三四郎 夏目漱石に関するニュース

「たたいても駄目だ。独りで開けて入れ」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば102】

サライ.jp / 2017年04月12日06時00分

三四郎』『それから』につづく作品として書かれた。 『それから』では、主人公の代助がヒロインの三千代と一緒になるため、仕事を求めて世間へ出ていったが、『門』では主人公の宗助と妻のお米は、ひっそりと仲睦まじく暮らしている。 そこに友人の安井が戻ってくるという話が浮上する。宗助は安井を裏切って、その妻だったお米と結婚した経緯があった。罪の意識に苛まれ、宗助は鎌 [全文を読む]

「漱石アンドロイド」、12月10日に初の一般公開

PR TIMES / 2016年11月29日17時23分

「こころ」「三四郎」「それから」などの作品を残しました。「明暗」執筆中の1916(大正5)年12月9日、胃潰瘍のため49歳で死去。今年で没後100年になります。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

明治、大正の名作がズラリ! 「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2015年03月13日16時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年3月13日(金)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、iBooks、ならびにニコニコ静画にて、電子書籍「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地 [全文を読む]

くまモンが夏目漱石の命日に、雑司ヶ谷霊園などゆかりの地を巡りました

PR TIMES / 2014年12月10日14時07分

朝日新聞で再連載中の小説「三四郎」の主役に扮した学帽・学生服姿のくまモンが都内の漱石ゆかりの地を巡りました。 だれからも愛されるキャラクターの魅力ある映像を、朝日新聞デジタルにてご覧ください。 http://www.asahi.com/ 12月9日は夏目漱石の命日。朝日新聞で再連載中の小説「三四郎」の主役に扮した学帽・学生服姿のくまモンが都内の漱石ゆかりの [全文を読む]

「申し訳ありません。もう一度勉強しなおしてまいります」(8代目桂文楽)【漱石と明治人のことば37】

サライ.jp / 2017年02月06日06時00分

小説『三四郎』の中では、登場人物にこんな台詞を言わせている。 「彼と時を同じうして生きている我々は大変な仕合せである。今から少し前に生れても小さんは聞けない。少し後れても同様だ--円遊も旨い」 ひょっとすると、漱石が足を運んだ寄席で、偶然、二ツ目時代の文楽を聴くことがあったかも。そんな想像もしてみたくなる。 真打ち昇進から半世紀余を積み重ねた昭和46年(1 [全文を読む]

「敵を殺すを道徳的なりというのは味方の言語でしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば72】

サライ.jp / 2017年03月13日06時00分

だからこそ、小説『三四郎』の中でも、「しかしこれからは日本も段々発展するでしょう」と弁護するように言う三四郎に対して、広田先生は、手厳しくひとこと、「亡びるね」と言い放つのである。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言 [全文を読む]

いちばん衝撃を与えたキャラ弁は一体!? 「アニメぴあちゃんねる」番組放送100回記念でタカ弁頂上決戦

okmusic UP's / 2016年11月17日10時02分

■■野島が出演する朗読劇「三四郎/門」野島は「日本文学の不朽の名作を人気声優が詠む!」と題したドラマリーディングシリーズ公演の第二弾「三四郎/門」に出演。夏目漱石の「三四郎」と「門」という代表的な二作品を一つの作品に構成したものを、現在活躍中の声優たちが圧倒的な表現力で詠むというものになっている。この企画は11月30日(水)にスタートし、TOKYO FM [全文を読む]

銀座朝日ビル工事現場に夏目漱石の連載小説の挿絵が登場

PR TIMES / 2015年06月26日16時15分

小説「三四郎」「明暗」の世界が銀座によみがえる 朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は東京・銀座6丁目に「銀座朝日ビル」(仮称)の建設を進めていますが、このたび、このビルの工事現場の周囲に、夏目漱石の肖像や新聞連載当時の挿絵と題字をあしらった仮囲いのパネルがお目見えしました。 京橋区瀧山町と呼ばれたこの場所は、1888年に大阪から東京に進出した朝日新聞社 [全文を読む]

日露戦争に勝っても「日本は滅びる」と見ていた夏目漱石 外交評論家 加瀬英明

クオリティ埼玉 / 2015年04月15日13時22分

日露戦争というと、私は夏目漱石の『三四郎』の1節を思い出す。 この作品は、主人公の三四郎が東京帝国大学に合格して、上京する車内の場面から始まっている。 水蜜桃を好む中年男に出会うが、「いくら日露戦争に勝って、一等国になってもだめですね」というので、三四郎が「しかし、これから日本もだんだん発展するでしよう」と答える。すると、男がすまして一言だけ、「滅びるね [全文を読む]

「誤配」という概念を鍵に近代文学の名作を解く。『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか』(集英社新書)、3月17日(火)発売!

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

夏目漱石『三四郎』『それから』、田山花袋『蒲団』、森鴎外『雁』、川端康成『雪国』、三島由紀夫『春の雪』…近代文学の名作の多くが「悲恋小説」なのはなぜなのか。哲学者ジャック・デリダが用いた「誤配」という概念を鍵にして、近代文学とは何かを浮かび上がらせる、画期的な文学論。はじめに、近代の恋愛小説を読むのになぜ「誤配」という概念が求められるのかを説明しておこう。 [全文を読む]

フォーカス