徳川家康 石田三成に関するニュース

有村架純「女を忘れしっかりと役目を果たしたい」司馬遼太郎『関ケ原』が岡田准一、役所広司ら豪華キャストで実写映画化決定に反響続々

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月20日15時00分

秀吉の死後、豊臣家の安泰を守るべく立ち上がった石田三成と、傾き始めた豊臣政権を滅ぼし天下を取ろうと目論む徳川家康の戦いが描かれている。西暦1600年、石田三成側の西軍と家康率いる東軍がぶつかり合い、日本国内史上最大の闘い“天下分け目の関ケ原”が繰り広げられた。優勢と見られていた石田三成はどのように戦い、そして負けたのか、隠されていた真実が明らかとなる――。 [全文を読む]

【好評につき第二弾!】石田三成「辞世の句」ふんどし、関ヶ原に向けての出陣日7月17日(日)より37枚限定発売!

PR TIMES / 2016年07月12日13時22分

[画像1: http://prtimes.jp/i/18835/3/resize/d18835-3-873498-4.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/18835/3/resize/d18835-3-252642-5.jpg ]豊臣政権を守るため、徳川家康と関ヶ原で対峙した忠義の将 石田三成豊臣秀吉の死後、遺言に反し勢力を急拡大 [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

しかし、社長に忠実でエリートコースを歩む人物にありがちな、現場の空気が読めない官僚タイプだったので、極寒の朝鮮出兵で苦労した福島正則ら部長クラスの豊臣家臣七人衆から、女より怖いとされる男の嫉妬から、「秀吉社長へのゴマスリだけで出世しやがって!」と、営業畑の筆頭副社長・徳川家康の派閥への寝返りを許してしまう。佐和山城の蟄居を経て、秀吉の死後、幼き若社長・秀頼 [全文を読む]

真田丸でもああだったけど…なぜ石田三成は家康に勝てなかった?

まぐまぐニュース! / 2017年02月24日11時16分

徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が争った合戦ですが、三成はなぜ家康に勝利できなかったのでしょうか。その理由は、実は現代にも通ずる大切な「リーダーの資質」にありました。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』で詳しく紹介されています。 可愛げがあるかないか 『関ヶ原』という司馬遼太郎の小説はご存知でしょうか。1600年、「天下分け目」の史上最大の戦闘が [全文を読む]

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

■石田三成という武将の魅力を再発見させてくれる『真田丸』皆さんは大河ドラマ『真田丸』を見ていますか? 主人公の真田信繁も、お父さんの昌幸も、豊臣秀吉も徳川家康も、みんな生き生きとしていて個性が豊かですね。『真田丸』を見て、日本史に興味を持った人も増えているのではないでしょうか。そんな中で、ひときわ注目を集めているのが石田三成です。言うまでもなく、戦国時代の [全文を読む]

岡田准一主演の話題作「関ヶ原」ド迫力合戦シーンが解禁!

Smartザテレビジョン / 2017年05月04日07時00分

8月26日(土)に全国ロードショーとなる、V6・岡田准一主演映画「関ヶ原」より、待望の本予告が解禁! 岡田演じる石田三成が率いる西軍と役所広司演じる徳川家康が率いる東軍の大迫力な合戦シーンや、有村架純演じる初芽のアクションシーンが初めてお披露目された。 本作では、誰もが知る「関ヶ原の戦い」の誰も知らない「真実」が描かれる。「義を貫く者に心惹かれます」の言葉 [全文を読む]

抜いただけでわかる刀のクオリティ──斬劇『戦国BASARA』のこだわりをキャストがアツく語る

ニコニコニュース / 2017年01月23日11時00分

すべての写真付きでニュースを読む 番組には、徳川家康役の中尾拳也さん、石田三成役の沖野晃司さん、伊達政宗役の眞嶋秀斗さん、真田幸村役の松村龍之介さん、後藤又兵衛役の汐崎アイルさん、黒田官兵衛役の伊藤裕一さんら6名のキャストが生出演。 それぞれが演じたキャラクターについて、その魅力や特徴を語ってくれた。ここでは、その内容をピックアップして紹介していこう。中尾 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】関ケ原古戦場で戦国武将達が残した「夢のかけら」を味わう

GOTRIP! / 2016年11月22日02時00分

上杉、真田も協力して徳川家康の手足を少しずつもぎ取っていく。 そうして家康の野望を潰そうという狙いで多くの武将達が様々な活動をしていました。 ・三成の「夢のかけら」 石田三成が陣を置いた笹尾山からは、戦場全体の様子が見て取れます。 石田三成から見て、徳川本陣はまさに「目と鼻の先」。 そして東方に位置する南宮山には、西軍に属した毛利と吉川の大軍がいます。 も [全文を読む]

会員数1,500万人を誇るイケメンシリーズの人気恋愛ゲーム『イケメン戦国◆時をかける恋』、キャラクターソング&ドラマCD第2弾を本日発売!

