主演ドラマ 織田裕二に関するニュース

中谷美紀が変態ぶりを発揮!? 織田裕二主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』が10月スタート

Entame Plex / 2016年08月26日10時46分

織田裕二の9年ぶりのTBS連続ドラマ主演作となる1話完結型本格ミステリー『IQ246~華麗なる事件簿~』が10月より放送されることが決定した。 『IQ246~華麗なる事件簿~』はやんごとなき貴族の流れを汲む名家の当主にしてIQ246という高い知能をもつ法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が難事件を解決するミステリードラマ。 法門寺を演じるのはTBSの連続ドラ [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

影響といえば、05年4月クールの草彅剛主演ドラマのタイトルが、『ヒルズに恋して』から『恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』に改題されたくらいである。本当の刺客は、思わぬところからやってきた。2011年7月24日、アナログ放送終了。地上波は完全地デジ化された。それと同時にテレビ朝日は5チャンネルへ、テレビ東京は7チャンネルへと移り、フジテレビは番組表で右端へと追 [全文を読む]

2016年秋ドラマの注目作は?あらすじ一挙紹介

モデルプレス / 2016年10月11日08時00分

菅野美穂にとって、4年ぶりの主演ドラマとなる。 <第1話あらすじ> 平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦・高野亜紀(菅野美穂)。家族で憧れのタワーマンションに引っ越し、豪華ホテルのようなマンションでの新たな生活にウキウキする一家だったが、それも束の間。プライドや虚栄心にまみれたタワマン主婦たちが作った“タワマンルール”に、振り回されることになる。 ◆土曜 [全文を読む]


放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

レギュラードラマ時も大人気だったと思われがちですが、実は平均視聴率は18.2%と、織田裕二さん主演ドラマ、当時としてはむしろ低め。一方で再放送の視聴率は20%を超えた事もあり、実は本編よりも再放送の方が人気でした。 レギュラードラマは1クール11話のみ。放送当時からじわじわと話題になっていましたが、折しもネットが普及してきた頃、ファンサイトなどが立ち上が [全文を読む]

織田裕二主演ドラマも酷評だったが…放送作家がドラマ脚本を手がける理由とは

メンズサイゾー / 2014年07月07日09時00分

ほかにも、バナナマンの座付き作家オークラ氏や、『がっちりマンデー!!』(TBS系)などのヒット番組を手がける都築浩氏など、多くの放送作家が脚本の世界に足を踏み入れていますが、なかなか『脚本家』ときちんと呼べる人材が育っていない」(同前) [全文を読む]

高視聴率連発の夏ドラマ! キスマイ玉森主演『ぴんとこな』は“真打ち”となるか!?

PR TIMES / 2013年07月18日16時17分

それを引っ張るのは、TBS日曜9時の『半沢直樹』と、テレビ朝日木曜9時の沢村一樹主演ドラマ『DOCTORS2 最強の名医』だ。堺雅人主演ドラマの『半沢直樹』は初回視聴率でいきなり19.4%をマークしたのもすごいが、海の日連休の狭間という悪条件の中で放送された2話では20%超えの21.8%を記録。また、沢村一樹主演ドラマの『DOCTORS2』は初回から19. [全文を読む]

織田裕二主演ドラマの主題歌を発表

モデルプレス / 2013年06月20日07時00分

」ほか) [全文を読む]

フジ新体制「亀山社長誕生で織田裕二主演ドラマ連発か」の声

NEWSポストセブン / 2013年05月22日16時00分

結局のところはイエスマンばかりなんです」(ベテラン社員) ※週刊ポスト2013年5月31日号 [全文を読む]

この脚本、醜悪至極なり!織田裕二を無駄遣いした「IQ246」にファンが激怒

アサ芸プラス / 2016年12月21日09時59分

織田裕二主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)の最終回平均視聴率が7.8%と発表された。織田にとって、地上波では3年ぶりの主演連続ドラマとして注目され、初回は13.1%と好スタートを切ったが、回を重ねるごとに低迷した。 キャストとしては、中谷美紀、ディーン・フジオカ、土屋太鳳、寺島進ら人気・実力ともに申し分ない俳優を配したが、結果は“大惨敗 [全文を読む]

フォーカス