猪瀬直樹 内田茂に関するニュース

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

浜渦副知事のクビを泣く泣く切ることで内田との関係を維持した石原慎太郎、最初から生意気だと内田に嫌われた猪瀬直樹、傀儡でありながら最終的には内田に捨てられた舛添要一。 このような過去の都知事たちの姿を見てきた小池百合子が、イチかバチかの勝負で獲得した都知事のイスを守るため、内田を懐柔する作戦に出ることはまず間違いないのではないか。 そのために、剛腕で知られ [全文を読む]

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

内田がなぜ「都議会のドン」といわれるまでになったのかについて、猪瀬直樹元都知事はこう語る。 自民党の都知事の公認候補は、党本部ではなく、都連が決めます。都連の会長は石原伸晃氏ですが、しょせんは帽子です。実際の公認権を持っているのは幹事長の内田氏です。都議会議員はもちろん、東京都選出の国会議員の公認権も、内田氏が持っています。だから、内田氏は国会議員より偉 [全文を読む]

猪瀬直樹氏「自民党都連幹事長のいじめで自殺した都議」の遺書を『Twitter』にアップし波紋

ガジェット通信 / 2016年07月14日19時00分

昨日7月13日、ガジェット通信では 自民党都連の命令書に猪瀬直樹氏「北朝鮮じゃないんだから」 親族が小池氏を応援したら除名処分!? http://getnews.jp/archives/1490378[リンク] という記事をお伝えした。 7月13日、元東京都知事の猪瀬直樹氏(@inosenaoki)が『Twitter』にて 自民党都連(内田幹事長)の命令書 [全文を読む]

猪瀬直樹が都議会を猛烈バッシング 都民は冷ややかな反応か

しらべぇ / 2016年07月16日07時00分

東京都知事選への準備が進む中、元都知事である猪瀬直樹氏がツイッター上で猛烈な都議会バッシングを続けている。騒動のきっかけとなったのは氏が13日に行なった投稿。「都議会のドン」とも呼ばれる自民党都連、内田茂幹事長の命令書であり、そこには増田寛也氏のみを応援し、各議員がそれ以外の候補を応援すれば除名処分となる旨が書かれている。しかも、親族が応援しても処分になる [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日05時00分

テレビ東京の選挙番組に出演した元東京都知事、猪瀬直樹は「必ず議会と衝突します。議会を透明化してもらいたい」と小池にエールを送ったが、猪瀬の私怨に小池が付き合うとは思えない。 出馬表明時の公約を意識し、「都政改革本部」をつくる、「情報公開」をする、などといったポーズをとりながらも、既得権益に配慮する安倍官邸との連携をはかる方向に進みそうだ。 もちろん、毎年 [全文を読む]

小池都知事&橋下徹「二人の動き」で日本が揺れる!?

日刊大衆 / 2017年01月17日10時30分

返ってくるから”と絶賛していました」(制作会社関係者) “都議会のドン”と“五輪のドン”をテーマにした本を上梓する元都知事の作家・猪瀬直樹氏は、小池氏の現況をこう語る。「最近の小池氏を見ていると、うねりが動きになっていますね。政治には流れがあり、公明党が自民党と決別したのも、小池氏有利、と流れを読んだ結果でしょう。公明党は昔から機を見るに敏ですから」 昨年 [全文を読む]

猪瀬元都知事が語る「豊洲問題」「五輪」「都議会のドン」

WEB女性自身 / 2016年10月14日06時00分

資材費の高騰や人件費の問題も背景にはあるが、建設工事の落札率が99.9%というのはおかしいでしょ、と」 こう話すのは、東京都の内情に詳しい元知事で、作家の猪瀬直樹さん(69)。猪瀬さんは、本来 ドン に焦点が当たるはずだった問題が、「盛り土」の一件によって、東京都の構造的な話ばかりにすり替わってしまったという。豊洲新市場の疑惑の本丸は、建造物の利権に絡む問 [全文を読む]

都議会のドン・内田茂氏「知事と議会は対等の二元代表制」

NEWSポストセブン / 2016年08月05日07時00分

「なぜここ2代、猪瀬直樹さん、舛添要一さん。短期間で知事が替わってきたのか。舛添さんの湯河原に毎週行くというのは論外だが、お2人とも大変有能でビジョンも明確なものをお持ちだ。ところが、いつしかこのような状況に短期間で陥ってしまうのはなぜなのか。つまり、誰かにとって都合が悪い、もしくは不都合なときに捨てられるということが続いてきたように思う」 都連の会長代 [全文を読む]

「猪瀬都知事誕生」を妨害する自民党“都議会のドン”の存在

週プレNEWS / 2012年11月29日09時00分

しかも日本維新の会や自民党ら多数の政党が支援する猪瀬直樹氏の圧勝ムードが漂っており、緊張感もまったく感じられない状態だ。 だが、自民党が猪瀬氏への支援を決めるまでの舞台裏で、思わぬ内紛劇が繰り広げられていた。自民党本部の幹部、A氏がタメ息交じりに話す。 「われわれが猪瀬さんへの支援を決めるまでの間、自民党では独自の候補者を擁立する動きとして、ほかの方の名前 [全文を読む]

小池百合子を援護するも見返りなし、猪瀬直樹元知事が「俺のポストは…」と落胆!?

