清原和博 中田翔に関するニュース

スマスマ出演の日ハム・中田翔 大好評も「清原とかぶる」と心配の声

しらべぇ / 2016年11月23日07時00分

なぜかと思いきや、どうやら中田の姿がかつての大スター・清原和博と被ってしまう、ということらしい。スマスマ見てます。日ハムの中田翔選手満喫しました♡素敵な人ですね。若いのに昭和の感じがいいですね。清原元選手が残念なことになってしまったけど、あのキャラが好きなおじ様方にはたまらないと思います。(広島出身だったんですね。)(*’▽’)(⋈◍>◡<◍)。✧♡— 花 [全文を読む]

「小学生がブラックカードを......」清原和博・亜希夫妻 事務所倒産でも家計は超安泰か

日刊サイゾー / 2012年02月21日08時00分

"球界の番長"こと清原和博のマネジメントを行う「ジャパン・スポーツ・マーケティング」(以下JSM)が、事実上倒産していたことが明らかになった。折しも清原がバラエティ番組で「現役時代に比べて金回りが悪くなり、食うに困ってきている」という発言をした直後の出来事だが、当の本人はどこ吹く風のようだ。 JSMは北海道日本ハムファイターズの中田翔選手らも所属し、マネジ [全文を読む]

清原和博 日ハム・中田翔に公開絶縁を突きつけた戦慄真相(3)球界も芸能界からも疎遠になっていく

アサ芸プラス / 2014年04月02日09時57分

球界で求心力を失い始めている印象の清原氏だが、昨年12月にはハワイで行われた名球会の総会には出席している。 「というのも、昨年に『週刊実話』のインタビューで、現中日・落合GMの性格や性癖を手始めに、球界の面々を実名でコキ下ろしたことが、名球会の重鎮・張本勲氏(73)の逆鱗に触れたそうです。清原氏はハワイで諸先輩たちのご機嫌取りをしたばかりか、その後、2月に [全文を読む]

清原和博 日ハム・中田翔に公開絶縁を突きつけた戦慄真相(2)現役選手も深夜に電話で呼び出し

アサ芸プラス / 2014年04月01日09時57分

くしくも今年、DeNAで日本球界に復帰した尚成(38)が一派の“準構成員”と呼ばれていた頃、『軍団員なんて言われるのは恥ずかしいですね』とこぼしていたことがありました」(元巨人軍関係者) [全文を読む]

清原和博 日ハム・中田翔に公開絶縁を突きつけた戦慄真相(1)会食のドタキャンが引き金に…

アサ芸プラス / 2014年03月27日09時57分

問題になっているのは、「フライデー」3月28日&4月4日合併号に掲載された「球界の番長」こと清原和博氏(46)による独占告白である。記事は、「週刊文春」3月13日号で書かれた「薬物疑惑」について完全否定した清原氏が、自身の糖尿病を明らかにした内容だった。そのインタビューの最後で清原氏が、中田を「公開絶縁」する言葉をこう吐き捨てていたのである。 「ガッカリ [全文を読む]

斎藤佑樹がケビン山崎氏のジムでトレーニング!「清原の二の舞?」の声も

しらべぇ / 2017年01月26日19時00分

清原和博の野球人生を変えたケビン山崎氏「ケビン山崎」と聞いてピンとくる人は、かなりの野球マニアだろう。西武から巨人に移籍し、成績が下降気味になった清原和博がプロレスラーの前田日明に紹介され、師事したトレーナーである。同氏の提唱するトレーニング「トータル・ワークアウト」を実施した清原は、それまでの細身でスラッとした身体からレスラーのような大柄な身体に変貌。 [全文を読む]

清原和博、球界から「あきれた…」完全な開き直り&仕事手抜き告白でも「監督やりたい」

Business Journal / 2015年09月08日23時00分

元プロ野球選手の清原和博が、8月28日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)に出演、入れ墨の有無と薬物使用疑惑について言及する一幕があった。 この日の同番組は、お笑いタレント・松本人志(ダウンタウン)と浜田雅功(同)、俳優・坂上忍が、お好み焼き店で清原を直撃するかたちでトークが展開された。坂上から「入れ墨はあるんですか?」と聞か [全文を読む]

