デビュー曲 中森明菜に関するニュース

<今年の紅白歌合戦の本当の見所>全盛期を知る元ディレクターが語る「聖子と明菜はライバルだったのか?」

メディアゴン / 2014年12月25日00時24分

初めて彼女のデビュー曲を聴いた時、「上手いけれど曲がアイドルっぽくなく地味だなぁ」と当時は思いました。そして世間での反応もそうでした。分かっていなかったんですね、「スローモーション」の良さが。当時のアイドルは、松本伊代さんのようにデビュー曲でロケットダッシュする戦略が多かったので、明菜さんは出だしは「マズマズ」アイドルという感じだったわけです。ところが、す [全文を読む]

【紅白出演!中森明菜特集】『ベストテン』における明菜伝説を一挙紹介!

しらべぇ / 2014年12月29日17時00分

(今だったら車内からでも簡易中継はできるだろうが、セキュリティーの問題で中継自体ができなさそうだ) ●「デビュー曲の方が好きだ」と、キッパリ発言! 『少女A』が大ヒットしたものの、「デビュー曲の方が好きだ」と言っていた。「『少女A』がヒットして、その気持ちは変わりましたか?」と聞いたところ、「変わりません」との一言。このへんは明菜さんらしいというかなんとい [全文を読む]

伝説のプロデューサー・酒井政利が語るアイドル史「日本のアイドル第一号は南沙織さんです」

週プレNEWS / 2013年12月04日12時00分

デビュー曲のタイトルを『17才』にしたのは、中高生たちの世代的な共感を狙ったからです。その狙いは的中し、大ヒットとなりました。 山口百恵さんも思い出深い歌手のひとりです。和風の整った顔立ちをしており、少し“影”があるところもよかった。しかし、デビュー曲はライバルの桜田淳子さんや森昌子さんを意識しすぎたせいもあり、思った以上にセールスは伸びませんでした。 [全文を読む]

中森明菜、デビュー30周年記念ベスト発売 音源をブラッシュアップし全34曲収録

リッスンジャパン / 2012年05月01日12時00分

「静」をコンセプトにしたディスク1はラブ・ソングス編として、まだ幼さの残る記念すべきデビュー曲「スローモーション」、初の1位獲得曲にしてロングセールスを記録した名曲「セカンド・ラブ」、歌の世界観を視覚化するような唯一無二の歌唱で聴かせる「難破船」などを収録。また、「動」をコンセプトにしたディスク2のポップ・ソングス編には、2作目のシングルでのツッパリ路線の [全文を読む]

【紅白歌合戦】中森明菜、復活!神曲ばかりの歌姫「ベスト・オブ・中森明菜」(前編)

AOLニュース / 2014年12月31日20時05分

■「スローモーション(1982)」「少女A(1982)」 【動画】https://www.youtube.com/watch?v=AMCRPkAiflY <関連動画はこちら> やはりデビュー曲の「スローモーション」は明菜伝説の始まりの曲ということでマストです。来生えつこ/来生たかおの鉄壁ラインの作詞・作曲ですが、最初からゴリ押しとかでなかったので初動は5 [全文を読む]

中森明菜 孤高の歌姫の「光と影」(5)少女Aはアキナの頭文字?

アサ芸プラス / 2014年08月27日09時58分

デビュー曲の「スローモーション」は最高位30位に終わる。当時の花形番組「ザ・ベストテン」にも、「夜のヒットスタジオ」にも出演はできなかった。作詞・来生えつこ、作曲・来生たかおの姉弟による楽曲の評価は高かったが、2作目の巻き返しが課題となった。 ここで島田は、多くの作詞家や作曲家からコンペ形式で楽曲を募った。そのうちの1つが、まだ作詞家になって1年の売野雅勇 [全文を読む]

中森明菜 孤高の歌姫の「光と影」(4)この子はスターになるよ!

