甲子園 松坂大輔に関するニュース

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

NEWSポストセブン / 2015年10月31日16時00分

即戦力を求めるばかりに、今年も甲子園のスターを指名しなかった――。22日のプロ野球ドラフト会議で、巨人は立命館大学の桜井俊貴投手の単独指名に成功。公立高校出身で甲子園不出場ながら、大学でエースに上り詰め、今年は春5勝、秋はここまで6勝を上げ、春秋連覇の立役者となった大器である。巨人のドラフト戦略について、野球担当記者が語る。 「巨人の傾向としては、目先の勝 [全文を読む]

【プロ野球】中村紀洋、松井稼頭央、筒香嘉智、清宮幸太郎…。歴史の目撃者となった元野球少年たち~甲子園球場編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月20日17時05分

7年ぶりとなる外野芝の張り替えを行うなど、甲子園球場の受け入れ準備も着々と進んでいる。 今回はそんな甲子園球場をめぐる、ちょっと不思議な「縁」の話をしてみたい。一流選手たちの「甲子園の舞台に立ちたい」と思わせる動機についてだ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■バックスクリーン3連発を目撃した2人の2000本安打達成者 甲 [全文を読む]

【高校野球】78球で完全試合も?少ない球数でも輝いた伝説の投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日16時05分

5季連続の甲子園出場を逃した衝撃とともに、ドラフト候補のエース、山崎颯一郎の延長「15回208球」に及ぶ熱投が報われなかった悲しさ・悔しさが伝えられた。 過密日程やチーム事情など、どうしてもひとりの投手に負担がかかってしまうことがあるのは否めない。そこで奮起する姿に心奪われるのもまた事実だ。実際、加藤投手のニュースに対して「あっぱれ!」と賛辞を贈るメディア [全文を読む]

【プロ野球】松坂大輔がソフトバンク入り…豪華すぎる松坂世代の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日16時50分

<松坂大輔の高校通算成績> 登板試合:59 登板イニング:379回 防御率:1.12 完投:34 完封:13 奪三振:423 <甲子園での通算成績> 登板試合:11 登板インング:99回 防御率:0.78 完投:10 完封:6 奪三振:97 松坂が今なお圧倒的な存在感を示しているのは、これだけの実績を残した高校時代があるからなのは間違いない。そして、19 [全文を読む]

愛甲猛氏 甲子園で優勝直後に風俗店でサイン会を依頼された

NEWSポストセブン / 2015年08月06日16時00分

甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。 * * * 最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォームの上に学生服を羽織ってホームルームに出席、1時間目が始まる前に球場に向かった。日暮れまで練習して夕食後はマシンで打撃練習。終わるのは22時 [全文を読む]

一時代を築いたPL学園「最後の夏」が終焉――かつて日本中を席巻した名門のいない甲子園を思う

Business Journal / 2016年08月07日09時00分

100年を超える歴史の中で、幾多の名勝負・名場面を生み出してきた通称『夏の甲子園』が8月7日から開催される。 今年は甲子園への切符をかけた地区大から“波乱”に満ち溢れていた。大阪桐蔭や、早稲田実業・龍谷大平安・敦賀気比・浦和学院といった、甲子園の優勝経験校が次々と姿を消していった。 逆転あり、思いがけない結末ありの一発勝負、そんな『筋書きのないドラマ』と [全文を読む]

公開から2週間で早くも1,000万UB突破!高校野球公式サイト「バーチャル高校野球」高校野球100年の歴史から激選された名シーン動画集「甲子園が揺れた瞬間」2015年8月3日(月)公開!

PR TIMES / 2015年08月03日19時57分

「平成の怪物」松坂大輔、「5打席連続敬遠」松井秀喜らの、往年の名勝負が動画で復活 ~侍ジャパントップチーム各メンバーからの特別動画や地方大会ダイジェストも公開~ 朝日新聞社と朝日放送が共同で立ち上げた全国高等学校野球選手権大会のコンテンツを提供する公式サイト「バーチャル高校野球」(URL:http://www.asahi.com/koshien/)内で、過 [全文を読む]

松坂大輔、ダルビッシュ有に続く「大記録」誕生目前から一転......わずか5球で「天国」から「地獄」に転がり落ちた夏の甲子園・中越の悲惨すぎる敗戦

Business Journal / 2016年08月12日09時00分

今までやられた経験がなかったので……」 11日に行なわれた夏の甲子園・第5日目の1回戦、富山第一(富山)対中越(新潟)。9回裏を迎えた試合は「異様」な雰囲気に包まれていた。 9回1死ランナーなし。スコアは0-0の均衡を保ったままだったものの、マウンド上の中越エース今村は、それまで富山第一に5四球を与えながら、1本のヒットも許していなかった。 つまりは参考記 [全文を読む]

今や偽者まで出現! 甲子園バックネット裏に陣取る“ラガーさん”って誰?

