世界選手権 伊藤美誠に関するニュース

福原愛、石川佳純らが新ウエア公開&世界卓球へ決意!

Smartザテレビジョン / 2016年02月04日08時00分

卓球の世界選手権団体戦に出場する日本代表選手の記者会見が行われ、水谷隼、丹羽孝希、大島祐哉、吉村真晴、松平健太、福原愛、石川佳純、伊藤美誠、若宮三紗子、浜本由惟が登場した。 2月28日(日)にマレーシア・クアラルンプールで開幕する本大会は、テレビ東京系、BSジャパンで中継される。 個人戦、団体戦と交互に開催される世界選手権、ことしは団体戦の年。前回の'14 [全文を読む]

バドミントン、卓球、王者中国を猛追する日本女子

Record China / 2016年03月26日22時30分

卓球は世界選手権団体戦では銀メダルを獲得した。サッカー「なでしこジャパン」はアジア最終予選で中国に敗れ、リオデジャネイロ五輪出場を逃したが、室内競技の「やまとなでしこ」は元気だ。 まず、バドミントン。英国のバーミンガムで今月、開かれた全英オープンの女子シングルス決勝で、奥原希望が中国の王適嫻を破り、初優勝を果たした。日本勢の女子単制覇は1977年の湯木博恵 [全文を読む]

<卓球>伊藤美誠と対戦の中国選手、大接戦でも「マナー」守る

Record China / 2017年06月02日20時30分

2日、ドイツのデュッセルドルフで行われている卓球世界選手権の女子シングルス4回戦で、日本の伊藤美誠と対戦した朱雨玲(ジュー・ユーリン)の「マナー」が話題になっている。 試合は第1ゲームを朱が11−9で奪うと、第2ゲームは伊藤が11−8で奪い返す白熱した展開に。ところが、第3ゲームでは朱が伊藤を圧倒して10−0でゲームポイントを握る。すると、朱は伊藤のサーブ [全文を読む]

<卓球>平野美宇に敗れた中国代表2選手、強化合宿で仮想・平野美宇への「リベンジ」失敗―中国メディア

Record China / 2017年05月15日17時00分

2017年5月14日、捜狐体育によると、卓球世界選手権に向けて行われている中国代表の合宿で、女子の主力選手が「仮想・平野美宇」との練習試合で相次いで敗れたという。 広東省深セン市で実施中の中国女子卓球代表の非公開強化合宿では、国外の強豪選手を想定した相手との練習試合が行われているようだ。中国中央テレビ(CCTV)の記者が入手したリストによると、平野、伊藤美 [全文を読む]

ラケットの代わりにスリッパを使う!? 島根県で盛り上がっている、オモシロ卓球の大会って?

マイナビ進学U17 / 2016年06月15日12時01分

それにしても、スリッパを使って行う卓球に「世界選手権」があるだなんて、驚きですよね。しかもダブルス!? これは気になります。そこで今回は、松江観光協会玉造温泉支部の岡本さんに実際に聞いてみました。―ー「世界スリッパ卓球ダブルス選手権大会in玉造温泉」は、いつごろ生まれた大会なのでしょうか。「“玉造温泉×温泉卓球×楽しいこと。”を合言葉に、平成26年3月15 [全文を読む]

<中国の週間動向>全人代が北京で開幕=16年成長目標6.5〜7%に、中国外相は「二面性の典型例」と日本を痛烈批判

Record China / 2016年03月12日11時20分

▼卓球世界選手権で日本女子は銀メダル、中国監督が伊藤を絶賛 マレーシアで6日に行われた卓球の世界選手権団体決勝で日本女子は中国と対戦し、0−3で敗れた。試合後、中国女子チームの孔令輝(コン・リンフイ)監督は日本の伊藤美誠について「今後10年、中国のライバルになる」と絶賛した。 ▼エレベーターに女性が閉じ込められ犠牲に、点検作業員の「業務上過失」 中国陝西 [全文を読む]

日本代表大躍進! 『世界卓球』熱戦の裏で、福原愛が“お花畑”ツイート連発中……

日刊サイゾー / 2017年06月07日07時00分

連日、日本人選手のメダルラッシュに沸いた卓球の世界選手権。特に今大会は若い世代の躍動が目立ち、“ハリケーン”平野美宇がシングルス、“みまひな”伊藤美誠&早田ひながダブルスでそれぞれ銅メダル、エース石川佳純に至っては混合ダブルスで金メダルを獲得している。 「生中継したテレビ東京は5月29日~6月4日のゴールデンタイムの平均視聴率8.6%(ビデオリサーチ調べ、 [全文を読む]

世界卓球で平野美宇を標的にする中国。「それほど恐れることはない」は本音か?

