トリノ 荒川静香に関するニュース

荒川静香、結婚を発表 本人コメント全文

モデルプレス / 2013年12月29日17時26分

フィギュアスケート女子の2006年トリノ冬季五輪金メダリスト・荒川静香が、32歳の誕生日でもある29日に結婚を発表した。 自身のオフィシャルサイトで荒川は、「32歳を迎えた私にとって、新しい一歩を踏み出す日となりましたことをご報告させていただきます」とコメント。「予てよりお付き合いさせていただいていた方と、本日婚姻届を提出いたしました」と喜びの想いを綴った [全文を読む]

荒川静香、純白ドレスでイナバウアー 夫との馴れ初めも赤裸々告白

モデルプレス / 2014年05月22日14時22分

フィギュアスケート女子の2006年トリノ冬季五輪金メダリスト・荒川静香が、純白ドレスでイナバウアーを彷彿させるポーズを披露した。 荒川は、ファッション誌「VOGUE」の日本版「VOGUE JAPAN」が花嫁たちに贈る22日発売の「VOGUE Wedding」(ヴォーグ ウエディング)の第4号に登場。昨年末に入籍、4月に妊娠3カ月であることを発表した荒川は、 [全文を読む]

荒川静香、妊娠を発表 本人コメント全文

モデルプレス / 2014年04月16日14時36分

フィギュアスケート女子の2006年トリノ冬季五輪金メダリスト・荒川静香(32)が16日、妊娠を発表した。 自身のオフィシャルサイトにて荒川は手書きメッセージを公開。「お腹の中に新しい命を授かることができました」と報告。現在は妊娠3ヶ月とのこと。また今後の活動ついては、「アイスショーでのパフォーマンスをしばらくお休みさせて頂く決断を致しました」とアイスショー [全文を読む]

ソチ五輪間近!「浅田真央VSキム・ヨナ」死闘10年の“裏”真実(3)

アサ芸プラス / 2014年02月05日09時57分

そういうチャレンジャー的な演技は、真央ちゃんの常に新しいものに挑戦していくというフィギュアへの捉え方と似ているように思えます」 自身が憧れるリピンスキーが、のちのトリノ五輪の年齢制限規定に関係していたのは皮肉と言えよう。折山氏が話す。 「特例で出場したリピンスキーですが、金メダル後、まもなくして引退したのです。このことをきっかけに特例資格が見直され、明確な [全文を読む]

荒川静香、結婚 艶やか和装姿を披露

モデルプレス / 2013年12月30日15時23分

フィギュアスケート女子の2006年トリノ冬季五輪金メダリスト・荒川静香が和装姿を披露した。 29日、自身のオフィシャルサイトで結婚を報告していた荒川。30日のTwitterでは「昨日の出来事~写真撮るの巻」とコメントし、朱色が彩られた艶やかな和装姿を披露した。 荒川は、髪の毛も美しく結い上げ「地毛で和装できました」と満足気な様子。Twitterの反響に「時 [全文を読む]

女子フィギュア「平昌五輪」出場枠減でもメダルの可能性に影響しない理由

アサジョ / 2017年04月06日10時15分

つまり、本当に強い選手が出場することに変わりはないわけです」(スポーツライター) 最近の五輪を紐解けば、トリノ五輪では荒川静香選手、村主章枝選手、安藤美姫選手。バンクーバー五輪では浅田真央選手、安藤選手、鈴木明子選手、ソチ五輪では浅田選手、鈴木選手、村上佳菜子選手が出場。バンクーバーの浅田選手は別格として、トリノの安藤選手、ソチの村上選手など、実績はもちろ [全文を読む]

侍ジャパン06年組たったひとりの生き残り、35歳青木宣親に求められるもの

ベースボールキング / 2017年01月25日13時27分

そしてトリノ冬季五輪フィギュアスケートでは荒川静香がイナバウアーで金メダル獲得。同年6月に開催されたサッカードイツW杯のジーコジャパンは黄金世代と呼ばれた79年組と、この大会限りで引退する中田英寿が中心だった。早実の斎藤佑樹がハンカチ王子として甲子園を沸かしたのもこの年だ。 あの頃、手の中に握りしめていたガラケーはスマホに代わり、我々も11歳分、年を取った [全文を読む]

いよいよリオ・オリンピック開幕!中居・櫻井・松岡はじめ歴代の五輪キャスターの顔ぶれは?

日本タレント名鑑 / 2016年07月19日11時55分

同じく北京大会ではフィギュアスケートでトリノ五輪金メダリストの荒川静香さんがテレビ東京のキャスターを草野仁さんとともに担当。荒川さんは、続く2010年の冬季バンクーバー大会、2014年の冬季ソチ大会でも日テレ系で櫻井翔さんとキャスターを務めています。同じくバンクーバー大会では、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんがTBS系で中居さんとキャスタ [全文を読む]

韓国人の自慢「日本にない女子フィギュアの五輪金メダル」

NEWSポストセブン / 2016年06月18日07時00分

「荒川静香がいるじゃないか!」 出し抜けにトリノ五輪のヒロインを思い出した。それこそアジアでも彼女が最初だ。 私は前夜の迂闊さを恥じたが、ちょっと考えると別に恥じるほどのものでもない。むしろこのくらいの物忘れは思想・信条の自由の証拠として胸はってもよい。たぶん私たちの多くは、トリノで荒川選手が金メダルをとった時、日本国の名誉とかいったごてごてした意味づけと [全文を読む]

村主章枝の“全裸ヌード”に、フィギュア界から大ブーイング!「ネットに悪口を書く女性関係者も……」

日刊サイゾー / 2016年05月01日09時00分

2002年ソルトレイクシティ、06年トリノの五輪2大会で上位入賞したフィギュアスケーターの村主章枝が、「週刊ポスト」(小学館)誌上に初のセクシーグラビアを掲載。このための食事制限とトレーニングに励んだという肉体をセミヌードで披露したが、スケート関係者の間では、かなりヒンシュクを買っているという。「この世界は、プロは別として、アマチュア競技の原点がヨーロッパ [全文を読む]

フォーカス