週プレNEWS / 2014年08月15日06時00分

夏の風物詩として誰もが認める甲子園。そこで近年、春のセンバツとともに自らが風物詩化している“ラガーさん”をご存知だろうか。ラガーシャツを着て、全試合をバックネット裏から観戦、テレビ中継に必ず映っている人物として有名なのだ。いったい何者なのか……本人に直撃した! ■「印象に残っている試合? うーん、“決勝戦”ですね」 ――えー、まずは自己紹介をお願いできます [全文を読む]

投球数制限があるのに肘の故障は増えている 本場アメリカの子ども達の環境の過酷さ

東洋経済オンライン / 2017年04月15日17時00分

甲子園のかつてのスターであり、トミー・ジョン手術を受けた経験のある荒木大輔は本書の中で安樂について「虐待とはいわないが、あれは多すぎです」と答えながらも、「それも甲子園のファンが感動する理由のひとつなんです」と答えている。日本の野球には成功は練習と訓練の反復によって生まれるとの信条が根強いと著者は説く。実際、その信条に共感を覚えてきた人間が多いからこそ、ス [全文を読む]

【プロ野球】《2016ドラフト注目選手・投手編》運命の1一日、近づく。ドラフト目玉投手5人をピックアップ!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月06日16時05分

■今年の候補の中で一番「持ってる」選手 今井達也(作新学院高) 夏の甲子園でスターダムに駆け上がり、一躍ドラフトの筆頭候補まで上り詰めた今井達也。春まで無名だった投手が、まさに右肩上がりで評価を高めていった。この伸びシロには恐ろしさすら感じる。 件の甲子園では、浮き上がってくるような高い回転数を誇る快速球とカットボールを武器に各校の打者をなで斬りに。常時 [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

大谷翔平の両親 メジャーとの面談で育成方針の話を主に聞く

NEWSポストセブン / 2012年10月25日07時00分

甲子園には2度、出させてもらいましたが、2度とも初戦敗退で一度も勝利には届かなかった。私は今年の選抜で大阪桐蔭に負けた時、他の選手のお母さんと『なんであんなに一生懸命がんばっているのに、こういう結果になっちゃうのかな』と泣いていました。 その一方では、『結果が何ひとつ出ていないのに、どうしてこんなに騒がれるのでしょうか』と佐々木洋監督に不思議がっていた [全文を読む]

『砂の栄冠』他 高校野球漫画にさわやかじゃないブーム到来

NEWSポストセブン / 2012年08月14日07時00分

突然1000万円を託された球児が、甲子園へ行くために「黒い主将」になることを誓います。 300万円で伝説のノックマンを雇い、高額の整体にかかり、さらに計算された「カワイイ高校球児」を演じて観客を味方につけたりと、超えげつない! でも「汚れてもなんでも」甲子園に行くという熱い気持ちは本物なんです! ちょっとひねったさわやか球児ものでおすすめなのは『高校球児ザ [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(1)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘!

アサ芸プラス / 2012年07月13日10時57分

98年8月20日、真夏の甲子園で高校野球史に残る壮絶な死闘が演じられた。春の雪辱を誓って臨んだPL打線は何度も松坂を攻略したが、平成の怪物は再三立ち直って1人で250球を投げきったのだ。PLで2年生唯一のレギュラーだった切り込み隊長・田中一徳が、3時間37分のドラマを振り返る。 ド真ん中のはずが足に直撃 松坂さんと初めて対戦したのは98年のセンバツ大会準決 [全文を読む]

軟投派に変身のSB新垣 「球速表示一切見ないようにしてる」

NEWSポストセブン / 2012年06月15日07時00分

* * * 剛速球で甲子園を沸かせた男は、32歳を迎え、投球スタイルを大きく変えた。今季4年ぶりの復活を遂げ、その後もローテーションを守り続けているソフトバンクの新垣渚に、「150kmへのこだわり」を訊くと、ハッキリこう答えた。「ないっすね。まぐれで出てくれればいいかな(笑い)。スコアボードの球速表示も一切見ないようにしているんです」 4月1日、新垣は福 [全文を読む]

バッシングの声に今、松坂大輔が思うこと「野球って誰かを見返すためのものじゃない」

週プレNEWS / 2017年04月20日06時00分

横浜高校3年時に甲子園で春夏連覇を達成し、ドラフト1位で西武ライオンズに入団。2006年のオフに海を渡り、MLB通算56勝を挙げて14年オフに日本球界に復帰した (取材・文/石田雄太 撮影/西田泰輔 小池義弘) [全文を読む]

「あるぞ!松坂大輔VS斎藤佑樹」甲子園を沸かせた「伝説」がパ・リーグの優勝を懸けて激突!注目の対決実現の「日取り」

Business Journal / 2016年09月08日10時00分

果たして、共に甲子園を沸かせた「平成の怪物」と「ハンカチ王子」の直接対決は実現するのだろうか。パ・リーグ優勝が懸かった最終盤で、両投手の活躍を願わずにはいられない。 [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(11)「松坂二世」涌井秀章が味わった「屈辱のメッタ打ち」

アサ芸プラス / 2016年08月16日13時30分

甲子園には春夏で2度出場しているが、初めてその土を踏んだのは03年の春の選抜。このときの背番号は10。エース・成瀬善久(現・ヤクルト)から涌井へのリリーフ継投がこの年の横浜の必勝パターンだった。 この継投リレーがはまった横浜は決勝戦まで勝ち進む。その間、涌井は6回1/3イニングを投げ、失点&自責点ともに0と、パーフェクトリリーフを見せていた。 そして迎え [全文を読む]

フォーカス