宇多田ヒカル 藤圭子に関するニュース

藤圭子と宇多田ヒカル、三世代の母娘の物語 藤圭子を育て上げた作詞家・石坂まさを 幻の名著『きずな 藤圭子と私』を、10月11日 緊急復刻&電子版同時発売

@Press / 2013年10月11日13時30分

本作は、石坂まさを氏が自らの半生と、藤圭子を見出し、その娘・宇多田ヒカルに出会うまでを描いた自伝的エッセイです。複雑な家庭に育った藤圭子との出会いから、ヒットの裏側、引退まで、彼女の素顔、壮絶な物語が綴られます。本書は、幻の著作となっていた『きずな』を改題し、緊急刊行・電子化したものです。 石坂まさを氏は闘病の末、2013年3月9日に亡くなりました。藤圭 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(1)史上初のアイドル演歌歌手

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

若い世代には「宇多田ヒカルの母」であるが、70年代の歌謡曲黄金期には「閃光」として降りそそいだ存在。ただし、その光は虹色ではなく、暗くうごめく怨念の色である‥‥。これより、藤圭子を〈別れの旅〉へと導いた日々と、昭和歌謡の知られざる闇を解いてゆく。 〈幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。病状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一 [全文を読む]

前川清「宇多田ヒカルの義父」になる可能性もあった!?

日刊大衆 / 2017年03月17日16時05分

前川さんの器の大きさと、藤さんの魅力が伝わるいい話だと思いました」(芸能誌記者)――まさに昭和歌謡の名曲『別れても好きな人』を地でいくカップル!? [全文を読む]

宇多田ヒカル“異例の移籍”カギを握る「3人の恩人」の存在

WEB女性自身 / 2017年03月03日06時00分

《契約が満了したこのタイミングで、アーティストとしての初めてのお引っ越しを決めました》 自身のオフィシャルブログで3月1日付けで所属していたレコード会社、ユニバーサルミュージックからソニー・ミュージックレーベルズへの電撃移籍を発表した宇多田ヒカル(34)。10年に「人間活動」のために音楽活動を一時休止。その後、宇多田はイタリア男性との再婚、出産を経験してい [全文を読む]

宇多田ヒカル「優しくて角取れた」周囲驚かせた帰国時の変化

WEB女性自身 / 2016年09月15日06時00分

ずいぶん優しくなって、角が取れたように見えましたね」(音楽関係者) 子供を連れて8月末に帰国した宇多田ヒカル(33)。短期間で立て続けに『SONGS』(NHK・9月22日放送)、『Love music』(フジテレビ系9月30日放送)、『NEWS ZERO』(日本テレビ系・10月初旬)の収録をこなし、あわただしく英国に戻った。5年8カ月ぶりのテレビ出演だった [全文を読む]

宇多田ヒカル、5年ぶりの新曲に込めた”亡き母”への愛

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日13時05分

シンガーソングライター・宇多田ヒカルが新曲2曲を発表。『花束を君に』はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌に、『真夏の通り雨』は報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の新エンディングテーマとして使用されている。CDの発売は未定だが、4月15日にはフルサイズの音源がダウンロード販売される。 2010年に自身のブログで“人間活動宣言”をして、約 [全文を読む]

自殺予防週間を前に考えたこと

NewsCafe / 2013年09月04日16時45分

ミュージシャンの宇多田ヒカルさんの母で藤圭子さんが8月22日、東京・西新宿の高層マンションから投身自殺をし、亡くなりました。宇多田ヒカルさんの母親というばかりではなく、藤圭子さん自身が人気歌手だったことなどで、報道の量が多く出されました。 私が新人記者のころ、「自殺は原則報道しない」と言われていました。そのため、記者1年目のときに、ある中学生の自殺を耳にし [全文を読む]

