永六輔 大橋巨泉に関するニュース

大橋巨泉さん死去の報道でファン悲しみ「テレビが終わった」との声多数

しらべぇ / 2016年07月20日10時00分

■Twitterで見られるファンからの悲しみの声#大橋巨泉 #永六輔 昭和のテレビを作ってきた人達が相次いで、、、— 守護戦士Lv.10(鎧:怪しい着ぐるみ) (@shin_zooo) July 20, 2016大橋巨泉さん、亡くなられたか...。クイズダービーみてたよ。— 神楽 (@kaa_gura) July 20, 2016大橋巨泉と言えば、クイズダ [全文を読む]

昭和は遠くなりにけり。永六輔にあって、大橋巨泉になかったもの

まぐまぐニュース! / 2016年09月20日21時00分

7月7日に83歳で亡くなった永六輔さんは、幅広い交友関係をお持ちだったことでも有名です。今回の『佐高信の筆刀両断』では、著者で評論家の佐高信さんが、赤坂BLITZで開かれた「永六輔お別れの会」で意気投合した世界的な舞踏家・田中泯さんとのエピソードを交えながら、永六輔さんの偉大さを振り返ります。さらに、永さんと同時期に活躍し、親交も深かった大橋巨泉さんについ [全文を読む]

永六輔さん×大橋巨泉さん、娘が明かした「父の姿、別れ…」

WEB女性自身 / 2016年12月15日12時00分

私も安心したというか、『パパ、やっと楽になれたね』と思いました」 日本の放送界の 盟友 として親交も深かった故・永六輔さん(享年83)と、故・大橋巨泉さん(享年82)はくしくも同じ 16年7月に永眠した。故・永六輔さんは2005年にパーキンソン病を患い闘病生活を続けたが、7月7日に逝去。そして、故・大橋巨泉さんは 05年に胃がんを発症。その後、中咽頭、リン [全文を読む]

ピーコがNHKに戦争批判コメントをカットされたと告白!「放送を見て力が抜けた」...永六輔追悼番組で

リテラ / 2016年08月21日12時00分

放送作家の永六輔、そして大物司会者の大橋巨泉と、今年の夏はラジオ・テレビという放送メディアをつくり上げてきた巨星が立て続けにこの世を去った。そして、このふたりはともに一貫して戦争に反対してきた人物でもあった。──安倍政権という戦後もっとも危険な男が総理の座に就くいま、警鐘を鳴らしてきた著名人がひとり、またひとりと鬼籍に入る現状に不安を覚えている人も少なくな [全文を読む]

追悼 大橋巨泉さん。はっぱふみふみと男性ホルモンに深い関係−英研究

まぐまぐニュース! / 2016年07月21日19時00分

ちょっと前には、永六輔さん。残念です。巨泉さんも六輔さんも、ウイットに富んだ冗談が面白かったですね。巨泉さんの方がやや攻撃的な冗談だったかも。 さて、そのよう攻撃的な冗談を言うのは、男性ホルモンが関係しているとの研究を思い出しましたので、お知らせします。 Norfolk and Norwich大学病院のSam Shuster教授が、英国医学誌British [全文を読む]

【訃報】大橋巨泉さん、 死去。「テレビの先駆者が」ネットでも悲しみの声

秒刊SUNDAY / 2016年07月20日09時41分

永六輔さんに続いて、残念です。昭和のTVを築いた巨人。・ 倍率ドン! さらに倍!・ 巨泉と言えばゲバゲバ90分なんだよな・ 大橋巨泉のすごいとこは、出演者をことごとくスターにしちまうところ。 ・ 心からご冥福をお祈りします。・ 永六輔さんが亡くなってすぐに大橋巨泉さんも旅立ったのは不思議な繋がりのようなものを感じますね。・ 永さんいなくなって寂しかった [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

もう一人が、同番組の構成作家を務めた永六輔サンである。 秋元サンは『光子の窓』の終了後、同じ日曜夕方の枠で、ディレクターとして『シャボン玉ホリデー』を開始する。時に1961年。ご存知、ザ・ピーナッツやハナ肇とクレージーキャッツらナベプロ(渡辺プロダクション)所属の歌手たちを一躍スターダムに押し上げたヴァラエティ・ショーの金字塔である。最高視聴率32.4%。 [全文を読む]

24年半の軌跡、永六輔と戦争を語る巨星たち

Smartザテレビジョン / 2017年02月28日13時33分

2016年7月に83歳で亡くなった永六輔が、TBSラジオで1991年4月から2015年9月まで24年半にわたりパーソナリティーを務めた生放送番組「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」。放送終了後にそのエッセンスをCDの形にしようと、第1弾「泣いて笑って旅物語篇」に続き、第2弾「出会えば花咲く交遊録篇」がリリースされた。そして2017年2月、永六輔[全文を読む]

永六輔さんと大橋巨泉さん 巨額遺産に表れていた生きざま

WEB女性自身 / 2016年08月11日06時00分

家族ぐるみの付き合いがあった故・永六輔さん(享年83)と故・大橋巨泉さん(享年82)だが、生き方は違った。それは遺産の内容にも表れている。 「永さんは一年のほとんどを旅に出ていました。夫の長旅の間に奥さんが『転居先は○○です』と張り紙をして引っ越したこともあったとか(笑)」(前出・テレビ局関係者) 巨泉さんに先立つこと5日、先月7日に永さんが亡くなった後、 [全文を読む]

<巨星、堕つ>大橋巨泉さんとの想い出

メディアゴン / 2016年07月21日07時40分

【参考】<永六輔さんの思い出>白髪で背の高いワケの分からないことを喋っているじいさん?本番になった。いよいよ、問題のVTRを出す時刻がやって来た。精いっぱい直したが、理想には遠い。巨泉さんは当然事前にそのVTRは見ていない。そして、番組で巨泉さんがそのVTRを出す直前に、こう紹介したのである。 「次は、僕が一番気に入った今日最高の出来のVTRです」通常、あ [全文を読む]

フォーカス