最新作 宮崎駿に関するニュース

ため息が出るほど美しい!ジブリ映画の舞台にもなった絶景まとめ

TABIZINE / 2016年02月19日16時00分

風立ちぬ 長野 宮崎駿監督の最新作にして最後の長編劇場作品かもしれない『風立ちぬ』。こちらは大正から昭和にかけての東京を中心とした日本のさまざまな風景が描かれています。 その中に長野県の富士見高原病院(富士見高原療養所)のシーンがありました。気温の寒さだけでなく、結核で隔離される人物のもの悲しさまで画面から伝わってくる見事な場面でした。 ちなみに富士見高 [全文を読む]

「ジブリ最新作キタァァァ!!!」 海外会社と共同制作のジブリ新作にファンは興味津々

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月19日15時00分

2015年12月10日(木)、東宝が「2016年ラインアップ発表会」を開催。スタジオジブリとフランスの製作兼配給会社・ワイルドバンチが共同で、アニメ映画「レッド・タートル THE RED TURTLE」(以下、「レッド・タートル」)を製作すると発表した。監督にイギリスを拠点に活動するマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットを抜擢した同作は、今までのジブリ映画と雰 [全文を読む]

ジブリ鈴木敏夫が語る宮崎・高畑両監督のライバル関係

WEB女性自身 / 2013年12月06日07時00分

公開中の宮崎駿監督作品『風立ちぬ』ではプロデューサーを、最新作の高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』では企画を担当。両監督の裏側を、たっぶりじっくり話してくれた。鈴木「宮崎駿はアニメーションの手ほどきを高畑さんに受けていましてね。高畑さんのもとで育って、なおかつ新人だった宮さんを抜擢してくれたのも高畑さん。それで高畑さんのデビュー作からずっと監督は高畑勲、絵を [全文を読む]

ソックリすぎる!! 『天空の城ラピュタ』の元ネタとは?

ハピズム / 2013年07月09日18時00分

この夏、スタジオジブリの最新作であり、5年ぶりに宮崎駿氏が監督を務める作品『風立ちぬ』が公開される。今回は、第二次世界大戦当時、一時は世界を席巻した零式艦上戦闘機、いわゆるゼロ戦の設計者である堀越二郎氏をモデルにした作品である。宮崎駿監督の作品では、“初めての実在の人物を題材にした映画”ということでも話題いなっている。 しかし、実は実在の人物や既存のキャラ [全文を読む]

宮崎駿監督、数えてみたら引退発言これで7回目

おたくま経済新聞 / 2013年09月03日14時33分

監督の次回作に期待があつまる? 画像: 絶賛公開中の宮崎駿監督最新作「風立ちぬ」HP http://kazetachinu.jp/ [全文を読む]

細田 守「宮崎駿になりたくてアニメをやってるわけじゃない!」

週プレNEWS / 2012年07月28日06時00分

が、その監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』の主人公は、“おおかみおとこ”の子供を産み、ひとりで育てる女性、花。そんな意外なヒロイン像には、“青春映画の名手”という細田監督のイメージを覆す裏テーマが隠されていた……!? *** ―アニメ=少年少女が主人公、という作品が多いなかで「母」を主人公にした本作は新鮮でした! 細田 ありがとうございます。お母さん [全文を読む]

「アナ雪」「トイ・ストーリー」「カーズ」…人気作の続編続く ディズニー&ピクサー新作ラインナップ<ジョン・ラセター来日会見>

モデルプレス / 2017年03月21日20時24分

■ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ ◆『モアナと伝説の海』 3月10日より日本公開された最新作『モアナと伝説の海』。新ヒロイン“モアナ”は、海を愛し、海に選ばれた16才の少女。ある日、愛する人々と世界を闇から守るという大役に戸惑い、悩みながらも仲間に支えられ大海原へ旅立つ。 日本でも公開8日間で、すでに動員100万人を突破するなど話題を集め [全文を読む]

スター・ウォーズ最新作「ローグ・ワン」敏腕女性プロデューサーに独占インタビュー!

Woman Insight / 2016年12月14日12時50分

いよいよ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が公開になります。 その陰には、ある女性プロデューサーの存在がありました。 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』撮影中のキャスリーン・ケネディさん(中央)。(C) 2016 Lucasfilm Ltd. ■何にも似ていない新しいスター・ウォーズ、新しいヒロイン ジョージ・ルーカス氏の [全文を読む]

映画「君の名は。」が大ヒットした中国、「日中は通じ合える話題をたくさん持っている」―中国メディア

Record China / 2016年12月13日07時10分

日本のアニメーション映画を手がける新海誠監督の最新作「君の名は。」が2日、中国で公開され、非常に大きな話題を集めているが、これは予想されていたことだ。(文・蔡虹 中国日報掲載) アカデミー名誉賞を受賞した宮崎駿監督が2013年に引退したのち、「君の名は。」で大きな話題を集めた新海監督がアニメ映画界における新たな天才となった。宮崎駿監督はこのほどもう一作品を [全文を読む]

宮崎駿作品の影響を受けたヒロイン「モアナと伝説の海」

Smartザテレビジョン / 2016年11月24日14時49分

「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」など、魅力的なヒロインを生み出してきたディズニー・アニメーションの最新作「モアナと伝説の海」が、11月23日から全米公開。日本での公開は来春となるが、マスコミ向けに一足早く試写会が行われた。 南の島で生まれ育ったモアナは、幼いころにある体験をしてから海と運命的な絆で結ばれる。成長するにつれて、島から海へ出てみたいと [全文を読む]

フォーカス