PR TIMES / 2016年08月24日16時31分

(※1)■「イケメン戦国◆時をかける恋 キャラクターソング&ドラマCD 第ニ弾」商品概要徳川家康(CV.増田俊樹)が歌うキャラクターソング「天邪鬼の恋唄」と、徳川家康・石田三成(CV.山谷祥生)・伊達政宗(CV.加藤和樹)出演の特別ドラマ「夏の陣 in 無人島~戦国サバイバーズ~家康V.S.政宗V.S.三成」をお楽しみ頂けます。発売日:2016年8月24日 [全文を読む]

関ヶ原の合戦ではどちらに加勢?大阪の半数以上が「西軍」

しらべぇ / 2016年08月10日05時30分

この合戦についての詳細はもはや説明不要だが、徳川家康率いる東軍と石田三成が前線指揮官を務める西軍が大激突した。そして全国の諸大名は、いずれかに味方することを強いられたのだ。ここで、現代人に問うてみよう。もしあなたが戦国大名だったら、西軍と東軍のどちらに加勢するのか?■全国平均では東軍優勢だが...此度の調査は全国1376名を対象に行った。質問内容は単刀直入 [全文を読む]

岡田准一、役所広司らが“一世一代の戦”へ向けてまなざしギラリ

ザテレビジョン / 2017年06月06日10時00分

8月26日(土)に全国ロードショーとなる岡田准一主演映画「関ヶ原」より、鉄砲隊や騎馬隊が入り乱れる戦火の中、「『愛』と『野望』、激突!」のコピーとともに、これから始まる一世一代の戦を前に、甲冑を身にまとい真剣なまなざしを浮かべる岡田演じる石田三成と、役所広司演じる徳川家康を中心とする世紀の合戦「関ヶ原」へと挑んだ者たちが一堂に会した、本ビジュアルが公式サイ [全文を読む]

「関ヶ原」岡田准一&有村架純らの扮装姿初解禁! 迫力の合戦シーンも

Smartザテレビジョン / 2017年03月13日08時00分

大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年、NHK総合ほか)、映画「蜩ノ記」(2014年)以来の本格時代劇出演となる岡田准一、これまで数々の歴史上の人物を演じてきたが徳川家康役は初挑戦となる役所広司、本格時代劇初、さらには殺陣などのアクションにも初挑戦の有村架純と、まさに現代の日本映画界をにぎわす豪華キャストが大集結。 日本映画史上初めて描かれる「関ヶ原の戦い [全文を読む]

関ヶ原古戦場・笹尾山で「石田三成のすごさ」を再発見

しらべぇ / 2016年11月15日10時00分

■家康を窮地に追い込むそんな三成が、徳川家康を討つために兵を挙げた。関ヶ原の決戦の際、三成が陣取ったのは笹尾山である。実際に関ヶ原へ行って分かるのは、「三成は家康を見下ろしていた」という事実。しらべぇ取材班は、笹尾山に足を運んだ。ここからはまさに戦場全体を見渡すことができる。家康本陣がどう動いているのかということも、笹尾山にいれば一目瞭然だ。もし小早川秀秋 [全文を読む]

大河ドラマ「真田丸」の石田光成が関ヶ原に降臨!

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日15時05分

イベントの見どころの一つである武者行列は、石田三成が騎乗する西軍、徳川家康が騎乗する東軍に分かれた甲冑武者たちが、関ヶ原の合戦で石田三成が陣を作った「笹尾山」から、徳川家康が陣を置いた「陣場野」まで行軍するというもので、大河ドラマ「真田丸」(毎週日曜夜8:00ほかNHK総合ほか)で石田光成を演じる山本耕史が、同じく石田光成として甲冑をつけて参列。ほか、視 [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

だが、東軍と西軍それぞれの総大将を正確に言える人はどれだけいるだろうか?東軍の総大将は徳川家康で、西軍は石田三成。そう思っている人は少なくない。だが、それは間違いだ。石田三成はあくまでも前線指揮官に過ぎず、西軍の総大将は当時大坂城にいた毛利輝元である。戦国時代を考察する上で、この人物は欠かせない。織田信長や豊臣秀吉のような派手さはないが、「中国地方の太守」 [全文を読む]

『戦国BASARA Judge End』の大胆な改革は吉と出るか? 凶と出るか?【第一話レビュー】

おたぽる / 2014年07月18日03時00分

豊臣軍は石田三成や徳川家康を配下に加え、北条家の擁する小田原城を包囲。一方、奥州筆頭・伊達政宗は、北条家侵攻を聞きつけ、ただ一軍で小田原へと向かう。伊達の動きを知った真田幸村もまた、甲斐の武田信玄の元、新たなる戦いの予感に思いを馳せる。今再び時代が動き出した! 待たせたな、パーリィの始まりだぁー!! といったノリでスタートした本作『戦国BASARA Jud [全文を読む]

西欧人にとっては不可解でしかない!「関ヶ原の合戦」で家康が勝利した真の理由

サライ.jp / 2017年04月16日19時00分

取材・文・写真/澤田真一誰もが知る「関ヶ原の合戦」は、徳川家康にとっても石田三成にとっても、「豊臣家を存続させるため」のものだった。だが三成はともかく、家康の心の底には「徳川による天下布武」があった。彼は東国大名の力を結集して豊臣家を凌駕しようとしたが、上杉景勝と真田昌幸が西軍についてしまった。三成はそれを最大限利用し、徳川の脅威を叩き潰そうとしたのだ。毛 [全文を読む]

【京都】複雑な女心。家康に味方した秀吉の妻「ねね」縁の地へ

まぐまぐニュース! / 2016年12月28日04時30分

勝ったのは徳川家康がいた東軍です。ねねは徳川家康の味方をしていたのです。ねねは豊臣側の武将たちに人望が厚く母親のような存在だったにも関わらず徳川家康に味方したのです。そのため石田三成率いる西軍は関ヶ原の戦いで負けてしまいます。 そればかりではありません。大坂城が炎上し秀吉の息子・秀頼と淀君が亡くなり豊臣家が滅亡した大坂夏の陣の時もねねは家康の味方をしていま [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍だ。 モノトーンでシンプルながら、見る人が見ればわかるでしょ?と言わんばかりの力強さのあるデザイン。描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵 [全文を読む]

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化いたしました。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-321275-1.jpg ]白と黒のシンプルな配色にもかかわらず、ジャパニーズモダンな表現 [全文を読む]

フォーカス