高校時代 大谷翔平に関するニュース

“ハマの番長”が“二刀流”のインサイドを鋭くえぐる!GAORA SPORTSでスペシャル対談番組を放送!

PR TIMES / 2017年01月12日19時20分

さらに番組では年表を使って野球を始めたきっかけや中学・高校時代など、大谷選手の22年間の人生を振り返るコーナーも。大谷選手が高校時代にメジャーリーグに興味を持ち始めたきっかけや挑戦を表明した際の心境なども激白しました。 他にも二刀流についてや昨シーズンのベストピッチングといった野球に関わることのみならず、オフシーズンの過ごし方や三浦氏が大谷選手に結婚のス [全文を読む]

大谷翔平選手も高校時代に実践していた目標達成ツールを解説したビジネス書 新刊『一流の達成力』3月8日発売

@Press / 2017年03月08日10時00分

フォレスト出版株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:太田宏)は、2017年3月8日に、『一流の達成力』(原田隆史/柴山健太郎・著)を発売しました。2015年9月6日にテレビ朝日系列で放映された『ナイナイの超一流アスリートの作り方~えっ!?そんな事してたんですかSP~』で大谷翔平選手の目標達成法が紹介され話題となった1枚のシート。そのシートとは、著者が [全文を読む]

大谷翔平「獲得レース」 9才年上地方局アナが一歩リードか

NEWSポストセブン / 2016年10月27日07時00分

高校時代は恋愛禁止で、バレンタインデーにチョコをもらったこともないほど。プロになってからも、遊びにうつつを抜かさないように外出は監督の『許可制』だけど、大谷にはそんなの必要ない。でも、“野球が仕事で趣味”というくらい野球にしか目がないし、私服はお兄さんやお姉さんが送ってくれたもの。贅沢もしないし、好きな食べ物はコンビニのクレープという、とにかく“草食系 [全文を読む]

大谷翔平二刀流にメジャー監督が太鼓判「やらせてみたい」

NEWSポストセブン / 2016年06月17日11時00分

高校時代からメジャー挑戦を公言してきた「ショウヘイ・オオタニ(大谷翔平)」の名は、MLBでも有名だが、メジャーの監督は大谷翔平の二刀流をどう見るのか。イチローが所属するマーリンズのD・マッティングリー監督はいう。 「希望するなら二刀流をやらせたい。あとはチーム戦術との兼ね合いだ。私は先発よりもリリーフの方が使い勝手がいいと思うね」 2007年に日本ハムでプ [全文を読む]

MLBの現役スター11人が証言 大谷の二刀流は米で通用するか

NEWSポストセブン / 2016年06月13日07時00分

高校時代からメジャー挑戦を公言してきた「ショウヘイ・オオタニ」の名は、MLBでも有名だ。日本ハム・大谷翔平(21)の二刀流は、メジャーで通用するのか?「早く彼を見たい」と目を輝かせて語るのは、サイ・ヤング賞3度の現役メジャー最強投手、C・カーショー(ドジャース)だ。高校時代には、登板がない日に一塁手として出場したスラッガー。DH制のないナ・リーグで“恐怖の [全文を読む]

プロ野球阪神・藤浪晋太郎と日本ハム・大谷翔平“コラボグッズ対決”の行方は?

日刊サイゾー / 2014年08月04日13時00分

その原動力は、高校時代からのライバルとの“コラボ企画”にあったという。 この日は、甲子園球場誕生90周年の“記念日”。試合後、和田豊監督も「特別な日。絶対に負けられなかった」と、安堵の表情。一方で、課題の7回にまたしてもベイスターズ打線に捕まり失点した藤浪に「尻上がりによくなったけど、6、7回に課題が出た。乗り越えないといけないな……」と、次回の登板での奮 [全文を読む]

ブレイク必至!? 目が離せない『95世代』

ベースボールキング / 2017年06月01日12時30分

高校時代にはワンバウンドのボールまでヒットにしてしまうような卓越したバットコントロールが話題になった男であるが、昨季までのプロ3年間で一軍出場は29試合と、分厚い選手層のなかで自分らしさをアピールすることができなかった。 ところが、4年目の今季は開幕スタメン入りを果たすと、ここまで48試合の出場でリーグ6位の打率.316をマーク。本塁打もキャリア最多の8本 [全文を読む]

