ヒット曲 沢田研二に関するニュース

【エンタがビタミン♪】SHOW-YAが『勝手にしやがれ』をカバー。沢田研二の名曲が重厚ロックに。

TechinsightJapan / 2015年05月16日19時25分

女性ロックバンド・SHOW-YAが沢田研二のヒット曲『勝手にしやがれ』のカバーに挑戦した。YouTubeでその一部を公開したところ「You Rock!」「Love it」と海外からも反響が起きている。本家・沢田研二のオリジナルはあまりに有名だが、彼女たちの分厚いヘヴィメタルサウンドと寺田恵子の男前なボーカルによってSHOW-YAならではの『勝手にしやがれ』 [全文を読む]

布施明デビュー50周年記念! 日本を代表するヴォーカリストの極上の歌声を堪能できるCD全集が完成。

PR TIMES / 2015年05月03日11時23分

本全集には布施明の、時代を彩る数々のヒット曲が収録されています。小椋佳による詩的な歌詞と美しいメロディー、そしてそれを情感豊かに歌い上げる布施明の絶品の歌唱により大ヒットした「シクラメンのかほり」。北海道・摩周湖を全国的に有名にした「霧の摩周湖」。布施明の代名詞ともいえる、伸びやかなロングトーンの魅力が最大限に発揮された「君は薔薇より美しい」。フランク・ [全文を読む]

【ウラ芸能】66歳ジュリーが仕掛けた「作戦」

NewsCafe / 2015年01月28日15時00分

デスク「歌手、沢田研二(66)がファンに浴びせた一言が話題になってるってな」記者「一昨年2013年から1年ほどはタイガースの完全再結成で盛り上がったのですが、今年に入って行ったソロコンサートでは昔のヒット曲を封印。さらにイスラム国の人質問題に触れて『日本の将来を憂うのではなく自分自身の頭と心で考えなければなりません…』などとメッセージをとうとうと語り出した [全文を読む]

沢田研二「黙っとれ」「嫌なら帰れ」の暴言でファン離れが進行か

デイリーニュースオンライン / 2015年01月27日15時50分

現場の客がこの発言に困惑してしまったことは想像に難くないが、さらに今回のコンサートでは『勝手にしやがれ』や『TOKIO』といった往年のヒット曲の披露がなかったことも、昔のジュリーの曲を楽しみに来場したファンをガッカリさせていたという。 ジュリーといえば、以前にも自身のコンサートで毎回最前列を陣取るファンに「いつもいつも同じ人たちの前で歌う身にもなってほしい [全文を読む]

社会現象を起こした「竹の子族」の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD登場

リッスンジャパン / 2012年12月18日13時00分

1980年頃、原宿のホコ天を中心に出没し社会現象にまでなった竹の子族の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD『ヤンキーロックスpresents 竹の子ディスコNON-STOP MIX』が12月19日にリリースされる。ヤンキーの好きそうな音楽をカバーした人気のノン・ストップ・ミックスCD、ヤンキーロックス・シリーズの最新作で、第3弾となる本作では竹の子 [全文を読む]

【プロ野球】秋吉亮(ヤクルト)の登場曲「No.1」を縦読みすると…。秋吉、山田哲人、原樹理の「登場曲」ドラマ

デイリーニュースオンライン / 2017年05月13日16時05分

多くのヒット曲を生み出しているGReeeeNが、山田のために「遠くの空 指さすんだ」を提供したのだ。 「遠くの空 指さすんだ」は当初、登場曲として使われる部分しか耳にすることができなかったが、神宮球場でのイベントの際にロングバージョンが披露された。山田とGReeeeNの結びつきの強さを感じさせる。 今シーズンも「遠くの空 指さすんだ」が使われており、その [全文を読む]

