イチロー 松坂大輔に関するニュース

3千本を越えたイチローの次のモチベーション「達成感とか満足感は、味わえば味わうほど前に進める」

週プレNEWS / 2016年09月09日11時00分

メジャー3000本安打に到達した世界一のヒットマン・イチローが、これまで本誌に語ってきた「イチロー語録」をあらためて繙(ひもと)く!(前回記事→「メジャー通算3000安打達成までの胸中をイチローが語る『人に会いたくない時間もありました』参照) ■イチローの“想い”をとらえた一枚の写真 結局、イチローが3000本を打ったのは、地元のマイアミではなかった。由緒 [全文を読む]

【プロ野球】MLB通算3000安打達成記念! イチロー(マーリンズ)の名場面をもう一度!

デイリーニュースオンライン / 2016年08月11日17時05分

8月7日(日本時間8日)、MLB通算3000安打に王手を掛けていたイチロー(マーリンズ)が、敵地・クアーズフィールドでのロッキーズ戦の7回に三塁打を放った。 この一打でMLB史上30人目の3000安打到達。MLB16年目でついに大記録を成し遂げた。イチローは6月に日米通算4257安打を放ち、ピート・ローズの持つMLB通算安打記録を上回るなど今年は記録ラッシ [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第1回イチローと仰木彬の「唯一無二」(4)酒席で学んだ「プロの真髄」

アサ芸プラス / 2012年09月06日10時59分

仰木とイチローの関係は、確かに仕事を仲立ちとした上下関係にすぎない。だが、単なる職場での「上司と部下」なら、仕事だけでここまでの“師弟関係”は生まれないだろう。 そうした意味で興味深いのは、仰木は公私の別をあまりつけようとしなかった点だろう。監督と選手は一線を画すべきという指導者も多いが、仰木はそれをあまり気にしなかった。「試合での集中力を維持するためには [全文を読む]

侍ジャパン・小久保裕紀監督に本質的な問題が存在

NEWSポストセブン / 2017年01月18日16時00分

世界一になったときのメンバーでもある、現役最年長イチロー(43、マーリンズ)は、4年前は所属していたヤンキースが出場に難色を示したため実現しなかったが、マーリンズは「球団として全力でバックアップする」と積極的だ。しかし、仮にイチローが「電撃参戦」を表明した場合、すでに外野陣が充実しているだけに、小久保ジャパンとしてはその扱いに困るとの指摘もある。 ところが [全文を読む]

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

しらべぇ / 2017年02月22日21時00分

長嶋茂雄・王貞治・落合博満・野村克也・福本豊・清原和博・野茂英雄・松坂大輔イチロー・松井秀喜・小笠原道大・新庄剛志・ダルビッシュ有・中田翔・大谷翔平結果、1位に輝いたのはやはり長嶋茂雄(164票)。2位には日本が世界に誇るヒットメーカー・イチロー(119票)がランクインし、3位は世界のホームラン王・王貞治(80票)だった。この3人は他を圧倒しており、日本プ [全文を読む]

意外とイケる? WBC“選手会抜きジャパン”の可能性

週プレNEWS / 2012年08月06日19時00分

今期は不調でトレードされていますが……」(野球ライターS) ●野手(スタメン) 1.【ライト】イチロー(ヤンキース) 2.【レフト】青木宣親(ブリュワーズ) 3.【センター】シェーン・ビクトリーノ(ドジャース) 4.【指名打者】松井秀喜(フリー) 5.【キャッチャー】カート・スズキ(アスレチックス) 6.【ファースト】G.G.佐藤(イタリア・ボローニャ) [全文を読む]

ついにWBC決勝ラウンド! 新聞、テレビが報じていない「侍ジャパン」激闘物語

日刊大衆 / 2017年03月21日08時05分

日本は、「世界のホームラン王」である王貞治氏を監督に据え、イチロー、松井秀喜などのメジャーリーガーを中心に、日本のトッププレーヤーを集めた文字通りのドリームチームを作ろうと試みた。「しかし、松井秀喜は出場を辞退し、国内組も辞退者が相次ぎました。王監督の思い描いたベストメンバーが招集できず、嘆いていました」(スポーツ紙デスク) 結局、メンバー31人のうち8 [全文を読む]

侍ジャパンの戦いに不安 WBCにメジャー組は出場できるか?

しらべぇ / 2016年11月13日19時00分

運命の韓国戦では9回裏に追いつかれたが、延長でイチローが決勝タイムリーを放ち見事に連覇を達成した。日本の野球が世界一であることを証明したのだ。連覇の原動力はイチローを筆頭に大塚晶文、松坂大輔などMLB組の活躍といわれる。当然第3回WBCも出演するものと思われたが、松坂が第2回の大会後、疲労の蓄積によって故障者リスト入りし、成績が落ち込む。このことで元々乗り [全文を読む]

WBCジャパン暗雲、正捕手と4番が白紙になる

アサ芸プラス / 2012年11月15日10時59分

投手の核がダルなら、野手は前回大会に続いて、ヤンキースのイチロー(39)に任せたいところだ。 「孤高のイチローは浮いてしまう側面もありますが、実績を考えれば、どんなメンバーが集まっても重しになる。ところが、マリナーズ時代とは違い、球団内での発言権が絶対ではなくなったイチローは、ヤンキース残留、他球団移籍にかかわらず、メジャーにいるかぎりは出場が不確定です」 [全文を読む]

【侍ジャパン】WBCでのキューバ戦の成績は?

ベースボールキング / 2017年03月07日09時00分

それでも、9回にイチロー、福留孝介のタイムリーなどで4点を挙げリードを広げた。最終回は8回途中からマウンドにあがっていた大塚晶則が1点を失うも逃げ切り、初代王者に輝いた。【2006年3月20日 WBC 決勝】▼ 日本 10 - 6 キューバ(ペトコパーク)<試合時間:3時間40分 観衆:42,696人>日|400 020 004|10キ|100 002 [全文を読む]

フォーカス