ロッテ 伊良部秀輝に関するニュース

【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

文春オンライン / 2017年05月31日11時00分

パ・リーグ最下位のロッテだが、阪神にとっては怖いイメージ 今年もセ・パ交流戦のシーズンがやってきた。我が阪神にとって初陣となる三連戦の相手は千葉ロッテだ。今季ここまでのロッテはパ・リーグ最下位に沈んでいるものの、交流戦に関しては過去12年間で二度の優勝を誇り、通算159勝127敗14分けと、12球団でソフトバンクに次ぐ2位である(阪神は143勝147敗10 [全文を読む]

【プロ野球】小山正明・山内一弘、田淵幸一・真弓明信、落合博満・牛島和彦…。歴史的WIN・WINトレード3選

デイリーニュースオンライン / 2016年12月19日17時05分

■<3>【1986年オフ】ロッテ・落合博満 ←→ 中日・牛島和彦ほか 前代未聞の「1対4のトレード」が発表されたのは、もう少しでクリスマス・イブを迎えようかという1986年12月23日の午後10時過ぎ。トレードの主役は、その年、史上最多となる3度目の三冠王を獲得したロッテの落合博満だ。 チーム成績も観客動員も伸び悩むなか、圧倒的な個人成績を残す落合の年俸 [全文を読む]

【著者に訊け】田崎健太 豪速球投手『球童 伊良部秀輝伝』

NEWSポストセブン / 2014年06月11日07時00分

香川・尽誠学園では甲子園に2度出場し、1988年ドラフト1位でロッテに入団。最多勝1回、最優秀防御率2回、最多奪三振2回と、先発の一角を担う。 1997年ヤンキースに移籍。1998年にはワールドシリーズ制覇も果たすが、その後はエクスポズ等を経て、2003年阪神に入団。2004年秋に戦力外通告を受けるが、2009年現役復帰。米独立リーグや四国・九州アイランド [全文を読む]

プロ野球記録を作っても…容易ではない“平成の奪三振王”への道

ベースボールキング / 2017年06月09日11時45分

【平成限定・シーズン奪三振ランキング】1位 287個 野茂英雄(近鉄/1990)1位 287個 野茂英雄(近鉄/1991)3位 276個 野茂英雄(近鉄/1993)3位 276個 ダルビッシュ有(日本ハム/2011)5位 247個 今中慎二(中日/1993)6位 241個 石井一久(ヤクルト/1998)6位 241個 田中将大(楽天/2011)8位 239 [全文を読む]

王貞治を激怒させた「開幕投手・園川事件」 本人が振り返る

NEWSポストセブン / 2017年03月28日16時00分

もちろん、よく覚えていますよ」 1996年、伊良部秀輝、小宮山悟、ヒルマンの3本柱を差し置いてロッテの開幕投手を務めた園川一美は、苦笑しながら振り返る。試合前日、開幕投手にエース・工藤公康を立てたダイエー・王貞治監督は、相手の予告先発が園川と聞き、報道陣に「開幕投手には“格”というものがあるだろう」と不満をブチまけてスポーツ紙の一面を飾った。 「奇策といわ [全文を読む]

MLBへのエース流出球団 翌年の成績が悪化しなくなった背景

NEWSポストセブン / 2014年03月16日16時00分

すると、野茂を始め、1997年の伊良部秀輝(ロッテ→ヤンキース)、1998年の吉井理人(ヤクルト→メッツ)、2000年の佐々木主浩(横浜→マリナーズ)、2006年の松坂大輔(西武→レッドソックス)、2008年の黒田博樹(広島→ドジャース)、2012年のダルビッシュ有(日本ハム→レンジャース)などの17投手が該当する。 松坂と井川慶(阪神→ヤンキース)がメ [全文を読む]

【ロッテ】ウグイス嬢歴27年目 マイクの鉄人・谷保恵美さんの“仕事の流儀”

文春オンライン / 2017年05月11日11時00分

千葉ロッテマリーンズには名物ウグイス嬢がいる。その職名を聞くと華やかに思われがちだが、その任務は決してミスが許されない重圧のかかる激務。「サブロ~~~」のコールで有名な千葉ロッテマリーンズの場内アナウンス担当歴27年目の谷保恵美さんは、ここまで本拠地1627試合で場内アナウンスを担当。そして特筆すべきは業務に携わった連続試合出場記録。本拠地主催一軍公式戦で [全文を読む]

【プロ野球】野村弘樹、仁志敏久が語る「あの選手」がスゴかった!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日16時05分

「由伸は、教科書なんですよ」 5月26日(木)、NTTぷららが運営するオンラインコミュニティサービス「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」の人気トークイベント「里崎智也のプロ野球語り呑みvol.2」に、元横浜の野村弘樹氏、元巨人・横浜の仁志敏久氏、元ロッテの里崎智也氏が登壇。そこで出たのが仁志氏による冒頭のコメントだ。かつてのチームメイトだからこそわかる、「ヨシノブ [全文を読む]

【清原】現役時代は凄かったんだぞ! 清原和博・9つの名エピソード

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年02月25日06時00分

2. 22歳にして大乱闘事件 制裁金30万円 3学年年上にあたるロッテ・平沼投手からのデットボールに激高し、バットを放り投げて大乱闘を起こす。当然退場処分となり、制裁金30万円と2日間の出場停止処分を受けた。これにより、490試合続いていた連続試合出場がストップしてしまうことに。 3. 秋山・清原・デストラーデの最強打線 9年間で8度のリーグ優勝、6度の [全文を読む]

日本記録更新のロッテ98年「悪夢の18連敗」の真実を監督述懐

NEWSポストセブン / 2014年02月15日16時00分

そのうちのひとつ、『千葉ロッテマリーンズ』は1996年のシーズン後に伊良部秀輝が大リーグ、エリック・ヒルマンが巨人へと移ったことで落ちた戦力は補えないまま、1998年のペナントレースで「18連敗」の日本プロ野球記録を作った。 連敗中は神社への必勝祈願、真っ最中だった参院選で使われた必勝ダルマを持ち込むなどしたが、効果はなかった。 ロッテは借金10で2年連続 [全文を読む]

フォーカス