中村剛也や中田翔ら 大阪桐蔭OB選手が「マン振り」する理由

NEWSポストセブン / 2015年07月28日07時00分

森も13本を放ち、高卒2年目の選手としては掛布雅之や清原和博、松井秀喜らに続いて史上5人目の2桁本塁打をマークして、話題をさらっている(成績は7月22日終了時点。以下同)。 大阪桐蔭監督、西谷浩一氏(45)は、教え子の活躍に目を細める。「中村は高校時代はめったに三振もしないし、柔らかく打つ技術を持っていた。ほとんどバッティングを教えた記憶はありません。中田 [全文を読む]

2014ドラフト決定、豊作年とは無関係? 歴代“重複指名”ランキング

週プレNEWS / 2014年10月25日06時00分

6球団になると、79年の岡田彰布、85年の清原和博と大物が並び、近年では07年の大場翔太、超高校級の逸材といわれた09年の菊池雄星、10年の大石達也がいる。5球団が集中した5人中4人は高校生だ。 表にはないが、4球団の指名重複においても、田中将大(駒大苫小牧高)、ハンカチ王子の斎藤佑樹(早稲田大)、寺原隼人(日南学園高)、中田翔、藤浪晋太郎の大阪桐蔭高コン [全文を読む]

「二刀流」大谷選手はやっぱりスゴい 松井、田中、ダル「高卒2年目の成績」と徹底比較

AOLニュース / 2014年07月10日12時20分

■野手編 清原和博 .259 29本 83打点 OPS.907 坂本勇人 .257 8本 43打点 OPS.650 イチロー 188 1本 3打点 OPS.478 松井秀喜 .294 20本 66打点 OPS.843 中田翔 .278 0本 1打点 OPS.623 大谷翔平 .285 5本 20打点 OPS.850(シーズン途中成績) まずは野手の打者成 [全文を読む]

清原和博&金本知憲「ムカつく奴らシバキ上げ」(2)西岡の登録抹消は謹慎だった!?

アサ芸プラス / 2013年09月03日09時58分

新井に続いて標的になったのは、今年7月に藤浪晋太郎や鳥谷敬、中田翔らとともに美女ホステス21人とクルージングを楽しんでいたところをフライデーされた西岡剛だ。 「膝を痛めて登録抹消されましたよね。あれはトレーナーの発表だけでしょ。痛いって言ってるのは本人だけ。ケガしてないんじゃないですか」 と清原氏。西岡が登録抹消されたのは7月30日(その後、8月17日に一 [全文を読む]

清宮幸太郎の「高校通算100本塁打」への疑問

Business Journal / 2017年06月06日20時00分

「高校野球中継やドラフト会議などでよく耳にする“高校通算”という表現が出てきたのは、清原和博(PL学園高校→1985年に西武ライオンズ入り)か鈴木健(浦和学院高校→87年に西武入り)からだと思います。その後の松井秀喜(星稜高校→92年に読売ジャイアンツ入り)あたりまでは、このキャッチフレーズも有効だったのですが、その後はだんだん怪しくなってきました」(ス [全文を読む]

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

しらべぇ / 2017年02月22日21時00分

長嶋茂雄・王貞治・落合博満・野村克也・福本豊・清原和博・野茂英雄・松坂大輔イチロー・松井秀喜・小笠原道大・新庄剛志・ダルビッシュ有・中田翔・大谷翔平結果、1位に輝いたのはやはり長嶋茂雄(164票)。2位には日本が世界に誇るヒットメーカー・イチロー(119票)がランクインし、3位は世界のホームラン王・王貞治(80票)だった。この3人は他を圧倒しており、日本プ [全文を読む]

【プロ野球】シーズンオフの風物詩!? ミスタープロ野球が広めた「自主トレーニング」にまつわるアレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日17時05分