35周年記念作発売の大沢誉志幸 「ハッピーな作品を作るのが今のテーマ」

太田出版ケトルニュース / 2017年03月20日10時22分

そのうちに作詞家の銀色夏生と出会って、自分の作品を準備しながら他の人の曲を書いて」 『おまえにチェックイン』(沢田研二)や『1/2の神話』(中森明菜)といったヒット曲を手掛けたものの、「早く自分のソロアルバムを作りたいとずっと思ってた」という大澤。そんな彼の名を一気に高めたのが、1984年発表の『そして僕は途方に暮れる』だが、この作品はどのように生まれたの [全文を読む]

76年の木之内みどりと岡田奈々(1)水島新司や倉本聰がシンパ

アサ芸プラス / 2013年07月12日10時00分

残念ながらヒット曲はなかったものの、雑誌でのグラビア人気は群を抜いて高く、山口百恵や桜田淳子を上回ることもあった。 若者たちばかりではなく、みどりに魅せられた大御所たちも開花に一役を買って出る。人気マンガの「野球狂の詩」(77年)の実写化において、水島新司たっての願いでヒロインの水原勇気に扮した。また脚本家の倉本聰の指名で、人気ドラマ「前略おふくろ様2」( [全文を読む]

竹の子族誕生35周年記念!竹の子ディスコ NON STOP MIX CD登場!!

PR TIMES / 2012年12月18日18時03分

1980年頃、原宿のホコ天を中心に出没し社会現象にまでなった竹の子族の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD『ヤンキーロックスpresents 竹の子ディスコNON-STOP MIX』が12月19日にリリースされる。ヤンキーの好きそうな音楽をカバーした人気のノン・ストップ・ミックスCD、ヤンキーロックス・シリーズの最新作で、第3弾となる本作では竹の子 [全文を読む]

沢田研二の故・伊藤エミさんへの離婚慰謝料は18億円だった

NEWSポストセブン / 2012年07月05日16時00分

息の合ったハーモニーで『恋のフーガ』『恋のバカンス』など数々のヒット曲を飛ばし、国民的スターとなった。だが、人気絶頂の1975年4月、突然の引退。エミさんが、かねてから交際していた7才年下の沢田との結婚がその理由だった。 1979年3月には、長男(33才)が誕生したが、その幸せな家庭生活は長くは続かなかった。1983年6月、沢田と、前年に公開された映画『男 [全文を読む]

安室奈美恵など、大物アーティストによるアニメ主題歌が増えているのはなぜ

THE PAGE / 2017年09月17日17時10分

こうした背景もあり、アニメの主題歌に関しても、売り出し中の若手アーティストだったり、バンドだったりにとっての“登竜門”的な立ち位置でした」アニソンの社会的地位が向上 ミリオンヒット曲も 実際、後に人気歌手となる故やしきたかじんさんはブレーク前の1981年に公開されたアニメ映画「機動戦士ガンダム」の劇場3部作の第1作の主題歌『砂の十字架』を歌唱してヒットを飛 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「原田真二」(1)高校時代は毎日が音楽漬けでしたね

アサ芸プラス / 2017年09月15日05時57分

「てぃーんず ぶるーす」「キャンディ」など数々のヒット曲でデビュー直後から人気爆発、甘い歌声とグッドミュージックで今なお根強い人気を誇る原田真二。デビューまでの経緯や、意に沿わないアイドル扱いへの悩み、音楽シーンの未来について天才テリーに熱く語った!テリー 原田さんがデビューしてから、もう40年もたつんですね。原田 ええ、来月でちょうどデビュー40年です。 [全文を読む]

ご存知ですか? 8月1日は作詞家・阿久悠が亡くなった日です

文春オンライン / 2017年08月01日07時00分

70年代に入ると、尾崎紀世彦「また逢う日まで」(71年)、都はるみ「北の宿から」(75年)、沢田研二「勝手にしやがれ」(77年)、ピンク・レディー「UFO」(77年)など多くの大ヒット曲を生む。『スポーツニッポン』で「甲子園の詩」の連載を開始し、小説『瀬戸内少年野球団』を発表した79年前後より、活動の幅をさらに広げていった。 2001年、腎臓にがんが見つか [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ぱいぱいでか美 『やついフェス』で氏神一番(カブキロックス)と2ショット

