ごくせん 仲間由紀恵に関するニュース

小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

日刊大衆 / 2016年10月03日13時30分

その後も継続的にイケメンアイドル、次世代俳優を多く起用した学園ドラマが制作されており、近年では『ごくせん』(日本テレビ系)が、その筆頭だろう。仲間由紀恵がジャージ姿にメガネの熱血教師、ヤンクミを演じたこのドラマは、視聴率も高かった。 『ごくせん』は、2002年にスタートした第1シリーズから05年の第2シリーズ、08年の第3シリーズに加え、スペシャルドラマや [全文を読む]

「もう主役はきつい……」脇役続きの仲間由紀恵“低視聴率女優”に転落したワケ

日刊サイゾー / 2013年12月10日13時00分

芸能プロ関係者いわく「仲間さんにとっては『ごくせん』シリーズと肩を並べる出世作。この作品のヒットがあったからこそ、仲間由紀恵の女優としての地位が確立された」と話す。 だが、このところの仲間は苦戦中。06年にNHK大河ドラマ『功名が辻』に主演したものの、正直『ごくせん』『TRICK』以外に目立った作品は生まれていない。 一昨年1月には連ドラ『美しい隣人』( [全文を読む]

【ウラ芸能】仲間由紀恵、プライド捨てた事情

NewsCafe / 2013年07月23日12時00分

その一方、同じ当たり役のドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)もいろんな役をやらせたいと、社長が続編を断りました。ところが、今は状況が相当変わってきたのです…」 ん? 「昨年放送された、干物女を演じた『恋愛ニート 忘れた恋のはじめ方」(TBS系)や幽霊になった女性刑事役の『ゴーストママ捜査線』(日本テレビ系)は、いずれも視聴率10%前後と低調でした。また、今年 [全文を読む]

仲間由紀恵「オトコ経験が足りず悪女役に色気が全然ない」

アサ芸プラス / 2013年02月14日10時00分

以前、交際が報じられた俳優の田中哲司(46)とは続いているようですが、恋愛経験が少ないこともあってか、とても悪女を演じられる深みはなく、演技が薄っぺらで、色気も出ない」 これまで仲間をブレイクさせたドラマといえば、「TRICK」(テレビ朝日系)と「ごくせん」(日本テレビ系)の2主演作で、ともに映画化されるほど大ヒット。しかし、どちらの主人公も「サキ」とは正 [全文を読む]

内山信二 「月収3千万から仕事ゼロへ」さんまが救った窮地

WEB女性自身 / 2017年05月02日06時00分

その翌年、20歳からドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)も始まり、シリーズ化されて、ごくせん効果もあり仕事再開に完璧のタイミングでした」 『ごくせん』ではヒロイン仲間由紀恵の舎弟を演じた。仕事が順調な中、 06年には訪問介護の事業にも着手した。 「家で一人で過ごす大好きな祖父のために何かしたくて。『信二の結婚資金のために』とためていてくれた500万円を、『お [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

その第一弾が、このドラマ――『ごくせん』である。時に2002年4月。主演は、堤幸彦監督の『TRICK』(テレ朝系/2000年)で阿部寛と名コンビを組んだ仲間由紀恵。脚本は『ナースのお仕事』(フジ系/1996年)の江頭美智留。正直、放映前はそんなに注目される作品じゃなかった。ところが――始まるや否や、同ドラマは大反響を巻き起こす。初回視聴率は18.3%。何よ [全文を読む]

創刊50周年記念。時代を築いた「週プレヴィーナス7」にインタビュー!