その後、大仁では西武時代の清原和博、松坂大輔(ソフトバンク)が自主トレを行っている。 ■近年は大人数の自主トレが主流 自主トレ報道でよく目にするのは、各球団の選手が大人数でトレーニングに取り組む様子。例えば巨人の場合、内海哲也、山口鉄也を中心とした投手陣や、阿部慎之助を中心に長野久義、坂本勇人らが加わった野手陣が、いずれもグアムで自主トレを行ってきた。 [全文を読む]

清原和博に急浮上した“広島潜伏”と“うどん屋経営”計画!(1)球界人脈豊富なY氏が支援?

アサ芸プラス / 2016年06月04日09時57分

5月31日、ついに判決の日を迎えた清原和博被告(48)。その先に立ちはだかるのは薬物を入手に至った人脈との決別と、真っ当な生活の再建。さまざまな「職業」が俎上に載せられる中、有力支援者による驚きの再生計画が浮上しているというのだ。 3月17日の保釈以降、清原被告はマスコミの前から姿を消す隠遁生活を送っている。「初公判が開かれた5月17日、退廷した清原被告を [全文を読む]

プロ野球より面白い?選抜高校野球の魅力をスター5人から検証

しらべぇ / 2016年03月21日21時00分

その打球は清原和博や松井秀喜を彷彿とさせるすさまじいものだった。いずれも高校野球で高い実績を残し、プロ野球でも活躍した選手ばかり。今年の選抜高校野球大会で、新たなるスターが登場することを期待したい。(取材・文/しらべえ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年2月20日~2016年2月24日対象:全国20代 [全文を読む]

「清原は指導者として最高」高校野球界が褒め称える謎の理由とは?

tocana / 2016年03月11日09時00分

プロ野球界の元スーパースター・清原和博容疑者の逮捕から1カ月以上が経過した。プロ野球界に与えた衝撃は大きかったが、それ以上に見過ごせないのが未来ある高校球児たちへの影響だ。 甲子園のヒーローとして、今もその名が語り継がれる清原容疑者だけに、現役時代を知らない高校生世代でも憧れを抱く人間は多い。 「昨年までは、高校生に打者としてお手本にしたい選手を聞くと、日 [全文を読む]

中3で球速146kmも 大阪桐蔭の今期の新入部員は逸材揃い

NEWSポストセブン / 2016年02月24日16時00分

この夏、桑田真澄や清原和博(いずれもPL学園)、昨年の清宮幸太郎(早稲田実業)のような、1年から大活躍する“怪物”が生まれても不思議ではない。 ●取材・構成/柳川悠二(ノンフィクションライター) ※週刊ポスト2016年3月4日号 [全文を読む]

清原和博を闇社会に陥れた「禁断の一言」とは? 関係者嘆く、清原の性格

tocana / 2016年02月06日09時00分

プロ野球界のスターだった清原和博容疑者の覚せい剤取締法違反での逮捕が、世間を騒がせている。2014年3月発売の「週刊文春」(文藝春秋)で初めて公に薬物疑惑が報じられたとはいえ、そのヴィジュアルのヤバさは現役中から際立っており、明らかに少なくとも「その筋」との付き合いがあったことはうかがわせるものだった。 「プロ入り直後は細くてかわいらしい外見だったのに、巨 [全文を読む]

プロ野球選手の護摩行 新井、金本らは鹿児島、中田は東大阪

NEWSポストセブン / 2016年01月06日07時00分

ここでは広島の野村謙二郎前監督や阪神の金本知憲新監督、元オリックスの清原和博氏らも現役時代に護摩行に励んだ。 護摩行はインド伝来の、密教最高の修行法。燃え盛る炎の前で全身全霊で不動真言を唱え、煩悩を焼き尽くすという。 新井は2004年12月から毎シーズンオフに同寺で護摩行をしている。2015年1月には約3000本の護摩木を燃やして1時間40分にわたって炎と [全文を読む]

フォーカス