週プレNEWS / 2017年05月31日06時00分

地元ファンの前で屈辱を味わった中国が、今回の世界選手権で日本の新ヒロインにどんな戦いを挑むのか。 中国の現地報道によると、代表チームは平野のプレーを綿密に分析。そのスタイルをコピーした4選手を合宿に招き、シミュレーション対戦を繰り返しているという。「平野選手は成長著しく、打法もかなり先進的だが、それほど恐れることはない」という孔監督の強気な発言も報じられ [全文を読む]

Brightcove LiveとSSAIが、テレビ東京による2017年世界卓球選手権ドイツ大会のテレビ放送の同時配信に採用 Brightcove

PR TIMES / 2017年05月29日13時00分

■2017年世界卓球選手権ドイツ大会(個人戦)について「世界卓球2017ドイツ(世界選手権デュッセルドルフ大会)」は5月29日(月)~6月5日(月)の日程で開催され、リオ五輪で大活躍した水谷隼選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手に加えて、成長著しい平野美宇選手、張本智和選手ら、期待の若手が多数出場します。平野選手においては、4月のアジア選手権で中国の3選手を破 [全文を読む]

福原愛がツイッターアカウントを開設!=中国ネット「ツイッターより微博を先にやる日本人、初めて見た」

Record China / 2017年05月18日13時10分

17日には日本で世界選手権壮行会が行われたこともあり、伊藤にエールを送るツイートも見られた。 福原は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも本家のツイッターアカウント開設を「日本版の微博をやり始めた」と独自の表現で報告。微博のユーザーからは「フォローしたよ」「愛ちゃんがやり始めたのを見てすぐにツイッターをインストールした」「愛ちゃんは日本でもたくさんファン [全文を読む]

<卓球>韓国紙も平野美宇を絶賛!「万里の長城を撃破したドラゴンスレイヤーだ」

Record China / 2017年04月21日13時10分

朝鮮日報は「卓球は中国が最も得意とする競技であり、世界選手権や五輪などで金メダルを取るのは、基本的にみな中国選手か中国系外国人選手だ。しかし、この難攻不落の万里の長城を撃破する日本の卓球少女が登場した。それは平野美宇だ」と紹介。 アジア選手権の女子シングルスで中国人以外の外国選手が優勝するのは平野が3人目で、前回は1996年までさかのぼるという。平野の快 [全文を読む]

平野美宇&伊藤美誠“今は恋愛よりも卓球”金メダル誓う

Entame Plex / 2017年01月28日18時00分

5月に世界選手権への出場を控えている2人は、メダル獲得を目指し調整中。練習後のリフレッシュについて、伊藤選手は「テンション上げたいときは自分が好きな音楽を聴いたり買い物をしてリフレッシュしています」と話し、平野選手は「ベッドに籠ってアイドル動画を観ながらお菓子を食べると、明日も頑張ろうって気持ちになります。家ではチョコレート、外ではパンケーキ、甘いものを [全文を読む]

日本に抜かれる!?若手が続々台頭する日本卓球界に中国メディアが危機感

Record China / 2016年10月12日22時10分

2016年のクアラルンプールの世界選手権(団体)では、男女ともに銀メダルを獲得した。リオ五輪では、男子は団体で銀メダル、シングルスで水谷隼が銅メダルを獲得、女子は団体で銅メダルを獲得した。そして、先日、米フィラデルフィアで行われたワールドカップでは、16歳の平野美宇が最年少優勝を果たした。 記事は、東京五輪で中国を破ることを目標に掲げる日本の「恐るべき点」 [全文を読む]

リオ五輪、注目の「中年オヤジ」選手20人!32歳で競技開始、一度引退後に復活…

Business Journal / 2016年08月03日06時00分

澤野は、05年に現在も残る5m83の日本記録を樹立し、同年行われた世界選手権では同種目日本人初の8位入賞を果たした棒高跳び界のパイオニアだ。 一時は怪我による低迷期が続き、4年前はロンドン五輪の出場も逃した。この時点で、すでに31歳。引退を覚悟してもいい年齢だが、澤野は五輪をあきらめきれなかった。この時の悔しさをバネに4年間入念に準備を重ね、今シーズンつい [全文を読む]

卓球15歳の伊藤美誠、中国の女王破る大金星!=中国ネットで驚きの声「本当にすごいな!」「東京五輪ではアジアをけん引しているだろう」

Record China / 2016年04月14日21時30分

2016年4月14日、卓球女子の15歳のホープ、伊藤美誠(みま)が香港で行われたリオデジャネイロ五輪アジア予選シングルスで、昨年の世界選手権個人戦を制した中国の丁寧(ディン・ニン)を4−2で破る大金星を挙げたことについて、中国のネット上では驚きの声が広がっている。新浪が伝えた。 伊藤はリオ五輪の個人戦には出場しないが、団体戦での出場が予定されている。若き新 [全文を読む]

<卓球>中国監督が伊藤美誠を絶賛!=「今後10年、中国のライバルは彼女だ」―中国メディア

Record China / 2016年03月08日11時10分

マレーシアで行われた世界選手権団体決勝で、日本は中国に0−3で敗れたが、15歳の伊藤は世界ランク2位の丁寧(ディン・ニン)を相手に1ゲーム目を先取するなど奮闘した。 試合後、孔監督は日本チームについて「ここ10年で最強の布陣だった」と評し、「3−2までもつれることを覚悟していた。相手は確かにそのレベルまで達している」とした。 また、伊藤の名前を挙げ、「彼 [全文を読む]

<卓球>日本女子がベスト4進出、中国ネットも“歓迎”=「うれしくなった」「前日に泣いた愛ちゃんも今回は笑顔」

Record China / 2016年03月04日11時30分

2016年3月3日、マレーシアで行われている卓球の世界選手権で、日本の女子が準々決勝でドイツを破り、メダルを確定させた。 日本のこの日の相手は、予選リーグで唯一敗れたドイツ。第1試合に登場した伊藤美誠が3−1で勝利すると、2番手の石川佳純が前日に敗れたソルヤに3−1で勝利、3番手の福原愛も同じく前日に敗れたジルバーアイゼンに3−1で勝利し、ベスト4進出とメ [全文を読む]

フォーカス