主演ドラマ 織田裕二に関するニュース

中谷美紀が変態ぶりを発揮!? 織田裕二主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』が10月スタート

Entame Plex / 2016年08月26日10時46分

織田裕二の9年ぶりのTBS連続ドラマ主演作となる1話完結型本格ミステリー『IQ246~華麗なる事件簿~』が10月より放送されることが決定した。 『IQ246~華麗なる事件簿~』はやんごとなき貴族の流れを汲む名家の当主にしてIQ246という高い知能をもつ法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が難事件を解決するミステリードラマ。 法門寺を演じるのはTBSの連続ドラ [全文を読む]

テレビ誌独占!星野源が表紙の「デジタルTVガイド」9月号が7月24日発売!

PR TIMES / 2017年07月21日12時00分

待望の主演ドラマ「プラージュ」をはじめ、音楽、ラジオ、エッセーと多彩なフィールドでの活躍に迫るロングインタビュー「TVガイド」や「B.L.T.」等の雑誌を発行する株式会社東京ニュース通信社は、星野源がテレビ誌独占で表紙を飾る「デジタルTVガイド」9月号を7月24日(月)に発売します。全国の書店、ネット書店のほか、弊社TOKYONEWS magazine&m [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

影響といえば、05年4月クールの草彅剛主演ドラマのタイトルが、『ヒルズに恋して』から『恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』に改題されたくらいである。本当の刺客は、思わぬところからやってきた。2011年7月24日、アナログ放送終了。地上波は完全地デジ化された。それと同時にテレビ朝日は5チャンネルへ、テレビ東京は7チャンネルへと移り、フジテレビは番組表で右端へと追 [全文を読む]


放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

レギュラードラマ時も大人気だったと思われがちですが、実は平均視聴率は18.2%と、織田裕二さん主演ドラマ、当時としてはむしろ低め。一方で再放送の視聴率は20%を超えた事もあり、実は本編よりも再放送の方が人気でした。 レギュラードラマは1クール11話のみ。放送当時からじわじわと話題になっていましたが、折しもネットが普及してきた頃、ファンサイトなどが立ち上が [全文を読む]

織田裕二主演ドラマも酷評だったが…放送作家がドラマ脚本を手がける理由とは

メンズサイゾー / 2014年07月07日09時00分

ほかにも、バナナマンの座付き作家オークラ氏や、『がっちりマンデー!!』(TBS系)などのヒット番組を手がける都築浩氏など、多くの放送作家が脚本の世界に足を踏み入れていますが、なかなか『脚本家』ときちんと呼べる人材が育っていない」(同前) [全文を読む]

高視聴率連発の夏ドラマ! キスマイ玉森主演『ぴんとこな』は“真打ち”となるか!?

PR TIMES / 2013年07月18日16時17分

それを引っ張るのは、TBS日曜9時の『半沢直樹』と、テレビ朝日木曜9時の沢村一樹主演ドラマ『DOCTORS2 最強の名医』だ。堺雅人主演ドラマの『半沢直樹』は初回視聴率でいきなり19.4%をマークしたのもすごいが、海の日連休の狭間という悪条件の中で放送された2話では20%超えの21.8%を記録。また、沢村一樹主演ドラマの『DOCTORS2』は初回から19. [全文を読む]

フジ新体制「亀山社長誕生で織田裕二主演ドラマ連発か」の声

NEWSポストセブン / 2013年05月22日16時00分

結局のところはイエスマンばかりなんです」(ベテラン社員) ※週刊ポスト2013年5月31日号 [全文を読む]

菅田将暉、歌手デビューでささやかれた「これは織田裕二パターン」?

アサジョ / 2017年06月13日10時15分

菅田も織田同様、自身の主演ドラマの主題歌を歌い、その曲が大ヒットするという展開も十分考えられますよ」(音楽プロデューサー) 大阪人だけあってトークスキルも高い菅田。この点だけは織田と大きく違うと言えるだろう。 [全文を読む]

この脚本、醜悪至極なり!織田裕二を無駄遣いした「IQ246」にファンが激怒

アサ芸プラス / 2016年12月21日09時59分

織田裕二主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)の最終回平均視聴率が7.8%と発表された。織田にとって、地上波では3年ぶりの主演連続ドラマとして注目され、初回は13.1%と好スタートを切ったが、回を重ねるごとに低迷した。 キャストとしては、中谷美紀、ディーン・フジオカ、土屋太鳳、寺島進ら人気・実力ともに申し分ない俳優を配したが、結果は“大惨敗 [全文を読む]

高樹沙耶逮捕で「寺脇康文がとばっちり!」テレ朝『相棒』差し替え、織田裕二『お金がない!』も幻に!?

日刊サイゾー / 2016年10月26日17時00分

また、なぜか東海テレビが毎年のように再放送している織田裕二主演ドラマ『お金がない!』(フジテレビ系)にも高樹容疑者が4番手で出演しており、しばらく再放送は見送られそう」(同) テレビ局におもわぬ影響を与えている高樹容疑者の逮捕。亀山時代の『相棒』を再放送で見られる日は、また訪れるのだろうか? [全文を読む]

織田裕二は「変人」!?視聴者がついていけなかった熱すぎるこだわりとは?

