酒井法子 岡田有希子に関するニュース

酒井法子ファンクラブサイトひっそりと再開……それでも僕はのりピーの味方だ!

おたぽる / 2016年07月06日20時00分

そんな中、「それでも握手がしたい!」という気持ちが勝って、初めて握手をしたのが、酒井法子だった。28年前の春のことである。 今年の7月1日、酒井法子のファンクラブサイトが7年ぶりに再開された。 事前に、サイトの再開と30周年記念コンサートのことがYahoo!ニュースなどで報道されたものの、その後の高知東生逮捕などの影響もあり、あまりよい展開とはならなかっ [全文を読む]

ベッキー初醜聞は”サンミュージックの呪い”!? 自殺、宗教、覚せい剤と続く看板タレントの系譜

デイリーニュースオンライン / 2016年01月08日07時40分

桜田淳子や松田聖子といった人気アイドルを輩出したことで知られていますが、所属タレントが数年ごとに大きなスキャンダルや悲劇、トラブルに見舞われてもいるのです」(夕刊紙デスク) 岡田有希子、桜田淳子、酒井法子と続く不運 世間に大きな衝撃を与えたのが、1986年4月の岡田有希子の自殺。当時、事務所が入居していた新宿区四谷のビル屋上から飛び降り18歳という若すぎる [全文を読む]

サンミュージック相澤会長 岡田有希子、酒井法子らとの絆

NEWSポストセブン / 2013年05月31日07時00分

2009年8月に、当時の夫が覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されると、逮捕現場にいた酒井法子(42才)が任意同行を拒否して失踪。家族よりも誰よりも早く捜索願を出すよう指示したのが相澤さんだった。その脳裏には、岡田さんのことがあったのかもしれない。 しばらく行方をくらませた後、酒井は自ら出頭、逮捕された。会見に臨んだ相澤さんは、「どんな理由があろうとも、薬物に [全文を読む]

ベッキーとSMAP、明暗分けた”所属事務所のタレント管理術”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月30日12時00分

たとえば ・岡田有希子が自社ビルから飛び降り自殺 ・大スターに育てた松田聖子が何の相談もなく独立 ・初期のスターだった桜田淳子が、統一協会(注3)の「合同結婚式」に出席 ・酒井法子が覚醒剤所持で逮捕される そして今回、現在のサンミュージックにとって稼ぎ頭だったベッキーの泥沼不倫が発覚。愛情をかけたはずのタレントたちに、裏切られ続けている。 ■タレント管理は [全文を読む]

ベッキーにのりピー…「サンミュージックの呪い」の元凶は四谷怪談ではなかった!?

tocana / 2016年01月21日08時00分

2009年には酒井法子が覚せい剤で逮捕された。ほかにも、人気絶頂期の松田聖子は多くの恋愛スキャンダルでマスコミをにぎわせた。 サンミュージックの所在地、四谷三丁目駅界隈は四谷怪談の舞台である。この呪いの源流は土地にあるのではないか。と思ってみたが、すぐ近くにある太田プロ(AKBタレント多数所属)に祟りが現れないのはおかしい。 では、このおどろおどろしいサン [全文を読む]

岡田有希子、桜田淳子、酒井法子…ベッキー不貞騒動で問われる事務所の管理責任

アサジョ / 2016年01月17日09時59分

酒井法子が薬物事件を起こすなど、マネージメントを担う会社として問題があるのではと囁かれていた。そこにきて今回のベッキー騒動。担当マネジャーは、管理問題を問われてクビになりかねない問題です。しかも、ベッキーは会社の筆頭稼ぎ頭。ベッキーのCM契約がなくなるということは、事務所の経営に直結しますし、マネージメント能力がないとなれば、そのほかのタレントに対するスポ [全文を読む]

サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”

日刊サイゾー / 2013年05月31日13時00分

その真偽はともかく、相澤会長が当時のことは一切語りたがらないので、何かあったのは間違いないんでしょう」 こう話す記者の取材では、当時の岡田は「くちびるNetwork」などの大ヒットで人気は絶頂だったが、酒井法子ら続々と後輩のデビューがあって、将来の路線について悩んでいたとの関係者証言もあったという。 「岡田さんは学生時代、芸能界デビューを両親に説得するため [全文を読む]

高島礼子、有吉弘行…サンミュージックの呪いを越え始めた太田プロダクションの呪い!

tocana / 2016年09月26日09時00分

1968年創業のサンミュージックは多くの有名タレントを輩出するも、岡田有希子の自殺、桜田淳子の新興宗教問題、酒井法子の覚醒剤事件、そしてベッキーの不倫騒動と定期的に看板タレントがスキャンダルを起こしており、いつしか「サンミュージックの呪い」なる言葉が生み出された。 「サンミュ ージックは、四谷怪談の舞台となった四谷三丁目に事務所があります。そのことからお [全文を読む]

のりピー、岡田有希子…ベッキー騒動で窮地の事務所が“過去の遺産”で資金調達

アサ芸プラス / 2016年06月23日09時59分

2009年に法律違反の薬物で逮捕され、懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を受けた酒井法子が、精力的に芸能活動を復活させている。 所属事務所の公式ホームページでは、今年秋に発売予定のデビュー30周年記念アルバムの制作にあたり、広く好きな楽曲を募集。収録曲として反映させる予定だという。また、6月26日には兵庫県明石市のホテルで、「プレミアム サマーディナー [全文を読む]

ベッキー、消えた復活話…

NewsCafe / 2016年04月19日16時00分

「今月8日は岡田さんの30周年忌でしたが、サンミュージックでは覚せい剤事件を起こした酒井法子(45)の時も、呪い説がささやかれました。今回もそれを感じます」(先のデスク) ベッキーも事務所も、お祓いぐらいでは済みそうになさそうだ。 [全文を読む]