アサ芸プラス / 2016年09月10日09時59分

元東京都知事の猪瀬直樹氏だ。金銭スキャンダルで都知事を辞職して以降、メディアから姿を消していたが、先の都知事選で復帰。都議会のドン、自民党都連前幹事長の内田茂氏が都政を牛耳っている実態を暴露したのだ。自民党から推薦を得られずに立候補した小池知事にとっては強敵の手の内を知る心強い応援団となった。実際に当選直後、選挙速報番組で小池知事はこう話していた。「猪瀬 [全文を読む]

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(6)石田純一が出馬してたなら入れましたよ。東京03×紳助で唯一助けに動いた人です

アサ芸プラス / 2016年08月23日05時57分

水 それこそニコニコ生動画で告示前日、東浩紀、津田大介、茂木健一郎らでやっていたけど、そこに出てた猪瀬直樹がすごかった。もう感じ悪いなんてもんじゃない。スタッフに「(マイク)付けろ、バカヤロウ」って、酔っ払って入ってきてさ。「どうだ? 2人っきりで飲んだら、俺ってかわいいだろ?」とか言ってさ、東浩紀が「ハイ、センパイ」って。全部映ってるの、3時間。「いいと [全文を読む]

小池百合子都知事は「跳ね返される」!? 強めすぎた対立構造と、裏で操る「都議会のドン」、そして黒幕・森喜朗氏

Business Journal / 2016年08月01日15時00分

議員生活40年以上のベテランで大きな権力を有するのはわかるが、ここ最近名前が出るようになったのは、前々都知事の猪瀬直樹氏の「アピール」と、小池氏の「演説」によるところである。 猪瀬氏は舛添氏の公私混同疑惑で辞職するか否かの段階で内田氏の存在を暴露。副知事時代に清水谷公園横に建てる予定だった参議院議員宿舎を潰し、その千代田区選出の内田氏に恨まれ、徳洲会から5 [全文を読む]

進化か退化か?都知事選が人気投票から脱して”失点合戦”へ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日14時05分

青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一。皆メディアでも活躍した人たちだ。人気投票より、そろそろまともな都知事選もみたい。 しかし今回、メディア言うところの与党と野党に関係した「主要3候補」は決め手がない接戦だからか、ネガティブでわかりやすい情報が大きくとりあげられた。まるで「失点合戦」という様相だったのである。 小池百合子候補はフジテレビ系「バイキング」 [全文を読む]

小池百合子「東京都知事」誕生間近!演説がライブ会場化!なぜ「百合子」旋風起きた?

Business Journal / 2016年07月30日06時00分

元都知事の猪瀬直樹氏も、都議会は都連幹事長を10年以上務め“都連のボス”といわれる内田茂氏が掌握し、既得権益を仕切っていると暴露した。●小池vs.都議連、全面対決 小池氏は、こういった都議会の実態を「ブラックボックス」と批判し、都議会を解散することを公約に掲げる。全面的に対決姿勢を押し出し、都民の支持を得ようとしている。 旗色の悪い自民党は、幹部クラスも総 [全文を読む]

元検事の自民党・若狭勝衆議院議員 東京都連の命令書に「崖から飛び降りるような危険を伴う」

ガジェット通信 / 2016年07月19日17時30分

今回の東京都知事選挙、自民党は増田寛也氏の推薦を決定しているが、東京都連が石原伸晃会長・内田茂幹事長などの連名で出した命令書に 各級議員(親族等含む)が、非推薦の候補を応援した場合は、党則並びに都連規約、賞罰規定に基づき、除名等の処分の対象となります という一節があり、猪瀬直樹元都知事は「北朝鮮じゃないんだから」と『Twitter』で批判。また、石原伸晃 [全文を読む]

自民党に混乱 小池百合子クーデターと神奈川の内ゲバ

NEWSポストセブン / 2016年07月04日07時00分

過去2回、舛添氏と猪瀬直樹氏を立てて失敗した石原伸晃・都連会長や都議会のドンの内田茂・元都議会議長たちは櫻井パパ(桜井俊・前総務事務次官)ら官僚候補に出馬を打診し、それが無理なら野党が擁立に動いている片山善博・元鳥取県知事に相乗りしようという密室の候補者選びを続けていた。そこに小池氏がフライングで飛び出したから、幹部たちは“クーデターだ”とカンカンになって [全文を読む]

次期都知事候補 舛添氏、東国原氏、小池氏らの名が取り沙汰

NEWSポストセブン / 2013年12月02日16時00分

五輪招致を成功させた猪瀬直樹氏の都知事の任期は、2期8年は固いと見られていた。だが、今回の徳洲会による5000万円提供事件で、そんな見込みは吹っ飛んだ。都議会関係者がいう。 「11月末に始まった都議会では、自民党都議団をまとめる大御所の内田茂都議が血気盛んです。前回の都議選で猪瀬知事が内田さんの対立候補を応援するなど、犬猿の仲であることは周知の事実。 今議 [全文を読む]

猪瀬都知事と犬猿の仲“都議会のドン”が復活で五輪招致が大混乱

週プレNEWS / 2013年07月03日16時00分

この結果は“猪瀬都政”にどのような影響を及ぼすのか? 自民党は昨年の都知事選で猪瀬直樹氏を支援していた。普通に考えれば、民主党が後退して自民党が躍進したことは猪瀬知事にとって追い風だと思える。しかし、現実はそう簡単ではないようだ。 自民党本部関係者が証言する。 「都知事選の際、全国組織である自民党本部は最初から猪瀬さん支持で固まっていました。猪瀬さんは小泉 [全文を読む]

フォーカス