日弁連 宇都宮健児に関するニュース

【調査結果】都知事選、Google検索ユーザーは鳥越氏と宇都宮氏に注目。「費用」にも厳しい目(前編)

DreamNews / 2016年07月14日13時30分

「候補者 宇都宮」は、日弁連元会長の宇都宮健児氏。「予想 細川」はその宇都宮氏と2014年の都知事選で対決した細川護熙氏、「予想 家入」は同じく2014年、クラウドファンディングで選挙資金を集め、SNSなどを活用したネット選挙で話題になった家入一真氏を指すと見られ、検索ユーザーは「2014年を戦った元候補者から見た2016年都知事選の予想」を期待しているの [全文を読む]

【都知事選】鳥越俊太郎氏が記者会見で出馬表明「自発的出馬である」

しらべぇ / 2016年07月12日14時30分

都知事選をめぐっては、現在まで出馬表明をしている主な候補は...(1)元総務相の増田寛也氏(2)小池百合子元防衛相(3)元日弁連会長の宇都宮健児氏他にもマック赤坂氏や、前・在日特権を許さない市民の会会長の桜井誠氏なども立候補を表明している。■参院選の得票から見ると...なお、10日に行なわれた参院選の選挙区得票数を足し上げると、自公の合計得票数は2,300 [全文を読む]

宇都宮健児・元日弁連会長「秘密保護法で社会全体が萎縮してしまうことを恐れる」

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月10日18時20分

その終了後、登壇した宇都宮健児・元日弁連会長に、特定秘密保護法の問題点について、インタビューした。 ●「マスコミの萎縮をねらっているんじゃないか」 ――今日施行された秘密保護法をどう捉えているか? 「秘密保護法は、外交や防衛だけではなく、テロやスパイ活動なども対象にしており、国民生活そのものが監視される法律になっている。 これまでも、公務員が秘密を漏えいし [全文を読む]

恐怖の秘密保護法、情報を聞くだけで処罰、国民を重要情報から遮断~日弁連元会長が警鐘

Business Journal / 2014年04月08日14時00分

昨年7月の参議院選挙の結果、衆参両院で与党が多数を占めることとなり、安倍政権は強気の姿勢で12月に特定秘密の保護に関する法律(特定秘密保護法)を成立させた。 今回は、日本弁護士連合会前会長の宇都宮健児弁護士に、同法の問題点について聞いた。●従来から不十分だった情報開示 特定秘密保護法が成立してしまいましたが、そんな法律がなくても、今までにも日本は数多くの情 [全文を読む]

安倍政権の格差拡大政策は、戦争参加の自衛隊に貧困層を入隊させるため?日弁連元会長激白

Business Journal / 2014年04月04日14時00分

生活保護費削減、雇用規制緩和で貧困層を拡大させる一方、安倍政権は解釈改憲により集団的自衛権行使を容認し、アメリカとともに戦争できる体制を整えようとしている、と警鐘を鳴らしているのが、日本弁護士連合会前会長の宇都宮健児弁護士だ。 今回は、そんな宇都宮弁護士に、貧困拡大と集団的自衛権行使の関係について話を聞いた。●明文改憲と解釈改憲の両方を目指す安倍政権 憲法 [全文を読む]

“不自由な”選挙〜一般人を立候補から排除する高額供託金、禁止事項だらけの選挙活動

Business Journal / 2013年07月20日14時00分

こうした状況を改善すべきだというのが、昨年東京都知事選に出馬した前日本弁護士連合会(日弁連)会長の宇都宮健児氏である。自身の選挙運動の体験を踏まえて、選挙の仕組みの何をどう改革すればいいのか語ってもらった。 前編はこちら●有権者の3%未満にしか配布できないビラ これまで私は弁護士として、サラ金や闇金などの多重債務者を救済する活動に従事してきました。また、こ [全文を読む]

TOKYO MX『ニュース女子』偏向報道で、世間の目は……注目そらされた基地移転の“本丸”

日刊サイゾー / 2017年01月14日19時00分

ビラは元総理大臣の村山富市氏や前日弁連会長の宇都宮健児氏、評論家の佐高信氏らが共同代表に名を連ねる反ヘイトスピーチの活動団体「のりこえねっと」によって配られたものだとした。 しかし、同団体はこれを「虚偽だ」と猛反発。「事前にまったく取材を受けておらず、意見の聴取はおろか単純な事実確認すらされていません」と反論した。 ネット上でも「井上氏や番組側が活動の現場 [全文を読む]

宇都宮健児氏「改革を断行してくれる」と小池都知事を評価

NEWSポストセブン / 2016年10月07日16時00分

8月の都知事選出馬を辞退した元日弁連会長の宇都宮健児さんはこうした小池知事の姿勢をこう見る。 「『都知事報酬の削減』など選挙公約を実行する姿勢が見える。これからも改革を断行してくれると評価しています」 1992年に誕生した日本新党で小池知事と同期の「国会議員1年生」だった河村たかし名古屋市長も期待を寄せる。 「当選直後、小池さんには『給与削減は絶対やらな [全文を読む]

高畑裕太 逆転不起訴も被害者の人権を侵す“釈明FAX”に弁護士・宇都宮健児が喝

アサ芸プラス / 2016年09月24日09時57分

その是非を元日弁連会長・宇都宮健児弁護士(69)が喝破! 女優・高畑淳子(61)の長男・裕太が婦女暴行の容疑で群馬県警に逮捕されたのは、8月13日のこと。映画撮影のため宿泊していた前橋市のホテルの客室で、40代の女性従業員を強姦。右手親指に打撲を負わせた。「女性を見て欲求を抑えきれなかった」 と供述し、容疑を認めていた裕太。だが勾留満期の9月12日を前にし [全文を読む]

小池氏の勝因とメディアの課題

Japan In-depth / 2016年08月01日10時39分

そうした中、2012年の都知事選挙に初出馬して98万票を獲得し2位につけ、知名度抜群の元日弁連会長の宇都宮健児氏は、13日午後2時東京千代田区の日本記者クラブで行われた共同記者会見で出馬の意思を鮮明にしていた。野党内で候補が一本化出来ていない状況を露呈してしまったわけだ。結局、その後、宇都宮氏は立候補を取り下げたが、政策面でどう折り合いをつけたのか、どのよ [全文を読む]

フォーカス