菊池雄星、エースとして乗り越えるべき壁

ベースボールキング / 2017年05月23日11時30分

高校時代からメジャー志向を公言してきた男にとって後輩ばかりに注目が集まるのは面白いはずがない。しかし、プロ入り以来、逸材、大器と騒がれながら規定投球回数をクリアして、初の2ケタ勝利(12勝)を上げたのも、やっと昨年のこと。ようやくエースの階段を駆け上り始めたのが現状だろう。◆ 複雑なチーム&ポスティング事情 昨オフにはポスティング制度を使ってのメジャー移籍 [全文を読む]

大谷翔平「スピード離脱」は栗山監督の「人災」だ!(3)価値が下がらないうち譲渡

アサ芸プラス / 2017年04月23日09時56分

母校の恩師で花巻東高校・佐々木監督から『自分の教え子がいつかメジャーでプレーする姿を見せてほしい』と高校時代より言われ続け、感化されてメジャー挑戦を決めた経緯があり、とにかく本人はお金より1年でも早く夢を実現したい気持ちが強いんです。日ハムにとっても、今オフに大谷をポスティングシステムで移籍させる際、獲得球団から入ってくる譲渡金の最大設定額2000万ドル( [全文を読む]

【日本ハム】『キャプテン翼』高橋陽一氏作画の大谷グッズ発売

ベースボールキング / 2017年04月17日13時58分

サッカー以外にもスポーツ全般を好み、高校時代は軟式野球部に所属していたという高橋氏。日本ハムは北海道移転前の東京時代からの長年のファンだったという。 なお、高橋氏は20日に東京ドームで行われるオリックス戦の始球式に登板予定となっている。 ◆ 「大谷翔平 × 高橋陽一」コラボレーショングッズ商品概要 ■Tシャツ サイズS/M/L/XL 各3,500円(税込 [全文を読む]

プロテイン市場売上No.1 ブランド 「ザバス」 大谷翔平選手を起用したTV-CM を全国でオンエア開始

PR TIMES / 2017年03月24日17時42分

高校時代からカラダ作りやコンディショニングを意識してきた大谷選手とプロテイン市場売上No.1 (*)ブランド「ザバス」は2015年にアドバイザリー契約を締結しています。本篇では普段お目に掛かれないオフシーズンにしかできない負荷の高いトレーニングを中心に汗を流す模様を中心に構成されています。二刀流を支える準備は並大抵のものではなく、投手、野手で球界トップクラ [全文を読む]

大谷翔平「WBC出場辞退」を決断させた右足首負傷のドミノ悲劇

アサ芸プラス / 2017年02月11日09時56分

「メジャーは現在、高校時代から登板過多でパンクの危険性と隣り合わせの日本人投手と契約する際、“健康ボーナス”に重きを置いており、無条件では大金を与えない、リスクの少ない契約を望みます。昨年、身体検査でリスクが発覚してベースの年俸を抑えられた前田健太(28)は、そのイニング数や投球数などを順調にクリアしたので最終的に約12億円の年俸を手にしたから、まだよかっ [全文を読む]

2月1日球春到来!海外挑戦確実の大谷翔平にファンは何を思う?

しらべぇ / 2017年02月01日06時30分

しかし大谷の場合、上記3人と比較すると高校時代酷使されていないため、怪我の可能性は低いといわれている。また、野手としてもイチローが認めるほどの打者であるため、「投げられないなら打撃で勝負」もできるだろう。メジャーリーグでも160キロを投げる投手は少なく、MAX165キロはあの世界最速左腕のアロルディス・チャップマンにも匹敵する球速。スピードと正確なコントロ [全文を読む]

