大河ドラマ 勝海舟に関するニュース

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

大河ドラマ『軍師官兵衛』で官兵衛が奔走していた、秀吉を姫路城に迎えて、小寺政職らを説得して押さえ込んだ、あの辺りです。近年雲海で有名な、但馬の竹田城もこの頃に落としています。 ◎徳川家康(1543年1月31日-1616年6月1日) 家康が40歳を迎えたのは、本能寺の変の翌年1583年。つまり大騒ぎの最中です。大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸が、あっちに寝返 [全文を読む]

あの役まで!大名優・松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」3選

しらべぇ / 2017年01月27日10時00分

松方さんはNHK大河ドラマの主役として勝を演じたが、じつはスタッフにとっては「黒歴史」となってしまった感がある。1974年の大河ドラマ『勝海舟』の主役は渡哲也さんだった。ところが渡さんが病気治療で降板し、その後釜として松方さんに役が回った。大河ドラマにおいて子役から成人の役者にバトンタッチすることはよくあるが、成人同士はあまりない。だが、ドラマの迷走はそれ [全文を読む]

伊原剛志の龍馬登場で「花燃ゆ」が大きく動き出す!

Smartザテレビジョン / 2015年05月03日10時30分

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」が5月3日(日)より第2部がスタート。伊原剛志演じる坂本龍馬がいよいよ登場。 ヒロイン・文(井上真央)は龍馬との出会いを経て、高杉(高良健吾)の妻・雅(黒島結菜)ら女性たちと共に自分の志に正直に生きるようになっていく。 さて、大河ドラマにおける龍馬といえば、'10年の「龍馬伝」の福山雅治が記憶に新しいところ。では「花燃ゆ」で54 [全文を読む]

司馬遼太郎氏が大絶賛の「時代考証家」稲垣史生はどんな人?

NEWSポストセブン / 2013年06月23日07時00分

その時代考証家という仕事を、最初に切り開いた先達について、みずから歴史番組の構成と司会を務める編集者・ライターの安田清人氏が、大河ドラマ効果は学術面でも発揮されることもあると解説する。 * * * 現在、時代考証と言えば、テレビや映画といった映像メディアの歴史劇を対象とする場合がほとんどであり、時代考証家とは、こうした映像作品に目を凝らし、ときに的確な助言 [全文を読む]

北川景子が大河ドラマ初出演 鈴木亮平主演「西郷どん」新キャスト発表

モデルプレス / 2017年04月12日11時36分

【北川景子・鈴木亮平/モデルプレス=4月12日】12日、東京・渋谷のNHKで、俳優の鈴木亮平が主演を務める2018年大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)の新キャストが発表。北川景子らが登壇した。同作は、「本の旅人」で連載中の林真理子氏 の「西郷どん!」が原作。男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。主人公の西郷隆盛を鈴木が [全文を読む]

「武田鉄矢だけで幕末以降の日本史が語れる」って本当?

しらべぇ / 2016年10月06日05時30分

一方、武田は大河ドラマ『龍馬伝』で勝海舟を務めていた。勝と福沢は、常に互いを罵っていたほど仲が悪いことで知られている。そんなふたりを同じ役者が演じるというのは、まさに皮肉である。■武田鉄矢ばかりの年表そしてさらに、かつて日本テレビで放映された特番ドラマ『幕末青春グラフィティ』で、武田は坂本龍馬になっている。緒方洪庵から見れば龍馬は「弟子の敵対者の弟子」だが [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 滅びの美学・イケメンの流血等幕末に乙女萌ゆ

NEWSポストセブン / 2015年01月11日07時00分

スタートしたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は幕末が舞台。吉田松陰を伊勢谷友介、松陰の門下生・久坂玄瑞を東出昌大など。注目の俳優がどんな志士たちを演じるのか楽しみ。幕末に生きた美しい男たちの血みどろのドラマには胸キュン要素がいっぱいです。 「若い男たちが己の志を貫くため、血を流しながら懸命に生き抜くさま――これぞ幕末ドラマのツボなんです」 こう語る時代劇研究家の [全文を読む]

石坂浩二から武田鉄矢へ「お前みたいな顔に生まれたかった」

NEWSポストセブン / 2014年12月14日07時00分

映画『幸せの黄色いハンカチ』で本格的に役者デビューした武田鉄矢は、その後、活躍の場を着々と広げ、NHK大河ドラマにもたびたび出演している。初めて出演した時、主演だった石坂浩二との思い出について、歴史上の人物を演じるときに大事にしていることについて武田が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

そこで石原プロは、74年の大河ドラマ『勝海舟』を病で途中降板し、長期療養していた渡哲也が復帰するタイミングで、自社が制作する新たな刑事ドラマを企画する。脚本は『勝海舟』で渡と組んだ倉本聰、持ち込み先は日テレである。それは、『太陽~』がアクション偏重の作品であるのに対し、暴力団の抗争事件に対峙する社会派刑事ドラマという触れ込みだった。その舞台は、刑事ドラマ [全文を読む]

瑛太、初共演の鈴木亮平を「電車のホームで見かけた」時のエピソードに報道陣笑い

モデルプレス / 2017年03月27日13時20分

【瑛太/モデルプレス=3月27日】俳優の瑛太が27日、2018年大河ドラマで鈴木亮平が主演する「西郷どん」(せごどん)のキャストとして選ばれ、会見に登場。同作は、「本の旅人」で連載中の林真理子氏 の「西郷どん!」が原作。男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とア [全文を読む]

フォーカス