侍ジャパン 坂本勇人に関するニュース

2大会ぶりの優勝奪回なるか!?『がんばれ侍ジャパン! WBC 2017観戦ガイド』発売

PR TIMES / 2017年03月02日10時22分

ぴあ株式会社より、ぴあMOOK『がんばれ侍ジャパン! WBC2017観戦ガイド』が発売となりました。2017年3月7日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)2017がついに開幕。野球ファンならば、小久保裕紀監督率いる侍ジャパンが、並みいる強豪を打ち破り2大会ぶりの優勝奪回となるか、大いに注目したいところです。本書は、山田哲人、中田翔、坂本勇人、筒香 [全文を読む]

WBCの小久保采配には不安ばかり?見えてきた”侍ジャパンの課題”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日17時00分

その試合で侍ジャパンの課題が見えてきた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■複雑な心境のオリックスファン 筆者をはじめオリックスファンの大半は、試合が終わった後、こう思ったのではないか? 「侍ジャパンが勝ってよかった」と。 侍ジャパンはそれまでCPBL選抜チーム(台湾)にしか勝っていなかった。ファンが思った以上に勝てていな [全文を読む]

坂本勇人、石川遼、イ・ボミらがとんねるずと正月対決

Smartザテレビジョン / 2016年12月19日10時00分

'17年1月2日(月)夜6時30分から放送の「夢対決2017 とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 5時間スペシャル」(テレビ朝日系)で、石橋貴明と侍ジャパンの「リアル野球BAN対決」、松山英樹選手、石川遼選手が参戦する「ゴルフ対決」が行われる。 「リアル野球BAN対決」には、'17年3月に始まる第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を直前に控えた [全文を読む]

プレミア12でカメラマン席にいた中居正広を相手チームが注意

NEWSポストセブン / 2015年12月15日16時00分

プロ野球選抜チーム「侍ジャパン」が招集され優勝の期待が高かったが、3位に終わった。大会期間中、もうひとつの開催地である台湾でも侍ジャパンの人気が高い様子が報じられていたが、現実はどうだったのか。表も裏も知り尽くす記者たちが、「書けなかった」ネタを明かした。 スポーツ紙遊軍記者A:いや、今大会の侍ジャパンはアピールより恥を晒しただけでしょう。マナーが酷かった [全文を読む]

早くも次回WBC優勝はムリ? 小久保ジャパンに立ちはだかる“反サムライ球団”との反目!

週プレNEWS / 2014年08月13日06時00分

7月17日、小久保裕紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」の一次選考メンバーが発表された。11月の日米野球出場を前提にしたもので、前田健太(広島)、坂本勇人(はやと・巨人)、糸井嘉男、金子千尋(ともにオリックス)、中田翔(日本ハム)、嶋基宏(楽天)と、実力十分の顔ぶれ(のちに巨人・菅野智之、日本ハム・大谷翔平も追加で内定)。 ただ、わずか6名での会見には大 [全文を読む]

【プロ野球】オランダを6本塁打で粉砕! 劇的な一発で勝負を決めた侍ジャパン「ホームランメモリーズ」

デイリーニュースオンライン / 2017年03月16日16時05分

中田翔(日本ハム)の3試合連続本塁打など、世界を相手に引けを取らない打撃を披露している侍ジャパン。 チーム戦略は「スモールベースボール」だが、過去の大会を見ても要所要所で放たれる一発がチームを盛り上げ、勝利につながっていることがわかる。 そこで今回は、侍ジャパンのWBCにおける「思い出の本塁打」を振り返ってみたい。 (カッコ内の球団名は当時の所属チーム) [全文を読む]

侍ジャパン・松田宣浩の熱男は見納め?普段とは違う”WBCならではの現象”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月15日21時45分

侍ジャパンは2次ラウンド進出を決め、ここから、さらに盛り上がっていきそうな雰囲気だ。 大会序盤の試合を見ていると、普段のプロ野球の試合とは違って、「WBCならでは」というシーンが散見される。いくつかピックアップしたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■守備のときに静かなスタンド 通常、プロ野球の試合であれば、例えば東京ド [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

現在、侍ジャパンに選ばれているかどうかは関係なく、「個人的に選びたい日本代表メンバー」を選定していった。まずはその「指名結果」を見てみよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH [全文を読む]

WBCから早1カ月…侍戦士たちのここまでの成績は?

ベースボールキング / 2017年04月18日07時05分

侍ジャパンのメンバーはそれぞれ自チームに戻り、ペナントレースに全力を注いでいる。 WBCから3月31日のプロ野球開幕まではわずか1週間強。侍戦士たちの開幕からここまでの成績を振り返ってみたい。◆ 巨人・坂本は絶好調!リリーフ陣も安定 WBCに引き続き、好調を維持しているのが巨人・坂本勇人だ。昨季、打率.344をマークし首位打者のタイトルを獲得した坂本は、W [全文を読む]

注目の「広島 vs. 巨人」戦 2017年は4試合をJ SPORTSでTV独占生中継!