週プレNEWS / 2016年10月18日19時00分

ドラマ『TRICK』(テレビ朝日)、『ごくせん』(日本テレビ)、『功名が辻』(NHK)など代表作多数。舞台『放浪記』主演やNHK紅白歌合戦の司会など、多方面で活躍。現在は『MUSICFAIR』(フジテレビ系)で司会を務める ●ヴィーナス5 小池栄子「楽しさと緊張感が同居した撮影現場。人とは違う写真をつくれたと思います」 2000年代前半の“グラビアバブル” [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

はみ出し先生がはみだし生徒を真っ当に!『ごくせん』『ROOKIES』『ドラゴン桜』 『GTO』のヒットもあり、2000年代は不良っぽい先生が生徒を更生していくドラマの全盛期。熱血系ドラマのリバイバルブームとなりました。 仲間由紀恵さん演じる、実は極道の女ながら日頃はダサイ数学教師の山口久美子が、いざというときは無鉄砲に生徒のために戦う『ごくせん』。新人俳 [全文を読む]

絶好調『ドクターX』全話20%超え確実も、米倉涼子は“第4シリーズ”に難色!?

日刊サイゾー / 2014年12月18日11時00分

2005年の日本テレビ『ごくせん』第2シリーズ以来の快挙なんです」とドラマ関係者は言う。 仲間由紀恵主演の日テレの人気ドラマ『ごくせん』シリーズは、全3シリーズにわたって高視聴率だったが、全話で20%を超えたのは05年の1月からスタートした第2シリーズだけだった。 この時の共演者は、当時人気上昇中だったKAT-TUNの亀梨和也に、その後、グループを脱退した [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】Aqua Timez・ボーカル太志が新曲『生きて』 に込めた思い。「今は、すごく言いたいことがある」

TechinsightJapan / 2014年12月05日17時30分

同ドラマで主演する仲間由紀恵といえば、ドラマ『ごくせん』の第3シリーズや映画『ごくせん THE MOVIE』のテーマ曲をAqua Timezが歌った関係である。 太志は曲作りについて、「自由にやってくれ」となると「何も言いたいことが無い時には困る」と明かす。そんな時にはやはり『ごくせん』のようにテーマがあると助かる。今回もドラマ『SAKURA~事件を聞く女 [全文を読む]

仲間由紀恵 14歳新婚夫を変えた“ごくせんダイエット指令”

WEB女性自身 / 2014年10月03日20時00分

ごくせん』の“男気溢れる女教師”、ヤンクミみたいなイメージでしょうか。特に健康管理には厳しいそうです」 仲間は6時に起床して朝食を作っているそうだが、田中も前の日にどれだけ飲んで帰っても、彼女にあわせて起床し、朝食をともにしているという。「朝に食べると健康にもいいし、痩せるからという理由でヨーグルトもメニューの1つで、田中も仲間さんに勧められて食べている [全文を読む]

仲間由紀恵が『SAKURA』で主演に返り咲き! 脇役で見せた「主演専門女優」のプライド

日刊サイゾー / 2014年08月22日20時30分

仲間といえば、“ヤンクミ・ブーム”を巻き起こした主演ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)のヒット以降、よっぽどの大作か、スポンサー絡みの理由などがない限り、「主演以外、受け付けない女優」として知られてきた。そのため2007年、事務所の後輩である石黒英雄主演の深夜ドラマ『エリートヤンキー三郎』(テレビ東京系)に“謎の占い師”役で出演した際には、「あの仲間由紀 [全文を読む]

【ウラ芸能】仲間由紀恵、「原点回帰」の事情

NewsCafe / 2013年12月19日15時00分

2000年からテレビ朝日系深夜ドラマで放送を開始し、2人のドタバタが面白かったけど」記者「02年の最初の劇場版は興行収入約13億円、06年の続編は21億円を記録するヒットで、10年の『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』も約19億円と実績を積み重ねています」デスク「安定した数字を出してきたのになあ…」記者「仲間にとってトリックは『ごくせん』(日本テレ [全文を読む]

続編オファーを断り続けていたのに…仲間由紀恵が『TRICK』新作出演を決めたワケ

メンズサイゾー / 2013年07月03日19時00分

同じ理由で大ヒットしたドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の続編も断っていたようです」(芸能関係者) 確かに『TRICK』の役柄はインパクトが強く、本来は役のうえでの“貧乳”のイメージが仲間本人にまでついてしまったことでも有名。その後、仲間がブレイクもあり、さまざまな役柄をさせて演技の幅を広げていきたいと考えるのは自然なことだろう。にもかかわらず、なぜここに [全文を読む]

