ヒット曲 沢田研二に関するニュース

【エンタがビタミン♪】SHOW-YAが『勝手にしやがれ』をカバー。沢田研二の名曲が重厚ロックに。

TechinsightJapan / 2015年05月16日19時25分

女性ロックバンド・SHOW-YAが沢田研二のヒット曲『勝手にしやがれ』のカバーに挑戦した。YouTubeでその一部を公開したところ「You Rock!」「Love it」と海外からも反響が起きている。本家・沢田研二のオリジナルはあまりに有名だが、彼女たちの分厚いヘヴィメタルサウンドと寺田恵子の男前なボーカルによってSHOW-YAならではの『勝手にしやがれ』 [全文を読む]

布施明デビュー50周年記念! 日本を代表するヴォーカリストの極上の歌声を堪能できるCD全集が完成。

PR TIMES / 2015年05月03日11時23分

本全集には布施明の、時代を彩る数々のヒット曲が収録されています。小椋佳による詩的な歌詞と美しいメロディー、そしてそれを情感豊かに歌い上げる布施明の絶品の歌唱により大ヒットした「シクラメンのかほり」。北海道・摩周湖を全国的に有名にした「霧の摩周湖」。布施明の代名詞ともいえる、伸びやかなロングトーンの魅力が最大限に発揮された「君は薔薇より美しい」。フランク・ [全文を読む]

【ウラ芸能】66歳ジュリーが仕掛けた「作戦」

NewsCafe / 2015年01月28日15時00分

デスク「歌手、沢田研二(66)がファンに浴びせた一言が話題になってるってな」記者「一昨年2013年から1年ほどはタイガースの完全再結成で盛り上がったのですが、今年に入って行ったソロコンサートでは昔のヒット曲を封印。さらにイスラム国の人質問題に触れて『日本の将来を憂うのではなく自分自身の頭と心で考えなければなりません…』などとメッセージをとうとうと語り出した [全文を読む]

沢田研二「黙っとれ」「嫌なら帰れ」の暴言でファン離れが進行か

デイリーニュースオンライン / 2015年01月27日15時50分

現場の客がこの発言に困惑してしまったことは想像に難くないが、さらに今回のコンサートでは『勝手にしやがれ』や『TOKIO』といった往年のヒット曲の披露がなかったことも、昔のジュリーの曲を楽しみに来場したファンをガッカリさせていたという。 ジュリーといえば、以前にも自身のコンサートで毎回最前列を陣取るファンに「いつもいつも同じ人たちの前で歌う身にもなってほしい [全文を読む]

社会現象を起こした「竹の子族」の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD登場

リッスンジャパン / 2012年12月18日13時00分

1980年頃、原宿のホコ天を中心に出没し社会現象にまでなった竹の子族の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD『ヤンキーロックスpresents 竹の子ディスコNON-STOP MIX』が12月19日にリリースされる。ヤンキーの好きそうな音楽をカバーした人気のノン・ストップ・ミックスCD、ヤンキーロックス・シリーズの最新作で、第3弾となる本作では竹の子 [全文を読む]

【プロ野球】秋吉亮(ヤクルト)の登場曲「No.1」を縦読みすると…。秋吉、山田哲人、原樹理の「登場曲」ドラマ

デイリーニュースオンライン / 2017年05月13日16時05分

多くのヒット曲を生み出しているGReeeeNが、山田のために「遠くの空 指さすんだ」を提供したのだ。 「遠くの空 指さすんだ」は当初、登場曲として使われる部分しか耳にすることができなかったが、神宮球場でのイベントの際にロングバージョンが披露された。山田とGReeeeNの結びつきの強さを感じさせる。 今シーズンも「遠くの空 指さすんだ」が使われており、その [全文を読む]

35周年記念作発売の大沢誉志幸 「ハッピーな作品を作るのが今のテーマ」

太田出版ケトルニュース / 2017年03月20日10時22分

そのうちに作詞家の銀色夏生と出会って、自分の作品を準備しながら他の人の曲を書いて」 『おまえにチェックイン』(沢田研二)や『1/2の神話』(中森明菜)といったヒット曲を手掛けたものの、「早く自分のソロアルバムを作りたいとずっと思ってた」という大澤。そんな彼の名を一気に高めたのが、1984年発表の『そして僕は途方に暮れる』だが、この作品はどのように生まれたの [全文を読む]

76年の木之内みどりと岡田奈々(1)水島新司や倉本聰がシンパ

アサ芸プラス / 2013年07月12日10時00分

残念ながらヒット曲はなかったものの、雑誌でのグラビア人気は群を抜いて高く、山口百恵や桜田淳子を上回ることもあった。 若者たちばかりではなく、みどりに魅せられた大御所たちも開花に一役を買って出る。人気マンガの「野球狂の詩」(77年)の実写化において、水島新司たっての願いでヒロインの水原勇気に扮した。また脚本家の倉本聰の指名で、人気ドラマ「前略おふくろ様2」( [全文を読む]

竹の子族誕生35周年記念!竹の子ディスコ NON STOP MIX CD登場!!

PR TIMES / 2012年12月18日18時03分

1980年頃、原宿のホコ天を中心に出没し社会現象にまでなった竹の子族の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD『ヤンキーロックスpresents 竹の子ディスコNON-STOP MIX』が12月19日にリリースされる。ヤンキーの好きそうな音楽をカバーした人気のノン・ストップ・ミックスCD、ヤンキーロックス・シリーズの最新作で、第3弾となる本作では竹の子 [全文を読む]

沢田研二の故・伊藤エミさんへの離婚慰謝料は18億円だった

NEWSポストセブン / 2012年07月05日16時00分

息の合ったハーモニーで『恋のフーガ』『恋のバカンス』など数々のヒット曲を飛ばし、国民的スターとなった。だが、人気絶頂の1975年4月、突然の引退。エミさんが、かねてから交際していた7才年下の沢田との結婚がその理由だった。 1979年3月には、長男(33才)が誕生したが、その幸せな家庭生活は長くは続かなかった。1983年6月、沢田と、前年に公開された映画『男 [全文を読む]

フォーカス