出演者 半沢直樹に関するニュース

キャストよりも"内容"約6割…ドラマ不況の原因は?

NewsCafe / 2014年01月14日12時00分

[女性/40代/主婦]■いろんな意味が含まれますけど、そもそもの設定に興味が湧かないとか、脚本が稚拙と感じるとか、出演者の演技を不満に思うとか。[男性/50代/その他]■視聴率ばかりで出演者が迷惑やな(笑)。番組内容と制作の問題やな。[男性/40代/自営業]【2位】裏番組が強力(12.2%)■1週間分の番組を録画できる時代に、現在の視聴率調査の仕方では、番 [全文を読む]

堺雅人 『半沢直樹』打ち上げで明かした本音「またやりたい」

WEB女性自身 / 2013年09月14日07時00分

『毎週妻と見ています!』と言うとスタッフが『全ての取材を断っているのに半沢だけは受けてくれました!』と説明し、拍手喝采でした」(前出・ドラマ関係者)『半沢直樹』は出演者が多かったが、その1人1人が挨拶のため壇上に登った。堺の番になると、彼は一礼し落ち着いた口調で語りはじめた。「多くのドラマに出演させていただきましたが、初めて001番の(通し番号が振られた) [全文を読む]

『半沢直樹』大ヒットからも学べないTBS……後枠キムタクドラマにスターキャスト続々の“インフレ状態”

日刊サイゾー / 2013年09月11日13時00分

『半沢直樹』の視聴率には負けられないとばかりに、豪華出演者が続々と決定していることが、先頃も報じられた。 「主演のキムタクと相手役の柴咲コウというキャストも豪華ですが、キムタクの妹役にAKB48・大島優子をはじめ、桐谷健太や本田翼、ジェシー(ジャニーズJr.)、山本美月、平岡祐太など、今をときめく人気者ばかり。こんなに集めて収拾がつくのでしょうか(笑)」( [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

――となると、両ドラマの出演者のニアミスもちょいちょい起きるわけで。なんとこの時期、キムタクと織田裕二も顔を合わせているんですね。ちなみに、両者の初顔合わせはこの兄妹が間を取り持ち、「ども、織田です」と男前に挨拶する織田裕二に対して、キムタクはひたすら照れていたそう――。閑話休題。それはそうと、『ロケット・ボーイ』は開始早々、思わぬトラブルが起きる。なんと [全文を読む]

“人材難”キムタク主演ドラマを救った「禁じ手」

日刊大衆 / 2016年12月04日16時00分

木村拓哉(44)が主演する来年1月スタートの連ドラ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)のゲスト出演者を巡り、芸能事務所の間で激しいバトルが繰り広げられているという。そもそも、このドラマ、SMAP解散騒動で一部で“戦犯”と報じられた木村が主役とあって、当初はヒロイン役さえも決まらなかったいわくつきのもの。 「石原さとみ、吉高由里子、波瑠、満島ひかり、長澤 [全文を読む]

嵐・松本潤、『99.9』主演に異例の猛バッシング! 「ジャニーズ使うな!」の声噴出のワケ

サイゾーウーマン / 2016年02月28日09時00分

『99.9』は、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判で、0.1%の無罪勝訴にかける型破りな弁護士が主人公の痛快逆転劇で、さらに出演者には香川が名を連ねています。それによって、かつてこの枠で放送されていた『半沢直樹』を暗に想起させ、どうしても比べられてしまうようなんです。『半沢直樹』主演の堺雅人に比べると、松本は力不足だと思われているのかもしれませんね」 [全文を読む]

出演者も圧倒された『下町ロケット』撮影チームのすごさ

WEB女性自身 / 2015年11月26日06時00分

(週刊FLASH2015年12月8日号) [全文を読む]

キムタクが「共演NG」にしたアノ女優のドラマ復帰に大逆風が!

アサ芸プラス / 2015年03月11日09時59分

スタッフ、出演者の顔合わせ時間が、井川のスケジュールに合わせて作られていたことに、キムタクが激怒したことが原因です。これが、同じく共演していた明石家さんまクラスの大物ならばまだ納得できるのでしょうが、当時、売り出し中だったとはいえ、新人同然の井川によって他の出演者の予定が左右されるというのはありえなかった。キムタクはいつもスタッフや出演者に声をかけ、ドラマ [全文を読む]

ドラマを語るなら、このサイト!「みんなのドラマ(MINDRA)」が凄い

ITライフハック / 2014年12月29日17時00分

出演者やキーワードなどで、ドラマに関連した情報を調べたいときに便利に使える。現在、人名は1万9,000人、作品は3万作品が登録されているが、これからより増えていくことは間違いない。ドラマが好きな人は、同サイトを利用して、より深くドラマの世界にのめり込むとよいだろう。■みんなのドラマ(MINDRA) [全文を読む]

『半沢直樹』続編は10月から! 佐藤浩市、西田敏行、野村萬斎、真木よう子ら豪華キャストで……

日刊サイゾー / 2014年02月25日11時00分

出演者は堺をはじめ、前回のメンバーに加えて、佐藤浩市、西田敏行、野村萬斎、それに高畑淳子、真木よう子らが予定されているという。これだけの出演者を並べるには、前回以上の制作費がかかるが、とりあえず制作が決まり、半沢ファンは一安心といったところだろう。さらに続編では、前回『半沢直樹』の舞台になった東京中央銀行のポスターのみで出演した夏目が、女優として本格的に出 [全文を読む]