PR TIMES / 2017年04月13日17時52分

侍ジャパンのメンバーである田中広輔・菊池涼介・鈴木誠也をはじめとした強力打線、そして昨年の最多勝利・勝率第1位投手賞を受賞した野村祐輔、期待のドラフト1位ルーキー・加藤拓也ら投手陣の充実が連覇の鍵を握ることは間違いない。一方、4年ぶりの開幕5連勝と好スタートを切った巨人。エース・菅野智之をはじめ、本塁打・打点ともにリーグトップ(4/12現在)の阿部慎之助、 [全文を読む]

WBC侍ジャパン 決勝T進出でも観客は知らない「ベンチ裏パニック」!(2)小久保監督はプレッシャーで…

アサ芸プラス / 2017年03月23日05時56分

だから必要以上に重圧を感じ、勝負師になりきれない」 [全文を読む]

スカパー調べ プロ野球女子がメロメロ! イケメン選手ランキング 1位「日本ハム・大谷翔平」2位「巨人・坂本勇人」

@Press / 2017年03月02日12時00分

いよいよ3月7日に侍ジャパンが出場するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが開幕し、3月31日にはプロ野球のセ・パ両リーグが開幕します。スカパー!では、プロ野球セ・パ公式戦を生中継中心に徹底放送します。また、すでに2月から各チーム、球団のキャンプおよびオープン戦の模様や特別番組を放送しています。スカパー!は、今年も放送を通じて、プロ野 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

大谷翔平(日本ハム)の離脱が決定し、チーム戦略の立て直しが急務となった侍ジャパン。この原稿を書いている時点(2月3日17時)では、まだ大谷の代替選手は発表されていない。 大谷に代わる先発の柱は誰か? といった議論も必要だが、そもそも小久保裕紀監督によって選ばれた代表選手たちにはどんな特徴があるのだろうか? あらためて過去3回のWBCに臨んだ選手たちと比較し [全文を読む]

【プロ野球】ヒーローは最後にやってくる!? 頑張れ“ラスト侍”田中広輔! WBC・過去の秘密兵器を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日17時05分

1月29日、2017WBCに挑む侍ジャパン最後の1人が田中広輔(広島)に内定した。 昨シーズン、主にトップバッターを担い全試合に出場、打率.265、13本塁打、39打点、28盗塁を記録した田中。内野のバックアップとして「秘密兵器」的な活躍が期待されている。 これまでのWBCではファンに「オッ」と言わせる野手の選出が多々あった。 今回は歴代のWBC日本代表秘 [全文を読む]

WBC日本代表メンバー発表も盛り上がらないのは小久保監督の不人気のせい?

アサ芸プラス / 2016年12月28日09時58分

2017年3月に開催される第4回WBCに出場する侍ジャパンの一部メンバーが日本野球機構(NPB)から20日に発表された。 今回選出されたのは、今年日本一に輝いた日本ハムの大谷翔平や中田翔、巨人の菅野智之、坂本勇人ら18人の選手で、来年2月6日の登録期限までに最終メンバー28人を発表。追加召集された青木宣親をはじめ、メジャーリーグで活躍する選手たちが残りどれ [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

来春のWBCでも侍ジャパンの中軸としての働きが期待される。 ■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日 [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパンは1年前からどう変遷したのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月05日16時00分

小久保裕紀監督率いる侍ジャパンは、3月5,6日のチャイニーズ・タイペイ戦から再始動。5日がナゴヤドーム、6日が京セラドーム大阪で行われる強化試合は、両日とも完売が見込まれている。どうやら注目度は高いようで、一安心だ。 さて、昨季も侍たちはこの時期に強化試合を行っている。対戦相手はオランダ、イタリアなど、ヨーロッパの野球が盛んな地域を中心に構成された欧州代表 [全文を読む]

侍ジャパン3連覇への咆哮を聞け(8)「低反発球に慣れてきた余裕」

アサ芸プラス / 2013年02月15日09時59分

今大会、最も静かに、しかし最も強い思いを持っている選手の一人が村田修一(32)ではないだろうか。前回大会は重圧がかかる初戦から2試合連続で本塁打を放つなど、7試合に出場して25打数で8安打。 「飛ばないボール」を飛ばして打線を牽引しながら、第2ラウンド最終戦の走塁で右太腿を痛めて途中退場となった。 準決勝、決勝を前に無念の帰国を余儀なくされ、ドジャースタジ [全文を読む]

4番稲葉、9番井端、抑えマー君。メジャー組がいなくても侍ジャパンのWBC3連覇が見えた!

週プレNEWS / 2012年11月30日06時00分

強化試合で強豪キューバに2連勝した山本浩二監督率いる侍ジャパン。だが、イチローをはじめとするメジャー組のWBC不参加が決定し、話題性の面からいえば少しさみしいメンバーで本番を迎えそうだ。 だが、戦力面ではまったく不安はないと、スポーツ紙デスクは力説する。 「1面トップをガンガン飾るようなスターがいないことは、メディアにとっては痛い。でも、だからといって弱い [全文を読む]

【プロ野球】ペナントレースの火花は開幕早々に消えるのか? 巨人が開幕戦を3タテしたワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年04月06日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■一気に強化されたセンターライン 真っ先に挙げられる要因は侍ジャパンメンバーの帰還だろう。 菅野智之はWBC準決勝に登板したため、負担を考慮して開幕投手を回避することになったが、坂本と小林誠司はオープン戦の最終試合から出場するなどペナントレースへの意欲を見せた。 プロ野球界随一の遊撃手と、 [全文を読む]

フォーカス