ソフトバンク 永守重信に関するニュース

ユニクロ、悲観論を裏切り続けた驚異の「大ボラ経営」 5兆円企業目指し世界をのみ込む

Business Journal / 2014年12月30日06時00分

2010年12月10日、日本電産社長の永守重信氏が「ほら吹き三兄弟」と呼ぶソフトバンク社長の孫正義氏、ユニクロを展開するファーストリテイリング社長の柳井正氏、そして永守氏自身の3人が食事を共にした。 3社はいずれも「世界一」になるという目標を掲げている。日本電産の15年度の売上高目標は10年度の3倍の2兆円。ファストリの20年度のそれは6倍の5兆円。ソフト [全文を読む]

日本から「ジェフ・ベゾス」を輩出するために必要な2つのこと

Forbes JAPAN / 2017年05月02日12時30分

いま日本で成功している経営者の中で、ボーン・グローバルに一番近い感覚をお持ちなのは、例えばビリオネア・ランキングで日本人トップ(34位)に立ったソフトバンクの孫正義さんではないでしょうか。ソフトバンク自体は、国内で成功してから海外に展開しているので、ウーバーなどと比べればボーン・グローバルとは言えないかもしれません。しかし、孫さん自身は日本の高校を中退して [全文を読む]

日本長者番付2017、孫正義が首位奪回 1年で資産6千億円増やす

Forbes JAPAN / 2017年04月06日07時01分

今年の番付では、ソフトバンクグループ社長の孫正義が資産総額を204億ドル(約2兆2640億円)に増やし、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正から3年ぶりに首位の座を奪回した。孫は昨年12月、米大統領選で勝利したドナルド・トランプと会談し、ソフトバンク株はこれを受け急騰。孫の昨年からの資産増加額は番付内で最高の55億ドル(約6110億円)となった。資産増 [全文を読む]

また最高益の日本電産、課長千人採用の異例宣言…ソフトバンクと真逆の「堅実」拡大経営

Business Journal / 2016年11月11日06時00分

移転コストはかかったけど、その効率化、情報の共有化は大きな効果を生んでいます」 [全文を読む]

「蜜月」も1年で破局。新陳代謝できぬ孫正義ソフトバンクの心配な未来

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日08時20分

去る6月22日、ソフトバンクは同社副社長ニケシュ・アローラ氏の退任を発表しました。米国のIT大手「Google」でCOOを務めていた2014年に165億円とも言われる破格の金額でソフトバンクに「移籍」したニケシュ氏。同社の孫正義社長も「私の後継者候補筆頭」と認めており、蜜月の関係といわれていた中での突然の退任劇に驚きの声が上がりました。ケータイ/スマホ・ジ [全文を読む]

トヨタ社長は孫正義の2倍も優秀だった!ソニー平井社長に「優秀社長6位」の栄冠!

Business Journal / 2015年12月31日06時00分

13年、14年のトップはソフトバンクの孫正義氏で、今年は豊田氏が201票、孫氏が91票と2倍以上の得票差でトップを奪取した。 豊田氏が選ばれた理由としては、「リーマンショック以降の難局を乗り越えて、会社を立て直した」「リコール・女性役員逮捕など、度重なる問題への対応と、そこからの回復」「燃料電池車の開発・普及など先を見越した経営」などがあげられている。12 [全文を読む]

カリスマ・孫正義と柳井正は、後継者を育てることなど不可能である…鈴木敏文の失敗

Business Journal / 2016年06月29日06時00分

ソフトバンクグループは株主総会前日の6月21日、副社長で次期社長候補だったニケシュ・アローラ氏の退任を発表し、株主ならずとも世間から唐突な感じを持たれた。 2014年、米グーグルに在職していたアローラ氏に孫正義社長がほれ込み、契約時のボーナスも含めて約165億円を支払い入社させ、さらに15年度も約80億円に上る巨額報酬が支払われ話題となった。「2年間で24 [全文を読む]

史上最強の経営者投票 現役社長の評価が軒並み低い理由

NEWSポストセブン / 2016年05月20日07時00分

その結果、現役の経営者は4位の孫正義・ソフトバンク会長と9位の永守重信・日本電産会長兼社長の2人だけで、1位の松下幸之助氏など故人が多くランクインした。現役の経営者の中にも「優秀」と称される人物は数多くいるはずなのに、おしなべて評価が低いのはなぜなのか。双日総研チーフエコノミストの吉崎達彦氏がいう。 「昔の経営者に比べて、いまの経営者は明らかに小粒になっ [全文を読む]

日本電産、Institutional Investor誌の第1回全日本エグゼクティブチーム調査で第1位に

JCN Newswire / 2013年05月22日13時37分

今年、日本の優秀企業ランキングで高得点を得た他の企業には、東京海上ホールディングス、ソフトバンク、HOYA、ソニー、パナソニック、日立製作所、小松製作所、三井不動産、JR東日本などがあります。この新しいランキングは、日本に関心が集まっている時に発表されました。安倍晋三総理と黒田東彦日本銀行新総裁のリフレーション政策により、東京証券取引所の株価は上昇し、経済 [全文を読む]

フォーカス