アサ芸プラス / 2014年08月26日09時58分

デビュー曲の「スローモーション」から、井上陽水が作った「飾りじゃないのよ涙は」まで、島田が直接の担当だった時期が“黄金の10作”と呼ばれている。 島田は「スター誕生!」(日本テレビ)に参加し、明菜にスカウトの意思を示すプラカードを掲げた。それまで「スタ誕」とワーナーは疎遠であったが、日テレと敵対する渡辺プロの資本が撤退したことで、初めて参加を許されたのだ。 [全文を読む]

アルバムヒットの中森明菜にテレビ各局から“復帰オファー”が殺到中! 田原俊彦と共演も!?

日刊サイゾー / 2014年08月14日11時00分

前者はデビュー曲「スローモーション」から4年ぶりの新曲「SWEET RAIN」まで、レコード会社の枠を超えた自身初のオールタイムベスト。一方、後者は1994年から始まったカバー企画「歌姫」シリーズの中から、「いい日旅立ち」(山口百恵)、「天城越え」(石川さゆり)などの名カバーをよりすぐったもの。 「アルバムのトップ3入りは、『CRUISE』(89年9月4 [全文を読む]

「中森明菜の名曲人気ランキング」ファンの期待で大混戦!

NewsCafe / 2014年02月22日12時00分

[女性/40代/会社員]■デビュー曲で印象深い。[男性/50代/その他]■この歌のプロモーションビデオが深夜流れてた。リアルタイムで見ていたいい歌で中森かわいかったなー。[男性/50代/自営業] [全文を読む]

『3年B組金八先生』の清純派アイドル・伊藤つかさ「私、初めての取材は週プレさんだったんです」

週プレNEWS / 2014年01月01日12時00分

歌番組での松田聖子さんや中森明菜さんはどんな人でした? 伊藤 デビュー曲は年齢の問題で、『ザ・ベストテン』とかほとんど録画だったんです。だから、あまりお会いしてなくて……。その後、歌番組などでご一緒したときも松本伊代さんとか中森明菜さんよりも私のほうが年下だったので、「おはようございます」くらいしか言えなかったんです。 あのときは、みんなすごくすてきな衣装 [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(3)秀美は“ボーイッシュな女の子路線”で行こう

アサ芸プラス / 2013年08月07日10時00分

では、どういう形にイメージを作り込んでいこうか考えた」 デビュー曲はオーソドックスなアイドルポップスだが、真価が問われる2作目に何を持ってくるか。アイドル史において、古くは山口百恵が「青い果実」で性典路線に転じ、松田聖子は「青い珊瑚礁」でボーカルの凄さを見せつけた“勝負の2作目”である。 同期の中森明菜は「少女A」でリアルなメッセージをぶつけて大ヒット。そ [全文を読む]

中森明菜『ソリチュード』を歌った歌手の孤独についての物語

NEWSポストセブン / 2013年07月08日07時00分

だから私が描こうとしているのは、「明菜という時代」である> 安田氏はまず、デビュー曲『スローモーション』の作曲家・来生たかおのもとを訪れ、当時の舞台裏に光を当てる。 中森明菜、は本名だ。所属事務所は別の芸名を考えていたが明菜本人が頑なに反対したという。安田氏はこう綴る。 <デビュー前から「主張する」ことに躊躇はなかった。そして、そのおかげで中森明菜はずっと [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(4)有名アニメの主題歌歌手は艶系ビデオに出演

アサ芸プラス / 2017年05月02日05時59分

・上原あずみ 代表曲「青い青いこの地球に」(01年) デビュー曲が人気アニメ「名探偵コナン」のタイアップになり、チャート9位のスマッシュヒット。10年に男性問題でCD回収などの措置が取られ、12年の艶系ビデオデビューに続く。・bird 代表曲「空の瞳」(99年) 意外と知られていないが、デビューアルバムは70万枚もの好セールスを記録している。私生活は明かさ [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(1)小室哲哉がKEIKOの記憶障害を告白

