経済評論家 荻原博子に関するニュース

経済評論家・荻原博子氏 子に先生と呼ばれ鬼母と自分責めた

NEWSポストセブン / 2014年11月01日16時00分

加入中の保険を見直し、上手に備えて」 ※女性セブン2014年11月13日号 [全文を読む]

荻原博子が「2014年のお金のこと」丸ごと予想

WEB女性自身 / 2014年01月10日07時00分

景気のいい企業など一部の人は潤うけれど、それが全ての人までは回ってこないうえに、リストラなどもまたあるのではないかと推測されます」 経済評論家の荻原博子さんに’14年の景気と、家計を守るポイントを伺った。荻原さんによると、景気の判断は基本給で計り、それもよそのお宅の数字ではなく、わが家の基本給が肝心と強調する。 「かつては日本全体が好景気に沸いたものですが [全文を読む]

天皇陛下の退位法案成立へ 眞子様ご婚約など話題多い「皇室の予算」って?

ZUU online / 2017年06月04日11時40分

秋篠宮真眞さまのご成婚に至る経済効果は、500-1000億円に上ると経済評論家荻原博子氏は試算(ライブドアニュース)。ご成婚にあやかるカップルの結婚件数がその前後に増えて、挙式、新婚旅行、新居、家財などの諸費用薬500万円を合わせると、そのような大きな経済効果になるという。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)ZUU online [全文を読む]

女性活躍のための採用は本末転倒、優秀女性活用こそ本筋

NEWSポストセブン / 2017年05月16日16時00分

経済評論家の荻原博子氏は、ゲタを履かせて女性を採用することを問題視する。 「能力が同じなら女性を優先するということに、合理性がありません。今はそんな時代ではないでしょう。男女平等の考え方が浸透し、企業も男女を問わず優秀な人材を欲しがっている。あえて女性を優遇しなくても、普通に採用していれば、女性が半分になるはず。 そもそも『女性活躍』という言葉が胡散臭い。 [全文を読む]

こんなに高金利「銀行カードローン」借り入れ雪だるまで自己破産急増

J-CASTテレビウォッチ / 2017年04月14日12時25分

50万円借りると返済総額75万円経済評論家の荻原博子さんは銀行カードローンは実は金利が高いと警鐘を鳴らす。田中泉キャスター「3%ぐらいからと書いてある所も目にするんですけれども、実際はそんなことはないんですか」荻原「3%もあるんですけど、それはものすごく大きな額を借りるとかのときで、すぐに返済するとかで、借りるとなると10%から15%ぐらいになっちゃいます [全文を読む]

世界中の食料の1割を買っている日本 その半分近くが廃棄

NEWSポストセブン / 2016年02月11日07時00分

経済評論家の荻原博子さんは「もったいない」とため息。 [全文を読む]

“下流老人”にならないのは、どっち?(1)「年金の支給時期を選ぶなら?」

アサ芸プラス / 2015年12月24日01時55分

経済評論家の荻原博子氏が言う。「損益分岐点は77歳です。76歳までに死ぬと、60歳からもらい始めたほうがよかったことになり、77歳以降も生きれば65歳からもらったほうがいいことになる」 繰下げ受給は1カ月遅くなるごとに、年金額が0.57%加算される。先ほどの10万円の人が70歳からもらい始めると、月額が14万2000円となるのだ。「ただし、81歳までに死ぬ [全文を読む]

新国立競技場 全国待機児童ゼロ&出産費用無料化よりも高額

WEB女性自身 / 2015年07月16日06時00分

そんな巨額を投じることについて、経済評論家の荻原博子さん(61)はこう語る。 「過去のオリンピックは、ほとんど赤字。 オリンピック不況 になっています。財政危機が連日報じられるギリシャも、転落のきっかけはアテネ五輪で湯水のようにお金を使ったこと。このままでは日本も二の舞いになりかねません。実のある計画を練り直すべきです」 それができるのは、今しかない――。 [全文を読む]

列島大予測!2015年「ニッポン」はこうなる!ー社会・政界編ー(1)小泉進次郎が小沢一郎とタッグ?

アサ芸プラス / 2015年01月14日09時54分

経済評論家の荻原博子氏が今後を予測する。 「輸入品は船便で運ばれて荷揚げされ、加工・運搬されるため、店頭に並ぶまで数カ月ほどのズレが生じる。つまり1ドル119円のレートで注文された商品が店頭に並ぶようになるのはこれから。そのため、今後さらに物価高を実感するようになるはずです」 荻原氏は、中でも庶民の味方・牛丼の再値上げは回避できない状況だという。 「シンク [全文を読む]

安倍内閣VS農協 TPP交渉進展で動き出した農家無視の解体バトル(1)「不毛なバトル」の果てに…

アサ芸プラス / 2014年06月25日09時55分

経済評論家の荻原博子氏がこう話す。 「JA全中の硬直化した体質にメスを入れたいという思いもあるのでしょうが、TPPに強硬に反対している農協に揺さぶりをかけるのが狙いだと思います」 つまり、TPPにいつまでも反対していると、「潰しちゃうよ」という“脅し”だというのだ。とはいえ、農協は自民党の大票田。そんなことをして大丈夫なのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏 [全文を読む]

フォーカス