“2匹目の『半沢直樹』”狙うフジテレビが、原作者・池井戸潤氏に接触か

日刊サイゾー / 2013年10月24日11時00分

「それよりも注目すべきはドラマ作りの手法で、『半沢直樹』は原作ありきで、後から出演者たちを決めていった昔のやり方がヒットしたんです。そういう意味では、フジがまず作品を決めてから取り掛かる流れを取り戻すなら、好ドラマができる可能性はあるでしょう」(同) 最近のドラマは、高視聴率が見込める人気俳優を重宝しすぎる傾向から、作品以前に主要キャストと脚本家を決め、 [全文を読む]

半沢直樹「出演者たちの舞台裏エピソード」

アサ芸プラス / 2013年09月18日10時00分

トリビアのお次は、個性派出演者たちの舞台裏エピソードだ。作品内の対立よろしく、主演の堺を中心に、役者たちの意地とプライドをかけた火花の散らし合いをのぞいてみよう! 撮影現場の様子について番組関係者が言う。 「今回、堺さんは、特に銀行の専門用語などが多いので、自宅や移動の車内でセリフ回しを何度も繰り返し音読して覚えていると聞きます。現場ではすでにイメージトレ [全文を読む]

上戸彩『半沢直樹』打ち上げ二次会で吉野家の牛丼早食い挑戦

NEWSポストセブン / 2013年09月12日16時00分

出演者らの挨拶で大阪編のトップバッターは大阪西支店の副支店長を演じた宮川一朗太(47才)だった。 「挨拶の最後に、“妻(田中美奈子・46才)との社宅での日常を描いた『副支店長・江島浩』を、深夜2時くらいの枠で構いませんので…!”と締めたので、堺さん含め、みなさん大ウケでしたよ」(芸能関係者) そして小木曽次長を演じた緋田康人(49才)の出番になると会場は [全文を読む]

長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』、追加キャスト一挙37名発表!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月31日12時00分

人気作家・池井戸潤の同名ベストセラー小説をTOKIOの長瀬智也主演で映画化する『空飛ぶタイヤ』の出演者が、一挙に37名発表された。深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、ムロツヨシといったキャストたちが名前を連ねている。 本作の主人公は、1台のトレーラーが起こした脱輪事故を受けて整備不良を疑われるも、トレーラーの車両の構造そのものに欠陥があるので [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】福田萌や“歴史的人物”もランクイン 名前に「福」が入る有名人TOP10

TechinsightJapan / 2017年01月06日16時59分

番組でアンケート調査した“名前に「福」が入る有名人TOP10”を出演者が予想するのだが、いつもとは違うジャンルの人物に驚く場面が続く。 特に8位はなかなか当たらずに最後まで残った。アシスタントの水卜麻美アナウンサーがヒントとして首を傾げて見せるが分からず、ついに『PERFECT HUMAN』の振付で両手を後ろに伸ばすステップ「フライングマン」をやって見せる [全文を読む]

ユーザーの選択でストーリーが変わる?!FAKY主演、李闘士男監督の「選択制」Webドラマが新感覚すぎる【動画】

AOLニュース / 2016年08月30日18時30分

出演者にはFAKYのメンバーの他、東京ガールズコレクションを舞台に開催された「東京ガールズオーディション 2015」でグランプリに輝いた塗木莉緒や、同じく「東京ガールズオーディション 2015」でファイナリストに選ばれた糸原美波、Girls Awardとavexが共同で開催したオーディション「Boys Award」で特別賞を受賞した木田佳介の他、アソビシ [全文を読む]

堺も高畑も1000万増!芸能人CMギャラ、大河出演者が軒並み好調

WEB女性自身 / 2016年08月16日06時00分

「NHK出演者へのオファーが殺到しています。民放ドラマが不調のなか、NHKドラマは終始安定した高視聴率を記録している。それにNHKは重役クラスが見ているため、社長直々のご指名というケースもよくありますから」 そう語るのは大手広告代理店関係者。今回、本誌はこの関係者から大手広告代理店が作成したCMギャラリストを独占入手。価格は実際に有名人サイドに渡る金額では [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

2013年上半期の朝ドラ『あまちゃん』も、本放送の視聴率こそ平均的でしたが、Twitter等の口コミで話題となり、BSの早朝放送や録画視聴者が大きく増加し、出演者は軒並み大ブレイク。 DVDの売り上げも年間1位、朝ドラ史上6位の快挙となりました。ちなみに視聴率は平成だけでは10位。視聴者内での購入率が高い、つまり、より深いファンが多いことがうかがえます。 [全文を読む]

ドラマ『下町ロケット』ヒットの理由、実は…。小泉、今田は来年結婚も?

週プレNEWS / 2015年12月20日06時00分

さて、「ガウディ編」の出演者の方たちも占ってみましょう。まず、小泉孝太郎さん。 小泉さんの性格はめちゃくちゃまじめ、繊細で真っすぐ。臆病で人が苦手。完全に努力型です。首相だったお父さんのような目立ちたがり屋ではないので、政治はやらないでしょう。ただ、超マザコンなので、母親にどうしてもやれと言われたらやってしまうかも。恋愛は黒髪のお嬢さま系に弱い。あ、今、 [全文を読む]

阿部寛と土屋太鳳が親子に!池井戸潤原作「下町ロケット」が日曜劇場でスタート!異例の試みも…

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月21日17時30分

生きるうえで必要なこととは? 働くことの意義とは? 幾多の困難を乗り越えながら、絶対に夢をあきらめない男と、社員のプライドとが紡ぎだす未来、下町の雑草魂が今ロケットを打ち上げる! ■日曜劇場「下町ロケット」 原作:池井戸潤 出演者:阿部寛/土屋太鳳ほか 演出:福澤克雄 脚本:八津弘幸 プロデューサー:伊與田英徳/川嶋龍太郎 製作著作:TBS ■『下町ロケッ [全文を読む]

フォーカス