摂食障害 鈴木明子に関するニュース

カレン・カーペンターやダイアナ元妃も経験、摂食障害の怖さ

NEWSポストセブン / 2016年12月11日07時00分

この様子に摂食障害の疑いもあると語るのは、精神科医の片田珠美氏だ。 「生命維持に直結する食の問題だけに、摂食障害は精神疾患の中でも比較的死亡率が高く、約10%にのぼるといわれています。体重が30kgを切ると栄養失調状態になり、免疫力が低下して、ちょっとした病気にもかかりやすい。また、回復するだけの体力もない。突然心停止し、そのまま死を迎えるといったケースも [全文を読む]

拒食症説も出る神田沙也加“激やせ“騒動 背景に母・松田聖子との歪な親子関係?

リテラ / 2015年05月07日12時00分

4月6日、沙也加がインスタグラムに自身の近影を投稿したのだが、その姿があまりにもガリガリに痩せていたため、一部の週刊誌やネットで「拒食症なんじゃないか」「摂食障害の可能性もある」と報じられたのだ。 一方、沙也加はこうした噂を懸命に打ち消そうとしているようだ。沙也加のブログといえば、それまでファッションや仕事の内容が主だったのが、激やせ報道以降、内容が一転、 [全文を読む]

不眠に悩んだ時期も…プロスケーター・鈴木明子の自然体で生きるコツ

Fuminners / 2016年12月28日17時00分

目次1.“緊張を楽しむ”ために…スケートに全てをかけた現役時代2.眠ることすら困難に…摂食障害の苦しみ3.五輪のプレッシャーで不眠に! 引退して変わったこと4.2016年は“変化の年”。これから始まる新たな挑戦5.【パジャマ&アザーカットギャラリー】“緊張を楽しむ”ために…スケートに全てをかけた現役時代フィギュアスケートは優雅な見た目とは裏腹に、スケート技 [全文を読む]

3月に引退したフィギュアスケート日本代表の鈴木明子が初めての書籍!

PR TIMES / 2014年04月02日17時02分

摂食障害、スランプを乗り越えてオリンピックに2度出場したフィギュア日本代表の生き方! 13回目の出場で全日本選手権を制し(28歳での優勝は最年長記録!)、 ソチオリンピックに出場。 2大会連続入賞を果たしたフィギュアスケート日本代表の鈴木明子選手。 32キロまで体重が激減した「摂食障害」を克服、 スランプを乗り越えていくつもの栄冠をつかんできました。 3 [全文を読む]

摂食障害は「ありのままの私で愛されたい」心の叫び 自力で治すのは難しい女性の病を心理カウンセラーが解説

ウートピ / 2014年07月18日12時00分

潜在患者が多く、正確な数は不明ながら日本女性の100〜150人に1人はいるとも言われる摂食障害。日本では1980年代あたりから患者が急増しており、最近ではフィギュアスケート選手の鈴木明子さんやタレント遠野なぎこさんもその過去を告白しています。主に“やせ願望”へのとらわれが原因として知られていますが、摂食障害は、もともと心に葛藤や苦しみがあり、それが食行動と [全文を読む]

現役引退の鈴木明子 悩む村上佳菜子に現役続行の助言する

NEWSポストセブン / 2014年04月05日07時00分

東北福祉大学1年生の時に摂食障害を患い、体重が32㎏まで落ちた。リンクに立てないほど体力が衰え、スケートからも遠ざかったが、「また滑りたい」という一心で、約1年で復帰。再びリンクへ戻ると、トリノで金に輝いた荒川静香(32才)を目標に掲げた。 「当時、荒川さんは24才。勢いや若さではない、大人としての演技には深みがありました。私も20代に入っていたので、“ [全文を読む]

元フィギュアスケート日本代表の鈴木明子が初の書籍を刊行

Entame Plex / 2014年04月03日16時45分

一時は32キロまで体重が激減した「摂食障害」を克服し、スランプを乗り越えてきた自身の体験をもとに、本作では不安や恐怖を乗り越える方法などについても書かれているという。 “結果が出なくてもあきらめない、日が当たらなくても腐らない。ただ、コツコツと積み上げる——”、出版元の株式会社KADOKAWAは、がんばっているのに成果が出ない人、生き方に迷っている人にぜ [全文を読む]

キム・ヨナ 「拒食症」疑惑で深刻な肉体崩壊の危機(2)

アサ芸プラス / 2014年02月18日09時57分

Web「Sankei Biz」の「摂食障害と闘った10年前の夏」には、彼女が摂食障害に陥った模様が生生しく書かれているのだ。 〈身長160センチで体重が48キロだった私は、少しだけ体重を落とそうと思いました。いま振り返れば、食事を制限する中で自己管理への意識が強くなりすぎてしまいました〉 結果、彼女は食事を受け付けない状態に陥り、食べると吐くようになってし [全文を読む]

鈴木明子 実父が今だから明かす「摂食障害からの復活」

WEB女性自身 / 2014年02月07日07時00分

だから一度ぐらい勝って喜んでもいいんじゃないでしょうか(笑)」 22年のスケート人生で最大の試練といえば、摂食障害に苦しんだことだろう。03年、東北福祉大学に進学した鈴木は、初めて親元を離れ仙台で1人暮らしを開始。だが完璧にこなそうとするあまり精神的に追い詰められ、摂食障害に。48キロあった体重は、3カ月足らずで32キロに激減した。和則さんは、09年11月 [全文を読む]

浅田真央 絶望のバンクーバーを経て、亡き母に誓ったソチ五輪

NEWSポストセブン / 2014年02月20日07時00分

高橋は2008年の大けが、鈴木は大学時代の摂食障害を克服してきてリンクに立っているのに、“自分は何をしているんだろう”と、ますます追い込まれてしまったかもしれません」(スポーツ紙記者) どん底の浅田が、再び前を向くことができたきっかけは、やはり匡子さんへの思いだった。2012年12月、GPファイナル出場のため、ソチに降り立った。ソチ五輪と同じ会場で、彼女は [全文を読む]

フォーカス