通算成績 松井秀喜に関するニュース

松井秀喜 「逆襲のフルスイング」(8)

アサ芸プラス / 2012年06月15日10時59分

両者の通算成績は67打数21安打(6月5日時点で、3割1分3厘)。松井も「打ち込んだという印象はない」と、黒田を称賛していただけに、ジェニングス復帰後のサバイバルレースにも勝って、好勝負を再現してもらいたい。 「スタメン出場しなかった時は、どこかで出る準備をしている。深いカウントまでいけたし、内容的には悪くなかった」 復帰2戦目の対ホワイトソックス戦の試合 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑩ 遠山奬志(元阪神)松井秀喜を手玉に取った「左キラー」の生き様!(3)

アサ芸プラス / 2012年08月29日10時54分

98年から02年まで、松井に対しての通算成績は39打数10安打。うち9打席は三振と、みごと抑え込むことに成功したのだ。特に99、00年シーズンの活躍は目覚ましい。2年間で対戦した23打席の中で、許した安打はわずかに3本。松井もさぞ悔しかったに違いない。 松井君との試合は、正直言えば細かく覚えていません。僕はとにかく一軍に残って、あの縦縞のユニホームを1秒で [全文を読む]

【ヤクルト】伊藤智仁、文春野球コラムで現役復帰!

文春オンライン / 2017年03月31日11時00分

通算成績は37勝27敗25セーブ。決して、超一流と呼べるような成績ではない。それでも、通算防御率2.31が示すように、マウンドに立つことが可能であれば、彼は打者を抑えることができたのだ。実働7年の太く短い野球人生は、多くのファンに鮮烈な印象を残した。だからこそ、現役引退後も彼はしばしばテレビや雑誌に取り上げられたのだ。ベタな言い方をすれば、「記録より、記憶 [全文を読む]

背番号55が復活!「スポーツ王」にゴジラ松井が襲来

Smartザテレビジョン / 2015年06月10日06時00分

通算成績を9勝9敗の五分に戻し、「今回勝ったら来年の正月はドミニカと対戦です」と豪語する。さらにチーム帝京の心強い助っ人・山崎は'96年のシーズン、松井と本塁打王を争い、勝った経験がある。とはいえ、昨夏に出場した「リアル野球BAN対決」では8打数2安打1打点といまひとつ。山崎いわく「今回は打ち込んできました」ということだが、練習の成果を見せられるか。戦いの [全文を読む]

すでに40億円以上稼いだ高橋由伸 HR1本1388万円也

NEWSポストセブン / 2012年03月26日07時00分

各選手に巨人から支払われた年俸と契約金の総額を、巨人在籍期間の通算成績で割っただけである。今回問題になった二岡、高橋、阿部については、朝日新聞が報じた「上限超え契約金」の額を用いている。これでわかるのは、各選手の「コストパフォーマンス(CP)」だ。まずは二岡智宏(現日本ハム)と現在のレギュラー・坂本勇人の比較から。■二岡智宏(1999年ドラフト2位、実働1 [全文を読む]

フォーカス