大谷翔平 コース料理では足らず1万円松葉ガニ3杯おかわり

NEWSポストセブン / 2017年01月26日07時00分

このスタイルを作るため、高校時代は毎日15杯の丼飯をノルマとし、1日で1万kcalを摂取。そうした努力で21kgの増量に成功し、トップアスリートとしての基盤を作り上げた。 2月1日のキャンプインを目前にしたこの日もその食欲は健在だったという。 「男性5人で来ていたのですが、大谷選手はお酒はほとんど飲まず、お刺身など料理に集中。通常のコースだと足りなかったよ [全文を読む]

世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>より北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手をイメージした数量限定モデルを発売

PR TIMES / 2017年01月24日12時27分

[画像2: https://prtimes.jp/i/10826/66/resize/d10826-66-584744-6.jpg ]大谷 翔平(おおたに しょうへい)選手 【プロフィール】1994年7月5日生まれ 岩手県出身北海道日本ハムファイターズ所属 背番号11身長193cm 体重92kg 右投げ/左打ち花巻東高校時代から日本プロ野球界のみならず、メ [全文を読む]

キングカズと大谷翔平による初対談後のコメントが到着

Smartザテレビジョン / 2016年12月22日09時00分

三浦選手の中学時代の恩師が明かす「第一志望ブラジル」の裏話や、大谷選手が高校時代に行った「食事トレーニング」の映像なども公開される。 対談後、三浦選手は「実際にお会いするのは初めてだったので、大谷選手の持っている空気感からパワーを頂きました。日本の野球界を引っ張っている、そしてこれからも引っ張っていく選手と対談できたのは僕にとって財産になります」とコメン [全文を読む]

【プロ野球】稲村亜美が里崎智也に「ゆとりですがなにか」!? ボール磨きと高校野球部あるある

デイリーニュースオンライン / 2016年12月12日17時05分

これには、高校時代の最後の成績が県大会コールド負けだった里崎氏も「僕よりよっぽどエリートじゃないですか!」と脱帽。だからこそ『バトルスタディーズ』の描写についても「こんなにリアルな野球マンガはないです。これはもう、ドキュメント!」と絶賛した。 なかでも里崎が「この描写がスゴイ」と挙げたのがボール磨きに関して。どうすればボールはピカピカに磨けるか、というマニ [全文を読む]

【プロ野球】勝手に妄想! 日本ハムの編成から見えてくる「ポスト大谷翔平」は中田の後輩!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日16時05分

森山は、専修大時代は主に右翼を守っていたが高校時代には投手と兼ねて一塁、外野を守っていた。一塁コンバートも可能だ。 レアードの契約延長、そして森山の獲得は中田放出への対策、というのは考えすぎだろうか。 ■ポスト大谷翔平は次世代の「二刀流」? 大谷翔平の海外FA権行使は順調にいくと2021年オフとなる。しかし、ダルビッシュ有(日本ハム→レンジャーズ)や田中将 [全文を読む]

異色の“準硬式”149キロ左腕が“投手失格”から楽天にドラフト指名された理由

週プレNEWS / 2016年10月28日06時00分

選手達の中には、高校時代の厳しかった環境から解放され、タガが外れたかのように練習しなくなる者もいるというが、それも仕方ないだろう。甲子園のような目標があるわけでもなく、子供の頃から夢見ていたプロ野球は、もはや届かない世界になってしまったのだから。 では、そんな環境の中で、鶴田はなぜ台頭してきたのか? 「よく周りから真面目すぎると言われるのですが、こと練習に [全文を読む]

大谷翔平は「金田+張本」「稲尾+王」「ダル+イチロー」?

NEWSポストセブン / 2016年10月27日07時00分

「もはや、“野球マンガの主人公でもそんな奴おらへんやろ”とツッコミを入れたくなるレベルですよ」 笑いながらそう話すのは、高校時代に報徳学園(兵庫)のエースとして夏の甲子園で全国制覇し、近鉄に入団してからは打者として活躍した金村義明氏だ。「大谷が入団1年目の春季キャンプで、初ブルペンの投球と、その後の紅白戦でいきなり2安打したシーンを鮮明に覚えています。僕は [全文を読む]

フォーカス