出演者 半沢直樹に関するニュース

石原さとみ、堺雅人、満島ひかりら受賞「東京ドラマアウォード2014」

モデルプレス / 2014年10月23日15時26分

◆「花子とアン」出演者など話題のドラマから名優が登場 このほか授賞式には、「花子とアン」(NHK)、「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」(TBS系)の吉田鋼太郎、「三匹のおっさん」(テレビ東京系)の北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎らが登壇した。(modelpress編集部) ■2014年の受賞者・受賞作品 作品賞<連続ドラマ部門> グランプリ [全文を読む]

堺雅人「日本には小さな“半沢直樹”がたくさんいる」

モデルプレス / 2014年10月23日16時31分

「本当に本当に全くヒットするつもりがなかった」という福澤氏は、「外れる覚悟で出ていただいた出演者の方に感謝。テレビのヒットの常識からほとんど外れていたので、なかなか企画も通らなかったです。恋愛もない女性もあまりいない、こんなのみんな分かるのかって。ヒットを無視して視聴率を無視してやったんです」と振り返った。 ◆石原さとみ、満島ひかりらも受賞 このほか授賞式 [全文を読む]

キャストよりも"内容"約6割…ドラマ不況の原因は?

NewsCafe / 2014年01月14日12時00分

[女性/40代/主婦]■いろんな意味が含まれますけど、そもそもの設定に興味が湧かないとか、脚本が稚拙と感じるとか、出演者の演技を不満に思うとか。[男性/50代/その他]■視聴率ばかりで出演者が迷惑やな(笑)。番組内容と制作の問題やな。[男性/40代/自営業]【2位】裏番組が強力(12.2%)■1週間分の番組を録画できる時代に、現在の視聴率調査の仕方では、番 [全文を読む]

堺雅人 『半沢直樹』打ち上げで明かした本音「またやりたい」

WEB女性自身 / 2013年09月14日07時00分

『毎週妻と見ています!』と言うとスタッフが『全ての取材を断っているのに半沢だけは受けてくれました!』と説明し、拍手喝采でした」(前出・ドラマ関係者)『半沢直樹』は出演者が多かったが、その1人1人が挨拶のため壇上に登った。堺の番になると、彼は一礼し落ち着いた口調で語りはじめた。「多くのドラマに出演させていただきましたが、初めて001番の(通し番号が振られた) [全文を読む]

『半沢直樹』大ヒットからも学べないTBS……後枠キムタクドラマにスターキャスト続々の“インフレ状態”

日刊サイゾー / 2013年09月11日13時00分

『半沢直樹』の視聴率には負けられないとばかりに、豪華出演者が続々と決定していることが、先頃も報じられた。 「主演のキムタクと相手役の柴咲コウというキャストも豪華ですが、キムタクの妹役にAKB48・大島優子をはじめ、桐谷健太や本田翼、ジェシー(ジャニーズJr.)、山本美月、平岡祐太など、今をときめく人気者ばかり。こんなに集めて収拾がつくのでしょうか(笑)」( [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

――となると、両ドラマの出演者のニアミスもちょいちょい起きるわけで。なんとこの時期、キムタクと織田裕二も顔を合わせているんですね。ちなみに、両者の初顔合わせはこの兄妹が間を取り持ち、「ども、織田です」と男前に挨拶する織田裕二に対して、キムタクはひたすら照れていたそう――。閑話休題。それはそうと、『ロケット・ボーイ』は開始早々、思わぬトラブルが起きる。なんと [全文を読む]

“人材難”キムタク主演ドラマを救った「禁じ手」

日刊大衆 / 2016年12月04日16時00分

木村拓哉(44)が主演する来年1月スタートの連ドラ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)のゲスト出演者を巡り、芸能事務所の間で激しいバトルが繰り広げられているという。そもそも、このドラマ、SMAP解散騒動で一部で“戦犯”と報じられた木村が主役とあって、当初はヒロイン役さえも決まらなかったいわくつきのもの。 「石原さとみ、吉高由里子、波瑠、満島ひかり、長澤 [全文を読む]

嵐・松本潤、『99.9』主演に異例の猛バッシング! 「ジャニーズ使うな!」の声噴出のワケ

サイゾーウーマン / 2016年02月28日09時00分

『99.9』は、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判で、0.1%の無罪勝訴にかける型破りな弁護士が主人公の痛快逆転劇で、さらに出演者には香川が名を連ねています。それによって、かつてこの枠で放送されていた『半沢直樹』を暗に想起させ、どうしても比べられてしまうようなんです。『半沢直樹』主演の堺雅人に比べると、松本は力不足だと思われているのかもしれませんね」 [全文を読む]

出演者も圧倒された『下町ロケット』撮影チームのすごさ

WEB女性自身 / 2015年11月26日06時00分

(週刊FLASH2015年12月8日号) [全文を読む]

キムタクが「共演NG」にしたアノ女優のドラマ復帰に大逆風が!

アサ芸プラス / 2015年03月11日09時59分

スタッフ、出演者の顔合わせ時間が、井川のスケジュールに合わせて作られていたことに、キムタクが激怒したことが原因です。これが、同じく共演していた明石家さんまクラスの大物ならばまだ納得できるのでしょうが、当時、売り出し中だったとはいえ、新人同然の井川によって他の出演者の予定が左右されるというのはありえなかった。キムタクはいつもスタッフや出演者に声をかけ、ドラマ [全文を読む]

フォーカス