64才映画初主演の前川清 監督から容赦ないダメ出し受けた

NEWSポストセブン / 2012年11月03日07時00分

あっ、よく勘違いされるんですが、宇多田ヒカルさんはぼくの娘ではありませんから(笑い)」 演じる上で難しかったのは、細かな表情をつくることだった。コンサートなどでは、2階席、3階席にも伝えるために演技はオーバーなのが当たり前。 「映画もその調子でやっていたら、監督から何度もダメ出しを食らっちゃった。“くさい”“行きすぎだから抑えろ”ってね(笑い)。うなずくシ [全文を読む]

5年ぶり復活の宇多田ヒカルに“不吉な噂”が囁かれるワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年08月20日12時05分

シンガーソングライターの宇多田ヒカル(33)が、9月28日におよそ8年ぶりとなるニューアルバム『Fantome』をリリースすると発表した。連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)の主題歌、『花束を君に』など計11曲が収録される予定だ。 宇多田は2010年に、「人間活動に専念」するため2枚のベストアルバムのリリースを最後に、アーティスト活動を無期限の休止期間 [全文を読む]

宇多田ヒカル『花束を君に』誕生にあった天国の母への思い

WEB女性自身 / 2016年05月12日06時00分

「《涙色の花束を君に》 、新曲の歌詞を聞いたとき、私の目に浮かんだのは、あの密葬の日、花束を抱え悄然とたたずむヒカルの姿でした」 そう語るのは、宇多田ヒカル(33)を昔から知る音楽関係者。今年4月、5年ぶりに、歌手として本格的に再始動した宇多田。朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌である『花束を君に』は、4月15日からフルバージョンが配信されているが、被災した熊 [全文を読む]

宇多田ヒカルが結婚発表! デビュー15周年の朗報に、音楽活動再開への期待も高まる

リアルサウンド / 2014年02月03日19時30分

宇多田ヒカルが2月3日、自身のウェブサイト『Hikki's WEBSITE』にて、イタリア人男性と結婚することを発表し、大きな話題となっている。 (参考:10月に再開か? 宇多田ヒカルが“自家製ラジオ番組”で語ってきた、母・藤圭子への想い) サイト上で宇多田は「自分でも意外でちょっと笑ってしまいますが、相手はイタリア人の男性です。これ以上ないほど『一般の方 [全文を読む]

藤圭子 作家・大下英治が今も忘れない「歌舞伎町で食事した夜」

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時58分

だから、その果てにみずから命を絶つ、という選択があってもおかしくはない気がする」 そう話す大下氏によれば、藤は、娘の宇多田ヒカルを売り出す前に、自身の再起を願っていたという。 「1996年頃だった。新宿・歌舞伎町の台湾料理屋で宇多田照實さんと藤圭子と彼女を世に出した石坂まさをさんと、4人で会ったんだ。2時間ぐらいだったな。その時、デモテープを聴かされたけど [全文を読む]

宇多田ヒカル 父とレコード会社へ…“極秘帰国”の目的

WEB女性自身 / 2013年12月25日07時00分

「じつは、14年夏の藤圭子さんの一周忌に合わせて、ついに宇多田ヒカルが音楽活動を再開していたんです。12月に極秘帰国して、秘かに“歌姫復活”計画を進めているようです」(音楽関係者)“人間活動”宣言で芸能活動を休止していた宇多田ヒカル(30)。母の自殺でショック状態の彼女を支えたのは、確執を叫ばれていた父・照實氏(65)だった。「藤さんの死をきっかけに、2人 [全文を読む]

藤圭子さん 暗い曲とは裏腹に都会的で頭のいい人という印象

NEWSポストセブン / 2013年12月16日07時00分

宇多田照實さんと出会い、娘・宇多田ヒカル(30才)を授かる。 宇多田の天性の才能にいち早く気づいたのは、藤さん自身だった。『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』(イースト・プレス刊)を書いた作家・大下英治さんが藤さんに会ったのは1994年のこと。その時、彼女は興奮気味にこう語った。 「娘は天才なのよ。今、ニューヨークで歌の勉強をしているから、見ていてご [全文を読む]