「もはや『ごくせん』しかない?」コケまくる仲間由紀恵に日テレがニンマリしている

日刊サイゾー / 2012年03月06日08時00分

「コミカルな役を演じた『TRICK』(テレビ朝日系)のドラマ・映画で人気女優の仲間入りを果たし、『ごくせん』のドラマ版のヒットで大ブレーク。映画も当たった。ところが、このところ急に失速中。まだまだCMのギャラは1本4,000万円ほどで数本入っているので事務所の稼ぎ頭ではあるが、勢いでは高橋みなみ、小嶋陽菜らAKB48のメンバーに完全に押されている」(スポー [全文を読む]

仲間由紀恵 夫の浮気に「ツラい思いさせたかな」とショック

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

『TRICK』(テレビ朝日系)、『ごくせん』(日本テレビ系)に主演し、紅白歌合戦の司会を務める国民的女優と、いつも脇役の中堅俳優の交際は“格差愛”として周囲を驚かせたが、交際開始から7年経った2014年9月18日に入籍した。 当時、田中は集まった報道陣にこう心境を語った。「ぼくにはもったいないくらいの人。同業者なので、助け合えるんじゃないかと思う」 そんな [全文を読む]

激太りで妊娠説も浮上か?仲間由紀恵の”激変ぶり”に飛び交う憶測

デイリーニュースオンライン / 2017年01月08日11時46分

『TRICK』(テレビ朝日系)や『ごくせん』(日本テレビ系)に出演して活躍し、2014年には晴れて俳優の田中哲司(50)と結婚した。そんな順風満帆の仲間が新年早々に見せた姿は、やや違和感のあるものだった。 仲間は6日に主演ドラマの試写会に、紫色のノースリーブワンピースを着用した夏帆と対をなすように、赤いワンピースで登場。締め付けのない衣装だったため“腹回り [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松山ケンイチ「松本潤は怖かった」 『ごくせん』時代の緊張感語る

TechinsightJapan / 2016年01月19日14時29分

松山ケンイチが嵐の松本潤と共演したドラマ『ごくせん』を振り返った。彼は撮影現場での松本潤の印象について「怖かったすよね」と明かすが、その松本も当時はキャスト全員が「殺気立ってた」と証言する。 14日放送の『VS嵐』にプラスワンゲストとして参戦した松山ケンイチ。松本潤と再会して、2002年に放送されたドラマ『ごくせん』第1シリーズの話題となった。当時、青森か [全文を読む]

仲間由紀恵の新技に絶賛の声!! 一方、でんぐり返しを求める声も続出

tocana / 2015年10月17日19時00分

「元々仲間自身、琉球舞踊を習っていたり『ごくせん!』で7年間殺陣を磨いてきたりしたので、運動神経はいいほうなんですよ。初日に関わらずばっちり側転を決めてくれて、周囲はほっとしています。実は今回の側転案は、仲間本人が考えたもの。森さんの意思を引き継ぎながらも自分なりの、林芙美子像を作ろうと案を練って、一つひとつ試して...と奮闘していました。さらに怪我がお [全文を読む]

仲間由紀恵の“巨大化“は宿命付けられていた? 沖縄美女が劣化するワケ

tocana / 2015年08月25日08時00分

ごくせん』(日本テレビ系)や『TRICK』(テレビ朝日系)など人気ドラマシリーズにも出演し、実力派女優としても知られます。そんな彼女も今年で36歳。デビューが15歳と早いですから、十代のうちから見ている分、劣化が目立つというのもあるでしょう」(業界関係者) 仲間が出演する舞台『放浪記』は、2012年に92歳で亡くなった森光子が2000回以上出演したことで [全文を読む]

フォーカス