アサ芸プラス / 2017年05月01日05時58分

・岡本真夜 代表曲「TOMORROW」(95年) デビュー曲がドラマ主題歌という幸運もあり、いきなり177万枚の特大ヒット。テレビ初出演が同年の紅白というのも話題になった。残念ながらここ9年ほど新曲は出ていない。・GAO 代表曲「サヨナラ」(92年) ハスキーな声と、男か女かわからないルックスで話題になった。一時、アーティスト活動に終止符を打ってニューヨー [全文を読む]

NO1ヒットメーカー売野雅勇が明かす“80年代アイドル”の戦乱(2)中森明菜の「少女A」ウラ話

アサ芸プラス / 2016年09月01日05時57分

さすがに新聞記事みたいだからと、現場のマネージャーが年齢は外しましたが」 実は明菜の2作目は、デビュー曲「スローモーション」と同じ来生えつこ・来生たかお姉弟の手によるバラード調の「あなたのポートレート」に内定していた。明菜自身もせつない曲を好んでいたが、パンチのある「少女A」に逆転──。「新人歌手でありながら自分のビジョンを明確に描いていた明菜は、どうして [全文を読む]

写真家・野村誠一氏注目の女性 斉藤由貴など次々人気者に

NEWSポストセブン / 2016年05月11日07時00分

翌年にはデビュー曲『卒業』がオリコン2位に、ドラマ『スケバン刑事』の主演にも選ばれるなど、たちまちスターとなった。 当時、野村氏が「この子は売れる」と目をつけた女の子は次々と人気者になっていった。その代表的なスターの一人が南野陽子。彼女の写真集は、42万部の大ヒットとなった。 「陽子ちゃんには一度現場でゴネられたことがあってね。『ちゃんとやれ! コラッ!』 [全文を読む]

中森明菜も見習うべき?広瀬香美、平松愛理、岡村孝子…アラフィフ歌姫のあの活動

アサ芸プラス / 2016年02月12日17時58分

谷村有美(50)は初めて観たけど声は若い頃のまんま! 30周年の森口博子(47)はデビュー曲も披露してくれました。どこの会場も満員で、調子っぱずれで歌う困ったオヤジもいたりしますが、私くらいの年齢のファンが多かったですよ」 この男性はライブのために新幹線や飛行機で遠征することも珍しくないという。こういったファンにとっては7000円以上するチケット代も決して [全文を読む]

吉永小百合、山口百恵、ピンク・レディー…芸能界を彩った女神たちの秘話

アサ芸プラス / 2015年08月05日17時58分

デビュー直後の山口百恵が「スター誕生!」のデビュー曲のコーナーに出ることになった時、司会者・萩本欽一への挨拶を拒んだというのだ。「萩本さんが後に聞いたところによると、百恵は『自分は有名になれない。たぶん1曲歌ったらサヨナラだから、挨拶に行ったら逆に失礼にあたる』と思っていたそうです」(前出・石田氏) ピンク・レディーがデビュー5年で数百億円を稼ぎ出しながら [全文を読む]

高橋みなみ 指原楽曲を大照れで熱唱

dwango.jp news / 2015年04月09日11時15分

そして、ライブ本編の最後に歌われたのは、AKB48のインディーズデビュー曲『桜の花びらたち』。気持ちを込め、感情たっぷりに歌う彼女の姿は堂々としたすごみすら感じた。そしてアンコールでは、約2年ぶりの新曲『孤独は傷つかない』を初お披露目。高橋がフェイバリットに挙げる織田哲郎が作曲したカッコよさ溢れるロックチューンを、彼女はパワフルに歌っていく。アンコールラス [全文を読む]

竹内まりや、33年ぶりの全国ツアーが大盛況のうちに閉幕

okmusic UP's / 2014年12月22日12時30分

デビュー曲「戻っておいで・私の時間」をスローバージョンで、2ndシングル「ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~」は山下達郎アレンジのアルバムバージョンで、と懐かしい楽曲が続く。 アルバム『Love Songs』に収録されていて本人もお気に入りの曲「五線紙」では、山下達郎、サックスの宮里陽太、ギターの佐橋佳幸の4人で奏でる。 かっこいいパンツスーツ [全文を読む]

フォーカス