ヒット曲 前川清に関するニュース

【エンタがビタミン♪】中居正広に前川清、梅沢富美男も熱唱 ブルーハーツ『TRAIN-TRAIN』に「凄かったですね」

TechinsightJapan / 2016年10月03日20時18分

10月4日(火)夜に放送される『UTAGE!秋の祭典2時間スペシャル』ではロックバンド・THE BLUE HEARTSのヒット曲『TRAIN-TRAIN』を男性陣が大合唱する。収録後にインタビューを受けたMCの中居正広が「凄かったですね」と答えておりそれほど盛り上がったようだ。 10月1日の『王様のブランチ』(TBS系)にて、『UTAGE!秋の祭典2時間ス [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】紘毅『UTAGE!』で父・前川清と共演 「僕なんかが出れる番組じゃない。前川さんと中居さんのおかげ」

TechinsightJapan / 2016年10月05日18時51分

10月4日に放送された特番『UTAGE!秋の祭典2時間スペシャル』(TBS系)のなかで前川清と紘毅が、井上陽水&玉置浩二によるヒット曲『夏の終りのハーモニー』を披露した。紘毅がギターを弾き語り前川清とコラボする姿に共演者たちもじっと聴き入り、パフォーマンスが終えると感動から涙をぬぐう姿も見られた。MCの中居正広から感想を聞かれて紘毅は、隣にいるのは「前川 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前川清のコンサートは写真OK、ファン459人と握手。癒しは600匹の錦鯉。

TechinsightJapan / 2015年02月20日17時40分

中高年になっても体型の維持を心がけ、コンサートでは往年のヒット曲の他に観客の年代に合わせ懐かしの洋楽も歌う。昔からのファンが何十年も彼から離れないのは、前川清が自分を応援してくれる人に対していつも真摯な姿勢で、感謝の心を忘れていないのが、コンサートで伝わるからであろうか。 ※ 画像はイメージです。 (TechinsightJapan編集部 みやび) [全文を読む]

前川清「宇多田ヒカルの義父」になる可能性もあった!?

日刊大衆 / 2017年03月17日16時05分

前川は「内山田洋とクール・ファイブ」時代の『長崎は今日も雨だった』『東京砂漠』『そして、神戸』や、ソロの『男と女の破片』など、数々のヒット曲を持つ昭和歌謡を代表する存在。はじめは歌についていろいろ聞いていた阿川佐和子(63)だったが、番組後半に「古い話を蒸し返すのも何なんですけど……」と前川に切り込んだのが、元妻の藤圭子のことだった。 阿川が「藤圭子さん [全文を読む]

中居正広の「友人にお金を借りてはいけない理由」に共演者全員が納得!

Smartザテレビジョン / 2016年05月31日16時37分

競走馬のオーナーであり、07年には自身のヒット曲を名に持つ愛馬・コイウタでG1レース・ヴィクトリアマイルを制したギャンブラーの一面をのぞかせていた。 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(6)紅白落選のショックで自殺未遂

アサ芸プラス / 2013年09月18日10時00分

ただしこの年、ヒット曲のないひばりの大トリには「司会との二役は初」という話題性が必要だったことは否めない。 翌71年は結婚したばかりの前川清(内山田洋とクール・ファイブ)との「史上初の夫婦対決」が目玉となるはずだった。紅白研究の第一人者で、圭子のショーの構成を手がけたこともある合田道人が解説する。 「本番直前に前川が急病で倒れ、クール・ファイブは辞退。代 [全文を読む]

故・藤圭子さん「不幸な生い立ち」あったからこそ成功できた

NEWSポストセブン / 2013年08月30日07時00分

都心の一等地に建つ高級マンションで母との生活が始まったものの、同じ怨歌をうたっているのに、ヒット曲が生まれない。 1980年代に到来するアイドルブームの火種があちこちでくすぶっており、藤さんはたったひとり、取り残されたような気持ちになっていた。そうして彼女は、自由の象徴であるアメリカへ強い憧れを抱くようになった。1979年、藤さんは引退を表明、渡米。その後 [全文を読む]

フォーカス