ヤクルト 稲葉篤紀に関するニュース

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

稲葉篤紀 ヤクルト監督待望論消えた背景に古巣の「学閥力学」

NEWSポストセブン / 2014年10月06日07時00分

かつてはヤクルトの主力だった選手である。現役19年間のうち、10年がヤクルトでのプレー。この間には野村克也監督の下、黄金時代のメンバーとして活躍している。 実は稲葉が引退するにあたり、古巣への復帰の声も出ていた。 「今季限りでの退任が決まっていた小川淳司監督の後任候補に名前が挙がっていました。ヤクルト時代の稲葉のファンは少なくないし、関係者の間で待望論が高 [全文を読む]

日本ハム・稲葉篤紀 現役生活20年の「深イイ話」を固め打ち!(2)宮本との“同期愛”秘話

アサ芸プラス / 2014年10月22日09時57分

ヤクルト時代の稲葉を語るうえで欠かせないのが、同期入団で現野球評論家の宮本慎也氏の存在である。2人はキャンプ前の1月にゴルフをやり、毎年テーマを決めて「今年はどっちが成績が上か」を賭けることで競っていたという。 「打者としてのタイプが違うので、単純に数字だけで優劣を決めるわけではなかったようです。そういえば、新人だった95年にいきなりリーグ優勝しましたが、 [全文を読む]

【プロ野球】オマリー対小林宏の14球勝負が再び!? もしヤクルトの『交流戦SERIES』があったら? 後編

デイリーニュースオンライン / 2017年06月10日16時05分

僭越ながら、ヤクルトファンの筆者が勝手にヤクルト版『交流戦SERIES』を前後編に渡って予想してみたい。 前編では楽天戦で梨田昌孝楽天監督対石井一久氏(元ヤクルトほか)、ソフトバンク戦で西村龍次氏(元ダイエーほか)対古田敦也氏(元ヤクルト)、西武戦で西口文也西武2軍投手コーチ対ジム・テータム氏(元ヤクルト)と、一打席対決を予想。 後編となる今回、オリック [全文を読む]

移籍先で安打が多かったFA野手

ベースボールキング / 2017年02月05日11時15分

稲葉は04年オフにヤクルトから日本ハムへFA移籍。移籍1年目の05年に112安打を記録すると、12年まで8年連続で100安打以上をマーク。首位打者に輝いた07年は、移籍後自身最多の176安打を記録した。 3位 1106安打 谷繁元信(中日:02年~15年) 成績:1604試 率.234 本126 点578 ☆01年オフに横浜から中日へFA移籍した谷繁元信は [全文を読む]

日本ハム・稲葉篤紀 現役生活20年の「深イイ話」を固め打ち!(1)誰からも好かれる人物

アサ芸プラス / 2014年10月21日09時57分

94年のドラフト3位でヤクルトに入団した稲葉はまず、球界の恩師となる知将・野村克也氏(79)の頭脳野球に育てられた。スポーツ紙デスクが言う。 「スカウトの反対を押し切って指名してくれたノムさんには恩義を抱いているようです。そのノムさんは『稲葉はいつも手の皮が剥けてボロボロになるほど、室内練習場でバットを振っていた』と言っていた。一方で、『同じような球ばっか [全文を読む]

【ヤクルト】バレンティンもデニングも、WBCは“スワローズ同窓会”だった

文春オンライン / 2017年03月24日07時00分

WBCにおけるヤクルト勢の活躍 WBCが終わった。大会のあり方や運営方法に対する批判は多いけれど、それでも手に汗握る熱戦の数々に、改めて野球の魅力を教えてもらったような気がする。歓喜に沸くアメリカナインの姿を見ながら、羨望と悔しさを同時に覚えるこの感覚も、WBCならではのことだろう。祭りが終わった後の寂しさを感じながら、こうしてキーボードを叩いている。 我 [全文を読む]

【プロ野球】宮本慎也、稲葉篤紀、井端弘和。WBC日本代表を支えたベテランたちの献身プレーをプレイバック!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月09日17時05分

(※球団名は当時の所属チーム) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■初の世界一の陰には宮本慎也の献身的な姿勢があった 2006WBC日本代表で、チーム最年長は当時35歳の宮本慎也(ヤクルト)だった。 2004年のアテネ五輪アジア予選、五輪本戦とキャプテンを務めた宮本だったが、当初はWBCの代表からは漏れていた。しかし、井口 [全文を読む]

『オープン戦首位打者』たちのシーズン成績は…?

ベースボールキング / 2017年03月07日12時30分

<2007年>・青木宣親(ヤクルト) ☆オープン戦打率.451シーズン成績:143試 率.346(557-193) 本20 点58 盗17<2008年>・稲葉篤紀(日本ハム) ☆オープン戦打率.400シーズン成績:127試 率.301(448-135) 本20 点82 盗2<2009年>・栗山 巧(西武) ☆オープン戦打率.400シーズン成績:140試 打 [全文を読む]

巨人・村田、2球団で通算100本塁打達成なるか

ベースボールキング / 2017年02月03日07時45分

その他にも井口資仁(ダイエー:149本、ロッテ:100本)、谷繁元信(横浜:103本、中日:126本)、稲葉篤紀(ヤクルト:122本、日本ハム:139本)、ラミレス(ヤクルト:211本、巨人:148本)などが2球団で100本塁打を放っている。 【村田修一】 横浜:251本塁打 巨人: 95本塁打 [全文を読む]

フォーカス