深作欣二 荻野目慶子に関するニュース

萩原健一、深作欣二は「めったにいない頼れる監督」

アサ芸プラス / 2012年11月21日10時00分

【関連記事】 あびる優 ウンコ座りで破局 SDN 48 AKB姉妹グループ解散までの「下請け」仕事 お騒がせ美女 ホンマかいな「都市伝説」(4)AKB48 高橋みなみ メンバー加入の決め手は身長と誕生日 佐々木希 2時間セリフなし 白黒つけたい紅白裏合戦(5) 頼りは愛菜ちゃんと福くん [全文を読む]

父・深作欣二と交わした「オヤジとの最後の言葉」

アサ芸プラス / 2012年12月05日09時59分

〈たとえこの闘いで生涯を終えようとも、わたしには一片の悔いもない〉 深作欣二という映画監督が見せた悲壮な覚悟に、報道陣もどよめきを隠せなかった。この会見から1カ月後、前作で激しい舌戦を繰り広げた石井紘基が右翼活動家に刺されて死亡するというニュースも重なった。 撮影開始は12月16日であったが、健太は病状の進行に驚いた。 「クランクアップまでは持つだろうと [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(4)今井美樹は山下久美子に離婚届を投函

アサジョ / 2017年03月26日17時00分

ようやく女優業に復帰したのが91年公開の「いつかギラギラする日」だったのだが、監督の深作欣二と再び不倫という関係になり、深作が没するまで9年半も続いた。 晩年の深作は前立腺ガンに侵されていたが、それでも抗ガン剤治療を拒否。その理由を、荻野目が02年に出した著書「女優の夜」で綴っている。〈抗ガン剤を使えば男性機能が弱くなる。僕は命よりもキミとの性を選んだ〉 [全文を読む]

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(3)男と女の十大事件簿

アサ芸プラス / 2017年01月30日12時57分

ようやく失意から立ち直った荻野目の復帰作を撮った深作欣二監督と、またもや愛人関係に陥っていく。 荻野目は著書で、深作がガンに侵されながらも「抗ガン剤を使えばお前を抱けなくなる」と治療を拒否し、死期を早めたことを明かしている。 魔性の女に死の影は付き物だが、自身があわやの危機に陥ったのは弘田三枝子(69)だ。77年1月25日、弘田は不倫相手の妻から背中を果物 [全文を読む]

2016年が特別ではない!有名人たちが味わった「不貞」の甘い蜜

アサ芸プラス / 2017年01月22日09時59分

のちに出演した映画の監督である深作欣二とも9年半にわたって不貞関係を続けました。晩年の深作は前立腺ガンに侵されていましたが、抗ガン剤治療を拒否。荻野目の著書によるとその理由は『抗ガン剤を使えば男性機能が弱くなる。僕は命よりもキミとの性を選んだ』というものだったそうです」(週刊誌記者) 現在、コミカルな演技でドラマにCMに引っ張りだこの斉藤由貴も、数々の不貞 [全文を読む]

あの新婚女優が話題作で“眼帯ファック”を披露!

メンズサイゾー / 2013年01月09日16時45分

「荻野目といえば、過去に河合義隆と深作欣二という映画監督と連続して愛人関係にあったといわれワイドショーに賑わせた女優。とくに、河合は荻野目の自宅で首吊り自殺という最期を遂げたことから当時は大きな話題となりました。続いて、出演映画『いつかギラギラする日』で監督を務めた35歳年上の深作と不倫。恋多き女というイメージがあり、女優を数多く見ている2人の映画人を虜 [全文を読む]

フォーカス