TechinsightJapan / 2017年06月22日15時45分

1989年にバンドオーディション番組『平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国』(通称・イカ天)に出演したカブキロックスは、沢田研二のヒット曲『TOKIO』を江戸時代風の歌詞でカバーした『お江戸』を完奏して大人気となる。氏神一番はそのカブキロックスのボーカルで中心人物なのだ。 メンバーの入れ替わりや活動停滞期もあったが今もカブキロックスとして活動しており、 [全文を読む]

ニコラス・エドワーズ、初のアコースティックライブでJ-POPカバーを熱唱

okmusic UP's / 2017年05月12日19時30分

カラオケに行くと必ず歌う曲とのことで、ひざまづきながら熱唱するなど、切実な歌声を響かせ、「歌謡曲黄金時代の素晴らしい曲」と語った「危険なふたり」(沢田研二)や自身が『のどじまんTHEワールド!』で歌って優勝した思い出のナンバー「メロディー」(玉置浩二)などのJ-POPに加え、アリアナ・グランデのヒット曲「Be Alright」を甘美なファルセットでカバーし [全文を読む]

沢田研二のファン、彼の外見と内面の変化をまるごと受け入れる

NEWSポストセブン / 2017年03月24日07時00分

往年のヒット曲は一切歌わないんだけど、それでいいんです。MCも最高に面白いの」 興奮気味にそう話す60代の女性ファンによれば、今回のツアー中、ジュリーはMCで自分の年齢をたびたびネタにしていたという。「(日本老年学会の「高齢者は75才以上から」とする提言を受けて)世の中余計なことを考える人がいて、老人と思ってるのに、急に老人じゃないと言われました。年寄りを [全文を読む]

「金メダル男」内村光良監督こだわりの“昭和”演出とは?

Smartザテレビジョン / 2016年10月19日07時00分

一方ではMr.Childrenの「Tomorrow never knows」やAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」といった平成のヒット曲も流れ、懐メロからJ-POPまで、老若男女問わず楽しめる。 また、内村監督の演出は既存の音楽を使用するだけでなく、自ら作詞・作曲も務めた。ある日、挫折に嘆く泉一が偶然目にした昭和の大人気歌番組「ザ・トップテン」に流 [全文を読む]

来日50周年で関係者が明かす「ビートルズ」武道館ライブ熱狂の舞台裏(3)日本音楽史の分岐点だった

アサ芸プラス / 2016年07月06日05時57分

また武道館直前に発表したブルコメ初のヒット曲「青い瞳」も、ビートルズの影響が色濃いと三原は言う。「それでも、井上忠夫はテナーサックスとフルートが担当だったから、ビートルズ的な作曲はそこまで。むしろ『ブルー・シャトウ』のように和のテイストを持った方向に行きました」 ビートルズスタイルのバンドは、沢田研二がいたザ・タイガースがファッションも含めてそれに当たる。 [全文を読む]

「MステSP」に桑田佳祐、総選挙直前のAKB48ら!

Smartザテレビジョン / 2016年06月10日21時00分

'80から'90年代には、ガールズバンドのパイオニアとなったプリンセス プリンセスのボーカリストとしてヒット曲を連発し、今なお多くのファンを魅了する歌声で、今回はプリプリ時代の名曲「M」と、新アルバムから「ミラーボール」を。 そして、海外から3回目の出演となるアリアナ・グランデは、世界中で大ヒットしているアルバムから新曲「Into You」を披露する。かわ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】糸井重里が“じいじ”に 坂本美雨・娘と見つめ合う

TechinsightJapan / 2016年01月17日14時25分

作詞家としても有名で、沢田研二の『TOKIO』や矢野顕子の『春咲小紅』など数多くのヒット曲を手がけている。 その矢野の娘であるミュージシャン・坂本美雨の『坂本美雨 miu_sakamoto Instagram』に糸井が登場した。1月14日、「糸井じいじと」とコメントして2015年7月に誕生した坂本の長女とのツーショット写真が披露された。 しっかりと見つめ合 [全文を読む]

フォーカス