と宇多田ヒカル、三世代の母娘の物語 藤圭子を育て上げた作詞家・石坂まさを 幻の名著『きずな 藤圭子と私』を、10月11日 緊急復刻&電子版同時発売

@Press / 2013年10月11日13時30分

本作は、石坂まさを氏が自らの半生と、藤圭子を見出し、その娘・宇多田ヒカルに出会うまでを描いた自伝的エッセイです。複雑な家庭に育った藤圭子との出会いから、ヒットの裏側、引退まで、彼女の素顔、壮絶な物語が綴られます。本書は、幻の著作となっていた『きずな』を改題し、緊急刊行・電子化したものです。 石坂まさを氏は闘病の末、2013年3月9日に亡くなりました。藤圭 [全文を読む]

3位松たか子、2位佐藤浩市「実力があると思う二世タレント」1位は

VenusTap / 2016年03月21日21時40分

■もはや若い世代では親を知らない人も?1位:宇多田ヒカル(44.2%)2位:佐藤浩市(34.4%)3位:松たか子(32.2%)上記のような結果になったベスト3。もはや独自の路線で活躍する実力派揃いすぎです。特に1位と2位は、若い世代では親が誰なのか知らない方もいるのではないでしょうか?1位の宇多田ヒカルは、2016年4月4日に音楽活動を再始動することが発表 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(1)史上初のアイドル演歌歌手

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

若い世代には「宇多田ヒカルの母」であるが、70年代の歌謡曲黄金期には「閃光」として降りそそいだ存在。ただし、その光は虹色ではなく、暗くうごめく怨念の色である‥‥。これより、藤圭子を〈別れの旅〉へと導いた日々と、昭和歌謡の知られざる闇を解いてゆく。 〈幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。病状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一 [全文を読む]

2位は中井貴一!「親を超えたと思う二世タレント」次元が違う1位は

VenusTap / 2016年10月21日12時40分

■親を超えた二世芸能人No.1は……宇多田ヒカル!1位:宇多田ヒカル(33.0%)2位:中井貴一(9.2%)3位:香川照之(9.0%)4位:田村正和(8.8%)5位:佐藤浩市(6.4%)1位は「宇多田ヒカル」でした。母親は、演歌歌手の藤圭子。1969年にデビュー。可憐な容姿からは想像もつかない、力強い声に暗く鬱々とした感情を乗せて吐き出すその歌は、当時の社 [全文を読む]

宇多田ヒカル、母・藤圭子さんの訃報にコメント 心境と真実を明かす

モデルプレス / 2013年08月26日13時06分

歌手の藤圭子さん(享年62)が22日に亡くなったことを受け、娘で歌手の宇多田ヒカル(30)が初めてコメントを発表した。 宇多田は26日、自身のオフィシャルサイトにて「8月22日の朝、私の母は自ら命を絶ちました」と死の真相を告白。「様々な憶測が飛び交っているようなので、少しここでお話をさせてください」と前置きし、「彼女はとても長い間、精神の病に苦しめられてい [全文を読む]

宇多田ヒカルの母・藤圭子さん訃報にテリー、ミッツらが悲痛のコメント

モデルプレス / 2013年08月25日11時16分

宇多田ヒカル(30)の母で歌手の藤圭子さん(享年62)が22日午前に亡くなったことを受け、24日放送の情報番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)ではタレントのテリー伊藤、ミッツ・マングローブ、西川史子がコメントした。 藤さんがデビューした1960年代の時代背景について、「日本の全体の雰囲気は暗さと明るさが交差していた。彼女はどっちかというと不幸を背負って出 [全文を読む]

前川清「宇多田ヒカルの義父」になる可能性もあった!?

日刊大衆 / 2017年03月17日16時05分

前川さんの器の大きさと、藤さんの魅力が伝わるいい話だと思いました」(芸能誌記者)――まさに昭和歌謡の名曲『別れても好きな人』を地でいくカップル!? [全文を読む]

宇多田ヒカル“異例の移籍”カギを握る「3人の恩人」の存在

WEB女性自身 / 2017年03月03日06時00分

《契約が満了したこのタイミングで、アーティストとしての初めてのお引っ越しを決めました》 自身のオフィシャルブログで3月1日付けで所属していたレコード会社、ユニバーサルミュージックからソニー・ミュージックレーベルズへの電撃移籍を発表した宇多田ヒカル(34)。10年に「人間活動」のために音楽活動を一時休止。その後、宇多田はイタリア男性との再婚、出産を経験してい [全文を読む]

宇多田ヒカル「優しくて角取れた」周囲驚かせた帰国時の変化

WEB女性自身 / 2016年09月15日06時00分

ずいぶん優しくなって、角が取れたように見えましたね」(音楽関係者) 子供を連れて8月末に帰国した宇多田ヒカル(33)。短期間で立て続けに『SONGS』(NHK・9月22日放送)、『Love music』(フジテレビ系9月30日放送)、『NEWS ZERO』(日本テレビ系・10月初旬)の収録をこなし、あわただしく英国に戻った。5年8カ月ぶりのテレビ出演だった [全文を読む]

宇多田ヒカル、5年ぶりの新曲に込めた”亡き母”への愛

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日13時05分

シンガーソングライター・宇多田ヒカルが新曲2曲を発表。『花束を君に』はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌に、『真夏の通り雨』は報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の新エンディングテーマとして使用されている。CDの発売は未定だが、4月15日にはフルサイズの音源がダウンロード販売される。 2010年に自身のブログで“人間活動宣言”をして、約 [全文を読む]

フォーカス