ベッキー復帰路線に拍車? サンミュージックから次々マネジャー退社で……

日刊サイゾー / 2016年04月19日09時00分

サンミュージックはかつて桜田淳子が抜けると松田聖子が、岡田有希子が抜けると酒井法子が登場するなど、次世代のニューフェイスがブレークした伝説がいくつもあり、古い芸能関係者からは「ベッキーの穴をベッキー復帰で埋めるより、新しいスターを推したほうがいい」という声も聞かれる。 老舗芸能プロの采配は、いかに……。 (文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo) [全文を読む]

【ベッキー余波】もうボロボロ…!? サンミュージックが金融機関との取引中止で倒産の危機

tocana / 2016年03月05日09時00分

それが丸々無くなるどころか、違約金まで払わなければならないので、経営的には大打撃ですよ」(芸能プロ関係者) サンミュージックは50年近い歴史の中で、岡田有希子、桜田淳子、酒井法子ら看板タレントが悲劇に見舞われたり、スキャンダルを起こしたりしてきたが、そのたびに“新星”が出現し、事務所を救ってきた。前出芸能関係者は、「ベッキーの次に売り上げが多いのはカンニン [全文を読む]

“ゲス不倫”ベッキーの賠償問題が暗礁に……「強く言えない」サンミュージックの“トラウマ”とは

日刊サイゾー / 2016年03月01日13時00分

その後、所属タレントでは桜田淳子が統一教会の信者となって合同結婚式に参加したり、酒井法子の覚せい剤による逮捕もあったりしたが、「常に頭をよぎったのは、岡田さんの自殺。タレントを追い詰めるようなことは絶対にしない社風があって、古い関係者なら、みんな「絶望的に憔悴したあのときを思い出す」と言って、あまり強いプレッシャーはかけたがらないんです」と関係者。 ベッ [全文を読む]

ベッキー、よみがえる30年の呪い

NewsCafe / 2016年01月20日16時00分

これじゃあ、反省している様子が見られないと思われ、ベッキーをCMに使っているスポンサーが一斉に撤退する可能性もありますね」 たとえば、CM本数がゼロになったらベッキーはどうなる? 「もちろん、収入が激減するでしょうが、それよりも所属事務所、サンミュージックが倒産する可能性も出てきました」 えっ、そんなに経営状態が危ないの? 「ご存じの通り、2009年に事務 [全文を読む]

ベッキー、不倫の代償は5億円以上? 事務所幹部は“サンミュージックの呪い”対策に奔走中か!?

tocana / 2016年01月13日09時00分

この2週間でどれだけスポンサーを説得できるかにかかっている」(同) 「サンミュージック」といえば、古くは岡田有希子さんの飛び降り自殺、新しいところでいえば、酒井法子が2009年に覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けCMなど5億円以上の損失が出たなど、芸能界を揺るがす大スキャンダルが勃発することでも知られている。 「サンミュージックは芸能界のなかでも良心的な [全文を読む]

ベッキー謝罪会見、“異様な光景”にマスコミ驚愕! 事務所スタッフが“余裕で談笑”の舞台裏

サイゾーウーマン / 2016年01月09日12時45分

記憶に新しいものでは、のりピーこと酒井法子の覚せい剤事件に関する諸々の会見ですね。酒井本人の謝罪会見はもちろん、事件発覚当初は、酒井の足取りや逮捕、起訴など、事あるごとに事務所幹部が会見していました」(同) さまざまな騒動で鍛えられてきた同社のスタッフらにとっては、不倫報道の釈明会見くらいは朝飯前なのだろうか。 「のりピー騒動のときにも大活躍していたベテラ [全文を読む]

“純白アイドル“さんみゅ~の黒い一面も!? 「スマホでUSEN」ラジオ番組『さんみゅ~の!純白ラジオ』収録現場を突撃!

おたぽる / 2015年03月21日06時00分

松田聖子、早見優、酒井法子ら数多くのアイドル歌手を輩出してきた芸能プロダクション「サンミュージック」が、満を持して送り出したアイドルグループ、さんみゅ~。同社名を掲げたグループは、2012年に岡田有希子の『くちびるNetwork』のカバーでインディーズデビュー。14年には1stアルバム『未来地図』をリリース、今年3月18日には最新シングル『はじまりのメロデ [全文を読む]

ブーム再燃で注目を浴びる「80年代アイドル写真集」ベスト10!

週プレNEWS / 2013年12月18日12時00分

意外にもグラマラスなビキニショットがマブしい ・酒井法子『夢冒険』(学習研究社)実勢価格5800円 16歳の等身大の彼女が収められているファースト写真集。水着よりも白いワンピースにドキッとする ・渡辺満里奈『NOTEBOOK-渡辺満里奈 放課後アルバム』(集英社)実勢価格3800円 ビキニ、スク水、ブルマなど、お宝ショットが盛りだくさん。人気絶頂期は1万円 [全文を読む]

恩人の死で追い詰められた酒井法子「もうAVに反対する者はいない」

メンズサイゾー / 2013年05月24日21時00分

その中で最も相澤さんに世話になったのが、覚せい剤事件から復帰した酒井法子だ。 普通なら、あれほどの事件を起こせば放りだされて当然。だが、相澤会長は酒井の失踪中から彼女の身を案じ、身柄拘束後も真摯にサポートを続けた。酒井に課されたCM契約違約金などの損害賠償約5億円を肩代わりするという決断も、大金にもかかわらず即決だったという。その甲斐あって酒井は昨年12月 [全文を読む]

フォーカス