生活保護 河本準一に関するニュース

河本準一VS片山さつき 「生活保護バトル」俺にも言わせろッ!(5)ここがヘンだぜ!生活保護制度

アサ芸プラス / 2012年06月18日10時58分

その親族にまで影響する生活保護のあれこれ。はたして抜け道だらけなのか、素朴な疑問は募るばかりである。東京・港区役所の担当者が、あくまで一般論として回答してくれた。 「家族旅行するから」で親の扶養を断れる? 焼肉屋で「上カルビを注文」はぜいたく行為? Q1 生活保護を受けると、具体的にはいくらもらえる? 「世帯の構成で受給額が決定します。基準は、住んでいる地 [全文を読む]

河本準一VS片山さつき 「生活保護バトル」俺にも言わせろッ!(1)

アサ芸プラス / 2012年06月12日10時58分

12年度の予算が3.7兆円という生活保護費は、もちろん国民の税金から捻出されている。モラルの問題が問われるのは当然だ。国会議員が芸人を名指しで非難したために、多くの国民が問題意識を持つに至った今回の一件。それだけに、代理戦争さながらの論戦が繰り広げられているのである。 「収入が多いのにもかかわらず、生活保護を受けているのは道義的にどうなのかということの指摘 [全文を読む]

生活保護を描く漫画家「弱い人が弱い人を叩くのが今の現実」

NEWSポストセブン / 2013年12月27日16時00分

生活保護を正面からテーマにした漫画「陽のあたる家」(秋田書店)が先週発売され、早くも話題になっている。生活保護バッシングが続くなか、なぜ敢えて取り上げたのか。作者のさいきまこさんに聞いた。(取材・文=フリーライター・神田憲行) * * * 主人公は中学生の娘と小学生の息子、夫との4人暮らしの主婦。パートを掛け持ちしながら、誕生日に発泡酒ではなくビールを飲む [全文を読む]

相次ぐ吉本タレントの生保問題 キングコング梶原雄太"自白"の裏にあったタレコミとは?

日刊サイゾー / 2012年06月07日08時00分

大変な騒ぎとなってしまったお笑いコンビ次長課長・河本準一の母親の生活保護受給問題。河本は5月25日に吉本興業東京本社で会見を開き「(手続き上の)不正はなかった」としたが、母親を養える十分な収入があるにもかかわらず受給を続けていたことについては「認識が甘かった」と涙ながらに謝罪した。 だが、世間のバッシングはそれでも収まらない。5月29日発売の週刊誌「FLA [全文を読む]

生活保護受給は「恥ずかしい?」に「Yes」が46.3%

週プレNEWS / 2012年06月19日19時00分

「身内が生活保護を受けていたことが、情けなく、恥ずかしい気持ちだった」と記者会見で語った、次長課長の河本準一氏。だが、病気やケガなどの理由で生活保護を受けることは、はたして「恥」なのだろうか。 本誌が男女別、世代別、年代別の合計1000人を対象に生活保護に関するアンケート調査を行なったところ、「生活保護を受けることを『恥ずかしいことだ』と思いますか?」とい [全文を読む]

河本準一の影響で『母親』いわゆるカーちゃんの関連キーワードが酷い状態に

秒刊SUNDAY / 2012年05月26日17時54分

人気お笑いコンビ次長課長の河本準一の母親が抱えている生活保護問題の影響か、Google等で検索した際の「母親」で検索複合キーワードに「生活保護」「芸人」等のほか、母親うざい・母親死ね等の検索キーワードも出てくることが判った。世の中の母親のイメージが一気にダウンしていく中、母親、いわゆるカーちゃんを救う手立ては無いのか。母親の複合キーワードは、Googleト [全文を読む]

片山さつき「河本を罰するのが目的ではないがグレー許さん」

NEWSポストセブン / 2012年05月18日07時00分

お笑いコンビ・次長課長の河本準一(37才)の「母親生活保護不正受給疑惑」。自民党参議院議員の片山さつき氏や世耕弘成氏がネット上で言及し、厚労省に調査を依頼するなど、その波紋は広がるばかりだ。 推定年収5000万円という河本だが、母親のことは扶養していないと主張している。これだけの高給取りでありながら、母親ひとり養えないというのは本当なのだろうか…。 生活保 [全文を読む]

河本の生保問題発覚後所持金600円の女性が申請断られる例も

NEWSポストセブン / 2012年07月09日07時00分

お笑いコンビ・次長課長の河本準一(37才)の母親が受給していたことで注目を集めた生活保護問題だが、問題発覚後の今年6月、京都・舞鶴市で、所持金600円という33才の女性が、生活保護申請を拒否される事例が発生した。 女性は昨年離婚。パートをしながら、5~11才の子供3人と暮らしてきた。しかし、今年2月、子供が相次いで熱を出して看病のために仕事を休むと、職場か [全文を読む]

河本の生活保護問題後「俺も貰う資格あるやろ」との相談殺到

NEWSポストセブン / 2012年07月05日07時00分

次長課長・河本準一(37才)、そしてキングコング・梶原雄太(31才)の親族が生活保護を受給していた問題発覚後、厚労省や自治体の担当部署には、こんな相談が激増した。 「あれがOKなら、おれもナマポ(生保=生活保護)をもらう資格があるやろ」 「家の名義を、親から自分に変えた。親は資産も収入もないから、うちの親も生活保護を受ける権利ができました」 6月下旬、大阪 [全文を読む]

生活保護制度改革で親族への「扶養要請」に強制力発揮なるか

NEWSポストセブン / 2012年06月07日16時00分

次長課長・河本準一(37才)と、キングコング・梶原雄太(31才)の母親が生活保護を受けていた騒動を受けて、国は制度改革の必要性に言及し始めた。その方向性は「扶養義務」──つまり子供が親の面倒を見る義務の強化だ。 小宮山洋子厚労相(63才)は衆議院特別委員会で、「扶養可能と思われるケースでは、家裁調停を申し立てる手続きを積極的に活用したい」と述べた。この発言 [全文を読む]

フォーカス