西武 伊東勤に関するニュース

後世に残る名試合ばかり! プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編2」

週プレNEWS / 2016年10月26日11時00分

* * * 【1985 阪神vs西武】 トラトラトラ! 21年ぶりセ優勝の阪神がその勢いのまま頂点へ 猛虎の雄姿に『六甲おろし』がこだまする 『六甲おろし』の大合唱が所構わず響き渡り、狂喜乱舞した阪神ファンが次々と道頓堀川に飛び込んでいく。 阪神の21年ぶりとなるリーグ優勝で巻き起こった“虎フィーバー”の熱狂は、関西のみならず全国へ広がっていった。 そし [全文を読む]

【プロ野球】《“捕手のドラ1”を振り返る》名捕手が多数出現! 歴代“捕手ドラ1”の通算成績は?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月15日17時05分

(◆=捕手以外での出場多数、★=現役) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■歴代“捕手ドラ1”の通算成績 【1965年】 大塚弥寿男(早稲田大→東京オリオンズ) 229試合:打率.178/4本塁打/16打点/0盗塁 1軍実働=7年 【1966年第1次】 ◆須山成二(広陵高→広島) 【野手】4試合:打席なし 【投手】2試合: [全文を読む]

江夏豊×伊東勤(千葉ロッテマリーンズ)「なんでこんなに勝ってるんだ?」「それはですね……」

週プレNEWS / 2013年07月08日06時00分

限りある戦力を適材適所にズバリ配置する“眼力”の秘密はどこにあるのか? 現役時代にバッテリーを組んだこともある江夏豊氏が、その深層に切り込んだ! ■韓国球界で学んだ“外国人”の苦労 江夏 自分の現役最終年、西武に移籍したのが1984年。もう30年近く前か。あのとき、あなたは何年目だった? 伊東 3年目です。実は僕、江夏さんには特別な思いがあったんですよ。子 [全文を読む]

楽天・星野監督の後継者は、三木谷オーナー指名の“あの男”?

週プレNEWS / 2012年11月28日09時00分

電撃決定ともいえるロッテ・伊東監督の誕生には、古巣・西武の監督人事も絡んでいたと、テレビ局スポーツ担当のB氏が明かす。 「伊東監督は今年から2年契約で、韓国のチームでヘッドコーチを務めていました。これは裏を返せば、少なくとも今オフには古巣の西武から声がかかることはないだろう、と読んだからです。ところが、どうやらその先も西武監督の線はなさそうだということで [全文を読む]

西武正捕手候補銀仁朗「ピンチになると外角低め一辺倒」の評

NEWSポストセブン / 2012年04月26日07時00分

西武の黄金時代を支えた名捕手・伊東勤氏(現・韓国斗山コーチ)はかつて、「早い回にいろんな球を投げさせて一番いい球を見極め、ここ一番の局面で使うのがリードのコツ」と語っていた。ピンチで投手をどうリードするかが、チームの勝敗を直接左右することになる。 その優劣を示す被犠飛率と、得点圏での失点率を調べると、中日の谷繁は前者が9.3%(2011年正捕手中1位)、 [全文を読む]

西武がメヒアの2ランで逆転勝ち 辻監督「よく打ってくれた」

ベースボールキング / 2017年04月15日08時30分

● ロッテ 2 - 3 西武 ○ <1回戦 ZOZOマリン> “西武黄金時代”にチームメイトだった西武・辻発彦監督、ロッテ・伊東勤監督の初対決は、西武・辻監督に軍配があがった。 西武は1点を追う9回、先頭の浅村栄斗がヒットで出塁すると、二死後、この日無安打だったメヒアがレフトスタンド中段に突き刺す第3号2ランで逆転に成功。その裏、守護神の増田達至が、満塁の [全文を読む]

開幕戦名勝負 野茂「屈辱の降板」と伊東「史上初の劇的弾」

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

1994年のパ・リーグ開幕戦、西武対近鉄戦もそんな試合のひとつだ。 吉永小百合の始球式で幕を開けたゲーム。近鉄の先発はトルネード投法でデビューから前年まで4年連続最多勝に輝いた野茂英雄。この日も150kmの速球と切れ味鋭いフォークで三振の山を築く。西武打線から6回までに12奪三振。8回まで無安打に抑え、「三振記録とノーヒットノーランの両方を心配せなあかん」 [全文を読む]

【プロ野球】新監督就任年の西武は強い!! 西武黄金期の「管理型DNA」を継ぐ辻ライオンズは優勝できるか?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日16時05分

しかし一転、今シーズンを新監督で迎えるチームは、森繁和監督の中日と辻発彦監督の西武のみ。ただ、森監督は昨シーズン途中から谷繁元信監督の休養のため、ヘッドコーチから監督代行としてチームの指揮を執っていた。つまり、辻監督だけが、「純粋な新監督」ということになる。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■新監督の好成績が目立つ西武 [全文を読む]

巨人はFA選手に総アタック? プロ野球「戦力補強」覆面座談会

日刊大衆 / 2016年10月24日12時00分

Bクラスに沈んだヤクルト、中日、西武、楽天、オリックスなども、虎視眈々と補強戦線への参入を狙ってます。D(情報分析力に優れるスポーツ紙デスク) ヤクルトなんて、真中満監督(45)就任1年目で優勝したからか、昨オフは大した補強をしなかった。この反省から、今年は積極的に動くと思う。A 要注意は新監督となった西武と中日の動きだね。C そういえば、西武が辻発彦新監 [全文を読む]

【プロ野球】ドラフトが終わった今こそ読みたい! 『プロ野球のすべてを知っていた男 根本陸夫伝』

デイリーニュースオンライン / 2016年10月24日17時05分

その高橋が取り上げたのが、近鉄、西武、ダイエーにおいて数々の伝説ドラフトをしかけた根本だった。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■入団拒否をする選手の親にすっかり気に入られた男 クライマックスシリーズで激闘を繰り広げたソフトバンクとロッテ。それぞれの指揮官である工藤公康と伊東勤は、根本が見いだした人物として知られている。 [全文を読む]

フォーカス