アサ芸プラス / 2016年10月23日17時59分

「バラエティが苦手」と話す織田裕二も、主演ドラマ「IQ246」(TBS系)の番宣のため「櫻井・有吉THE夜会」(10月13日)にゲスト出演した。そこで明かされたのは、着るものから食べものまでありとあらゆるものにこだわりまくる“変人キャラ”だった。 織田は家でも現場でもTシャツにGパン一辺倒のカジュアルファッションで通す。冬はそれにダウンを着込む。お気に入り [全文を読む]

織田裕二「黒すぎてライトが熱い」撮影の不満を吐露!?

日刊大衆 / 2016年10月18日20時00分

主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)の宣伝のためにバラエティ番組への出演が増えている織田裕二さんですが、その私生活は謎めいています。2010年に結婚し、2014年には長男が産まれているのですが、この日の放送でも家族について語ることはありませんでした。役者としてのイメージを守るためかもしれませんが、ファンは気になってしまいますよね」(テ [全文を読む]

ヒット作なく迷走?織田裕二の『IQ246』に”パクリ疑惑”が浮上

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日19時06分

これも今までの織田の主演ドラマから考えると異例だったという。 「織田は非常にプライドが高く、過去のヒット作にすがっているようなイメージを嫌う。『踊る〜』の続編や映画版への出演を渋り、なかなか制作が進まなかったほどです。今回はプライベートでも親友の石黒ということもあって起用になりましたが、一昔前なら絶対に承諾しなかったでしょう。過去作のパロディセリフを入れる [全文を読む]

フジオカとは艶が違う!織田裕二の「シミ汚肌」ドアップに視聴者がゲンナリ

アサ芸プラス / 2016年10月18日14時55分

10月16日に放送された織田裕二の3年ぶりの主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)の初回視聴率が13.1%であることがわかった。IQ246の天才・法門寺家89代目当主法門寺沙羅駆(織田)が鋭い観察眼と膨大な知識で事件を解決するミステリーで、沙羅駆を警護する刑事に土屋太鳳、執事にディーン・フジオカ、法医学専門監察医に中谷美紀を配し、第1回目の [全文を読む]

織田裕二にトドメを刺される!?玉木宏主演ドラマが爆死濃厚でフジはドラマ枠撤退?

アサジョ / 2016年09月14日09時59分

もし玉木主演ドラマも、これらのような悲惨な結果となれば、フジは早くも日曜ドラマ枠から撤退する可能性もありそうだ。(森嶋時生) [全文を読む]

僧侶役でも坊主頭はNG! ドラマ初出演の日テレでもプライドを捨てきれなかった織田裕二

日刊サイゾー / 2014年07月03日13時00分

というのも、長年フジテレビが“お得意様”だったが、同局の織田主演ドラマは低視聴率続きで、おまけに織田が現場で監督よりも偉そうに振る舞うためスタッフの評判も悪く、関係が悪化してオファーが来なくなってしまった。『奇跡の教室』を手がけたのは、かつて『マネーの虎』、最近では『踊る!さんま御殿!!』などを手がける栗原甚プロデューサー。ドラマ畑の人間ではなかったが、心 [全文を読む]

事故で軽傷の織田裕二に、ネット掲示板は大盛り上がり「カマ掘られた?」「オカマ掘られたか?」

日刊サイゾー / 2014年03月14日18時00分

しかし、昨年は主演ドラマが振るわず、今年に入ってからは今回の事故と、彼も弱り目にたたり目ですね」(スポーツ紙記者) 大ヒットした『踊る大捜査線』シリーズが終了し、昨年は新たなヒットシリーズをもくろんで臨んだドラマ『Oh, My Dad!!』(フジテレビ系)が平均視聴率9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、あえなく惨敗。また、前クールに決定していた深夜 [全文を読む]

『Oh,My Dad!!』視聴率1ケタ連発で惨敗中の織田裕二がスタッフに嫌われすぎ「演出に口を出すのが……」

日刊サイゾー / 2013年08月08日12時00分

当の織田はそんな状況に焦っているのか、先日、同局の有力関係者に、2年前の主演ドラマ『外交官 黒田康作』の続編をやりたいと申し出ていたとも伝えられる。 「織田さん直々の相談だけに、受けた方もムゲに返せなかったそうですが、実際は非常に無理のある話。『黒田康作』は数字的にも2ケタキープがやっとだったもので、それに続編をやりたくても、原作は映画でも使ってしまって [全文を読む]

GReeeeNの新曲「愛し君へ」が織田裕二主演ドラマ「Oh, My Dad!! 」の主題歌に決定

okmusic UP's / 2013年06月20日18時30分

」 アルバム『いいね!(´・ω・`)☆』発売中 【初回限定盤A】UPCH-29146/¥4,180(税込) 【初回限定盤B】UPCH-29147/¥3,500(税込) 【通常盤】UPCH-20318/¥2,800(税込) [全文を読む]

フォーカス