ロッテ 西岡剛に関するニュース

【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

文春オンライン / 2017年05月31日11時00分

パ・リーグ最下位のロッテだが、阪神にとっては怖いイメージ 今年もセ・パ交流戦のシーズンがやってきた。我が阪神にとって初陣となる三連戦の相手は千葉ロッテだ。今季ここまでのロッテはパ・リーグ最下位に沈んでいるものの、交流戦に関しては過去12年間で二度の優勝を誇り、通算159勝127敗14分けと、12球団でソフトバンクに次ぐ2位である(阪神は143勝147敗10 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

【2010 ロッテvs中日】 CSを勝ち上がったロッテがシーズン3位から日本一に ついに起きた史上最大の下克上! 言い出しっぺは、里崎智也だった。「史上最大の下克上を見せる」――。2010年のシーズンは、背中の故障で戦線を離脱していたが、クライマックスシリーズで復帰すると、勝負どころで得点につなげるヒットを連発して、ぶち上げたアドバルーンである。 この年 [全文を読む]

侍ジャパン戦士が多かった球団はシーズンどうだった?

ベースボールキング / 2017年01月29日07時45分

◆ 06年の代表最多選出はロッテ 3月に開催される「第4回ワールドベースボールクラシック」(WBC)侍ジャパンの28名が発表された。球団別では昨季日本一に輝いた日本ハムが宮西尚生、大谷翔平、増井浩俊、大野奨太、中田翔の5人が最多だ。キャンプ後半からオープン戦までチームを離れるとなると、代表選手を多く輩出した球団は戦術、調整面など不安要素がでてくる。 では過 [全文を読む]

打てる遊撃手が減少 打撃に期待がもてる選手は?

ベースボールキング / 2017年01月15日11時00分

これまでは02年にトリプルスリーを達成した松井稼頭央(当時西武)、松井稼がメジャー挑戦後西武の遊撃手を務めた中島裕之(当時西武)、10年にシーズン200安打を達成した西岡剛(当時ロッテ)、セ・リーグでも攻走守の3拍子揃った石井琢朗、守備だけでなく打撃でも魅せた井端弘和など、球界に打てる遊撃手が数多くいた。 しかし昨季は、坂本勇人(巨人)がセ・リーグの遊撃 [全文を読む]

【プロ野球】大器が覚醒か?開幕から躍動している3人の有望打者

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日16時04分

■細谷圭(ロッテ) 太田市商高時代は長距離砲として活躍。2005年の高校生ドラフトで、ロッテから指名を受けた。 プロ3年目には1軍出場を果たし、プロ初スタメンで初安打となる同点打を放ち、将来を嘱望された。中心選手だった西岡剛がチームを去った2011年には、その後釜として期待されるも、自身のケガもあってレギュラー定着には至らなかった。それからは代打、代走、 [全文を読む]

巨・坂本だけじゃない!「夜のベストナイン」を一挙暴露!(2)パ・リーグも遊び人が続々…

アサ芸プラス / 2015年03月09日09時56分

シーズン中はチームの若手野手を引き連れて札幌や六本木で焼き肉、そのあとに何軒もクラブをハシゴします」(スポーツ紙デスク) ロッテには“ベストナイン”必至のツワモノが3人もそろう。涌井秀章(28)とサブロー(38)は、涌井が西武時代からの「遊び仲間」。パ・リーグ関係者が話す。 「サブローに『今度、西武戦で行くから女を用意しとけよ』と頼まれ、涌井が合コンを催し [全文を読む]

阪神再建「補強の目玉は西岡」に、虎ファンが「いらん!」の大合唱!

週プレNEWS / 2012年10月12日10時00分

古巣・千葉ロッテとの争奪戦が予想されたが、事実上の一本釣り。この電光石火の西岡獲得劇について、トラ番記者がこう漏らす。 「事前に話がついていたんでしょう。西岡が年俸と違約金を合わせて2億5000万円以上を捨ててまでツインズに契約解除を申し込むのも普通じゃないし、契約解除直後に阪神が即、獲得に動いたのも非常に不自然。城島獲りのときとまったく同じパターンです」 [全文を読む]

「オチメメジャーリーガー」争奪戦が超必死すぎる(1)古巣に泣きついて帰国志願

アサ芸プラス / 2012年10月09日10時59分

実は西岡、昨オフから『もう日本に帰りたい』と、彼をかわいがっていた古巣ロッテの元幹部に泣きついていたんです。ところが、ロッテの現場には不要と判断された」(球界関係者) 自身の不倫問題もあり、シーズン前には夫人と協議離婚中であることも報じられ、公私ともに「お先真っ暗」な状況のようだ。そんな苦境の中、日本球界復帰を希望する西岡だが、2年間、ろくに働いていなかっ [全文を読む]

【プロ野球】新人の糸原健斗か守備の大和か。巻き返しの北條史也か。それとも西岡剛…。混沌とする阪神・遊撃争い

デイリーニュースオンライン / 2017年06月11日16時05分

ロッテ時代は遊撃で鳴らしただけに、経験値は問題ない。ケガが回復したらなら、後半戦の優勝争いの最中に西岡の力を借りる場面も増えると予想される。 混沌とする遊撃争い。遊撃は捕手とともに、守りの要だ。捕手と同様、一日も早く軸となる選手を固定したい。 (成績は6月7日現在) まろ麻呂企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子供のころから愛してやまない野球を、鋭 [全文を読む]

フォーカス