「藤圭子バブル」を絶対に許さない元夫の鼻息

アサ芸プラス / 2013年11月22日10時00分

近年は消息もつかめていなかったとはいえ、昭和を代表した歌姫であり、宇多田ヒカルの母としての顔も含め、世間に与えた衝撃は絶大だった。 そして没後から3カ月が経った今、芸能界特有の「追悼ブーム」が巻き起こっている。CD全集が品切れになったのはもちろん、書店をのぞけば、緊急出版されたムックや評伝本がいくつも並んでいる。こうした中、話題性でも売上げの点でも破格なの [全文を読む]

宇多田ヒカルのパパが、沢木耕太郎の「藤圭子」本に激怒しているワケ

日刊サイゾー / 2013年11月07日09時00分

藤圭子の突然の死から2カ月足らずの10月中旬、ノンフィクション作家・沢木耕太郎が、三十数年前の藤を描いた『流星ひとつ』(新潮社)を緊急出版し、話題を集めている。 藤の自殺直後、本サイトでは沢木がかつて藤と取材を通じて男女関係にあり、そのもつれから発表予定だった藤をテーマにした作品を封印してしまった事実を指摘していた(記事参照)。 『流星~』はまさに、その封 [全文を読む]

藤圭子と沢木耕太郎「宇多田ヒカルは知らない……“愛欲真実”をタブー発掘!」(2)2人の本当の関係は?

アサ芸プラス / 2013年10月28日10時00分

こうして正子さんの記憶からも藤と沢木氏の悲恋は薄れつつあった99年、藤の娘の宇多田ヒカルのブレイクを機に、月刊誌「噂の眞相」で、“沢木耕太郎が宇多田ヒカルの本当の父親だったのか”という疑惑を追った記事が掲載された。 記事では沢木氏へのインタビューも行われており、その一部を抜粋しよう。 〈──少なくとも当時、藤さんは沢木さんのことが相当好きだったはず。男女 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(11)母娘でアルバムの1位記録を獲得

アサ芸プラス / 2013年10月03日10時00分

「ちょっと、ウチの娘がマライア・キャリーよりもすごいんだから!」 宇多田ヒカルが9歳になり、家族3人で結成した「U3」のアルバムを発売した頃、圭子は会う人ごとにアピールした。作曲家・平尾昌晃は、あまりの熱意に驚いた記憶がある。 かつて圭子のマネジャーだった成田忠幸は、その姿に石坂まさをを重ねた。 「7社から断られた末にようやくデビューしたのが藤圭子。まだ幼 [全文を読む]

「菊地凛子を主演に……?」故・藤圭子さんの生涯“ドラマ化”争奪戦が勃発中

日刊サイゾー / 2013年09月06日09時00分

「例えば、宇多田ヒカルの音楽活動にメリットがあるよう配慮した作りにするとか、彼女の意向を全面的に反映したものにするとか、手段はあります」(同) ドラマ化についてフジテレビに問い合わせてみると「現段階で藤圭子さんのドラマ化という話はありません」と否定したが、現在、藤さんのベストアルバムのセールスは急上昇中。セールスチャートでは、2005年発売の『GOLDE [全文を読む]

藤圭子、宇多田照實氏と“離婚7回”の理由

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

彗星のごとく現れ、「平成の歌姫」となった宇多田ヒカルの母親としてだった。理想の家族に見えた“宇多田ファミリー”は、世にも奇妙な形態を重ねた。 「あの2人、6回の離婚と結婚を繰り返していてワケわかんないです」 宇多田ヒカルの発言に、世間が騒然となったのは06年のこと。さらに翌年には7度目の離婚に踏み切った藤圭子と宇多田照實氏は25年の夫婦生活を完全に終えた。 [全文を読む]

フォーカス